AX 電車でGo“東京湾釣り日記” 小春日和の湾奥
2月21日(火)

今日も釣りバカ青年さんのお誘いで湾奥へ釣行。
前回の粉雪舞う湾奥から一転して、今日は小春日和の湾奥だ。
とても暖かいし、風もほどんと無い。

11時半頃釣り場到着。
釣りバカ青年さんは、すでに竿を出していた。
昼はカレイ、夜はシーバスを狙う予定だそうだ。

投げ竿を2本出す。
飛距離は30~40メートル位だろうか。
もう1本、短い竿を持っていっていた。
釣りバカ青年さんから、「足元から数メートル先位のところへちょい投げしておけばアイナメなんかが釣れるかもしれないよ」とアドバイスがあったので、数メートル先にチョイ投げを1本追加。

釣りバカ少年さんの竿先が、ピクピク。
ちょっと止まって、ピク、ピク、ピク。
少し間があって、ピク、ピク、ピクピク。
明らかにはっきりしたアタリ。

巻きます・・・・・・・・。

あれぇ????。何もついてない。
あのアタリはカレイだったのでは・・・・。

惜しい!。悔しい!!!・・・と残念がる釣りバカ青年さん。
そんな事が何度かありました。

詳しくは釣りバカ青年のブログをご覧ください。


私の竿は何の反応も無く静か。

2時間近く過ぎた1時半頃、餌を替えようかと足元近くのチョイ投げを巻くと何やら魚の手ごたえ・・・・

あら!釣りバカ青年さんの言葉通りに釣れちゃいました。

IMGP4030.jpg

アイナメ24センチ。

近くを狙えば、もっとアイナメが釣れるかも・・・・・。
しかしそうは行きません。
アイナメはそれでおしまい。

釣りバカ青年さんは、
何度かのアタリの空振りの後、シーバスを2匹ゲット。

そして50~60センチあるどでかい魚も・・・・・。
マルタウグイだそうだ。
私は初めて見ました。

私の方はその後何の反応もありません。
今日はアイナメ1匹で終わりかなぁ。


暗くなりました。
竿の先に鈴をつけます。

6時を過ぎた頃、竿先がチリン、チリン。
間をおいて何度が鳴って、竿先がピクピク。
間違いなく魚のはずですが・・・・・。

巻きます。
空っぽ!!。
何故か今日はこんな事が多いですね。

そして7時近くになって、激しい鈴の音がして竿がおじぎ。
今度こそは間違いない。

IMGP4032.jpg

ぎりぎりのフッコサイズ41センチ。
このサイズは自己最高記録、今まではセイゴサイズばかりで、フッコサイズは初めてです。

そして、その後は・・・

IMGP4033.jpg

はぜ 18センチ。

その後アタリが無くなり、7時30分納竿。

本日の釣果。

アイナメ 1匹 24センチ
フッコ  1匹 41センチ
ハゼ   1匹 18センチ

DSCF0044.jpg

釣りバカ青年さんは、シーバス2匹の他に、どでかいマルタウグイと蟹を釣ったので、二人合わせると5目。
カレイこそ釣れませんでしたが、湾奥も結構魚種が豊富ですね。



スポンサーサイト

テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用
コメント
釣りバカ青年さんへ
今日はアイナメを煮付け、ハゼは天ぷらにして食べました。
どちらも美味しかったですよ。
イワイソメが良いと聞くとやって見たくなりますね。
2012/02/23(Thu) 21:22 | URL | 川越の魚人 | 【編集
アイナメが本当に釣れるとは思わないで、言ったんですけどね(笑)
24センチでしたか…
思ったり小さいですね。最初見たときは30センチくらいあるかと…
今度、イワイソメだけ持ってアイナメだけを狙いに行くのも面白いかもしれないと思い始めました。
2012/02/23(Thu) 12:46 | URL | 釣りバカ青年 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック