AX 電車でGo“東京湾釣り日記”
2017年7月16日(日)

今日はふれーゆ裏にて、シンさんと釣りバカパパさん共催の釣り大会。
大会とは言っても参加者はシンさん親子、釣りバカパパさん、なぎちゃん、そして私の5名。
ミニ釣り会と言ったところです。

IMGP5306.jpg
12時頃到着。
待ち合わせ場所は先端付近とのことだったので、様子を見ながらぶらぶらと・・・。
3連休の中日とあって、割と混んではいたが魚の姿はどこにも無い。
昼間はどうせ釣れないだろう。
夕方のイワシかアジに期待かな・・・・。
そんな事を考えながら歩いて行くと、堤防中ごろの少し先端より位のところに緑のテントを発見。
そして見覚えのある顔。
釣りバカパパさんと、なぎちゃんが、先に来て大会本部?を設営して待っていてくれた。
10時頃から来ていたようだが、釣果はカニ1匹とのこと。

早速トリックを出してみたが全く反応が無い。
やはり夕方まではダメかと思ったが、近くでキスが釣れたと聞いたのでちょいと投げてみた。
足元近くまでさびいてくると、ゴツンとあたり。

IMGP5300.jpg
あらまぁ!。
20センチのキスが釣れてしまいました。

そのすこし後でシンさん親子も到着。

IMGP5313.jpg
皆で竿を並べて頑張ります。
でも何も来ない。

私もキスを狙って何度か投げてはさびくの繰り返し。
またしても足元でゴツン。

IMGP5301.jpg
キスかと思ったらベラ。
この厳しいなかを来てくれてありがとう。
感謝です。

その後何も釣れない時間がしばらく続きます。

IMGP5308.jpg
皆さんテントの中でまったりと・・・・。

トリックの竿先が微かに動いたので上げて見ると?
IMGP5302.jpg
針先に小さな魚が・・・
とりあえず写真を撮ってリリース。
マメアジかと思ったが、あとで写真を良くみると、これはヒイラギですね。(おソマツでした)

3時過ぎ。
投げには何も来なくなったので、諦めて胴突きを足元に落としておいた。
するとしばらくして竿先が大きく揺れて・・・・・

IMGP5307.jpg
メジナ20センチ。
釣れてしまいました。
それから20分位して、こんどは胴突きの置き竿がいきなり倒れた。
慌てて駆け寄って巻くとなかなかの引き。
4号のタナゴ用胴突きを使っていたので、ハリス切れを恐れてタモを要請。

IMGP5312.jpg
上がってきたのはまるまる太ったメジナ。
26センチ。
またしても釣れてしまいました。
その後メジナのバラシが2回ほど。

その後は魚の気配なし。
今日の干潮は3時45分頃。
潮が上がってくる4時過ぎに期待したが、海は無生物状態。

5時にはアジが来るはずだ。
待ちます。
ひたすら待ちます。
・・・・・
5時を過ぎても来ません。
・・・・・・・
6時には来るだろう。
・・・・・・・・・・・・
6時を過ぎてもきません。
アジはおろか、イワシやサッパの姿もありません。
トリックの活躍を見ないまま、6時半納竿。

本日の釣果。

キス 1匹 20センチ
ベラ 1匹 18センチ
ヒイラギ 1匹 5センチ(リリース)
メジナ  2匹 20センチ、26センチ

IMG_0760.jpg

釣り大会参加者の中で私だけが「間違って釣れてしまった」という感じです。

シンさんから、賞品?として上等なお肉を頂戴して帰りました。
ありがとうございました。

この日の状況は、しんさんのブログ「一生楽しみたいなら釣りをしろ」もご覧ください。




2017年7月5日(水)

シンさん達が開催する釣り大会の会場の様子をみておこうかとふれーゆ裏へ釣行。
ふれーゆ裏の情報は少なく最近の釣果は不明。
サッパかイワシ、運が良ければアジが釣れるかな・・・・・。

IMGP5295.jpg

ゆっくり家を出て3時ころ到着。
トリックを出していた先客に聞くと、「海が真っ赤で何も釣れていません。」

IMGP5298.jpg
なるほど、海一面が真っ赤に濁っている。
バケツに水を汲んでみたが底が見えないほど濁っている。
これは今日はダメかな?

入口に近い側の折れ曲がった付近にトリックを出した。
予想通り反応なし。
周囲でも何も釣れていないようだ。

釣りバカパパさんお勧めのジグサビキも投げて見たがこちらも反応なし。
そのうちにライントラブルでPEがグチャグチャになってしまってので、ジグサビキは終了。
PEはトラブルになるとやっかいだ。
私にはナイロンの方が向いているかな・・・。

4時ころ、先端の方でアジが釣れているという情報が入った。
先端の方が水が綺麗らしい。
移動しようかとも思ったが面倒なのでここで頑張ることにした。

こちらの水もだんだん綺麗になってきた。
魚が来る様子も無いので、ベンチに座ってスマホなどいじっていると、「来てるよ!」と隣のおじさんの声。
慌てて巻いてみると・・・・・

P8041323.jpg
5時頃に1匹目。
16センチ位。

次は・・・・

P8041327.jpg
イワシ。

その後はイワシとアジがポツポツ釣れだした。
イワシの方が多い。
バラシも何匹かあった。

P8041329.jpg
たま~にサッパも。

6時半頃には何にも釣れなくなった。
時合は1時間ほどで去ってしまったようだ。
先端の方ではまだ釣れているとの情報もあったが7時にて納竿。

本日の釣果。
アジ 5匹 (16~18 センチ)
イワシ 26匹。
サッパ  2匹。

IMG_0669.jpg

帰りがけにお隣の方からイワシを頂戴しました。(写真には含まず)
ありがとうございました。

アジが来ている時にジグサビキを投げてみたかった。
こんど試してみようかな。







私はブログを初めて間もない2010年頃から5年間ほど「一緒に釣りをしましょう会」などの釣り大会を開催しておりましたが、こうした行事の主催はそろそろ引退する歳かと思い中断しておりました。

このたび、釣り仲間の、
「一生楽しみたいなら釣りをしろ」のシンさんと、
「釣りバカパパの釣行記」の釣りバカパパさんが共催で、次の通り釣り大会を開催するとのことです。
このブログをご覧にいただいている方や、以前に私が開催した釣り大会に参加された方にも参加いただければと思いお知らせいたします。

日時 7月16日(日)
場所 ふれーゆ裏
集合 12時
解散 18時
大会形式

詳しくはシンさんのブログの6月30日の記事
 「釣り大会詳細」 をご覧ください。
タイトルは「釣り大会詳細」となっておりますが、まだ細部は決まっていないようで、概要といったところのようです。

私も参加を予定しております。
参加ご希望の方はシンさんのブログのコメントからお申込みください。
私のブログのコメント、またはメールフォームから申し込まれても結構です。



2017年6月26日(月)

我が家のペット「亀さん」
今月のはじめ頃から食欲が無くなった。
一日中落ち着きなくウロウロしていて餌を与えてもほとんど食べない日が多かった。
こんな症状になるのはたいていは産卵の前兆。
ときどき庭に出してやると地面の様子を見ながらあちこち歩き回ったりしていた。

今日は庭に出すと、ついに穴掘りを始めた。
最初に穴を掘ったのは、5~6年前、それ以来穴を掘る場所は決まっている。

IMG_0483.jpg
石ころだらけの掘りにくい場所なのだが、この場所と決めているらしく動かない。
後ろ足を使って石をよけながら一生懸命掘ります。
頑張ること約3時間。

IMG_0485.jpg
やっと掘り終わったようです。

IMG_0489.jpg
産卵が始まりました。

IMG_0517.jpg
  
IMG_0518.jpg
1つ生み終わると足を使って卵の位置を整えます。

IMG_0525.jpg
2つ目が出てきました。

IMG_0542.jpg
3つ目・・・・
4つ目・・・・・
産むたびに足で位置を直しながら次々と生んでいきます。
5つめ・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
全部で11個の卵を産みました。
この間約40分。

IMG_0546.jpg
卵を産み終わると、こんどは後ろ足を使って穴を埋めはじめます。
穴に少しずつ土を入れて、卵の上にまんべんなく土をかけていきます。
ゆっくり、ゆっくり丁寧な作業です。

kame_20170626210222c0a.jpg
最後には、周囲の砂利もちゃんと被せて、どこを掘ったのかまったくわからないようにしてしまいました。
凄いものです。
この間約1時間。
全部で5時間にも及ぶ大仕事でした。
すっかり暗くなってしまいました。
お疲れ様でした。

いつものことながら感動ものです。
こんなに苦労して生んだ卵なのに、孵化することのない無精卵であることが可哀想。

今夜のごちそうは、亀さん大好物のサーモン。
産卵を終わって、食用が出たようで久しぶりにぺろりとたいらげました。

今夜は亀さんのおすそわけで、我が家の夕食もサーモンをいただきました。






2017年6月24日(土)

今日は大潮。
「前回のリベンジを」と若洲へ釣行。
1~2年前は朝から夜遅くまでやったのだが、最近は歳のことも考えて5~6時間程度にしている。
早く出かけて、サッパやイワシを釣って早々に帰ろうかとも思ったが、どうせ行くなら人工磯の様子も見たいと思い午後からにした。
3時間ほど堤防でサビキをやって、そのあと人工磯でウキ、7時半納竿の予定。

IMGP5247.jpg
1時半頃到着。
土曜日のせいもあって、釣り場は混んでいた。
イワシやサッパがどんどん上がっているのではないかと想像していたのだがその気配はない。
様子を見ながら堤防を歩いていると・・・
「川越のGGさんではないですか?」と声がかかった。
「は、はい。そうですが・・・・」

初対面の方は、ブログにときどこコメントをいただいている、けんさんでした。
時々こうした偶然の出会いがあるのは嬉しいものです。
「サッパがたくさん釣れました。今帰るところです」
手に持った袋には沢山のサッパやイワシが入っていた。


IMGP5248.jpg
けんさんと別れて、前回とほぼ同じ場所へサビキを出した。
コマセの用意が面倒なので、今日もチューブ入りのコマセとスキンサビキ。
アジならまだしも、さっぱやイワシにトリックなんて贅沢だ!。

釣れません。
どうやら、サッパが終わった後だったようです。

左隣のサビキの方も何も釣れていません。
しかし、右隣を見ると時々イワシが釣れています。
トリックです。
どうやら前回お隣にいた方と同じ方のようです。

その後私の竿にもちょっぴりイワシが・・・・。

IMGP5280.jpg

たま~に1匹づつかかってくる。
トリックの方が10匹釣る間に1~2匹程度。
サッパやイワシにトリックなんで贅沢だと思ったのは間違いだったようです。

3時半を過ぎた頃から、まったく釣れなくなりました。
4時ころ、堤防を切り上げて人工磯の先端近くへ移動。

IMGP5266.jpg
磯の方も釣り人が多い。
左右に2~3人います。

4時半~7時半までの3時間の勝負。
今日の満潮は6時ころ。
前回は干潮前後に竿を出して釣れなかったので、今回は満潮前と後の1.5時間で試してみることにした。
真っ暗になってからでないと釣れないとの情報もあったので、この時間帯で釣れるかが心配。

やはり何も釣れません。
アタリもなし。
明るいうちはダメかなと思っていたら・・・・・

IMGP5275.jpg
6時少し前にアイナメが1匹。
15センチくらいかな。
リリース。

その後はまた静かになって満潮。
トイレに行こうかと、道路側を見ると水没。

IMGP5271.jpg
渡れる箇所が1~2あったはずなのだが、今日は完全に水没していて、最先端の立入禁止のところを回らないと渡れない。
ぐるりと回っていってきました。
やれやれ。

7時になったがまだ明るい。
風も穏やか。
アタリも少ない。
もっと暗くならないとダメかなと思っていたら・・・。

IMGP5264_20170625111614c43.jpg
アイナメがもう1匹。
やはり15センチ位。
リリース。

納竿予定の7時半が近づいていました。
やっと暗くなってきました。
アタリも増えてきたようです。
そして・・・

IMGP5279.jpg
カサゴ これも15センチ位。
リリースしようかと思ったが、針を飲んでいたのでキープ。

7時30分。
釣れるのはこれからかな・・・。
終バスまで延長したいという誘惑を抑えて納竿。

本日の釣果。
イワシ 7匹。
アイナメ 2匹(15センチ位)
カサゴ  1匹(15センチ位)

IMGP5293.jpg
帰り道。
磯にも、キャンプ場前にも電気ウキがいくつも光っていた。
これからが釣れる時間帯だというのに残念!。

サッパやイワシは午前中、人工磯の夜釣りは8時過ぎというのがこの頃のパターンのようです。
夜釣りは諦めて、まじめにトリックに専念しようかな・・・・。