AX 電車でGo“東京湾釣り日記” ボウズとは・・・・
前回の釣りは「ボウズ」だった。
ところで、魚が1匹も釣れないことを何故「ボウズ」というんだろう。

そもそも「ボウズ」とは何ぞや・・・・・・。

ボウズは漢字で「坊主」と書くが、奈良時代や平安時代に碁盤の目状に区画された土地の一区画を「坊」と言ったそうだ。
その後、大寺院に所属する小さなお寺の事を「坊」というようになり、そのお寺の主、つまり「坊」の「主」である僧侶を「坊主」と呼ぶようになった。
そして、僧侶は、頭の毛を剃っていたので、僧侶の事を「坊主」というようになり、さらには僧侶と同じヘアスタイルを「坊主」というようになった。
これが、本来の「坊主」の意味である。

mar03_a17.jpg

では、何故魚が1匹も釣れなかったことを「ボウズ」というようになったのか?
これにはいろいろな説があるようだ。

1.お坊さんの頭には「ケ」が無い、つまり「魚ッケ」が無い、または、「もうケが無い」つまり、漁師が、魚が釣れないので「儲け=もうケが無い」というところから、魚が1匹も釣れないこと「ボウズ」というようになった。
なお、「ボウズ」のことを「オデコ」ということもあるが、オデコには毛が無い・・・ということで、この説と同じ意味のようだ。

2.「お坊さんは魚を捕ったり食べたりしてはいけない」とされていたので、「お坊さんは魚を捕らない」=「1匹も釣れない」=「坊主」

3.お坊さんの頭の形0(ゼロ)に見えるので魚が0=ボウズ。

4.百人一首の「坊主めくり」というゲームで、僧の札をめくった者は、持ち札を全部出してまったく無くしてしまうルールなので、坊主を引くと得点がゼロになるというところから、釣果ゼロ=ボウズ。

さて、どれなんでしょうね。

さらに前回の釣りはだったので、晴れることを願って「てるてる坊主」の由来を・・・・

てるてる坊主の原型は中国の伝説上の人物「晴娘」だと言われているそうです。
日本のてるてる坊主との違いは、紙でできていて、女の子の姿をしていて、ほうきを持っているとのこと。
ほうきを持っているのは、晴娘が雨雲を掃き出してくれるという意味のようです。

日本にはいつ頃伝わったか、また、どうして男の子の人形になったのかははっきり解っていないようですが、一説では、平安時代には既に伝わっており、日本では、日乞いをするのが修験者や僧侶等の男性だった事から、男の子の姿に変化したのではないかと言われているそうです。
また日照りが続いて困る時は、逆さに吊るしたり、黒い坊主にすると雨が降ると言われています。

teru02.jpg

これからは、釣りに行く前の日には、てるてる坊主をぶら下げようかな!!
間違っても、逆さまには吊るさないでくださいね。

最後にもう一つ
bouzu Production(ボウズ プロダクション)という釣具メーカーがあるそうだ。
きっとボウズを回避できる釣具を開発しているんでしょうね。

スポンサーサイト

コメント
Re: ボウズとは・・・・
ヤンシさん
こんにちは
調べて見ると、いろいろ面白いことがわかるものですね。
私は、坊主が、坊の主=寺の主という意味から来ていることを、この年になってはじめて知りましたよ。
2010/02/27(Sat) 11:57 | URL | 川越の魚人 | 【編集
Re: ボウズとは・・・・
川越の魚人さん こんにちは。

ボウズは私にはなじみ深い言葉です(笑)
しかしボウズにもいろいろな説があるのですね。
1しか聞いたことが無かったので、てっきり1が定説だと思っていました。
2010/02/26(Fri) 09:26 | URL | ヤンシ | 【編集
bamb1no さんへ
こんばんは
コメントありがとうございます。
いつも見に来てくださっている方に、無駄足ばかりさせては申し訳ないと思い、釣行以外のネタを適当に探して書いています。
まあ、付録と思って気軽にごらんください。
たまーーにでも、いくらかお役に立てるネタだったりすると嬉しいです。
もうすぐ春ですね。
そろそろルアーマン活躍の季節かと思います。
どこかでお会いできそうですね。
2010/02/22(Mon) 18:41 | URL | 川越の魚人 | 【編集
Re: ボウズとは・・・・
いつも勉強になります。
学ぶことって楽しい!

近々、ボウズ覚悟で初釣行の繰り出す予定です・・・遅っ(^^;)デコりたくないなぁ。。
2010/02/22(Mon) 14:00 | URL | bamb1no | 【編集
COCOさんへ
こんにちは
どうやら、ボウズ=毛が無い オデコ=毛がない
=魚っケが無い・・・・というのが一般的なようですね。
2010/02/21(Sun) 18:03 | URL | 川越の魚人 | 【編集
Re: ボウズとは・・・・
こんにちは

ボウズの由来、僕も意外と気になっておりました。
なぜ、ボウズというのかな~と近々調べてみようと思っていたので良かったです。
それにしてもいろいろな説があるんですね。
僕的には1の説のような気がします。
2010/02/20(Sat) 15:22 | URL | coco | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック