AX 電車でGo“東京湾釣り日記” 犬は失明しても大丈夫!。 魚は?
知人からこんな話を聞きました。

飼っている老犬が歩く様子がおかしい。
壁にぶつかったりしている。

犬猫病院へ連れていったら、お医者さん曰く。
歳をとって視力がすっかり弱っています。
近いうちに失明するでしょう。

でも心配はいりません。
私が治してあげ・・・・・・ることは出来ません。

しかし、心配はいらないのです。
犬は人間と違い、臭覚と聴覚が非常に優れているので、少し慣れれば目が見えなくても何の不自由もなく歩き回ることが出来るようになります。

なるほど。
その通りでした。
失明した老犬は数週間後には、何の不自由も無くあたかも目が見えるかの如く自由に歩き回り、餌を食べ、人間の呼びかけなどにも反応するようになったそうです。

そういえば、魚に目隠しをして泳がせる実験をしたら、ほとんど障害物にぶつかることなく泳げたそうです。
魚も臭覚や聴覚が優れているようですね。

魚の臭覚。
詳しくはこちらをご覧ください。





スポンサーサイト

テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用
コメント
釣りバカ少年さんへ
動物や魚の事をいろいろ調べると、面白い事やびっくりする事がたくさんあって面白いですね。
餌を見つけること、身を守ること、繁殖することに必要な機能が実に良く出来ているのには、感心するばかりです。
臭い付の餌、成功するといいですね。
そういえば、塩麹漬けにするとアミノ酸が分解してうま味が増すはず。
魚にも応用出来るかな?。
あと、カレイは鰾(うきぶくろ)が無いので、遠くの音はあまり良く聞こえないが、そのかわり側線が発達していて、近くの音や海水の微小な振動には敏感だそうです。
何か釣りに応用できるかもしれませんね。
2012/03/07(Wed) 18:28 | URL | 川越の魚人 | 【編集
ありがとうございます。
『こちらを』も含めてとても興味深く読ませていただきました。
犬関連のことで少し気になることがありました。
最近、祖母の家へ行ったときの話です。祖母の家で飼っている犬に気が付かれないように暗闇へ行き暗闇からこっそり覗きながら口笛を吹きました。そしたら、さっきまで寝ていた犬が明らかに反応したんです。そして僕の方を見て尻尾を振るんです。しかし、老犬ですので目が良くないせいか僕の方向を見ているけど、やや違うところを見ていました。何度も口笛を吹くとどんどん尻尾を振り口笛だけで僕を認識したのか?といま思えば不思議です。時々、犬と遊びながら口笛を吹くので犬はその時に僕の口笛の音色を覚えたのかな~?なんて思います。
この話の詳細は今度お会いしたときにでも。

『こちらへ』をクリックして読んだ記事ですが、ありがたいです。
実は最近、匂いでカレイを寄せるべくいろいろと試しています。匂いを付けた塩イソメを2種類作っています。
アミノ酸の匂い付きの塩イソメの製造も考えてみます。

1匹釣れると次が釣れなくなるって話ですが、湾奥でお会いしたサーフトローリングの先輩の方が言っていましたが、青物を釣った時はいらなくても逃がすな!と言います。逃がすくらいならだれかにあげろと言います。
先輩曰く、逃がした魚(例えばサバ)が逃がしてもらったらすぐに岸から離れて逃げて行った場合、他のサバはその逃がしてもらったサバに付いて行っちゃって釣れなくなると言っていました。
一理あるな~と感心しちゃいました。
2012/03/07(Wed) 16:19 | URL | 釣りバカ青年 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
知人からこんな話を聞きました。飼っている老犬が歩く様子がおかしい。壁にぶつかったりしている。犬猫病院へ連れていったら、お医者さん曰く。歳をとって視力がすっかり弱っています。近いうちに失明するでしょう。でも心配はいりません。私が治してあげ・・・・・・るこ...
2012/03/19(Mon) 06:32:10 |  まとめwoネタ速suru