AX 電車でGo“東京湾釣り日記” 急遽城南島へ
2014年9月16日(火)

前日七原さんから突然のメール。
「学校が休みなので明日か明後日釣りに行きませんか?」
学校行事の代休らしい。

2日とも仕事が入っているのだか、めったに釣り行けない七原さんからのお誘いなので何とか行きたい。
近場での夜釣りなら行けそうだ。
というわけで、城南島で夜釣りということになりました。

大森のバス停で待ち合わせて5時頃釣り場に到着。

IMGP3066.jpg

メジナ狙いでウキを1本。
何やら小さなアタリ。
サッパちゃんでした。
写真も撮らずに即リリース。
そして、サッパがもう1匹。
あんたは、来なくていいの!。

6時近くなって、本命1匹目。

IMGP3072.jpg
20センチ。
私は持ち帰らないつもりだが、七原さんに押し付ける予定でキープ。

何度かバラシがあって、2匹目。

IMGP3073.jpg
19センチ。
この時点では七原さんはまだ釣れていなかったので、これも押し付け用にキープ。
血抜きもしちゃいました。

その後七原さんも釣れ出しました。

そして私は3匹目。
これはちょっと大きそうだ。

IMGP3074.jpg
25センチ。
血抜きでタオルがだんだん汚れてしまいました。
ゴメンナサイ。

七原さんも3匹。
さて、これ以上釣っても七原さんに引き取ってもらえそうもないので、メジナはこれくらいにしよう。
棚を変えたら他の魚が来るかもしれないので試して見よう。
ウキ下を1.5メールから、1メートルに変更。
何も来ません。

今度は3メートル。
1度大きなアタリがあったが、ハリスを切って逃亡。
何だったんでしょう?。

そんな事をしているうちに七原さんは、良型を2匹追加。
5匹も釣ってしまいました。
しかも25~27センチの良型が3匹。
「そんなにたくさん持ち帰っても食べられないので自分で釣ったのだけでいいです。」
というわけで押し付け失敗!。
でもこれは嬉しい誤算です。
自分で釣った魚だけでクーラーボックスを占有する快感。
「これぜえ~~んぶ、俺が釣ったんだぞ!・・・・」
ショボイ釣果で、いただく事の多い私には良くわかります。
良かった、良かった。

さて、、血抜きをしたものをリリースするわけにはいかない。
自分の釣った分は自分で持ち帰ることになりました。

8時半納竿。
本日の釣果 メジナ3匹(19~25センチ)

IMG_3744.jpg
5センチ違うと随分違うものですね。

12時近くに帰宅。
料理はもっぱら妻にまかせていたので、メジナを捌くのは初めてです。
深夜、馴れない手つきで、内蔵だけ取って冷蔵庫に保管。
さてどうやって食べようかな。

スポンサーサイト

コメント
ユウさんへ
はい。
塩焼きにして食べました。
臭みなどはまったくなく、美味しかったですよ。
2014/09/17(Wed) 22:51 | URL | 川越のGG | 【編集
シン さんへ
私のようなド素人は、何竿だってかまわずに使ってしまいます。
若洲の人工磯だと4.5メートル以上ないと難しいですが、城南島なら短い竿でも大丈夫だと思います。
私はサビキ仕様の万能竿とかいうのを使ってますが、城南島ならシーバスロットでも釣れないことは無いのではないでしょうか。
2014/09/17(Wed) 22:48 | URL | 川越のGG | 【編集
シンプルに塩焼きか刺身が手軽で美味しいですよ。私はこのところウキ釣りは敗北続きなので羨ましいですよ...。
2014/09/17(Wed) 21:36 | URL | ユウ | 【編集
連日の釣り。羨ましい限りです

しかもしっかりと釣果が付いてきてる辺りは流石です

ここまでメジナが釣れるとメジナの浮き釣りしてみたくなりますが磯竿がないんですよね
シーバスロッドでできますかね?(笑)
2014/09/17(Wed) 18:03 | URL | シン | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック