AX 電車でGo“東京湾釣り日記” 疑惑のハゼ
先日NAOYA君が釣ったジャンボはぜについて、これはマハゼでは無いのではないかという疑惑の声が寄せられました。
そこで、魚の事に詳しいらしい人にブログを見てもらったところ、マハゼの2年ものではないかとの事でした。
ところが、これはマハゼではなく、ウロハゼではないかとのコメントもいただき、もう一度良く見て再確認してもらったところ、どうやらウロハゼである可能性大ということになりました。
そこで、いろいろ調べてみました。

IMGP0957sdf.jpg

↑NAOYA君が釣ったジャンボハゼはこれです。

urohaze[2]

↑ ネットで調べたウロハゼの写真はこれです。もっとマハゼとの違いがはっきりした写真もありましたが、あえて似ている写真を選びました。
(ネット上の写真を使わせていただきました。)
ウロハゼは下顎が突き出ているのが特徴ということなので、顔(頭)の部分を拡大して同じ日に釣れたマハゼと比べて見ました。

IMGP0959aaa.jpg

一番上がジャンボハゼ、その下が同時に釣れたマハゼです。
この写真で見た顔つきでは、下顎が突き出ているようには見えません。
マハゼの顔つきと良く似ているように思えます。

しかし尻尾が問題。

img05[1]

↑マハゼは尻尾にこのような模様があるのが特徴だそうです。
(これもネット上の写真を使わせていただきました)

そこで、同じ日に釣ったマハゼの尻尾の写真を調べてみました。
尻尾が開いている写真は少ないのですが、何とか尻尾の模様が見えそうなのがありました。

DSCF9022abc.jpg

なるほど、確かに波打っているような模様があります。

↓ それに対して、ジャンボハゼの方は・・・・

IMGP0958zxf.jpg

明らかに横筋だけで、マハゼ特有の模様がありません。
ネットで調べたウロハゼの尻尾と一致します。

ということで、顔はマハゼ、尻尾はウロハゼ。
もしたしたら、マハゼとウロハゼの混血・・・「新種発見」なんて事はナイでしょうね。

尻尾の差で、判定はウロハゼということになるものと思われます。
この判断は正しいでしょうか。
ハゼのは日本近海に生息するものだけでも400種類近くもあるらしいので、なかなか区別がつかないのもあるようです。
もしかすると、別の種類かな?。

皆さんのご意見をお聞かせください。

スポンサーサイト

テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用
コメント
cocoさんへ
コメントありがとうございました。
ハゼ釣りの予定では無かったんですが、結果的にはハゼになってしまいました。
でも、皆で楽しめたので良かったです。
ウロハゼというのは、私は初めてでした。
ハイブリッドは冗談のつもりだったんですが、本当にあるんでしょううかね。
「新種発見!」ということになりませんか?。


2012/12/12(Wed) 18:56 | URL | 川越の魚人 | 【編集
こんにちは

前回は結局、ハゼに行ったんですね。NAOYA君やyukigiants君共にハゼ釣りを楽しめたみたいで何よりです。ちなみに同日僕が調布さんと行ったカレイ釣りはというと…。今週中には記事にしますのでそちらをご覧ください。

あと写真のハゼですがおそらくウロハゼで間違いないと思います。ご指摘の通り尻尾や体色・模様もマハゼと違いますし、ウロハゼと特徴が一致しています。ウロハゼは、海ではほとんど釣れませんが、都内でも多摩川を中心に荒川・江戸川・川に近い運河などなど多くの場所で生息しています。僕も前に運河にハゼ釣りに行ったときウロハゼがたくさん連れた記憶があります。ちなみに食味ですが、唐揚げにしたせいもありますが、マハゼと全く変わりませんでしたよ。あと、ご指摘のマハゼとウロハゼのハイブリットですが、その可能性も十分考えられます。魚界では近縁種ならハイブリットは結構多いですよ。どこかのカレイなんてほとんどがハイブリットという話を聞いたことがあるくらいですから。
2012/12/12(Wed) 15:15 | URL | coco | 【編集
釣りバカ青年さんへ
どうも2年魚説は間違いだったようです。
本人も後から、ウロハゼ説濃厚と言っていましたよ。
ハゼは歳をとっても人間みたいに体型が崩れて太っちょになったりはしないんですね。
こんど、マハゼとウロハゼを飼ってハーフが出来るかどうかを試してみようかな(笑)。
2012/12/11(Tue) 22:19 | URL | 川越の魚人 | 【編集
内湾専門さんへ
コメントありがとうございました。
私はウロハゼなるものを今回初めてみました。
たしかにこれが釣れたのは夕マズメでした。
違いの調べ方はいくつかあるようですが、慣れないとなかなかわかりませんね。
ありがとうございました。

2012/12/11(Tue) 22:13 | URL | 川越の魚人 | 【編集
ハゼマニアさんへ
ずいぶん細かいところまで見てくださったんですね。
そう言われて良く見ると、タオルに並べた方のはたしかに下顎が出ていますね。
マハゼにしては、ずいぶんずんぐりむっくりの体型で変だとは思いましたが、ハゼも人間と同じ様に若いうちはスマートでも歳をとると腹が出てずんどう型の体型になることもありなのかと思ってしまいました(笑)。
2012/12/11(Tue) 22:08 | URL | 川越の魚人 | 【編集
こんばんは。
下アゴは、タオルに並べられた集合写真(12/9のブログ)を見て判断しました!
5〜7cmのマハゼは東大島で、18〜20cmぐらいのマハゼは大黒海づり施設で釣った事がありますが、小さい時から成魚までどのマハゼもスマートな体をしていますよね。
ちなみに、私も初めて東大島でウロハゼを釣った時は20cmを超えていた事もあり、かなり驚きました(笑)
(当時、驚きのあまりテトラでズッコケました....)
2012/12/11(Tue) 21:46 | URL | ハゼマニア | 【編集
僕は最初に見たときからず~と違和感を持っていました。2年魚説は、最初は納得したんですがよく考えると大きいマハゼも小さいマハゼも模様や体系に違いがないことを思い出し、2年魚説はおかしいなと思って大きなマハゼの画像を見ましたが、やはりマハゼはマハゼ。大きくても僕がよく知っているマハゼでした。
やはりウロハゼというのが正しいと思います。
あとマハゼとウロハゼのハーフについては、どこかに居るのかもしれませんが、今回に関して言えば違うと思います。

という僕の意見でした。
2012/12/11(Tue) 20:40 | URL | 釣りバカ青年 | 【編集
突然で申し訳ありません
初めまして。
いつも楽しく、そして有益な情報の提供をしていただき感謝している者です。
私も都内の運河や港湾を釣り場にして居る者ですが、今話題になっている鯊ですが、ウロハゼで間違いないとは思います。
西葛西駅近くにある、テナガエビで有名な、左近川にて同様のウロハゼが沢山釣れます。
夜行性なので、日中は中々釣れませんが、夕マヅメから夜間にかけてよく釣れますよ。
私の知ってるウロハゼの特徴は、頭の後ろの部分にある4つの黒点です。
写真には均等に4つの黒点が見受けられましたので、間違いないかと。
マハゼには4つの黒点はありませんので。
間違ってたら申し訳ありません。
因みに食味は、マハゼほどではありませんが美味しいですよ。
2012/12/11(Tue) 18:11 | URL | 内湾専門 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック