AX 電車でGo“東京湾釣り日記” マイワシはどこへ
昨年の初釣りはマイワシだった。
しかし、今年は影も形も見えない。
どこへ行ったのだろう。
こんな言葉を見つけた。

鰯は一代のうちに二度と豊漁にぶつかることはない。

鰯が大漁の年にぶつかるのは、一生に一度しかないという古くからのいい伝えだそうだ。
(ここで鰯とはマイワシのことを指すようだ)

さらに、このいい伝えを裏付けるような研究結果も発表されていた。

鰯100年周期説
愛媛大学の沿岸環境科学センターの研究によると、マイワシは室町時代以降は100年周期で増減を繰り返しているそうだ。
大漁期が10年程度続き、その後減少、100年ごとにこの周期がまわってくるらしい。
最近では1930年~1940年に増加のピークが見られたとのこと。
そうすると、この次の大漁期は今世紀の半ば頃。
その頃は私はこの世にはいないかなぁ・・・・・。

もう一つ鰯にまつわる面白い話を見つけた。

紫式部はイワシ好きだったそうだ。
当時はイワシは賤しい食べ物とされており、高貴な身分の人は食べなかったようだ。
紫式部は、夫の留守中にイワシを焼いてこっそり食べていたところ、その臭いから夫に見つかり非難された。

このとき庶民のおばちゃんならば、

「なに言ってんのよ。あんた!こんな美味しいもの、誰でも食べてるわよ」

とでも言って喧嘩になったかも・・・・・。

ところが式部は即刻、

「日の本に はやらせ給う いわしみず まいらぬ人は あらじとぞ思う」

と歌で返したそうだ。

「誰もが岩清水八幡宮にお参りしているように、イワシを食べない人はありませんよ」
と岩清水にイワシをかけて詠んだものだ。

うーーん。さすが式部。

しかし、現代語に訳してみると、内容は庶民のおばちゃんが言う事と同じですね。
でも、歌できれいに返されたのでは、喧嘩にならない。

その後は夫婦仲良く、こっそりイワシを食べるようになったとか。
スポンサーサイト

コメント
ヤンシさんへ
こんばんは
100年周期説によると、次のマイワシの豊漁期は今世紀の半ば頃らしいですが、釣り人が楽しむ程度の群れはそんなに待たなくても時々来ると思います。
今年も千葉の方では釣れていうらしいので、地域差でしょうかね。
2010/01/19(Tue) 22:42 | URL | 川越の魚人 | 【編集
Re: マイワシはどこへ
おはようございます。
紫式部までもがイワシを食べていたとは驚きです!
最近はイワシが不漁と言われていますが、もしかしたらそれは周期のせいなのかもしれませんね。
私も一度はマイワシを爆釣してみたいです。
2010/01/19(Tue) 10:29 | URL | ヤンシ | 【編集
bamb1noさん こんばんは
シーバスの好物のシコイワシが湾奥に来るのは暖かくなってからでしょうね。
本牧は、まあまあ、きているようですが・・・・
2010/01/18(Mon) 21:26 | URL | 川越の魚人 | 【編集
Re: マイワシはどこへ
むむ~。。
鰯の接岸量が減ると釣りづらいんですよね。
ナブラ撃ちができない(泣)

鰯の群れを見つけたらご一報ください(^^;)
2010/01/18(Mon) 18:49 | URL | bamb1no | 【編集
Mr.Rさん こんばんは!
紫 式部と同じものを食すと思えば一段と美味に感じるのでは・・・・。
100年周期の大漁でなくてもいいので、釣り人が楽しむ程度には、ちょくちょく来てほしいですね。
2010/01/16(Sat) 20:13 | URL | 川越の魚人 | 【編集
Re: マイワシはどこへ
紫式部も食べていたんですか・・・
びっくりです。

温暖化(異常気象)の影響とかでいきなり回ってきたりしたらいいですね。
2010/01/16(Sat) 19:12 | URL | Mr.R | 【編集
COCOさんへ
早速コメントありがとう。
2040年。
みんなの努力で、きっと東京湾は綺麗な海になっていると思いますよ。
私は星になって見ているかも・・・・・。
2010/01/16(Sat) 15:10 | URL | 川越の魚人 | 【編集
Re: マイワシはどこへ
なるほど~あのかの有名な紫式部でさえ食べていたのですね~。驚きです!

イワシの次の豊漁は2040年頃ですね。それまでに東京湾の釣り場はどうなっているのでしょうかね?
2010/01/16(Sat) 14:40 | URL | coco | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック