AX 電車でGo“東京湾釣り日記” 故郷の廃家
いくとせ ふるさと 来て見れば・・・・・・
そんな歌があった。

11月1日~7日まで、私の郷里北海道伊達市へ行ってきた。
しゃけ(鮭)釣りのシーズンなので、「釣りに・・・」といいたいところだが、釣りや観光ではない。
母が亡くなってから、33年、父が亡くなってから23年が経過している。
その間放置してきた私の生家の片付けと、両親の法事が目的だ。

我が家の周辺はどうなっているだろうか?
出発前にGoogle Mapを見ると・・・・

date.jpg

人里離れた森の中にポツンと一軒家。
これが私の生家だ。
周囲は開発が進み、かつての田や畑は住宅街になっているが、ここだけが開発から取り残されたようだ。

1日に伊達市に到着。
当日はホテルで一休み。
翌日、私の生家へ行ってみた。
昔の記憶を頼りに歩いて見たが、都市化が進み、新し道路が出来、住宅が立ち並んでいるのでわかりずらい。
住宅街を外れると、急に原野になる。

IMG_5145.jpg
この道が我が家の入口。
道の周辺は、田畑だったのだが今では休耕地になっていて雑木が生えていた。

IMG_5166.jpg
これが私の生家。
まさしく故郷の廃家だ。
昔は萱葺きの屋根だったのだが、今はトタンを被せてある。
壁には小さな穴が空いてスズメなどは出入り自由。

3日間この家に通い、ガラクタの整理と片付けをした。
私が生きているうちに、一度は片付けに行かなければと思っていたので、何とか一段落してやれやれです。

IMG_5242.jpg
我が家の裏から見える有珠山と昭和新山。
子供の頃毎日見ていた景色だが、有珠山は噴火によって当時とは形が変わっている。

IMG_5283.jpg
昭和新山の後ろは蝦夷富士とも呼ばれる羊蹄山。

5日には旧友宅へお邪魔して、近くの海で釣れたという鮭を食べさせていただいた。
さすがに釣れたては美味い。

6日は両親と弟の法事。
兄弟や従兄妹たちと会ったのは7年ぶりだ。
私が生きている間にあと何回会えるだろうか?。

最終日。
開拓記念館や、だて歴史の杜周辺を散策し、帰途に着いた。

IMG_5263.jpg
開拓記念館 旧伊達家(現在は迎賓館として保存されている)

IMG_5274.jpg
開拓記念館 旧三戸部家住宅。
明治初期の住宅として保存されている。
私の生家も同程度の年代ものかも・・・・・

IMG_5302.jpg
だて歴史の杜

IMG_5299.jpg

IMG_5312.jpg
駅のホームでは雪かき。
北海道で一番気候が温暖な伊達市なのだが、今年は雪が降るのが早いようだ。

私が生家を離れてから57年が過ぎた。
その間に何回帰省しただろうか。
行く前は、「今回が最後かな」と思っていたが、また行こうかなという気になった。
今回は飛行機だったが、次回は新幹線で行ってみようかな。

スポンサーサイト

コメント
masahiro さんへ
コメントありがとうございました。
18歳の時郷里を出てから57年。
私が生まれ育った町はすっかり変わりました。
周囲から取り残された一軒の古民家。
いつか取り壊さざるを得ないのですが、無くなるというのは何となく寂しい気がしますね。
2016/11/16(Wed) 20:56 | URL | 川越のGG | 【編集
北海道へいらしていたんですね。お疲れ様です。

最近の北海道は道東が雪が多くそれ以外が少ないという印象ですが、今年は僕の住む空知も久々に厳しい冬になりそうな気がします…。

北海道感覚で言うと、北海道の古民家自体がすごく珍しいと思いました。今日は北海道ローカルのニュース番組で廃線になった深名線の沼牛駅を残す運動をしている方のことがとりあげられ、「保存活動は生活の一部」と仰っていました。それくらい肌感覚でないと、残すのは難しいんだなと感心していました。

時代は移りゆくものですが、残ってほしいものもあります。勝手ながらそんなことを思いました。なんだかわからない文章になってしまい、失礼しました。
2016/11/14(Mon) 21:11 | URL | masahiro | 【編集
調布 さんへ
お久しぶりです。
相変わらずお忙しいのでしょうね。
私の生家は明治時代に建てたものですが、実は完全な空き家ではないんです。
昔の農家は冠婚葬祭などは自宅でやったので、デカい家なんですが、家の3分の1くらいを使って義弟が住んでいて仙人みたいな生活を送っています。
家が大分傷んでいて、雨漏りがするらしく屋根をブルーシートで覆ったりしています。
そろそろ限界かもしれません。
完全に使わなくなったら取り壊すしか無さそうです。
明治に建てた古民家はそうは無いので、惜しい気もするんですが・・・・。

今年は釣りのお誘いも少なくなり、釣行回数も減りまました。
でも元気なので、まだ数年は続けられそうです。
ご都合の良い時にでもお誘いください。
2016/11/12(Sat) 22:24 | URL | 川越のGG | 【編集
釣りバカ青年 さんへ
お久しぶりです。
釣りは、昨年あたりまでは週1くらいだったんですが、今年は月1~2くらいに減りました。
いちばんの原因はお誘いが少なくなったこと。
みなさん成長して、GG離れ?が進んだようです。
今年は単独釣行が多いです。
寒くなってきたので、老人は冬眠した方がいいかな・・・。

今度北海道へ行くときは新幹線にしようと思っています。
2016/11/12(Sat) 22:04 | URL | 川越のGG | 【編集
お久しぶりです。
城南島が渋くなってしまってから、トンとメジナ釣りに行かなくなってしまいました。
北海道の風雪に耐えて数十年間も空き家のまま建っているのだから昔の家はたいしたモンですね。私の生家はGGさんの近くですが、最後の住人でった祖父が昨年鬼籍に入りました。
義父母は青森でくらしていますが、その家も数十年後にはどうなることやら・・・
家は人がいなくなると朽ちるのが早いですよね。かといって、都心から田舎に戻るのにはかなり勇気が要ります。
不惑の年になり、将来を考え出してしまいました。
青森市は東北新幹線延伸時に、青森駅前が誘致に反対したようです、そして新青森になったようですが・・・延伸した後には只の通過駅。新青森駅前には数年間も「イオン建設予定地」の看板が。

駄文長文失礼しました。
近いうちにご一緒しましょう。
2016/11/12(Sat) 14:31 | URL | 調布 | 【編集
ご無沙汰してます。
僕は釣りに行く回数が激減しましたが、川越のGGさんも減った気がしております。
お元気でしょうか?
実は最近、盛岡へ一人旅に行きました。もちろん新幹線で行きましたが、僕が小さな頃は盛岡止まりだった東北新幹線が、八戸、新青森と延伸しついに北海道まで繋がり時代の経過を感じています。
また、生家へ行く機会がありましたら是非新幹線で行ってみてください。駅弁を食べながら車窓を眺めるのも楽しいと思います。
2016/11/12(Sat) 11:42 | URL | 釣りバカ青年 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック