AX 電車でGo“東京湾釣り日記”
今朝ブログを開いてみたら何と!

koukoku.jpg

広告の画面が出ていた。
FC2ブログは1ヶ月更新しないと広告が表示されることは知ってはいたが、もう1ヶ月も経ってしまったんだろうか?
改めて調べて見たら前回の釣行日は2月1日。
何と、1ヶ月間も釣りに行っていなかったのだ。
ブログを始めて9年目になるが、こんなに釣りに行かなかったり、ブログを更新しなかったことは初めてだ。
釣りに行かない新記録、ブログを更新なしの新記録だ。
このところ、お天気が悪かったり、仕事が入ったりで都合が合わず行けない日が続いてしまった。
先週は久しぶりでお誘いがあったのだが、仕事が入って行けなかった。

さっそく今日行こうかと思ったが風が強そうなのでやめた。
明日は風も弱くて絶好の釣り日和らしいが、仕事が入ったので行けない。
とりあえず、広告を消すために何か書いて更新することにした。

思えば一昨年あたりまではこのブログで知り合った息子?や孫?たちから毎週のようにお誘いがあり、月に3~4回くらい釣りに行っていた。
去年あたりから、お誘いも減り釣行回数は少なくなった。
GGの人気が落ちたのかな?

誘いが少なくなった理由の一つは、進学や就職などにあるようだ。
受験勉強で釣りに行けなくなったり、高校や大学に進学、就職などを機に釣りの回数が減ったり釣りに行かなくなったりする人が多い。
職場で偉くなって仕事が忙しくなり、釣りに行けなくなったという人もいる。

もう一つの理由は、釣り人としての進歩成長だ。
私は釣り歴もブログ歴も長いが万年初心者で、適当に竿を出しての五目釣り。
若い息子や孫たちは進歩、成長が早い。
初めのうちは、「何でもいいから釣れればよい」だったが、1年も経てばヘチ釣りとか、ルアーとか、クロダイ狙いとか、シーバス狙いとか、夜釣り専門とか、自分の専門分野が確立され、釣り方も狙う魚も決まってきて、それに合った人とのご一緒が多くなるようだ。

そんなことが、お誘いが少なくなった理由ではないかと考えているが、いずれにしても成長のあかしであろうと喜んでいます。

お誘いがなくても、ツイッターやブログなどで息子や孫たちの情報が入ってくると嬉しいし、元気で頑張っていることがわかると安心します。

3月は、卒業の月、そして新しい学年への進級、上級学校への進学、就職などが決定する月ですね。
4月から、進学や就職が決まった人もいると思います。
皆さん頑張ってくださいね。
たまには近況知らせてくれると嬉しいです。
そして、機会があればまた釣りにお誘いくださいね。

1ヶ月もブログを更新しないと「あの爺さん死んじゃったのかな」なんて思われそうだから(笑)、月に1~2回は釣りに行ってブログを更新しようと思っています。
近いうちにどこかへ出かけようかな・・・・。





2017年2月1日(水)

ネットで見たところでは、最近の釣果はどこも渋そうだ。
どうせ釣れないのなら、無料の若洲かふれーゆ裏あたりに行こうと思っていたのだが、出発直前になって急に気が変わり、本牧行きに変更した。
1時頃釣り施設に到着。
釣り施設のそば屋で昼食をとってから釣り場へ。

IMGP4930.jpg
釣り場はがら空き。
渡り桟橋には誰もいない。

IMGP4935.jpg
沖桟橋の外側は、程よい間隔で竿が並んでいるが、持ち主不在の置き竿が多い。
皆さん休憩中らしい。

IMGP4934.jpg
沖桟橋の内側は、ほとんど人がいない。

こんなに空いている本牧を見たのは初めてかもしれない。
ネットの「釣れない情報」を見て足が遠のいてしまったのだろうか。

沖桟橋外側の入口近くに竿を出した。
今日はトリックサビキを2本。
1本はべた底。
もう1本は、底から5~6メートル上げたあたりに棚をとった。

何も釣れない時間が続く。
今日の干潮は2時半頃なので、潮が上げに入る3時頃に期待。
・・・・・。
・・・・・・・・。
3時を過ぎたが魚の気配は無い。
・・・・・・・・・・・。

4時近くになって、右隣の方がサバを1匹。
そして、4時を少し過ぎた頃、左隣の方がウミタナゴ。

そして私の竿にもアタリ!

IMGP4939.jpg
26センチ位のサバ。

それから10分くらい後にもう1匹追加。
いずれも、棚を上げた方の竿に来た。

さらに10分位あとになって、べた底に落としておいた竿に大きなアタリ。
引きが強いので、大きいサバかと思ったら・・・

IMGP4940.jpg
両型のアジ。
施設の係の方が写真を撮って行った。
27センチあったようだ。
このサイズのアジは自己新記録だと思う。

4時半を過ぎると、アタリはピタリと止まってしまった。
時合は30分足らずだったようです。

4時45分。
蛍の光が流れ出して納竿。

IMGP4942.jpg
西の空は夕焼け。
夕日が綺麗でした。

本日の釣果
サバ 2匹 (26~27センチ)
アジ 1匹 (27センチ)

IMG_7245.jpg

帰ってからネット情報を見たら、私が釣ったアジが一番大きかったようです。
今日は本牧にして正解でした。


2017年1月18日(水)

前日、釣りバカパパさんからメール。
「明日東扇島西公園へ行くので、宜しければ覗きにきてください。」
東扇島はもう何年も行っていない。
たしか3年位前に行って、ダボハゼしか釣れなかった記憶がある。
今は何が釣れているんだろうか。
ネットで調べてみると、季節外れ?のサバが釣れているらしい。
それでは、ちょっと顔を出してみようかな。

12時半頃釣り場へ到着。
風もなく絶好のお天気だ。
私はいつもお天気には恵まれるのだが、お魚には恵まれない。
今日はどうだろうか。

IMGP4893.jpg

様子を見ながら、長い釣り場を先端へと向かう。
お魚の気配はまったくない。

IMGP4899.jpg
先端付近は混んでいた。
この釣り場は先端の方がポイントらしい。
そしてほとんどが、長い竿を使っての遠投サビキ。
この釣り場は短い竿でのちょい投げではダメなのかな・・・。
ちょっと不安。

先に来ていた釣りバカパパさんと、最先端付近で合流。
小さいカサゴとダボハゼが釣れたとのこと。

トリックサビキを1本、胴突きを1本。
予想通り何も釣れません。
ネット情報によると昨日サバが来たのは4時頃とのこと。
たぶんそれまではダメでしょう。
・・・・・・・
・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・
やっと、待ちに待った4時。
最先端の方がサバを釣って、釣りバカパパさんとお祭り。
その方は続けて2~3匹上げたが、他は釣れていない。
私以外は、皆遠投しているのだが・・・・。

足元のトリックには何の反応も無い。
投げないとダメらしい。
胴突きをやめて、コンパクトロットに10号のウキを付けて投げてみた。
竿が短いし、投げるのも下手なので、他の人に比べると明らかの飛距離は短い。
まあ、足元よりも少しはいいかな。

その後釣りバカパパさんの竿にもサバ。
そして右隣りの方も釣れた。

しかし私の竿には来ない。
棚を変えたり、誘ったりしてみがたダメ。

周りとの違いは飛距離と、仕掛けの種類くらいだが飛距離の差が一番の原因ではないかと思う。
今日のサバは近くへは来てくれなかったようだ。
そういえば、前回の磯子でも同じような状況だったな。

5時を過ぎた。
暗くなってきた。
サバの時合も過ぎたようだ。
5時30分頃納竿。

本日の釣果  丸ボウズ。

釣りバカパパさんの車で川崎駅まで送っていただきました。
ありがとうございました。


2017年1月10日

天気が良いので初釣りに行くことにした。
本牧や大黒のアジやサバは下火になったようだ。
釣果情報を見ると磯子でカレイが釣れているらしい。
数はあまり出ていないようだが、カレイがダメでもウミタナゴくらいは釣れるだろう。
というわけで、久しぶりで磯子へ行くことにした。

磯子への釣行は3年ぶりだ。

昼頃釣り場に到着。

IMG_20170110_124758.jpg
とても良いお天気だ。
近頃には珍しく暖かい。
しかし魚の姿はない。

カレイを狙ってちょい投げを1本。
ウミタナゴかメジナを期待してトリックを1本。
まったく反応なし。
周囲の人も、のんびりと腰かけてお魚待ちの様子。

2時頃、トリックに小さなアタリ。

IMG_20170110_125837.jpg
10センチくらいのチビメバル。
これでボーズだけは免れた。
感謝してリリース。

その後は無生物状態が延々と続く。
周囲でも釣れている形跡はない。

3時を過ぎたころ、お隣のトリックサビキにサバ。
磯子でサバは珍しい。
釣り方を見ていると、3.5メートルくらいの投げ竿を使い、トリックサビキに20号くらいありそうな錘をぶらさげて、ウキ無しで投げていた。
この釣り場はウキサビキは禁止なので、ウキを付けて投げられないのだ。

私も真似をしてトリックをちょい投げしてみたがダメ。
飛距離が違うのかな?
単発らしいのだが、その方は3時~4時半位の間に1人で3匹釣り上げた。
サバを釣ったのは、施設全体でその方1人だけだったようだ。
周囲にいた人は誰も釣れていない。
不思議ですね。

4時45分納竿。
結局カレイはおろかウミタナゴも釣れず、チビメバル1匹だけの初釣りでした。
初釣りは儀式なのでボウズでなかったことで良しとしましょう。


我が家では昨年の夏に近くの川で釣ってきたオイカワを7匹飼っています。
ドジョウやクチボソと同居です。

IMG_6240.jpg

昨年12月のはじめ頃、その中の1匹の様子がおかしくなりました。
水槽の隅でじっとうずくまっています。
2~3日すると横たわってしまいました。
しかし、人が近づくと泳ぎ出します。
良く見ると腹のあたりが赤くなっています。
こりゃあ、何かの病気だな、近いうち死ぬだろうな・・・・・。

しかし、1週間ほど過ぎても死にません。
もしかしたら治療すれば治るかも。
ネットで調べてみると、どうやらエロモナス感染症らしい。

IMG_6301.jpg
小さな水槽に移し、エルバージュエースとかいう薬を買ってきて24時間の薬浴。
説明書には「治療の効果の有無にかかわらず、24時間で中止し、繰り返して使用しないこと」と書いてあった。

24時間後、普通の水に変えて隔離飼育。
やはり横たわったままだ。
じっとしているので、死んだのかと思うと尾が少し動いている。
ときどき腹を上にしてひっくり返っていることもある。
そして人が近づくと泳ぎだす。
やっぱりダメかな。
年内に死んじゃうんだろうな・・・・・。

しかし、死にません。
よく見るとお腹の赤いのは治っているようです。
じっとはしているものの横たわらなくなり、人が近づくと泳ぎだします。
近いうちに死ぬとしても、その間は皆と同じ水槽の方がいいかな・・・。

大きい水槽に戻してやりました。
なんだか泳ぎ方がおかしい。
何故か体が曲がってしまったようです。
病気の後遺症でしょうか?

IMG_6247.jpg
この体で泳ごうとすると、クルクルと回り出してしまうのです。
思い通りに泳げないので、パニックに陥ってしまうのか、猛烈なスピードで回り続けます。
さらには・・・・

IMG_6308.jpg
ひっくり返って腹が上、この状態での回転が続きます。

年を越すのは無理かと思っていたのですが、そんな状態でも頑張って新年を迎えました。

相変わらず体は弓なりに曲がっていて、泳ぐ時は回転します。
しかしこの体に大分慣れてきて、動きを制御できるようになったようで、以前のような猛スピードの回転はなくなりました。
ゆっくりとまわりながら泳ぐことが出来るようになったようです。
時にはひっくり返ったりもしますが、自力で起き上がっています。
障害を克服して「僕はこの体で生きていくんだ!」と決心したかのように見えます。

IMG_6241a.jpg
その逞しい生命力にはドジョウくんもビックリです。

頑張れ! オイカワくん。

障害のある体で頑張って生きているオイカワくんを動画でご覧ください。