FC2ブログ
コロナウイルスの感染がますます深刻化してきました。
不要不急の外出の自粛など行動の制限が求められていますが、諸外国に比べると日本はだいぶ緩やかなようです。
先日シンガポール(だったと思います)で、ジョギングをしていた日本人を含む数人が逮捕されたというニュースを目にしました。
日本の現状から見ると驚きです。

ネットで「コロナウイルスを2週間で解決する方法」という記事を見つけました。
世界中の人に2週間分の水と食料を与え、その期間は自宅から1歩も外へ出ないようにする。
2週間後、コロナ感染者がいなかった家族は何の変化も無く、コロナウイルスも存在しない。
感染者が1人でもいた家族の場合は家族の一部または全部が感染する。
感染した家族の大部分は軽症で自然に治癒する。
一部は重症化し、死に至る人も出る。
死によってウイルスも増殖できなくなり、ウイルスはいなくなる。
したがって2週間後にはコロナウイルスは消滅する。

なお、この方法は計算上のもので、現実には不可能とも書かれていました。
詳しくは
 「コロナウイルス問題を2週間で解決する方法」 をご覧ください。

この記事の方法は計算上のことで実現は不可能だが、この中にコロナウイルス問題解決の根本原則がると思います。
ウイルスは人から人へ感染するものなので、「人と人とが接近しなければ防げる。」ということです。
ぽつんと一軒家の住民が周辺の林の中を歩き回っても、感染することも感染させることも無いでしょう。
外出の自粛や禁止は、外出そのものが問題なのではなく、人と人との接近、接触を避けることが目的のはずです。
外出の自粛というよりは、「人と人との接近や接触は出来るだけ避けて行動する」といった方がわかりやすいかもしれません。

そうはいっても、社会は人と人との繋がりによって成り立っているもの、医療、介護、保育、治安、その他各方面で多くの方が人と接する仕事をしてくださっていることによって社会は守られ成り立っています。
まずはそれらの方々に感謝です。
そのうえで人と人との接近や接触は最小限にとどめることが、自分を守り人を守る上で大切ではないかと思います。
不要不急の外出の自粛は、不要不急の人との接近や接触は自粛と考えても良いと思います。

私は人との接近や接触につながる電車釣行は自粛していて、2月以降は電車での移動はしていません。
釣り場は密閉でも、密集でも、密着でもないので危険では無さそうですが、移動手段が問題です。
車での単独釣行なら大丈夫なのかもしれません。

でも、伊佐沼への自転車散歩と、森の散歩道など人のほとんどいないような場所へのウオーキングは続けています。
昨日行った森の散歩道の写真です。
不要不急の外出になるかもしれませんが、こんなところなら問題無さそうです。

P1180482.jpg
森のさんぽ道の入り口
散りかけの桜がまだ頑張っていました。

P1180477.jpg
広大な林の中にいくつかのウオーキングコースがあります。
 
P1180478.jpg
ほとんど人の姿はみられません。
散歩をしている人が何人かはいますが、数メートル以上離れているのでお互いに安全、安心です。

電車釣行は当分自粛になりそうです。
コロナ問題が1日も早く終息することを祈るばかりです。
でも祈っただけでは止められません。
「人との接近、接触を出来るだけ避けること」
みんなが、それぞれの立場と方法でこれを実行すれば終息へと向かうはずです。
ここしばらくの辛抱です。
コロナ問題が終息したら釣り友は皆で濃厚接触です。
その日まで頑張りましょう。
どうぞ皆様もくれぐれも体に気を付けてお過ごしください。


スポンサーサイト




コメント
釣りバカ青年 さんへ
世界中がこんな状況ですからね。
日本は散歩が出来るだけでも、まだ良い方かもしれません。
10キロも歩くとはさすが若さですね。
私は平均4~5キロ程度です。
気を付けて頑張りましょう。
2020/04/04(Sat) 10:11 | URL | 川越のGG | 【編集
毎日、コロナコロナとニュースが流れ、いろんなところで自粛自粛。
早く終息してくれることを祈るしかありません。
先週は人がいない場所を意識して10キロの散歩をしました。今週も人がいない場所を意識して散歩にでも行こうと思っています。
2020/04/03(Fri) 18:09 | URL | 釣りバカ青年 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック