AX 電車でGo“東京湾釣り日記”
2017年9月26日(火)

数日前までに賑わっていた若洲のイナダ祭りは終わったようだ。
昨日あたりから若洲のツイッター情報が流れなくなった。
当日の午前中もサッパ情報すら流れていない。
何も釣れていないのかも・・・。

ふれーゆ裏にしようかとも考えたが、午前中仕事があってあまり時間が無かったので、近場の若洲へ。
近場とは言っても電車とバスで約2時間かかる。

3時頃到着。
今日はキャンプ場は定休日でがらんとしている。

IMGP5349.jpg
釣り場もガラ空き。
祭りの後の静けさといった感じだ。

IMGP5351.jpg
手前の方に数名。
何も釣れていない様子。
お魚も祭りの後の静けさだ。

トリックサビキを投入。
早速チビイワシが1匹。
おお!今日は早くからイワシがいるのかと思ったが、その後はまったく釣れない。
棚を変えてみてもダメ。
ジグサビキを投げてみたがこれにも何の反応もない。

前回もサッパやイワシが来たのが、5時過ぎだったし、数日前のシンさんの情報でも5時過ぎ。
明るいうちはダメだろう。
暇なので、堤防の先端までブラブラと歩いてみたが、見えたのはチビイワシが2匹だけ。
たま~にイワシが釣れているらしいが群れでは無さそうだ。
やっぱり5時を過ぎないとダメかな。

4時半頃、釣り座へ戻ってトリックを投入すると、早速強い引き。
これは何だ!。
上げると魚体がチラリと見えたところでポチャン!。
アジだったかな?。

続いてもう1度投入すると、またしてもアタリ。

IMGP5352.jpg
上がってきたのは20センチ位のアジ。
これは嬉しい。
若洲としては大きい方だろう。

続いてくることを期待したが、そこで終わり。
5時過ぎにはまた来るのではないかと期待。

イワシがポツリ、ポツリと釣れ出した。
1匹づつしかかからない。
ジグサビキにも相変わらず反応なし。
足元にアオシソメを付けた胴突きを落としておいたがこれにも反応無し。

IMGP5353.jpg
5時を過ぎた。
あたりが暗くなってきた。
アジが来る様子は無い。

IMG_1239.jpg
イワシもポツリ、ポツリと1~2匹釣れる程度。

6時を過ぎた。
何も来なくなった。

5時以降は期待はずれに終わった。
人口磯へも寄りたかったが、最近は早帰りを心がけているので、6時半納竿。

本日の釣果。
アジ 1匹 (20センチ)
イワシ 9匹。

IMG_1237.jpg

アオイソメがたっぷり余ってしまった。
近いうちにどこかへ行こうかな・・・。


2017年9月15日(金)

約2ヶ月ぶりで釣行再開。
ちょっとだけ様子を見ようと若洲へ行ってみた。
今日は長潮。
釣果はあまり期待できそうもない。
釣れてもサッパくらいのものだろう。

IMGP5333.jpg
午後2時頃釣り場に到着。
様子を見ながら堤防の中ほどくらいまでブラブラと・・・・・。
いつものことながら、この時間帯は何も釣れていないようだ。

IMGP5334.jpg
少し先端寄りのところに竿を出すことにした。
今日は短時間で切り上げる予定。

IMGP5337.jpg
用意した餌はチューブ入りのコマセだけ。
短竿2本とサビキ仕掛けしか持ってこなかった。
それとジグサビキ。

何の反応もなく1時間が過ぎた。
周りでも、お隣のトリックサビキに小さいサッパが1匹きた以外は、何も釣れていない。
ジグサビキも投げて見たが反応なし。

3時半ころやっとサッパが2匹。
しばらくバケツに入れておいたが、後が続きそうもないので2匹だけ持ち帰っても仕方がないと思いリリース。

4時頃からまたポツリ、ポツリと2~3匹。
5時頃餌が無くなってしまった。
あとの頼りはジグサビキだけ。
30分ほど投げてみたが、釣れたのはサッパ1匹。
これが、ジグサビキでの釣果第1号。

餌は無いし、ジグサビキでは釣れそうも無いので、5時半で納竿。

IMGP5341.jpg
バケツの中はサッパが5匹。
リリースしようかと思ったが、1匹は死んでいたので持ち帰ることにした。

片付けが終わって帰る頃になって、周りではサッパがバタバタと釣れ始めていた。
時合いはこれかららしい。
それを横目に帰途につきました。

本日の釣果 サッパ 7匹。

今日は釣りというよりも、久しぶりに海の様子を見に来ただけなので、これで良いのです。


1ヶ月くらい更新しないでいたらブログに広告が表示されてしまった。
広告を消すためには何かを書かなくてはならないので、とりあえず近況報告。

釣りは先月22日に行ったきりで1ヶ月以上行っていない。
前回の記事に書いた通り先月末に帯状疱疹を発症。
腹の左側から背中にかけて疱疹が出て体を動かすとチクチク、ピリピリと痛かった。
この病気は痛みを伴うのが特徴らしい。
動くと痛いので何処へも出られず、腰をかがめて家の中をソロリソロリ、のろのろと静かに動いていた。
今までは何処へでも自由に出歩いていたのに、一夜にしてこんな体になってしまうことに驚いた。
急に10年も老化が進行してしまったような気がした。

疱疹の方は2週間程度でほぼ治ったが、痛みは残った。
お医者さんに「若ければ早く治るが、60歳以上だと3ヶ月くらいかかるかな」と言われた。
ネットで調べてみたら、痛みの程度や期間は人によってまちまちで、10年以上続く人もいるらしい。

「当分は痛みとの共存を覚悟しないとかな」と思っていたが、1週間ほど前から痛みがだいぶ和らいできた。
動けば少し痛むのだが、日常生活に支障がない程度に回復したので、ほぼ1ヶ月ぶりで自転車に乗って伊佐沼へ行ったり、電車で外出できるようになった。

IMG_1262.jpg
釣りの写真が無いので、伊佐沼の夕暮れの写真を一枚。

急に自由に動けなくなって、この歳になると、歩けなくなったり、動けなくなったり、食べられなくなったり、さらにはこの世から消えたしまったりということが突然起こり得るんだといことを実感しました。
自由に動けるうちに、行きたいところへ行って、会いあい人に会って、食べたい物を食べて、やりたいことをやっておかないとですね。

IMG_1397.jpg
伊佐沼をねぐらに集まってくる野鳥たち。

IMG_1333.jpg
伊佐沼の花火大会

8月もあと1日で終わり。
9月には釣りに復帰しようかな・・・・。

またよろしくお願いします。




10日位前の事。
メガネが見えづらくなってきたので、新しいメガネを作ろうかと思い眼鏡屋さんへ行った。
初めて行く全国チェーンのお店。
私が現在使っているメガネを調べて、「左右の視力差が極端に違っています。眼鏡を作る前に眼科で診てもらった方がいいですよ。」
眼鏡を売りつけようとせず、眼科医の診察を奨めてくれたことに感謝です。
早速眼科で診察を受けたところ、「これは白内障です。眼鏡では視力は回復しません。手術が必要です。」
白内障は加齢に伴い水晶体が白濁する病気。
70代では80%以上、80代ではほぼ100%の人がかかる病気らしい。
この歳では仕方がないですね。
諦めて、そのうちに手術を受けようかと思っています。

そして今度は1週間位前。
左側肋骨の下あたりに痛みが・・・。
私は胆石があるので、そのせいかとも思ったが胆石なら右側のはず。
左側となると膵臓が怪しい。
母が膵臓癌で亡くなっているせいもあって、ついつい膵臓を疑ってしまう。
しかし、今回の痛みは皮膚表面に近いところでチクチクしていて内蔵の痛みでは無いような気がする。
そうこうしているうちに、背中に虫刺されか湿疹のようなものが出てきた。
市販薬をつけたが良くならないどころが湿疹状のものが増えてきた。
もしかしたら「帯状疱疹」ではないかと妻に言われ皮膚科へ。
やはり帯状疱疹だった。
子供の頃かかった水疱瘡のウィルスが神経節に潜んでいて、免疫が低下したときに発症するという。
加齢に伴い発症率が高くなる病気で80歳までに3人に一人が経験するらしい。
これもこの歳では仕方無いかな。
昨日は体のあちこちが痛くて辛かったが今日は少し楽になった。
しかし、完治には1ヶ月くらいかかるとのこと。

そんな中で本日迎えた76歳の誕生日。
順調に加齢が進行していることを知らされる誕生日となりました。
これぞカレイなる誕生日。

1ヶ月くらい釣りを自粛かなぁ・・・・・

今年の夏は天候不順。
梅雨の戻りとか、記録的猛暑とか、いろいろ言われているようです。
若い方も体に気をつけて過ごしてくださにね。




2017年7月22日(土)

ブログで知り合ったけんさんとご一緒釣行することになった。
先週の釣り大会に参加できなかったとのことなので、けんさん初体験のふれーゆ裏へ行ってみることにした。
以前若洲でチラリと顔を合わせたことがあったが一緒に釣行するのは今日が初めて。
電車の中で、いろいろお話。
我が家から自転車で10分程度のところへお住まいと聞いてビックリ。

IMGP5329.jpg
11時半頃到着。
入口付近には数名の釣り人がいたが、魚の姿はなかった。
この時間帯は釣れないのが普通ですね。

IMGP5318.jpg
釣り人がいたのは入口付近だけで、中央より先の方には釣り人の姿はなかった。
土曜日だというのにがガラ空きということは最近釣れていないのかな?

IMGP5328.jpg
先端の曲がり角付近に竿を出すことにした。
私はトリックサビキと投げ。
けんさんは胴突きとウキ。
どちらもまったく無反応。
海は無生物状態です。
これは5時過ぎの夕マズメに期待するしかないかな?

1時頃トリックにアタリ。
魚がチラリと見えたところでポチャン。
サッパだったかな?

それから10分ほどしてまたアタリ。
上がってきたのは、16センチくらいのアジ。
真昼間からアジが釣れるとは予想外でした。

IMGP5331.jpg
それから1時間くらいの間に、ポツリ、ポツリと4匹。
1匹はチビちゃん。
単発的にポツリ、ポツリと来て、1時間くらいで居なくなってしまいました。

IMGP5332.jpg
1匹だけサッパ混じり。
最近は何故かサッパが減ってしまってようで、いまや高級魚です。

けんさんもトリックサビキに変えて挑戦したが、時すでに遅しだったのか残念!。
昼間から来るんだから、夕方にはきっとたくさんのアジが来るだろうと期待が膨らみます。

2時半頃だったかな。
トリックの竿先が勢いよく引っ張られます。
慌てて巻くと・・・・

IMGP5320.jpg
メジナ 20センチ。
そういえば先週の釣り大会の時も、この位の時間にメジナがつれたな・・・・。

そして3時頃、けんさんの胴突きにもアタリがあって、20センチくらいのメジナ。
よかった、よかった!。

その後アタリはピタリととまり、海はまたもや無生物状態。
投げ、胴突き、ジグサビキといろいろ試したがまったく反応なし。
真昼間にアジがきたんだから、夕方にはきっとくるはず。
期待して待ちます。
ひたすら待ちます。
今日の満潮は5時15分頃。
潮が変わったら来るかな・・・・。
5時半・・・・・
来ません。
6時・・・・・・・・・・。
来ません。
6時半・・・・・・・・・・・・・・。
まだ来ません。
7時・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
諦めて納竿。

本日の釣果。
メジナ 1匹 (20センチ)
アジ  4匹
サッパ 1匹

先週に続いて、今週も釣れたには昼間だけ。
期待に反してユウマズメのアジは来ませんでした。
これが、最近のふれーゆ裏の傾向なのでしょうか。

けんさん。
ご一緒釣行ありがとうございました。
渋い釣果でしたが、これに懲りずにまた来ましょうね。