AX 電車でGo“東京湾釣り日記” 多摩川のシジミに漁業権
1週間ほど前のテレビ朝日の番組で多摩川のシジミの漁業権問題を取り上げでいた。
多摩川の水質が良くなって良質のシジミが自然に湧き出した。
大粒で美味しいシジミだそうだ。
バケツに1杯くらいは簡単にとれるらしい。

IMG_1286.jpg

現在のところ規制はなく誰でも取り放題。
多数の一般市民が潮干狩りの訪れるばかりではなく、多摩川周辺の漁業者もシジミ漁を行っている。
そればかりではなく、千葉や神奈川の漁業者もやってきてごっそりとっていく。
このままでは乱獲が心配。
そこで多摩川周辺の漁業組合が東京都へ漁業権を申請。
9月から漁業権が設定される方針だという。
漁業権が設定されれば、漁業権を持つ組合の組合員以外は取ることが出来なくなる。
ただし、一般市民の潮干狩りについてはこれまで通り規制しない方針だそうだ。
漁業権の設定は乱獲防止、資源の保護だと言っているがこれについて反対している団体がある。
多摩川の清掃活動をしたきたというボランティア団体の人たちだ。
テレビのインタビューで次のような話をしていた。

数年前までは多摩川はゴミだらけだった。
漁業者が捨てた古い網などの漁具などでが散乱していた。
多摩川の汚れの原因の一端は漁業者にもある。
われわれが長い間清掃活動を続けた結果綺麗な多摩川がよみがえり、大漁のシジミが湧き出した。
自分たちが汚しておいて、自分たちの利益を守るために漁業権を設定するのは納得できない。
多摩川のシジミは特定の漁業者のものではなく皆のものだ。


う~~~む。
無法地帯での乱獲は困るが、特定の漁業者が利益を独占するのも疑問。
資源枯渇の主な原因は漁業者の乱獲にありそうだ。
漁業者が汚した川をボランティアの力で蘇えらせた結果のシジミであれば漁業権はボランティア団体に与えて漁業者を締め出してしまったらどうだろうか。
この意見はちょっと乱暴でしょうか?。

東京都の話では、多摩川の浄化はボランティアの人達の努力だけでは無く下水道の整備など総合的対策の結果。
シジミ漁で生計を立てている漁業者を守ることも必要とのこと。
漁業権の設定については賛否両論あるようだが、特定業者の利益優先ではなく自然と資源が守られ、一般人の潮干狩りの場が守られるような管理体制を考えてほしいものだ。

これに関連して、こんな記事もありました。
スポンサーサイト

コメント
fal さんへ
コメントありがとうございます。
シジミに限らず釣り場も同じですね。
ゴミの放置やたばこの吸い殻の海へのポイ捨てなど・・・・・・・。
マナーが悪い人が多く集まる釣り場はそのうちに消えてなくなる運命にあるのかも知れません。
自然と生き物を大切にして釣りを楽しみたいものですね。
2013/07/23(Tue) 14:12 | URL | 川越の魚人 | 【編集
こんばんわ
難しい話題ですね

環境を考えて取らないと、すぐに消えてしまいます。環境が良くなっても、恩恵を忘れると
数年で枯渇してしまうでしょう。

釣り人も釣具やゴミを持ち帰る、漁師も道具を放棄しないと行った行動を積み重ねていき、
多摩川以外での生息地域を広げる改善が必要だと思いますね。
2013/07/22(Mon) 23:21 | URL | fal | 【編集
釣りバカ青年さんへ
テレビでも多摩川のシジミは味が濃くて美味しいと言っていました。
恐らく同じ種類なんでしょうね。

確かに難しい問題ですね。
栽培したキノコはそこの農家のものだけど、野生のキノコはみんなのもの。
栽培漁業という言葉がありますが、漁師が栽培したシジミなら漁師のもの、自然に発生したのならみんなのもじゃダメなのかな?
2013/07/19(Fri) 18:01 | URL | 川越の魚人 | 【編集
潮干狩りでアサリだけでなくシジミも採っている僕には無関係ではなく、関係のある話ですね。
僕は多摩川のシジミは採ったことありませんが、恐らく僕が採っているシジミと同じ種類だと思います。そのシジミは本当に美味しくて、個人的にはそこらへんで買うものより数段美味しいと思っています。 
記事に関しては難しい問題なので、個人的に頭の中であれこれ考えます。
2013/07/18(Thu) 17:56 | URL | 釣りバカ青年 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック