AX 電車でGo“東京湾釣り日記” 亀さん永眠
2018年3月9日(金)

20年以上飼っていた亀さんが死んだ。

我が家では、毎年12月に亀さんを冬眠させる。
そして3月には冬眠から起こす。
今年は3月4日に起こした。
起きたばかりの亀さんは例年より元気がなく、水の中に首を下げてグッタリした様子だった。
しかし1日後には水槽の中を歩きまわり首をのばして餌を欲しがるそぶりも見せていた。
そこで好物の鶏肉を与えてみたが、食べる様子はなかった。
例年、冬眠から覚めた後1週間程度は食べないので、いつものことと思いあまり気に留めなかった。

冬眠あけより2日ほど後から気温が下がり寒い日が続いた。

IMG_4115.jpg
亀さんは水槽の中でこんな格好で目をつぶってじっとしたいた。
寒いから体が動かないのだろう。

翌日も同じ場所で同じ格好をしている。
心配になったので、頭に手を触れてみた。
少し目を開けて、首をちょっと動かした。
やはり寒くて動けないのだな・・・・・。

今朝、やはり同じ場所で同じ格好をしていた。
これはおかしい!。
頭に触れてみると動かない。
そして固い。
手も固くなっていた。
死後硬直というやつらしい。

IMG_4123.jpg
今にも目を覚まして歩きそうに見えるのだが、手も足も固まっている。
寿命だったと思うしかない。

この亀さんを飼い始めたのは、末の子供がまだ小学生の頃だったので、我が家に来てから25年近くになる。
伊佐沼で捕まえてきたものだ。
推定年齢は30歳くらいだろう。

昨年の亀さんは、例年と少し様子が違っていた。
6月26日に産卵。
この時の卵は11個。
(この時の様子は、 「亀さんの産卵」 をご覧ください。)
普通は産卵は1年に1度なのだが、去年はその後数回産卵。
毎月のように産卵が続き、最後の産卵は冬眠の準備に入るはずの11月25日。
昨年の産卵数は全部でなんと35個。

12月に入ると食欲は落ちてきたが、なかなか冬眠に入る様子はなく、12月の終わりになってやっと静かになったので冬眠させた。
冬眠は、水槽の水を抜き枯葉の布団を被せて段ボール箱を被せておくのだが、暖かい日などはゴトゴトと音を立てていた。
これもこれまでには無いことだった。
今にして思えば、出して欲しかったのだろう。

最後の身体測定
甲羅長 31cm
甲羅幅 20cm
体重   3.8Kg

亀さんは、今にも起き出しそな格好で水槽の中で眠っています。
でも、もう2度と起きないのが現実、近いうちに埋葬する予定です。

長い間ありがとう。
静かに眠ってくださいね。

亀さん 樹木葬
3月11日。
亀さんを庭の片隅に埋葬した。

IMG_4251.jpg

樹木葬

ユスラウメの苗木で樹木葬です。
スポンサーサイト

コメント
kanagakupapa さんへ
コメントありがとうございました。
亀はなかなか美食家のようです。
釣ってきたサッパやイワシを食べさせていたのですが、あるときマグロの刺身やサーモンを食べさせたら、サッパやイワシはいらないと言い出しました。
あとは鶏肉が好きでした。
今では思い出になってしまいました。
2018/05/01(Tue) 15:12 | URL | 川越のGG | 【編集
亀と魚
亀さんは釣った魚を食べられて幸せだったでしょう。
今でも、忠犬ハチ公の様に、釣りに出かけた主人の帰りを庭でずっと待っているのではないかと思います。
2018/04/28(Sat) 10:01 | URL | kanagakupapa | 【編集
シン さんへ
はい、外来種として嫌われもののアカミミ亀です。6月から11月にかけて何度も卵を産んだので体力を使い果たしてしまったのでしょう。
生き物を飼うと必ず別れがやってくるのが辛いですね。
冬眠させないほうがもっと生きたような気もしますが、天寿だったと思うことにします。
2018/03/10(Sat) 18:46 | URL | 川越のGG | 【編集
亀さん

アカミミ亀ですかね?だいたい20~30年が寿命と言うので天寿を全うしたのでしょうね

長年連れ添った家族がいなくなるのは辛いですがきっと亀さんは川越のGGさんとの生活は幸せだったと思います

亀さん 安らかに…
2018/03/10(Sat) 01:32 | URL | シン | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック