AX 電車でGo“東京湾釣り日記” 5時間でサッパ1匹
2014年8月15日(木)

釣りバカ青年さんと夜釣りの約束をしていた。
湾奥でアナゴ狙いだそうだ。

4時半頃釣り場に到着。
今日も風が強い。
6~7メートル位だろうか。
予報では夕方以降はだんだん弱くなることになっている。

釣りバカ青年さんはすでに到着していた。
まだ何も釣れていないらしい。
夜釣りなのだから、明るいうちは釣れなくて当然と思うことにします。

投げ竿を1本。
胴突きを足元に1本。
釣れる気配はまったくないので、置き竿にして釣りバカ青年さんと雑談。

5時半頃、胴突きにアタリ。
この感じはサッパ。
IMGP3033.jpg
即リリース。

妻が長男のところへ長期出張することになったので、ここ2ヶ月位は我が家は調理係不在です。
このため当分は持ち帰り無しです。

6時を過ぎました。
風はおさまりません。
魚も釣れません。

7時を過ぎました。
やはり風は強いままです。
セイゴくらいは来てくれても良さそうだと思い、胴突きをやめて電気ウキに変えてみました。
やっぱり何も釣れません。
あちこち移動してみましたがダメです。
釣り人が何人かいましたが、釣れている気配はありません。

8時を過ぎました。
異常なし。

9時を過ぎました。
いくらか風が弱まってきた感じがしますが気のせいかもしれません。
アナゴはおろか、ダボハゼ1匹来ません。

諦めて9時半頃納竿。

本日の釣果
サッパ 1匹。リリース

釣れてもどうせ持ち帰らないのですから、これでいいのです。
釣れても釣れなくても、釣りに行くことに意義あり。
釣りバカ青年さんと会って雑談することに意義ありです。
ありがとうございました。

スポンサーサイト

コメント
シン さんへ
釣れないときはさっさと切上げて早く帰るのが利口ですね。
でも、そんなときほどもう少し、もう少しと遅くまで粘ってあとで後悔するのも釣りなのです。
2014/08/16(Sat) 20:43 | URL | 川越のGG | 【編集
強風の中お疲れさまです

大漁も釣り

ボウズも釣り

釣れるときは何もしないでも釣れる

釣れないときはどんなに工夫をしても釣れない

それが釣りです
2014/08/16(Sat) 18:57 | URL | シン | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック