AX 電車でGo“東京湾釣り日記” ポケモンGo利用者は生命保険を!?
つい数日前にポケモンGoなるものが日本で公開された。
私はゲームには全く関心がないのだが、どうやら歩きながらスマホを操作するゲームらしい。
「歩きスマホは危険で、周囲の迷惑にもなるのでやめよう」と言われているのに、歩きスマホを助長するようなゲームが流行って大丈夫なのかなと心配していたが、公開後2~3日で、いろいろな事故や事件が起こっているようだ。
一番多いのが交通事故、そのほかに不法侵入や、ひったくりなども発生しているらしい。
こういう危険性のあるゲームを年齢制限も何もなく、野放しでやって良いものだろうか。
何か規則などは無いのだろうか。
ネットで調べてみました。

ゲームをダウンロードすると、利用規則が出てきて、これに同意しないと先に進めないようになっているらしい。
しかし、この規則をしっかり読んでいる人などほとんどいないだろう。
多くの人は読まずに同意のボタンを押して次に進んでいるははず。

年齢制限
「13歳未満のお子様の親権者又は法的な保護者(以下「親権者等」といいます。)である場合、お客様自身のために、かつ、本規約及び当社のプライバシーポリシーにおいて本サービスの利用を認められているお客様のお子様を代理して、本規約に同意することになります」
つまり13歳未満の子供は保護者の同意なしには使えないと決められている。

自己責任、そして事故に備えて保険に入ること
「お客様による本アプリの利用及びゲームプレイはお客様自身の責任で行うこと、並びに、本サービスの利用中にお客様が被る可能性のある損害に関してお客様が合理的に必要であると考える健康保険、損害賠償保険、災害保険、人身傷害保険、医療保険、生命保険及びその他の保険契約をお客様の責任において維持することに同意するものとします。」
自己責任はまだしも、事故に備えて、「健康保険、損害賠償保険、災害保険、人身傷害保険、医療保険、生命保険などの保険に加入しなさい」という規定があるのには驚いた。
このゲームによって、死亡事故を含むいろいろな事故が発生することをあらかじめ想定してこのような規定を設けたのだろう。
すべては使う側の責任で、提供会社には一切責任が及ばなないように周到に規定が作られており、利用者はこれに同意したことになっているのだ。
マスコミでは、注意が必要とはいいながらも、経済効果があるとか、ひきこもりからの離脱に良いとかプラス面を強調していて、このような利用規則が設けられていることはあまり報じられていないようです。

ポケモンGoについては賛成、反対、いろんな人がいろんなことを言っていますが、私は、漫画家の やくみつる氏の発言の次の部分に共感を覚えます。
「現実は面白いことに満ち溢れているわけです。
道端の植え込みだって、そんな中にいる虫にだって興味を示せばいいものを、そこを見ながら(スマホを介して)現実的じゃないものを探す・・・・・・。
親は、現実のもっと楽しいことを子どもに提供するべきです。」


つまり、「バーチャルな世界の怪物探しよりも、現実の虫や植物などに興味を示した方が良い、現実の楽しいものに目を向けなさい。そして、親は子供に対して現実の楽しいものを教えなさいと」言っているのです。
ポケモンGoばかりではなく、スマホ世代の人たちはバーチャルな世界を追い求める傾向が強くなっていることに私は危惧を感じます。
バーチャル世界の怪物や友達、バーチャル世界の恋人など、バーチャルな世界に浸りすぎると、リアルな世界への興味が薄れて、リアルな世界に適合できなくなっていくのではないかと心配になります。
例えば、バーチャルな世界の彼女とお付き合いしている人は、リアルな女性には興味がなくなるなど・・・・。

釣り友の皆さん。
ときにはバーチャルの世界を楽しむのも良いでしょう。
でも、事故を起こしたり、周囲に迷惑をかけたりしないように十分に気を付けてくださいね。
事故や事件はリアルの世界で起きるのですから・・・。

そして、バーチャルなポケモンを追いかけるのはほどほどにしてリアルな魚を追いかけましょう。
友達、彼女、そして魚は絶対リアルに限りますよ!。
それが「リア充」です。
そろそろ釣りにでも行こうかな・・・・・。

スポンサーサイト

コメント
調布 さんへ
お久しぶりです。
しばらくブログの記事を見ませんがお忙しいのでしょうね。

ゲームやスマホの問題ではなく、使う人の人格が問題だと言えばその通りですが、人格が形成された人だではなく、形成過程の真っただ中にある人も大勢使っていますからね。
不特定多数に提供する側は、社会にはいろんな人がいることを前提にした配慮が必要と思います。
その意味で、使う側のモラルよりも、危険性や迷惑行為を生ずることが想定されものを提供した側に問題があるような気がします。
法的には問題なしといえばそれまででしが・・・・。
それと、素人としては、幼少の頃からのゲームやスマホは、使い方によっては、人格形成に何らかの影響を与えるような気がするんですが学術的にはどうなんでしょうか?。
2016/07/27(Wed) 12:18 | URL | 川越のGG | 【編集
ゲームごときにより周囲に甚だしい迷惑をかけている輩はすべからく、その他の生活でも普通に周囲に少なからぬ迷惑をかけている輩ですよ。

問題はそこの人格に至るまでの過程です。ゲームやスマホではないのですよ。
2016/07/27(Wed) 00:18 | URL | 調布 | 【編集
釣りバカ青年 さんへ
お久しぶりです。
お元気でしょうか。
釣りバカ青年さんの予測だと、ポケモンGoにはやはり生命保険が必要なようですね。
何が楽しいかは人によってそれぞれ違うので、ゲームで楽しむことを全面否定はしませんが、歩きスマホは自分も危険で、他人にも迷惑なので困ったものです。
自制できない人を守るためには、歩きスマホは罰金10万円の法律でも作るしかなさそうですね。
2016/07/26(Tue) 22:21 | URL | 川越のGG | 【編集
ご無沙汰しております。
日頃から歩きスマホの方々に腹を立てている僕をさらに腹立たせるゲームが登場しました。
人は他人に迷惑を掛けないで生きていくことは不可能だと思いますが、歩きスマホで迷惑を掛けることはどうしても許せません。そして、いい大人が歩きスマホをし、回りに迷惑を掛けていることに気が付かないのが信じられません。
そんな中で登場した今回のゲームですが、僕は死人が出ると思っています。トラブルによる殺人か、交通事故か、不注意による事故かは分かりませんが、死人が出ると思います。
その時にポケモンGOをやっている本人が勝手に死亡するのは構いません。しかし「ポケモンGOに夢中になった人が高速道路に浸入し走ってきた車に轢かれて死亡しました」なんて事故が起きたなら車の運転手が気の毒でなりません。

ちょっと強い言い方をすると、普通の大人ならポケモンGOはしないのが当たり前。
普通の大人なら歩きスマホなんてしないのが当たり前。
と思っています。
2016/07/26(Tue) 19:53 | URL | 釣りバカ青年 | 【編集
シン さんへ
このゲームの提供元はアメリカの会社なので、アメリカ流の使用規定を設けて、絶対に責任を追及されないようにガードしているようです。
日本ではちょっと違和感がありますね。
リアルな釣りの楽しさをお子さんに教えているシンさんは正解、親の鏡ですね!。
2016/07/26(Tue) 18:20 | URL | 川越のGG | 【編集
まさか保険を勧めているとはビックリですね
と、同時に少し呆れました

そこまで危険、危ないと認識しながら発売したゲーム会社
自己責任逃れも良いところですね

バーチャルな世界も結構ですがやはりリアルな魚、しかも大物の魚を釣り上げたときの達成感、充実感、そしてドヤ顔は最高です
関東近辺にもっと釣り場が増えればバーチャルな世界に引き込まれた人が少なくなるのでは?w
2016/07/26(Tue) 16:05 | URL | シン | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック