AX 電車でGo“東京湾釣り日記” 夜の湾奥
1月18日(水)

今日も釣りバカ少年さんのお誘いで夜釣り。
本命はカレイなのだが、釣りバカ少年さんが毎晩せっせとリサーチしたところによると今年は超不調なのでカレイは期待できないとのこと。
他の魚も激渋らしい。
でも、やっぱり行ってみたくなる。

4時半頃から開始。
間もなく、竿先がピクピク、ピクピク・・・と動く。
明らかにアタリ!。
でも巻いて見ると何もいない。
こんなことが何度かあった。

5時半頃になって釣りバカ少年さんの鈴が激しく鳴る。
40センチ近いサイズのセイゴだった。
釣りバカ少年さんの竿には、その後も続けて同サイズ程度のセイゴがかかる。

私の竿はしばらくは何の反応もない。
二人で同じような場所に竿を並べていて、なぜ違いが出るのだろうかといつも不思議に思う。

6時頃になって、かすかに鈴が鳴る。
20センチ位のチビセイゴだったが、目の前にぶら下げたところでバラし。
足元のゴロタ石の間に落ちていってしまった。

それからしばらくして、今度は少し大きそうなアタリ。
しかし・・・・・
大きくは無かった。
20センチ位のチビセイゴが一荷で2匹。

IMGP3934_R.jpg

リリース。

7時半頃になって、ハゼが1匹。

IMGP3935_R.jpg

その後場所を少し移動して1時間半ほど頑張ったが、1度アタリがあっただけで不発。

8時45分 納竿。

本日の釣果

セイゴ 2匹 20センチ位 (リリース)
ハゼ  1匹

釣りバカ少年さんからいただいたハゼ2匹をプラスして、持ち帰りはハゼ3匹。

この時期の湾奥はどこもこんなものでしょうか。
ボウズでなければ上出来としましょう。
風が無いせいか、真冬だというのに寒さは少しも感ぜず楽しく釣りができました。
感謝です。


スポンサーサイト

テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用
コメント
こんばんは。
鰈で思い出したのですが…

若洲の場合は地形で独特なのではないかと、古い話ですが鰈は群れて隣りに有る河口の上流の江戸川区と殆ど葛飾区の場所まで遡上の可能性が有ります、京葉道路上の橋に釣り人が集まり警察が出動する騒ぎになるくらい釣れた事が有ります、当然シーバスも餌釣りで1m近いのが釣れたのですが、理由はその当時のハゼ釣り用の餌になる都内で売られているゴカイの採掘場があった為です…つまり春に近づいてくる程、若洲に周りこむより真っ直ぐ遡上の可能性が高く餌が違う例では似たような茨城県の利根川河口で経験有りますが関東で釣り人に一町寄せと言われる鰈の特定の餌を持った自分だけが陸からの投げ釣りで2時間で200枚近く釣れたのに廻りの数人の人達は5、6枚しか釣れませんでした。それ位極端に餌の差が出る事が有ります。
参考までに(^_^)v
2012/01/26(Thu) 04:16 | URL | イセ | 【編集
イセさんへ
度々のコメントありがとうございます。
2012/01/24(Tue) 08:04 | URL | 川越の魚人 | 【編集
こんばんは。

東京湾は数が釣れるようになるのはもう少しだと思います。

雨の中22日23日に昼間、若洲から湾内をボートで15分位移動距離の無料の陸からの某釣り場で常連さん達がいつものように黒鯛50センチやアイナメの50センチにシーバスの70センチ数本に鰈を数枚釣れています…
我が家からバスで20位なのですが(笑)

多分道具より釣り方と…餌が違うものを使用しているせいだと感じます。

研究の余地がまだまだあるようです。(笑)
2012/01/23(Mon) 23:05 | URL | イセ | 【編集
へちべぇさんへ
メールが行方不明になったようで、お手数おかけしました。
登録が完了し、メールをお送り致しました。
よろしくお願いします。
2012/01/23(Mon) 18:43 | URL | 川越の魚人 | 【編集
こんにちは。
「一緒に釣りをしましょう会釣友会ブログ」
の登録をしましたが、メールが届きません。

ご確認お願いします。
2012/01/23(Mon) 12:49 | URL | へちべぇ | 【編集
こんばんは。
高校の勉強って,去年80歳の人でも認定試験合格しているので、進学塾系の販売している本で小学生でも理解しやすい独学参考書が有るので勉強できますよ~見るだけでもしておくと私生活で意外に参考になりますし、とにかく現在の参考書は親切丁寧に書いてあるので数学の関数などは現在の方が簡単に理解できます、釣りの用具選択肢判断力基準としても結構それが元になるので釣り知識を復習する意味でも暇な時間に受験生むけで定価も安いのでお金使わないで楽しめます♪。
2012/01/22(Sun) 23:51 | URL | イセ | 【編集
イセさんへ
いつもコメントありがとうございます。
高校の物理、地学、英語・・・・・・
もう50年も前に忘れてしまいました。
小学生でもわかるものでないと私には無理そうです(泣)
2012/01/22(Sun) 22:43 | URL | 川越の魚人 | 【編集
再度こんばんは(笑)
長文が…書けないので分けます。海底地形の解説は学術論文を使用してますので画像部分が全て英語になるんですが…物理化学の分野になります。
これと地層の地学の知識があれば世界中どこの海辺へ釣りに行っても海面の波の立ち方と背景の崖とか山並みを参考にして目に見えない目の前の海底の起伏…形状が解るようになります。何故高校の数学まで必要かというと…その海底起伏をイメージする為の元が線で現す立体グラフィックに近いので…実際に二次関数が判ればベストな投げ釣りの錘やルアーを扱う行為が解るし…高校時代に習う数学物理知識が元になり竿やリール性能を判断出来る目安になるのし、たとえ現在小学生の人でも理解しやすい参考書が販売されているので眺めるだけでもしといたほうが良いです♪…。(^_^)v
2012/01/22(Sun) 02:00 | URL | イセ | 【編集
こんばんは。
1月の15日に大田区で鰈が…同じ日に、横浜寄りの陸っぱりで1人で三十センチ以上の黒鯛を13枚とか海タナゴを十枚とか…釣り方がちょっと違うのですが…今の時期ふつう鰈のメスは餌を食べません。オスのみが夜間餌を食べます~。
スズキはセイゴが生殖機能を持ったものなのでその魚体を保つため補食の対象が変わりベイトを求めるので…湾内では餌釣りではタイミングが合わないと釣りにくくなり…経験しないとピンと来ないですが経験者はがぜんルアーフィッシングの方が有利だと思っている筈ですね…。でもこれも釣り方が…関西流のほうが釣れる感じします~(笑)


水温は産卵期の時期を予想出来る目安でそれを元に釣れる時期を推測するのですが東京湾の場合同条件の海底地質が東京湾より南に日本全国で3箇所くらい似通った場所があり、現状として現在はその地域の釣り方を真似した人達のほうががぜん釣れています。

これはネットで調べられますが…釣り場のポイント地形の解説は大学の講義と同じですので高校の数学、物理、地学、英語を目を通してから読んだほうが…わかりやすいです。。当然ですが…研究大学生から釣りのトップキャスターが全国各釣り大会に結構出場してます。(^_^;)
2012/01/21(Sat) 21:25 | URL | イセ | 【編集
釣りバカ少年さんへ
次はズズキ釣り名人ですかね。
昨日のセイゴの感触で目覚めちゃったのかな?。
2012/01/19(Thu) 18:40 | URL | 川越の魚人 | 【編集
僕は汗をかいてましたからね(笑)
いや!もっと良い釣りが出来る場所がある!ハズです(笑)
昨日の釣行で、急にスズキが釣りたくなりました。スズキですのでもちろん60センチオーバー。カレイがだめなので、少しスズキも狙ってみようかな~…と。
2012/01/19(Thu) 18:29 | URL | 釣りバカ少年 | 【編集
cocoさんへ
今の時期はどこも激渋のようですね。
cocoさんが元気が出るような場所へ連れていってあげたいです。
都合が合う日があればご一緒しましょう。
2012/01/19(Thu) 17:06 | URL | 川越の魚人 | 【編集
こんにちは

セイゴがつれるだけでもうらやましいです…。今年は初釣りに釣り堀に言ったのですが、釣り堀ですらボウズそして、後日隅田川のほうに短時間勝負でいったんぽですが、こちらもボウズ・・・。今年は初っ端からひどい結果です。釣りに行く時間もあまりないし、寒いから士気が落ちるしどうすれば・・・。
2012/01/19(Thu) 15:40 | URL | coco | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック