AX 電車でGo“東京湾釣り日記” 天気予報の話
釣行計画にはお天気が重要要素だ。
ネットで天気予報を調べて見る。
例えば明日の天気予報。

ヤフーでは・・・・
ヤフー
(クリックすると拡大表示されます)

午後からは晴れ。北の風、または北北東の風5メートル。
少し風が強そうだが、まあこの程度なら大丈夫。

ウェザーニュースでは・・・・
ウエザーニュース

お天気はヤフーと同じく、午後からは晴れ。
ところが、風は12時から6時までは10メートル。
この風だとちょっと厳しい。

なぜにんなに違うのだろうか。
調べて見ました。

日本の主な気象予報機関は、気象庁、日本気象協会、ウェザーニューズ社の3つ。
気象庁
国の機関で、天気だけではなく地震、台風、火山、津波の観測、警報、注意報の配布長期予報や農作物の育成まで幅広く行っている。
気象協会
財団法人として認可され、現在は公益法人として運営されている団体。
国、地方自治体、報道関係に対して気象情報を提供して収益を得ている。
1993年の気象業務法改正により一般向け予報業務の許可が容易に取得できるようになるまでは独占的に行われていた。
ウェザーニュース社
民間の気象予報会社。
時々、気象庁や日本気象協会とは反対の天気予報を出したりして、当たることのあれば、裏目に出てはずすこともあるようです。
当り、外れが大きいらしい。
個性的な天気予報と言えそうです。

ヤフー、MSN、マピオンなど他のサイトではこの3機関のいずれかから情報の提供を受けて天気予報を出しているようだ。

そこで、大もとの気象庁の天気予報を見ると・・・

気象庁

時間毎の天気は表示されていないようだ。風については「北東の風やや強く」と書いてある。

日本気象協会では・・・

気象協会
これも気象庁と同じ。

<追記>
気象協会の天気予報を良く調べて見ると、ピンポイント天気予報というのがあって、時間毎の天気、風速も出ていました。
気象協会江東区
10日間予報もあり、ヤフーよりはこちらの方が便利そう。

気象庁の予報にある「やや強く」とはどれ位の事をいうのだろうか。
気象庁のホームページを調べて見ると、
「気象庁では、国民の皆様に風の強さの程度を容易にご理解いただくために、風の強さを「やや強い風」、「強い風」、「非常に強い風」、「猛烈な風」の4段階に分類してお伝えしています。」との事。
やや強い・・10~15m/s(風に向って歩きにくくなる。傘がさせない。)
強い・・・・・・15~20 (風に向って歩けない。転倒する人もでる。)
非常に強い・20~30 (しっかりと身体を確保しないと転倒する。)
猛烈な風・・30以上 (立っていられない。屋外での行動は危険。)

「やや強い」とはこんなに強いことを言うのかとちょっと驚きました。

3つの気象観測機関の予報が一致している時は比較的良く当たるが、バラバラの時はどこも外れる事が多いらしい。

ヤフー天気予報は日本気象協会、マピオンはウェザーニューズ社の予報を採用しているそうです。
さて、どこの天気予報を信用して釣行予定を立てましょうか。

私は、自分に都合の良い天気予報を出してくれたところを信ずることにします。

3大気象観測機関のアドレスを紹介しておきます。
気象庁
日本気象協会
ウェザーニュース社




スポンサーサイト

テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック