AX 電車でGo“東京湾釣り日記”
2017年12月22日(金)

そろそろ竿納めの時期。
今年の最後をボウズで終わりたくないと思ったが、ネット情報ではどこの釣果も良くない。
どうせ釣れないのなら無料のところにしようと、ふれーゆ裏へ行くことにした。
ふれーゆ裏へは今年6回行ったが、これまでボウズは一度もなかった。
どうやら相性がいいらしい。

KIMG0037.jpg
1時半頃到着。
とても良いお天気で、風もほとんど無い絶好の釣り日和なのだが広い釣り場はがら空き。
こんなに釣り人がいないということは釣れていないということなのだろう。
早くもボウズの不安が・・・。
手前側の曲がり角付近に竿を出した。

まずは定番のトリックサビキ。
前回行った時はお隣の方が少し投げたところでアジを釣っていたので、それに倣ってウキを付けて投げられるようにした。
足元に落としたり、投げてみたりしたが何の反応もない。
投げも1本出しておいたが、これにも反応なし。
無生物状態だ。

3時頃、暇なので、先端までぶらぶらと歩いてみた。
釣り人は数名いたが、皆投げかヘチ釣り。
トリックは一人もいない。
どうやらアジはもう終わったらしい。

先端の曲がり角付近で、カサゴが釣れたのを見た。
そして、釣り座へ戻るとお隣の方がイシモチを上げていた。
おっ!、時合が来たのかな・・・。

置き竿にしていたトリックを巻いて見ると少し重い。

KIMG0048.jpg
10センチくらいのメバルがかかっていた。
やれやれ、これでボウズは逃れられた!。
感謝してリリース。

その後しばらく反応なし。
投げには何も来ないので胴突きに変えてみた。
4時頃胴突きにピクピクと反応、しかしなかなか針係りしない。
餌だけが取られている。
そんなことを何度か繰り返してやっと1匹。

KIMG0049.jpg
ウミタナゴでした。
小さいのでリリース。

その後ウミタナゴの反応が続き、3匹追加。

KIMG0053.jpg

お土産が無いのは寂しいので、ちょっと大きめのを2匹持ち帰ることにした。

KIMG0057.jpg

あたりは薄暗くなってきた。
周りに釣り人が2~3人やってきたが、皆ウキ釣り。
サビキは一人もいない。
やはりアジは終わったようだ。

5時を少し過ぎた頃投げておいたトリックサビキが反応。

KIMG0059.jpg
待望のアジが1匹。
続いて来てくれることを期待したが、その後はチビメバル1匹のみ。

6時納竿。

本日の釣果。
ウミタナゴ 4匹
メバル   2匹
アジ     1匹

KIMG0060.jpg
ウミタナゴ2匹とアジ1匹を持ち帰った。

今年のふれーゆでの釣りはこれで7回目。
一度もボウズが無かったことに感謝。
今回の釣りが今年の竿納めになりそうです。



2017年12月11日(月)
最近はどこの釣り場も渋そうだ。
前日のアジの釣果を見ると、本牧26匹、大黒18匹、磯子17匹。
人数の割には磯子が釣れていそうな感じだったので、久しぶりで磯子へ行って見ることにした。

午後1時頃到着。
風が強いのにはビックリした。
10メートルくらいあるかな?

IMGP5433.jpg
横風が強く吹き付ける南側には釣り人はあまりいない。

IMGP5427.jpg
風裏になる東側に行ってみると、混んでいたので、曲がり角のトイレ付近で竿を出すことにした。
ここも結構風が強いが、真南よりはいくらかましだ。

トリックを1本と胴突きを1本出した。
風が強くて釣りづらい。
そして魚はいない。
お隣の方が、小さなタコを1匹釣ってお帰りになった他は魚の姿は見えない。

常連のクロダイ師が、デカいクロダイを何匹か上げたとかいう話が聞こえてきた。
無生物状態に見える海でも、釣れる人は釣れるらしい。

3時頃、だいぶ空いてきたので、風当りの少ない場所へ移動。
お隣の方もアジ狙いのようだ。
その方の話だと、アジのポイントは曲がり角付近とのこと、さっきまで私がいた場所だ。
今日は風が強いので、風を避けてこちらへ来たようだ。

IMGP5434.jpg
最近は3時頃からアジが来るとのことだが、4時を過ぎても来る気配はない。
薄暗くなり、釣り場は空いてきた。
お隣の方は、曲がり角の方へ移動。
私も行こうかと思ったが、面倒なので止めた。

4時半近くに、曲がり角の様子を見にいったところまだアジの姿はない。
営業時間は5時までだ。
そろそろ終わりにしようと思い片付けを開始した。

4時半を少し過ぎた頃、曲がり角の片から「釣れた!」との声。

しかし、もう時間が無いので私はそのまま片付けて納竿。
曲がり角へ移動した方は2匹釣れたそうだ。

本日の釣果 ボウズ。
風にも負けず、場所を移動せずに頑張っていれば、1匹位は釣れたのかも知れない。



私が住んでいる川越市に隣接した川島町を流れる越辺川の水門付近くに白鳥の飛来地がある。
例年10月の下旬頃から白鳥がやってくる。
飛来地のすぐ近くにある「三井精機工業」という会社が、白鳥の飛来状況をネットに載せているのだが、11月7日付でこんな記事が出ていた。

「7時15分ごろ、川原に行くと、水門前に2羽いました。
1羽が羽を広げたのを見てびっくりしました。
数年前に片方の羽を失った白鳥が、水門前に戻っていたのです。
大水を利用して戻れたのでしょうか。仲良く泳いでいました。 」


何年か前に、犬に襲われて片羽を失って飛べなくなり、シベリアに帰ることが出来なくなった白鳥が、越辺川のどこかに住み着いていて、今秋の大雨の増水を利用して水門前に戻ってきているらしい。

昨日(11月22日)、越辺川の水門前に行ってみました。

IMG_2521.jpg
土手から見下ろした越辺川。
昨年の今頃は、水門の前あたりにたくさんの白鳥がいたのだが今日は見当たりません。
土手を降りて、川辺を下流に向かって歩いていくと・・・・・

いました!。
白鳥が1羽。

IMG_2478.jpg
これが、片羽の白鳥でしょうか?

IMG_2497.jpg
川上に向かって、堂々と泳いでいます。
片羽が無いようには見えません。

IMG_2492.jpg
浅瀬で立ち止まりました。
太っていて元気そうです。

IMG_2490.jpg
毛づくろいを始めました。

そして、羽を広げました・・・・・・。

IMG_2514 (2)
左側に小さな羽!。
新しい羽が生えてきているのでしょうか?。
この羽が大きく成長して飛べる日が来ることを願わずにはいられません。

ネットの情報によると、今年ここで見られたのはこの白鳥を含めて2羽だけ。
今年は飛来が遅れているのでしょうか。
それとも、気候変動などの影響でこの場所には来なくなったのでしょうか?。
心配です。

帰ってからネットで調べてみると、片羽を失ったのは3年前の2014年の春、北へ帰る直前。
親鳥らしい白鳥が、上空を何度か旋回していたが、片羽を失った子供を置いてシベリヤへと旅立ち、片羽の白鳥は越辺川に住み着いたとのこと。
その後は毎年、冬になるとシベリヤからやってくる仲間たちと一緒に過ごして、仲間が帰ったあとは一羽で頑張って生きてきたらしい。
生命力の強さには驚かされます。

この事故後は飼い犬を連れての白鳥見物等への注意喚起が強く叫ばれるようになったようだが、過去にはこのほかにボウガン銃らしきもので撃たれて白鳥が死亡したという事件も起きているようです。

これを見て思いました。
釣り人も考えなくてはならないのは、ラインや釣り針などのゴミの放置。
ラインが野鳥に足や羽に絡んで動けなくなったり、餌と間違えて食べて怪我をするなどの事故もあちこちで起きているらしい。
野鳥など生き物たちへの加害者になってしまわないように気をつけたいものです。

(この記事はもう一つのブログ「自転車で川越散歩」に載せたものですが、こちらでも紹介させていただきました。)


2017年11月11日(土)

今日はふれーゆ裏にて、シンさんと釣りバカパパさん共催の釣り大会。
大会とはいってもごく少数、いつものメンバーだけらしい。
天気予報によると、午後3時頃からは8メートル風、強風注意報が出ている。
この風では釣りにならないのでは無いかと心配しながら出かけた。

IMG_20171111_145532.jpg
12時半頃到着。
良いお天気で風も弱いく暖かい。
絶好の釣り日和といっても良いお天気だ。

シンさんとお子さん、釣りバカパパさんが来ていた。
早速、トリックサビキと胴突きを出した。
釣りバカパパさんは泳がせで大物を狙っているようだが、私は小物が専門。

早速小物の代表ダボハゼが来た。

IMG_20171111_131825.jpg
こいつばかりが、続けて5匹。
「お前はもういいよ!」と言ったらいなくなった。

次にトリックにかかってきたのがウミタナゴ。

IMG_20171111_133643.jpg
16センチくらい。
その後ウミタナゴは胴突きの方でも釣れた。

そうこうしているところへ、デイデイェさんがおいでになり、ご挨拶。
SNSなどで繋がっている方とこういうところでお会いするのは嬉しいものです。


IMG_20171111_142441.jpg
ウミタナゴはポツポツと釣れ続け、1時間位の間に8匹。
もうこの辺で良かろうと言ったら、来なくなった(笑)。

3時を過ぎたが、風は心配していたほどではない。
時々少し強く吹くこともあったが、釣りには支障が無い。

しかし、お魚はパッタリと止まってしまった。
この後は夕方にアジが来てくれるのを期待するしか無いかな・・・。

薄暗くなってきた。

IMG_20171111_165610.jpg

お隣の方が、「アジが来ましたよ!」と声をかけてくれた。
それでは真面目にやらねばと、置き竿にしておいたトリックに餌を付けて足元に投入したが反応なし。
その間にお隣では何匹かを上げたようだ。
見ていると、お隣は投げサビキ。
どうやら足元には来てくれないらしい。

シンさんが、「ジグサビキを投げたらかかってきた」と教えてくれたので、慌ててセットして投げてみたが反応なし。
お隣も止まってしまったようだ。
アジの時合いは一瞬だったようだ。

もう一度来てくれないかと期待していたところ・・・

IMG_20171111_200940.jpg
足元のトリックサビキに期待の1匹。
20センチくらい。

その後はピタリと止まってしまい、5時30分終了。

釣果は
ダボハゼ  5匹
ウミタナゴ  8匹 (15~17センチ)
アジ     1匹 (20センチ)

小魚ばかりだが、数が一番多かったようで、優勝ということになってしまい、賞品のロットを頂戴した。
さて、このロットで何を釣ろうかな?。
アジがもっと釣れる良かったんだが、こんな小魚で優勝とはお恥ずかしい。
ここでのアジは足元よりもちょいと投げるか、長い竿にした方が良さそうです。

IMG_2380.jpg

これが本日のお持ち帰り。
老夫婦2人のおかずには十分です。

皆さん。
楽しい一日をありがとうございました。


2017年10月4日(土)

つりけんさんのお誘いで若洲へ釣行。
釣りバカパパさんも来ることになった。

IMGP5407.jpg
3時頃到着。
良いお天気で風も弱い。
絶好の釣り日和だ。

釣りバカパパさんは、先に到着して人口磯の先端近くに竿を出していた。
早速ウキを出した。
しばらくは何の反応も無かった。
明るいうちは釣れたことが無いので気にしない。

4時を過ぎた頃から、ポツリ、ポツリと小さなアタリが出てきたが餌の先が食いちぎられるだけで釣れない。
小さい魚が、餌の先を突いているらしい。

そしてやっと1匹。

IMGP5409.jpg
チンチン 15センチくらいかな?

釣りバカパパさんがメジナを釣ったようだ。
こんな早い時間に珍しい。
暗くなったら私も釣れるかも・・・と期待。

5時を過ぎた。
満潮の時間帯らしく、道路は完全に水没。
下げに入ったら釣れるかな?

6時頃、風が強くなり雨もポツリポツリと降ってきた。
釣りバカパパさんは、良型のメジナを釣りあげた。
チンチンも多数釣れたらしい。

つりけん さんはカサゴ。

しかし私は釣れない。
ときどきアタリがあって、たまに小さい魚がかかるのだがバラシ。
チンチンだったのかも・・・。
その後釣れた唯一の魚は・・・

IMGP5411.jpg
10センチ位のチビメバル。

その後は、釣れることなく8時30分納竿。

本日の釣果。
チンチン 1匹。
チビメバル 1匹。

3人の中で私が最下位 トホホ・・・

釣りバカパパさんから良型のメジナを頂戴し、車で大宮まで送っていただきました。
ありがとうございました。