AX 電車でGo“東京湾釣り日記” 今日も本牧でイワシ
2008年7月10日
午前11時頃本牧海釣り桟橋到着。
あたりを見ると、ああちこちでシコイワシが釣れている模様。
渡り桟橋が比較的空いていたので、渡り桟橋の中央より少し先の方にサビキを2本出す。
1本はイワシを狙って、棚を浅く。もう1本は、もっと他のものが来ないかなぁと期待して底近くまで落とした。まもなくイワシがかかってきた。
3匹ほどかかっていたのだが、1匹針からはずしているうちに、あとの2匹は自力で針をはずして脱出。桟橋の床が金網になっているので、海へ逃げていってします。
その後次々と釣れるのだが、その度に何匹かに逃げられた。
どうも最近のイワシは、逃げ方を心得ているらしい。
底へ落とした竿の方は何の反応もない。棚を少しずつ上げてみたが、結局イワシの棚のところでイワシがかかったが、それ以外では反応なし。
渡り桟橋は、サビキをやっている人は少なく、常連らしい人がフカセで黒鯛やメバルなどを狙っているようだが、上がった様子はない。
沖桟橋ではあちこちででイワシが釣れているが、その他の魚は見あたらない。
約50匹ほど釣れたところで、コマセが無くなったので、投げで白ギスでも狙おうかと思い、旧護岸へ移動。餌をジャリメで投げてみたが、まったくあたりなし。
周囲の投げにも何も来ていない様子。
2時間ほどやったが、何も来ないので、渡り桟橋下の護岸に移動して、サビキにオキアミをつけて入れてみたところ、16センチ位のメジナがかかってきた。
その後もう1匹メジナをゲット。
6時半頃、納竿して帰り支度をしていたところ、私が竿を出していた場所で、若者が40センチ以上と思われる立派な黒鯛を釣り上げていた。
080710.jpg




スポンサーサイト

テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック