AX 電車でGo“東京湾釣り日記” 「第7回一緒に釣りをしましょう会」の開催について
こんにちは。
cocoさんに代って次回の「一緒に釣りをしましょう会」の幹事を代行する事になった川越の魚人です。
「意見求む!」にたいして、多くのご意見をいただき有難うございました。
皆様のご意見をもとに、次のような実施計画を立てました。

名称について
「第6回一緒に釣りをしましょう会」は天候不安定のため、自由参加のミニ釣り会として実施いたしました。
このため、改めて「第6回」を開催しようと考えていましたが、ブログや掲示板ですでに「第6回」という言葉を使っいるので、また「第6回」とすると混乱する恐れがあります。
このため次回は「第7回」として実施する事にいたしました。

皆さんから寄せられたご意見について
皆さんの意見を見せていただき、いろいろ考えました。
まず、この会の主な目的を「競技会的なもの」、「親睦会的なもの」のどちらにすべきかということです。
競技会であれば、難易度の高い魚を多く釣った人が優勝するようなルールと、それに相応しい釣り場を選ぶ必要があります。
親睦が目的であれば、多くの人が参加しやすく、皆が楽しめるようなルールや釣り場を選ぶことになります。
今後どちらの方向に進むべきかはこれから考えるとして、今回は従来にならって親睦会的な内容で実施させていただきます。
ハゼ釣りの会にする事については、特定の魚に絞ると参加者が減るのではないかという意見や、今釣れている場所で9月末も釣れるかどうかはわからないという意見をいただきました。
これに対してハゼは9月10月が最盛期という意見もありました。

私はハゼ狙いの釣りはほとんどした事が無いので、現状の釣果をブログなどで調べてみました。
江戸川放水路
8月22日 35匹(2.5時間)
8月27日 30匹(3時間)
8月30日  7匹(3時間)
9月 2日  2匹(2時間)
「今年は厳しい」とか「ハゼは今や高級魚」などの言葉も見られました。
横十間川
7月16日 30~50匹(1時間)
8月26日 39匹(2時間)
9月 2日 50匹(2.5時間)
9月 2日 120匹(4時間)

9月末はどうなるかをこれだけで推測することは困難ですが、どこでも、どの時間でも釣れるわけでは無く、ポインとや時間帯などの諸条件により釣れることもあれば釣れない事もあると考えるべきだと思います。

ハゼに絞った場合は・・・
100匹以上の大漁も考えられるし、反対にボウズもあり得るものと思われます。
ハゼ釣りだけに6~7時間は長すぎて、釣れなくても困るし、釣れすぎると持ち帰るのに困るという人もいるのではないでしょうか。
ハゼ釣り場で他の魚を狙うことは難しいので、ハゼに興味がある方しか参加せず参加者が減ることも考えられます。
そうかと言って、この時期の東京周辺の釣り場でこれといってターゲットになりそうな魚も見当たりません。

さて、どうしよう・・・・・。
いろいろ考えた結果次のような企画を立てました。

「第7会一緒に釣りをしましょう会」実施計画

9月11日付けの記事でお知らせした通り、ダイオキシン汚染の恐れがあるため、横十間川でのハゼ釣りを中止致しました。
これに伴い実施計画を次の通り変更し若洲のみとしました。


1.開催日 9月29日(土)雨天の場合は中止
  (雨天の場合後日代替日を設けるかどうかは、参加を申し込まれた方と相談します)
2.場所 若洲海釣り施設  

3.参加費 500円
      賞品代および諸雑費に充当します。

4.スケジュールの概要
  ① 集合   12時40分
  ② 釣り開始 13時
  ③ 釣り終了 18時30分
  ④ 解散   19時  
5.賞品
  優勝者 1名 に商品を差し上げます。(上州屋釣り具券の予定)
  金額は参加者数によって変ります。  

6.参加申し込み
従来通り「cocoの釣行記専用掲示板」へお申込みください。
このブログのメールフォームからの申し込みでも結構です。
申込受付は9月27日までとします。

7.ルール、集合場所、その他の詳細につきましては、追ってお知らせいたします。


これまでの一緒に釣りをしましょう会は小学生から70歳(実は私・・)まで幅広い年齢層の方が参加されております。
多くの皆さんの参加をお待ちしております。
なお、小学生の場合は原則として保護者の同伴をお願い致します。


スポンサーサイト

テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック