AX 電車でGo“東京湾釣り日記” 釣れる人は明るいうちに釣れる!
2016年6月18日(土)

本日はシンさん主催(のはずだった)メジナ釣り大会。
大会は4時集合だが、最近私がメジナを釣ったのはいずれも8時半頃。
大会時間中にメジナを釣るのは無理っぽいと思い、早めに行ってサッパかイワシでも釣ってボウズを逃れることにした。
1時半頃釣り場に到着。
堤防をぶらぶらと偵察。

IMGP4441.jpg
入り口付近はファミリーで混んでいます。
しかし、バケツの中は空っぽ。
イワシもサッパも見当たりません。

中ほどから先は空いていて竿がズラリ。
キスでも狙っているのでしょうか。
魚の気配は無し。

IMGP4445.jpg
そして先端付近はガラ空き。

堤防の端から端まで歩いて見ましたが魚が上がっている様子はまったく見られません。
これじゃあ、サビキを出しても無駄かな。
さてどうしよう・・・・・・・。

入り口の方に戻りました。

IMGP4452.jpg
見知らぬ高校生くらいの少年から声がかかりました。
「川越の・・・さんですか?」
「はい、そうですが・・・・」
「ヘチ投げ暇人です」
「おお!ツイッターの・・・・・」
というわけで、フォロワーの方と初対面。
ブログ「ヘチヘチヘチたまに投げ」の管理人でブログでのハンドルネームはケイさん。
私のブログも以前から見てくださっているとのこと。

釣果を聞くと、午前中にハゼがたくさん釣れたとのこと。
今日はサビキはダメのようです。

そこで、サビキは諦めてハゼを狙って見ることにしました。
しかしさっぱり釣れません。
ヘチ投げ暇人(ブログ名ケイ)さんはケーソンの間を探って小さいカサゴなどを釣っています。

IMG_2692.jpg
私はやっとのことで2匹。

集合時間の4時が近づいてきました。
ケイさんも一緒に釣り大会に参加することになり、堤防入り口付近へ集合。
本日の参加者は・・・・
シンさんに代って主催者役の釣りバカパパさん。
臥龍さん。
じょにやんさん。
飛び入り参加のケイさん。
川越のGGの5名。

じょにやんさんは、少し遅れるらしいので先に始めることにして人口磯へ移動。
少し遅れてじょにやんさん到着。
彼は堤防入り口のハゼが気になるようで、明るいうちはメジナは無理だろうと、ハゼ釣りにおでかけ。
IMGP4456.jpg
4人で竿を並べました。
私の予想では、釣れるのは暗くなってからのハズ・・・・。

ところが、まだ明るい5時半頃に臥龍さんが、1匹目。
25センチ位の良型。
続いて同じ位のサイズを2匹、3匹と・・・・・。
暗くならないと釣れないと思っていたのは間違いのようです。
臥龍さんは何年か前の釣り大会の時も明るいうちからメジナを釣って優勝した名人。
釣り方が私とはまったく違います。
餌はオキアミ。
コマセを使っています。
錘負荷の軽いウキを使って、餌を自然に流す感じて釣っているようです。
それに対して私は、餌はアオイソメ、コマセ無し、ウキは錘負荷3B、おまけにハリスにBのガン玉を打ってドカンと下の落としています。
この違いでしょうか。

ところが、6時頃今度はケイさんが1匹。
サイズは27センチ。
彼はのべ竿にアオイソメ。

6時を過ぎた頃にハゼ釣りから戻ってきたじょにやんさんも、1匹。
こちらは20センチ位。
どうやら、餌や釣り方の違いだけでは無さそうです。
これを腕の違いというんですね。

しばらくして、ついに私の竿にも・・・・と思ったが!

IMGP4457.jpg
チビアイナメでした。

私と釣りバカパパさんがメジナを釣らないうちに大会終了の7時が到来。
数では、臥龍さんがダントツ(7~8匹だったかな?)
ケイさん、じょにやんさんが2匹 かな?
私と釣りバカパパさんはメジナなし。

今回は数ではなくサイズの競争ということだったので、僅差で飛び入り参加のケイさんが優勝。
おめでとうございます。

そのあと、釣りバカパパさん、じょにやんさん、私の3人が残業?
釣りバカパパさんは、途中から堤防入り口のハゼ釣りに変更。

その後私はカイズを1匹。

IMGP4466.jpg
20センチ位かな。

メジナ釣り大会だというのに、私はついにメジナの姿を見ることなく8時30分納竿。

IMGP4465.jpg
釣りバカパパさんは、堤防の入り口で9時近くまで粘ってハゼを追加したようです。
私もハゼに変更した方が良かったかな・・・・。

私の釣果はイマイチでしたが、久しぶりで臥龍さんともお会いでき、皆で楽しいひと時を過ごすことが出来ました。
帰りは釣りバカパパさんの車で新木場駅ませ送っていただきました。
ありがとうございました。

釣り大会の記事は、「釣りバカパパの釣行記」 もご覧ください。


スポンサーサイト

コメント
臥龍 さんへ
先日はお疲れさまでした。
久しぶりにお会いできて良かったです。
数とサイズ、どっちが上手いのか?
難しいですね。
サイズは腕ではなくて運のような気がするんですが、修行すると大きいのが来るようになるんですかね?。
2016/06/21(Tue) 15:35 | URL | 川越のGG | 【編集
との さんへ
カイズはクロダイの幼魚なので、小さくてもなかなかの形ですね。
小さいのはチンチン、20センチ位からカイズ、30センチ以上がクロダイだったかな?
厳密なサイズでの定義はないようですが、もしかするとこれはチンチンサイズだったかもしれません。
2016/06/21(Tue) 15:30 | URL | 川越のGG | 【編集
シン さんへ
お仕事お疲れさまでした。
参加できなくて残念でしたね。
臥龍さんの釣り方は、コマセの流れに針を同調させるとかいう本格的なやり方だと思います。
コマセを使うと明るいうちでも釣れるらしいですが、荷物になるので私はやりません。
私は暗くなっても釣れなかったので、原因は他のところにありそうです。
2016/06/21(Tue) 15:19 | URL | 川越のGG | 【編集
釣りバカパパ さんへ
お世話になりました。
ウキノ錘の使い方は人によっていろいろですね。私は軽いと頼りなくて不安になってしまいます。3B~5Bを使うことが多いです。
でも、ベテランの方は軽いのを使うことが多いように思います。
餌の動きが自然になるんでしょうかね。
2016/06/21(Tue) 15:12 | URL | 川越のGG | 【編集
先日はお疲れ様でした。
数に関しては良い調子だったんですけどね~。
小さい魚が沢山釣れるよりも大きい魚1発の方が浪漫があります。
まだまだ修行が足りません。精進します。
2016/06/20(Mon) 22:23 | URL | 臥龍 | 【編集
こんばんは。土曜日は、ものすごく暑かった日ですよね。お魚もばててるかと思ったら、けっこうみなさん釣れていてすごいなと思います。カイズ、という魚もきれいですね。
暑さに負けず、私も出かけたいです。
2016/06/20(Mon) 20:47 | URL | との | 【編集
お疲れ様でした

主催しながら参加できずに大変申し訳ありませんでした

臥龍さん流石ですね。コマセを使うと釣れるとは聞いていましたけどそこまで釣れるとは…
自分もコマセ使ってみようと思ってしまいます

ケイさんの飛び入り参加大変うれしく思います
また来月に私達で釣り大会を目論んでるので是非よろしくお願いします

2016/06/20(Mon) 15:46 | URL | シン | 【編集
昨日はお疲れ様でした^_^臥龍さんの釣りっぷりはお見事としか言えませんでしたね^_^私も軽い重りでの釣りは苦手なんで、重りは良く使うのは、3Bを主体にしてます。風が強い時とかは、3号とかも使ったりしますしね(笑)
2016/06/19(Sun) 12:19 | URL | 釣りバカパパ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック