AX 電車でGo“東京湾釣り日記” ギンポ
先日若洲でギンポを釣った。
「釣った」というよりは、「釣れてしまった」と言った方が正確かもしれない。
見た目がグロテスクで釣り人にとってあまり有り難くない魚なのだが、足元に胴突仕掛けなどを落すと、ときどきかかってくる。
バケツを覗いた方から「これは何ですか」とか「食べられんですか」とか聞かれることが良くあるので、あまり知られていない魚らしい。

今日はギンポについて調べてみた。

釣り魚カラー図鑑(西東社)によると

ギンポ ニシキギンポ科 
頭部は極めて小さく、扁平したナイフのような体型である。尾びれは背ビレの約半分の長さ。また、背ビレと尾びれの後端から尾びれが膜状に連なる。体色は淡褐色で、暗褐色の複雑な斑紋がある。沿岸の潮だまり、干潮線付近の岩礁の間や割れ目、貝殻の中などに住み、ヨコエビ類などを食べる。
東京湾では11月~1月が産卵期。産卵後は雄が卵塊を抱くようにして保護する。ひょうひょうとした見かけによらず、父性愛に満ちた魚である。
全長は成魚で20センチ前後。姿は悪いが、味はすこぶる美味。江戸前の高級てんぷらネタとして珍重される。

と書かれている。

IMGP0963.jpg
(写真は1月25日に若洲で釣ったギンポ)

また、海の釣魚(成美堂出版)には

「昔東京湾にも多くいて、料亭などで、てんぷらの材料として珍重されたが、近年はあまりお目にかからない」
と書かれていた。

私はこれまで何度も釣ったことのある魚なので、そんなに珍しい魚とは思えないのだが・・・・

「ギンポ」は漢字で「銀宝」と書くそうだ。
銀の宝!。
グロテスクな姿からは想像も出来ないような立派な名前だ。
語源ははっきりしないが、江戸時代の銀貨である丁銀に似ているからとも言われるそうだ。
↓の写真に何となく似ていますね。

Keicho-chogin2.jpg
(写真は江戸時代の銀貨 丁銀)

捌き方と食べ方
ギンポは生きた状態で捌いて料理するのが美味しく食べるコツらしいですが、ヌルヌル動いて捌きにくいので、ウナギと同じように目打ちで固定してから捌くといいそうです。
関東では天ぷらネタしして使われていますが、関西では食されていないようです。

ギンポの食べ方についてのサイトをいくつが紹介させていただきます。

ギンポの天ぷらの作り方のページです。
若洲で釣ったギンポを食べた方の記事です。
生きたギンポを捌いた方のブログです。
WEB魚図鑑に寄せられたギンポを食べた方の声です。
釣った魚の捌き方のページです。

ギンポの仲間
「ギンポ」というと一般にはニシキギンポ科のギンポを指すようですが、イソギンポ科、コケギンポ科、ヘビギンポ科などギンポの仲間はいろいろいて、世界では700種を超えるそうです。

詳しくはネット水族館のギンポの仲間をご覧ください。

ギンポが釣れると「なーんだ ギンポかぁ」と思っていたのですが、こうして調べて見るとギンポもなかなか奥が深いですね。
これからは貴重な食材として大切に扱わせていただきます。

追記
ブログを見た方から、写真の魚はダイナンギンポのように見えるとの指摘があったので調べて見ました。
普通、ギンポというのはニシキギンポ科の魚で、近似種にダイナンギンポ(大灘銀宝)というタウエガジ科の魚がいるようです。
魚体の色と尾鰭の形が違うらしいので、図鑑で比較してみると・・・・・・
どうやら、若洲で釣れたのは、ダイナンギンポのようです。
「Web魚図鑑」で調べてみると、食味やレビューに書かれている食べた方の声などはどちらも同じようなので、どちらも食べられる・・・・・・と、ひと安心です。
もし間違い等ありましたら、コメントで教えていただけると有り難いです。

ギンポ(Web魚図鑑)
ダイナンギンポ(Web魚図鑑)


スポンサーサイト

コメント
falさん こんばんは
お忙しいようですね。
でも、今はどこも釣果が渋いようなので、安心してお仕事の勉強の方をがんばってください。
釣りに行けるようになる頃には、きっとお魚も戻ってきますよ
2010/02/01(Mon) 22:30 | URL | 川越の魚人 | 【編集
Re: ギンポ
ギンボは釣ったことがないですが、
多分ボラやメジナと一緒でつれる場所によって臭みとか
変わるのかもしれませんね。
若洲の冬場はギンボがつれるφ(`д´)メモメモ...
釣った魚が美味しかったときは最高の気分ですね^^
あー早くつりに行きたいw
2010/02/01(Mon) 21:49 | URL | fal | 【編集
ティーグさんへ
こんばんは
ギンポは本来おいしいはずなのですが、若洲のギンポの中には臭みのあるものもあるらしいので、要注意のようせです。
2010/01/31(Sun) 22:32 | URL | 川越の魚人 | 【編集
Re: ギンポ
川越の魚人さん,こんばんは(^_^)v

ギンポ美味しいですよ。見た目はいまいちですけど味は最高です。
やはり天ぷらですよね(^ω^)
2010/01/31(Sun) 18:38 | URL | ティーグ | 【編集
ヤンシさんへ
調べてみたら、若洲で釣れたのは、色や尾鰭の形から見てどうやらダイナンギンポらしいですね。
ブログの追記にその事を書いて見ました。
間違い等があるようなら、また教えてくださいね。
2010/01/28(Thu) 12:01 | URL | 川越の魚人 | 【編集
ヤンシさんへ
コメントありがとう
なるほど。
ギンポの中には臭みがあって、味がいまいち・・・というのも中にはあるんですね。
釣れる場所によって味も違うんでしょうか。

図鑑で調べて見たら、私が釣ったギンポはダイナンギンポかも・・・・・。
若洲のギンポは要注意かなぁ。

2010/01/27(Wed) 23:57 | URL | 川越の魚人 | 【編集
Re: ギンポ
こんばんは。

ギンポは見た目はとても悪いですが、とても美味しい魚ですよね。
ただ、前に若洲で釣ったことのあるギンポは若洲独特の変な臭みがあって味は、、、でした。
磯場で専門に狙う方はエサにマグロのトロを使うそうです。
それにしても若洲のギンポは尾びれが小さいんですね。
写真を見たときにダイナンギンポかと思いました
2010/01/27(Wed) 23:13 | URL | ヤンシ | 【編集
COCOさんへ
こんばんは
ギンポの事を書いてあるページをいろいろ調べて見たんですが、不味いとか、臭いとかいう記事は見当たりませんでした。
骨が多い・・・というのはありましたが。

特に難しい調理方法では無いと思うんですが、何故だったんんでしょうね。
こんど一緒に食べて見ましょうか。
2010/01/27(Wed) 20:35 | URL | 川越の魚人 | 【編集
Re: ギンポ
こんばんは

ギンポ本来は美味しいらしいですね。僕の食べたギンポは、臭みがあり骨が多すぎてとてもおいしいと言えませんでした。おそらく、僕の調理法が悪いのだと思います。次回釣った時もう一度チャンレジしてみますね。
2010/01/27(Wed) 20:08 | URL | coco | 【編集
ぜうてさん こんばんは
ギンポはなんとなく食べられそうも無いような形をしているので、リリースする人が多いようです。
あの形状が命拾いをしているのかもしれませんね。
身を守るための知恵でしょうか???。
2010/01/27(Wed) 18:10 | URL | 川越の魚人 | 【編集
Re: ギンポ
ギンポですかー。
テトラ帯で前釣りました。
最初釣った時ははちっちゃいウツボみたいだったので逃がしてしまいましたが、おいしそうなので今度釣れたら食べてみます。








2010/01/27(Wed) 17:57 | URL | ぜうて | 【編集
situgenさんへ
早速コメントありがとうございます。
あの姿を見て「食べられる」と判断したとは、すごい直感力ですね。
見た目では、どうも・・・と敬遠してしまいがちですが、「見た目だけで判断するのは間違い」の見本のような魚ですね。
魚は見た目よりも味、人間は見た目(美貌)よりも中身・・・ギンポの教えでしょうか!?。
2010/01/27(Wed) 15:50 | URL | 川越の魚人 | 【編集
Re: ギンポ
ギンポ美味しいですよねー!
私がギンポを最初に釣って食べた時は、ただ、ウナギに姿形が似ていることから、どういう魚か何も知らないまま、
「間違いなくこの魚は食べられる!」と決断し、思い切って、エイッ!と口に放り込んだものです。
結果は・・・大当たりどころじゃありませんでした。
なんてたって、アナゴより旨いじゃありませんか!
ギンポ、大好きです。
2010/01/27(Wed) 15:14 | URL | situgen | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック