AX 電車でGo“東京湾釣り日記” スマホやめますか?
信州大学の学長が入学式で「スマホやめますか、それとも信大生やめますか」と新入生に語りかけたと、今日のNHKニュースで報じていた。

IMG_6836.jpg
文とは直接関係ありませんが、入学式に因んで桜の写真を入れました。
その部分の詳しい内容は次の通りです。

「スマホやめますか、それとも信大生やめますか」 
スイッチを切って、本を読みましょう。
友達と話をしましょう。
そして、自分で考えることを習慣づけましょう。
自分の持つ知識を総動員して、ものごとを根本から考え、全力で行動することが、独創性豊かな信大生を育てます。


う~~~む。
私も日頃から気になっていることがあります。
電車の中でスマホ。
友達と並んで座っていても、それぞれがスマホ。
子供連れのお母さんは、子供をほおっておいてスマホ(ゲームかな?)に夢中。
歩きながらもスマホ。
暇さえあればスマホ。

目から入る文字や映像。
耳から入る音。
外部からの入る情報で絶えず脳を刺激している。

携帯やスマホなどが無かった時代には、外部からの情報や刺激から解放される空白の時間が自然に出来たはず。
外部の刺激から解放された空白の時間の中で、ぼんやりと心を空っぽにしたり、自分の心の中を見つめたり、考えたり、物思いにふけったり・・・・・・・。
人間にはそんな時間が必要なのではないかと思います。
そんな時間を持たない毎日を過ごしている人は、何かが、どこかが、違ってきてしまうのではないか漠然とした不安を感じるのです。

スマホはとても便利な道具だと思います。
便利に使っていいと思います。
でも、目が覚めている時間のすべてをスマホに奪われているとしたら心配です。
自分の内部を見つめたり、自分の脳で考える時間を奪われているとしたら心配です。

昔は、意識しなくても外部からの刺激や情報から遮断される時間が自然にできました。
それは退屈な時間だったかもしれません。
でも、人間には退屈な時間も必要だと思います。

今は、意識的に外部からの刺激や情報を遮断しないと、空白の時間がつくりにくい時代になりました。
1日に一度は、スマホから解放される空白の時間を意識的に作りましょう。
たいくつな時間を作りましょう。
ぼんやりする期間、自分の心と対話する時間、自分の頭で考える時間、をつくりましょう。

そうしないと、人間がだんだん人間から離れて行くような気がして爺さんは心配なのです。
よけいな心配だったらゴメンナササイ。

「信州大学長の入学式挨拶」の全文はこちらをご覧ください。





スポンサーサイト

コメント
カサゴ郎 さんへ
素晴らしいコメントをありがとう。
スマホは便利な道具だと思います。
便必要な情報を得たり、必要な情報を発信したりするために便利に使うことは良いことです。
問題は、スマホにとりつかれて、頭も心もスマホに占領されてしまうことだと思います。
スマホが無かった時代は、何もすることが無い時は本を読んだり、考え事をしたり、もの思いにふけったり、友達と話をしたりしてして過ごしていたと思います。
これらは人間にとってとても大切な時間です。
その大切な時間をスマホに奪われてしまうことが問題なんだと思います。
必要な時に使い、必要無い時は使わない。
この区別さえしっかり出来れば、スマホはとても良いツールです。

素晴らしい親友がいて良かったですね。
学生時代に良い友達を作ることが、勉強と同じくらいに大切です。
良い友達はスマホでは出来ません。
人と人との直接の触れあいの中で素晴らしい友情を育んでくださいね。
2015/04/16(Thu) 22:15 | URL | 川越のGG | 【編集
この記事を見て、色々と考えました。
3日くらい考えて、自分の考えがまとまったのでコメントさせて頂きます。

スマホをいじることは、決して悪いことでは無いと思います。誰に迷惑をかけるわけでもないですし、法にも触れてませんから。
しかし、スマホの本来の目的を見失っているように思えるのです。
聞いた話なのですが、LINEは東日本大震災が起こったあと、メールよりも簡単に連絡が取れるようにと作られたそうなのです。
確かにLINEはメールよりも簡単で、便利で、素晴らしい画期的な連絡手段だと思います。
ただ、夜遅くまで友達とトークしたりするために作られた訳ではないと思うのです。
私はそのような使い方をしてる人は開発した人の思いを踏みにじってるとしか思えません。別に、そのような使い方をしてる人達は、罪を犯している訳ではありません。しかし、損をしていると思います。
そんなに友達と話したいなら集まって話せば良いではないか、しかし集まったらそれぞれがスマホ。一体何を考えてるんだ?と。
外に出て遊びましょう、友達との時間を大切にしましょう、そう思うのです。
家に帰ったらスマホで話し、集まったらそれぞれがスマホ。無駄も良いところです。
友達と集まれる時期なんて限られています。だからこそ、本当に大切なことに気が付いて欲しいですね。

私の親友に、素晴らしい人がいます。
「最近、みんなゲームやスマホで遊んでてつまらない。外で遊ぶのが正しいとかそういうのは無いけど、そんなの何時だって出来るのにな。お前(私)みたいに共に外で遊び、釣りをしてくれる友達がいてくれて良かった。」そう言ってくれました。
私も同じように思います、あなたがいてくれて良かったと。
スマホに依存している人達は、1度でいいからスマホから離れる時間を取って、大切なものを見つけて欲しい、そう思うのです。

長文失しました。
2015/04/16(Thu) 20:31 | URL | カサゴ郎 | 【編集
釣りバカ青年 さんへ
スマホ迷惑は困ったものですね。
電車を降りるときも、スマホから目を離さない。
そしてスマホを見ながらノロノロとホームを歩く・・・。
イラッと来ますね。

便利な道具を便利に使うのは良いことです。
大いに使って良いと思います。
でもスマホには、ほかの便利な道具とは違うところ、つまり「依存症」という病的な状態に陥る危険性があるようです。
アルコールみたいなものですね。
酒は適度に述べば美味しくて、身体にもよくて、楽しくなるもの(らしい)ですが、アルコール依存症になると、アルコールが手放せなくなる。
これと同じで、スマホ依存症になると、かたときもスマホを手放せなくなってしまうようです。
こうなると大変、でも釣バカ青年さんは、そんな心配は無さそうですね。
2015/04/13(Mon) 15:29 | URL | 川越のGG | 【編集
便利になることは良いことだと思います。
便利になることについてはまったく否定しません。そこを否定してしまうと、歩いて水を川に汲みに行き、排泄物は自分で処理をし、もちろん食べ物は自給自足。電車、車、飛行機、自転車、電話、電気、ガス、水道、など使えません。まぁかなり大袈裟な話ですが…。
しかし、便利になるこで人の迷惑になるのは、良くないと思います。タイトルのスマホやめますか?を見て最初に考えたのが歩きスマホでした。スマホの普及により便利になったのは言うまでもありません。しかしそれと同時に「ながら歩き」つまり歩きスマホが増えた気がします。
便利なスマホを使うのは悪いことではありませんが、スマホを操作しながら歩き、周りに迷惑を掛けるのはどうかと思います。歩いてまでスマホを使い始めるといづれはトイレスマホ、風呂スマホ、睡眠スマホ、泳ぎスマホ、走りスマホ…
四六時中スマホと一緒になってしまいますね。

長文になってしまいましたが、とりあえずスマホを使うのは良いけど周りに迷惑を掛けないように意識しようよって話でした。

2015/04/12(Sun) 17:42 | URL | 釣りバカ青年 | 【編集
との さんへ
コメントありがとうございます。
スマホはとても便利なツールである反面、大切なものを人間から奪う側面もあるような気がしますね。
2015/04/12(Sun) 09:18 | URL | 川越のGG | 【編集
こんばんは。私もこの記事をニュースで見たとき心に響くものがありました。いまだ「携帯」を使っていると電車の中で肩身が狭い気がするほどです。スマホを見つめ続けるほとんどの乗客が怖く見えます。
魚釣りしてる時の、ぜいたくな待つ時間。そっと熟されていくような時間。私もとっても貴重だと思うし、楽しむことができます。幸せなことです。
2015/04/11(Sat) 22:40 | URL | との | 【編集
44BSV41さんへ
コメントありがとうございます。
44BSV41さんは厚岸でしたか。
私は北海道の伊達市(駅名は伊達紋別)の出身です。
18歳の時一人で上京して以後ずっとこちらに住み着いています。
私が生まれたのは太平洋戦争勃発の歳、4歳で終戦、食糧難、物資難の貧しい少年時を過ごしてきました。

それから70年、時代は変わり、パソコン、携帯、スマホなんどの出現で人間の生活環境が自然からだんだん離れていくとが人間を狂わせてきているような気がしてなりません。
釣で自然と触れることで、自然な生き方をとりもどせるような気がします。
多くの人が自然と触れあう時間をたくさんもってほしいですね。
2015/04/11(Sat) 11:22 | URL | 川越のGG | 【編集
大変ご無沙汰をしております。

「時代」と言ってしまったらそれまでなのかも
しれませんが、なんだかおかしくなっていますね。
私はことしで42歳になります。
昭和48年生まれのベビーブーム世代であり
ファミリーコンピューター(ファミコン)が大流行してました。
しかしながら私はゲームがあまり好きではありません。
子供の頃、買ってもらえずその面白さを分からず育ったからかな??
地元は北海道の厚岸と言う漁業の町で
家から歩いて2分で海でしたので釣りばかりしていました。

私がここ10年感じる事は携帯やPCの進化で
便利にはなっていますが「その機材」に振り回され息苦しくなってます。
仕事の電話でも夜中にかけてきて
「夜分にすみません」の一言も無い。

壊れはじめている気がします。

最近は全然釣りに行けずストレスをとおりこしています.....。

無心で電気浮きと睨めっこしたり
遠くの夜景を眺めたり(僕、夜釣り派です)
潮の香りや風、波の音、
浮きが沈んだ瞬間!!

釣りっていいですよね!

スマホやPCでは絶対に味わえない。
2015/04/11(Sat) 01:11 | URL | 44BSV41 | 【編集
アキラ さんへ
コメントありがとうございます。

確かに釣りも日常の雑音を遮断することの出来る大切な時間ですね。
2015/04/09(Thu) 13:33 | URL | 川越のGG | 【編集
その通りですね
川越のGG さん、こんにちは
今回の記事はとても説得力のあるものですね。
さすが長いこと生きてきた言葉の重さというか関心してしまいました。
空白の時間、退屈な時間
それは人間が生きていくうえでとても大切な時間なのかもしれませんね。
釣りもある意味、日頃の雑音や忙しさを忘れることのできる貴重な時間ではないでしょうか(^_^)
2015/04/07(Tue) 12:02 | URL | アキラ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック