AX 電車でGo“東京湾釣り日記” 横浜
2017年1月10日

天気が良いので初釣りに行くことにした。
本牧や大黒のアジやサバは下火になったようだ。
釣果情報を見ると磯子でカレイが釣れているらしい。
数はあまり出ていないようだが、カレイがダメでもウミタナゴくらいは釣れるだろう。
というわけで、久しぶりで磯子へ行くことにした。

磯子への釣行は3年ぶりだ。

昼頃釣り場に到着。

IMG_20170110_124758.jpg
とても良いお天気だ。
近頃には珍しく暖かい。
しかし魚の姿はない。

カレイを狙ってちょい投げを1本。
ウミタナゴかメジナを期待してトリックを1本。
まったく反応なし。
周囲の人も、のんびりと腰かけてお魚待ちの様子。

2時頃、トリックに小さなアタリ。

IMG_20170110_125837.jpg
10センチくらいのチビメバル。
これでボーズだけは免れた。
感謝してリリース。

その後は無生物状態が延々と続く。
周囲でも釣れている形跡はない。

3時を過ぎたころ、お隣のトリックサビキにサバ。
磯子でサバは珍しい。
釣り方を見ていると、3.5メートルくらいの投げ竿を使い、トリックサビキに20号くらいありそうな錘をぶらさげて、ウキ無しで投げていた。
この釣り場はウキサビキは禁止なので、ウキを付けて投げられないのだ。

私も真似をしてトリックをちょい投げしてみたがダメ。
飛距離が違うのかな?
単発らしいのだが、その方は3時~4時半位の間に1人で3匹釣り上げた。
サバを釣ったのは、施設全体でその方1人だけだったようだ。
周囲にいた人は誰も釣れていない。
不思議ですね。

4時45分納竿。
結局カレイはおろかウミタナゴも釣れず、チビメバル1匹だけの初釣りでした。
初釣りは儀式なのでボウズでなかったことで良しとしましょう。


2016年12月28日(水)

この日は今年最後の釣行。
若洲かふれーゆ裏にしようかとも思ったが、ボウズの竿納めにはしたくないので、ボウズ率が低そうな本牧へ行くことにした。
Webで前日の釣果情報を見ると、悪天候のせいもあって最悪状態。
あまり期待できそうもない。

お魚が来るのは3時過ぎだろうとは思ったが、今日はちょっと早めの12時頃到着。
天気は上々だが、風が冷たい。
まずは釣り場を視察。

IMGP4853.jpg
予想通りこの時間帯は何も釣れていない。
吹きさらしの沖桟橋で何時間も待つのは辛いので、まずは風を避けられそうな護岸に竿を出してみた。
トリックサビキを1本
胴突きを1本。
周囲でも、まったく釣れている様子はない。

IMGP4856.jpg
対岸の沖桟橋はこんな様子。
結構混んではいるが、魚が上がっている様子はない。
釣り場をぶらぶら歩いたりして時間をつぶし、魚が回ってくる時間が近くなった2時半ころ沖桟橋に移動。

IMGP4864.jpg
トリックサビキと普通のサビキの2本体制。
前回はアジもサバもイワシも底だったので、棚は底近くに落としておいた。

IMGP4870.jpg
しばらくは何の反応もないので、カモメの写真などを撮って暇つぶし。

3時を過ぎた。
そろそろ来ても良い頃かと期待していたら、3時半ころ近くでサバが上がった。
普通のサビキらしい。
私のトリックには来ない。
その5分くらいあとで、こんどは近くの小学生がサバ。
これも普通サビキのようだ。

これは棚が違うのかな?
棚を上げて待つこと10分。
来ました!。

IMG_6132_20161229122305495.jpg
サバ 25センチ。
やれやれ、これでボウズは回避できた。

2匹目を期待したが、群れが小さかったようでサバはそれで終わり。

IMG_6134.jpg
こんどはイワシに変わった。
これも群れが小さいらしく、1匹、2匹とポツリ、ポツリ。

4時半、そろそろ閉場時間も近い。
今日はアジは来ないのかと思っていると、底に落としておいたトリックにあたり。
巻き上げると、待望のアジが目の前に・・・。
ポチャン!。
残念、無念のバラシ。

もう1匹来てくれと念じて仕掛けを投入。
来ました!。

IMG_6133.jpg
アジ 18センチ。

ここで蛍の光が流れ出したので納竿。

本日の釣果

サバ 1匹 (25センチ)
アジ  1匹 (18センチ)
イワシ 13匹

IMG_6131.jpg

ちょっち寂しい竿納めでしたが、ボウズでなかったので良かったということで・・・・
来年に期待します。





2016年12月1日(水)

いつもは私が釣り場に着くのは昼の12時前後が多いが、この時間帯に釣れたためしはない。
釣れるにはたいてい3時過ぎ。
そこで今回はお魚がおいでになるであろう3時過ぎあたりに行くことにした。

1時頃家を出た。
この時間だと釣り場に着くには3時過ぎになる。
本牧の営業時間は5時までなので、実釣時間は1時間程度しかない。
有料釣り場で1時間とは辛いから、ふれーゆ裏にしようかと迷ったが、ボウズの危険が少ないであろうと思い本牧にした。

3時20分ころ釣り場へ到着。
天気予報では今日から本格的な冬の寒さ到来といっていたが、風も無く思いのほか暖かい。

IMGP4848.jpg

そろそろお魚が来ているのではないかと思ったがどこにも魚の姿はない。
まだおいでになっていないようだ。

IMGP4849.jpg

沖桟橋の手前近くの外側に空いているところを見つけて竿を出した。
2つの仕掛けを比較してみようと思い、トリック1本、普通のサビキを1本。

周囲の方は皆普通のサビキ仕掛け。
トリックを使っている人は見当たらない。
3時半を過ぎたが、誰一人釣れていない。
今日はお魚は来ないのかな・・・・・・。

4時近くに、置き竿にしておいたトリックの糸が横に走った。

IMG_5693.jpg
サバ 27センチ。
時合到来か!。
しかし周りでは釣れていない。

1匹で終わりかと思ったら10分後くらいにもう1匹。
さらにそのあと、2匹を追加。
いずれも私のトリックだけ。
やはりトリックは強い。

少し経つと今度はトリックにアジ。

IMG_5694.jpg
18センチくらい。

アジは数分間隔で釣れ出した。
トリックで4匹、普通のサビキで2匹。

4時半ころからアジに代わってイワシが釣れはじめた。
イワシはトリックにも、普通サビキにもかかってくる。
入れ食い状態だ。

IMG_5695.jpg

イワシを30匹くらい釣ったところで、蛍の光が流れ出したので納竿。

本日の釣果。
サバ  4匹 (24~27センチ)
アジ  6匹 (18センチ前後)
イワシ 30匹

IMG_5691.jpg
バケツからクーラーボックスへ移すとき、アジが1匹床の網からスルチと逃げちゃったので、持ち帰りが1匹減りました。

今回の実釣時間は約1時間、効率の良い釣りでした。





2016年11月30日(水)

本牧海釣り施設へ釣行。
12時頃到着。
今日も良いお天気だ。
私の釣行はいつもお天気には恵まれるのだが、お魚はいまいちのことが多い。
今日はどうだろうか。

IMGP4836.jpg

釣り施設のそば屋で昼食を食べてから釣り場へ向かう。
沖桟橋はまずますの混みよう。
先端付近まで歩いて見たが、魚が上がっている様子は無い。
私が到着する時間はいつもお休みタイム、イワシもアジも来ていないようだ。

IMGP4839.jpg

沖桟橋の外側中央付近の空いているところを見つけて竿を出した。
トリックサビキを1本。
胴突きを1本。
まったくの無生物状態。
1時頃お隣の方がお帰りになった。
朝から来ていたらしいが、何も釣れなかったようだ。

釣れそうもないので、2階の休憩所でしばらく休憩。
窓から釣り場を眺めて高見の見物。
しばらく眺めていたが、釣れている様子はどこにも見当たらない。

2時半ころ釣り座へ戻った。
相変わらず、魚の気配はない。

3時を過ぎたころ、チョロとアタリ。

IMG_5530.jpg
イワシが2匹。
イワシが回ってきたのかと思ったが、周囲では誰も釣れていない。
気まぐれで2匹だけ来たらしい。

またしばらく沈黙。
今日はイワシ2匹で終わりかな・・・・。

3時半ころ、ちょっと大きめのアタリ。

IMGP4845.jpg
サバ 25センチ。

お隣の方が、「棚はどの辺でしたか?。」と聞いてきた。
今日のサバは底に近い。
サバは上層とは限らないようだ。

間もなく2匹目が釣れた。

イワシ、サバと来たんだから、アジも釣りたいな・・・・。

少し経つと、今度は違うアタリ。

IMGP4846.jpg
アジ 15センチ

その後は、アジ、アジ、サバ・・・・と続いた。
サバは、24~25㎝、アジは15~16センチくらいだが、ちょっと大きいのが1匹。

IMGP4847.jpg
23センチ。

1時間近く釣れ続き、イワシも少し混じったが、アジもサバもイワシも皆底近く。

この間お隣の方はまったく釣れなかったようだ。
なにが違うのか?。
私はトリック、お隣は普通のサビキでした。
周囲を見ても、釣れているにはトリックのような感じでした。
やはり、トリックは強いですね。

4時40分納竿。

本日の釣果。

サバ  4匹 (24センチ)
アジ  9匹 (15~23センチ)
イワシ 6匹 

私としてはまずまずの釣果です。

IMG_5528.jpg

これで、老夫婦の3回分くらいのおかずが確保できました。






2016年9月28日(水)

このところあちこちでアジが釣れているようだ。
マメアジが多いらしいが大型も混じるらしい。
本牧の釣果情報によると・・・
9月26日 9999匹
9月27日 8205匹
こんなに釣れているということは時合に関係なく1日中釣れているのだろうか?
大黒や磯子でも釣れているようだが、釣果ダントツの本牧へ行くことにした。
この釣果なら私でも5匹や10匹は釣れそうだ。
本牧は今年になって初めてです。

2時頃釣り場へ到着。

IMGP4773.jpg
どんよりとした曇り空。

釣り場のあちこちでマメアジなどがポンポン上がっている場面をイメージしていたのだが・・・・・

IMGP4770.jpg
どうやらお休みタイムのようです。
魚の気配はありません。
皆さん置き竿にして待機中。

朝から来ていた方はちょうどお帰りの時間だったようで、釣り場は思いの他空いていました。

IMGP4771.jpg
沖桟橋の手前外側付近が空いていたのでそこを釣り座にすることにしました。

今日はサビキしかやらない予定で、買ったのはアミコマセだけ。
1本はサッパかイワシ用で、上層へ。
もう1本はアジ狙いのトリックサビキを底へ。
周りを見ても誰一人釣れていません。
マメアジはおろか、サッパやイワシの姿もありません。
いつ来るかわからないお魚を気長に待つしか無さそうです。
1時間待っても・・・釣れない。
2時間待っても・・・・釣れない。

4時を過ぎた頃、左隣りの女性の方が良型のアジを1匹。
「ついに来たか!」と思ったが、その後はシーン・・・・・・。

5時近くになって、今度は右側の女性の方にサバ。
「サバの到来か!」と思ったが、その1匹で終了。
目視範囲では他に釣った人はいないようです。

その次はイワシ。
私の竿にも数匹来ました。
「アジがダメならイワシを釣ろう」と思ったがイワシも単発で終わり。

5時半ころ、私の竿に本命のアジが1匹。

IMG_4693.jpg
23センチ。
やれやれ・・・・。
しかしこれも単発で後が続かない。

6時を過ぎました。
暗くなり、小雨も降ってきました。
左右の方は皆さんお帰りになったようです。

もう1匹釣りたいと思い、6時半まで粘ったがアタリ1つ無いので諦めて納竿。

本日の釣果

アジ 1匹 (23センチ)
イワシ 9匹

IMG_4692.jpg

アジ大漁の情報につられての今回の釣行は期待外れで終わりました。
しかし、後でWeb情報を見てビックリ。
アジ 7233匹。
いつ、どこでそんなに釣れたんだろう?
果報は寝て待てはダメだったのかな・・・・・。