AX 電車でGo“東京湾釣り日記” この差は何だ!?
2015年6月14日(日)
ふれーゆ裏へ釣行。
4時頃釣り場に到着。

IMGP3655.jpg
日曜日とあって結構混んでいます。
端から端までぶらぶらと歩いて見ましたが、バケツの中はどれも空っぽ。
魚の気配はありません。

いつものメジナポイントの側に向かいます。
こちら側は釣り人が少ない。
キス狙いらしい方が1人と、ヘチ釣りが2人。
ヘチの方2人は間もなくお帰りになった。
キス狙いらしい方は、投げてさびく、投げてさびくを何度も繰り返していたが、こちらも釣れている様子はない。

IMGP3656.jpg
黒茶色の海。
こんな色の時は釣れないのだろうか?。

とりあえず、ウキを出して見ました。
まったく反応なし。
5時頃、自転車でやってきたカサゴ郎さんと合流。
竿を出して15分位で1匹目を釣り上げました。
流石です。
メジナがいることがわかってやる気アップ。
しかしその後しばらくは2人とも何も釣れません。
地元の方らしいおじさんが加わりました。
6時近くにカサゴ郎さんが2匹目。
私のウキも微妙な動きが・・・・。
餌は取られるが針掛かりしません。
さらに、ウキがスポッと沈んで、こんどこそはとアワセて見るとあれぇ~~~?
そんなことをしているうちに、カサゴ郎さんは、3匹、4匹、5匹と釣っています。

「まだ明るいから、暗くなったらきっと釣れますよ」と慰めてくれるカサゴ郎さん。
アタリはあるんだから、ボウズということは無いだろうと、暗くなってからに期待します。

7時を過ぎて暗くなりました。
予想に反してアタリは止まってしまいました。

カサゴ郎さんは「こんなときはアッチの方に投げれば釣れるはず」と「アッチの方」へウキを投げます。
そして間もなく「釣れた!」
彼はもう10匹を超えたようです。
私はボウズ。
そして、お隣のおじさんも何も釣れていない様子。
私も真似をして「アッチの方」へ投げてみました。
なるほど、アタリらしいウキの動きがあったり、餌をと盗られたりはするのですが釣れません。

そして8時近くになってやっと1匹。

IMGP3658.jpg
16センチ。
リリース。

やれやれ、やっとのことでボウズは免れた。

8時納竿
本日の釣果 メジナ1匹 16センチ(リリース)

カサゴ郎さんは、10匹以上のメジナと、良型のメバルを釣ったようです。
「メジナは昨日釣ったのが冷蔵庫に保管してあるから今日のはリリース」と言っていたので、全部リリ―スしたのかと思っていたら、良型を2匹、私のために確保しておいてくれました。
おかげさまでお土産が出来ました。
ありがとうございました。

同じ場所に2人並んで竿を出したのにこの差は何なんでしょう?
餌: 彼はジャリメ、私はアオイソメ。
ウキ下:彼は遊動 3m、  私は固定2m。
(私の竿は短いので固定で3メートルは無理)
ウキ: 彼は中(だったかな?)、私は大大。
その他、針の違いや、ガンダマの位置、合わせのタイミングなど。

結局は腕の差ということですね(泣)


スポンサーサイト

コメント
カサゴ郎 さんへ
私はこのところ安定して不釣、カサゴ郎さんは安定して好釣、これってやっぱり腕の差だと思いますよ。
カサゴ郎さんは研究熱心だから、その成果でしょうね。
2015/06/17(Wed) 08:06 | URL | 川越のGG | 【編集
一昨日はありがとうございました。
釣果を分けたのは、おそらくタナが一番の要因だと思います。
私の腕ではありませんよ……。
2015/06/16(Tue) 09:47 | URL | カサゴ郎 | 【編集
ぴーすけ さんへ
ピーすけさんは、土曜日にふれーゆへ行ったみたいですね。
釣果はどうでしたか?。

行ける日を知らせてください。
都合が合えば一緒に行きましょう。
2015/06/15(Mon) 22:27 | URL | 川越のGG | 【編集
シン さんへ
ふれーゆ裏も大分濁ってました。
キス狙いの方は何も釣れずにお帰りになったようでした。
ガンダマ5B、さらにハリスにBを打っていたので適合負荷よりだいぶ重くして使ったつもりだったんですが・・・・・・。
いろいろ難しいですね。
2015/06/15(Mon) 22:24 | URL | 川越のGG | 【編集
お疲れ様です。
僕はもう骨折も治り釣りに行き始めてます。

近いうちに何処かご一緒釣りに行きませんか?
2015/06/15(Mon) 20:04 | URL | ぴーすけ | 【編集
ふれーゆお疲れ様です

やはりふれーゆも赤潮の影響が出てるみたいですね
こう濁ってしまうとキスは厳しいです


仕掛けが記載されていましたが少し気になった点を

浮きの残浮力が大きすぎるのでは?
大きい浮きを使うならある程度重い錘でないと魚が餌をついばむ……所謂アタリが明確に出ないと思われます

例えば10号の浮きに10号の錘を付けても残浮力はまだまだあります
極端な話しガン玉1個付けたら沈んでしまう位まで浮力を無くしてやらないと繊細なアタリは見逃してしまいます
2015/06/15(Mon) 19:18 | URL | シン | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック