AX 電車でGo“東京湾釣り日記” 海の日の本牧
2008年7月21日(月) 海の日
午後2時半頃、本牧海釣り桟橋に到着。入り口に「本日は釣り場が大変混雑しております」の貼紙がでていた。渡り桟橋、沖桟橋は満員の様子。子供連れが多い。

20080721c.jpg

とりあえず、護岸入り口付近の空いているところにサビキを1本出す。もう一本は胴突にイソメをつけてヘチに落としておいた。
サビキには何も反応がない。隣の少年の竿には、ポツ、ポツサッパがかかっていたが、そのうちに何もかからなくなった。
ヘチの胴突にアタリがでた。上げてみると16センチ位のメジナだった。

20080721b.jpg

その後しばらく、サビキ、ヘチ共に反応なし。渡り桟橋の方で、イワシらしいものが釣れているのが見える。4時過ぎに、少し空いてきた渡り桟橋へ移動。イワシを狙ってサビキを出した。
前回は、水面から1メートルくらいの上層でイワシがかかったので、その辺の棚でやって見たがかからない。周囲を見ると釣れる人は結構つれている。
何故か???。底まで落としておいた胴突仕掛けをあげてみると、なんとイワシがかかっていた。
今日のイワシは低層にいるらしい。
サビキを低層付近に落とすと、釣れだした。

結局は、イワシ20匹位、サッパ2匹、メジナ1匹の釣果だった。

20080721a.jpg




スポンサーサイト

テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック