AX 電車でGo“東京湾釣り日記” 川崎
7月8日(木)
川崎の東扇島西公園は、以前から関心があったのだが、バス停からだいぶ歩くらしいので敬遠していた。
6月から西公園行きのバスが出るようになったとの情報を得たので行ってみることにした。

川崎からバスで約40分。
お昼頃釣り場到着。

IMGP2181.jpg

釣り場の雰囲気は、青海南埠頭公園と似ているが、全長が約600メートルと、青海より長そうだ。

IMGP2197.jpg

公園にはトイレと自動販売機はあるが、ゴミ箱は無い。
「ゴミは持ち帰ってください」と書いてあるのだが、レジ袋などに入ったゴミがトイレ横に積まれており、それが風に舞って散乱している。
困ったものだ。
無料の釣り場なのだから、当然ゴミくらいは自分で始末せねばなるまい。

駐車場には、*竿釣り具店の出店がでていて、餌などを売っていた。
餌やちょっとした釣り具なら購入できそうだ。

IMGP2199.jpg

釣り人はそう多くはない。
空いているところへ適当に竿を出す。

まず、ヘチへ胴突きを1本落としてみた。
水深は3メートル位のようだ。
さっそく、コツコツ、コツコツと竿が小さく動く。
何かがいるらしいが、針がかりする様子はない。
しばらくたって上げてみると、餌がなくなっていた。
何か小魚がいるらしい。

次に投げを1本、適当に投入しておく。

また、ヘチの胴突きが、コツ、コツ・・・・・・と。
何度か、コツコツが続いたあと、竿先が大きく下がった。
上げてみると・・・・・

IMGP2186.jpg

5センチくらいのチビメバル。
本日初の獲物なので、まずはキープ。

こんどは、サビキを1本投入。
間もなく、何かが・・・・・・・。

IMGP2202.jpg

小さいウミタナゴが1匹。

しばらく経って、投げておいた竿を巻いてみると、なにやら重い。
しかし、魚の気配ではない。
大きいヒトデか、それともゴミ??。

上がってきたのは・・・・・・

IMGP2204.jpg

甲羅長9センチ位のカニ。

次は、サビキにサッパ。

IMGP2203.jpg

その後、サッパと、チビメバルが、ポツリ、ポツリと釣れ続ける。
チビメバルは10匹ほど釣れたが、亀さんへのお土産に2匹だけキープしてあとは即リリース。

4時頃、サッパも居なくなったようなので、釣り場の先端まで歩いてみる。
ここの釣り場は、入口の近く(トイレ前近く)と、先端付近が少し混んでいるが、中央部はガラ空きのようだ。
先端付近では、何人かの人が大きなウキを浮かべていた。
スズキ狙いだそうだ。

IMGP2191.jpg

見てまわった範囲では、良型のキスが1匹。
あとは、サッパ。
そのほかの魚の姿は見当たらなかった。

5時半頃、またサッパが釣れ出した。
日中は、1匹づつポツ、ポツだったが、今度はサビキに1荷で3~4匹かかって来るようになった。
入れ食い状態。
しかし、あばれて仕掛けがからんでしまい、なかなか手返し良くとは行かない。
それでも、30匹位は確保した。

まだ、続ければ釣れそうだが、今日はこの辺で終わりにしよう。
6時半納竿。

IMGP2206.jpg

本日の釣果。

家に帰って良く見ると、サッパにまじって、小アジが1匹入っていた。
おお!!。アジもいたんだ。

DSCF1238.jpg

サッパ 37匹。ウミタナゴ 3匹。小メバル 10匹(内8匹はリリース)小アジ 1匹。 カニ 1匹。

というわけで、五目釣りが出来ました。

DSCF1235.jpg

この釣り場も悪くないですね。
また時々来ようと思います。

テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用