AX 電車でGo“東京湾釣り日記” 皆で釣りをしましょう会リハーサル
10月16日(日)

第4回皆で釣りをしましょう会は、来週の日曜日。
そこで、今日はそのリハーサル釣行ということで、若洲へ行ってきた。
昨夜の天気予報では雨マークがついていたが今朝は消えていた。
しかし、6メートルの風というのが気になる。

時間は出来るだけ本番に合わせることにし、10時に池袋上州屋でアオイソメを買って新木場へ向かう。
11時頃新木場到着。

まず、懇親会の会場になりそうなところを見ておこう。
新木場駅の下に居酒屋が3件あるので、そこを候補として考えていたのだが、今日はどこも閉まっていた。
新木場の居酒屋は日曜日はお休みのようだ。

居酒屋がダメとなると、食事をしながら、お話が出来そうなお店で、日曜日もやっていう店は・・・・

1.どさんこラーメン
IMGP3637.jpg

2.カレーうどん千吉
IMGP3635.jpg

3.喫茶店 シャノアール
IMGP3638.jpg

どこも懇親会場としてはちょっともの足りない感じではあるが、新木場駅周辺でやるとすればこの3店の中から選ぶしかなさそうです。
費用は、食事+飲み物で1,000円~1,500円でおさまりそうです。
腹ごしらえならラーメン屋、ゆっくりお話するのなら喫茶店といったところでしょうか。
当日現地で参加者の皆さんと相談して決めようかと思います。

11時33分のバスで、若洲海浜公園へ向かいます。
バスは1時間に1本しか出ていないので、このバスに乗り遅れると12時集合には間に合いません。
バスは家族連れや釣り道具を持った少年、キャンプをするらしいグループなどで満員でした。

11時50分、若洲キャンプ場到着。

売店へ寄ってみました。
アオイソメは3パック位しか残っていません。
不凍コマセは売り切れ。
絞り出すタイプの練り餌コマセが数本ありました。
餌は、他で用意してきた方が良さそうです。

堤防編

堤防へ向かいます。
閉鎖中の通路を通りぬけて、釣り場へ出ると・・・・・・・

IMGP3648.jpg

ファミリー中心の釣り人達で、大変混雑していました。
しかし、先端に近づくと、人数はだんだん少なくなります。
一人でたくさんの竿をずらりと並べている光景は今日も見当たりませんでした。

IMGP3653.jpg

12時30分頃から2時間ほど先端付近にサビキを出してみました。
投げサビキを使ってみたり、直下へ落として見たり、サビキの仕掛けにアオイソメを付けて見たり、いろいろやって見ましたが釣れません。
周囲にも釣れている人は見当たりません。

2時頃、竿先が小さくピクピクしたので、上げて見ると・・・・・

IMGP3657.jpg

2時間での釣果はイワシが1匹。
亀さんへのお土産として大切に持ちかえります。

堤防での釣りは、2時半頃で切り上げ、帰りがけにバケツを覗きながら人工磯へ向かいます。
イワシが2~3匹入ったバケツが2つか3つ。
20センチ位のセイゴが入ったバケツが1つ。
あとはカラッポ。
どうやら、90%はボウズのようでした。
これから夜にかけて、何か釣れるのかもしれませんが・・・・・・。

「サッパは先週で終わったよ」という声も聞こえました。

人工磯編

3時頃、人工磯へ移動。
IMGP3672.jpg

風が強いです。
しかも真正面から吹いていて、ときどき波しぶきを頭からかぶります。
周囲に何人かの釣り人がいたのですが、いつの間にかいなくなってしまいました。
風が強いので、諦めてどこかへ行ってしまったのでしょうか。

3時半頃から竿を出します。
波をかぶるので、前へは出られません。
後の方から、ウキを投げますが、風で押し戻されて手前の石に根がかり。
風の強い日は、ウキをうまい位置に着水させることが難しいです。
そんなことを何度か繰り返していると・・・・

釣れました!。

IMGP3663.jpg

13センチ位のリリースサイズのメジナ。

次も・・・・・

IMGP3665.jpg

やはりリリースサイズ。

次もまた、リリースサイズ。(写真掲載は省略)

次は・・・・。
大きそう・・・・。
何だか違う感じの引き・・・・。

IMGP3666.jpg

20センチ位のウミタナゴでした。
これは、キープ。

5時近くなって、薄暗くなってきました。
後ろを見ると・・・・・・・。

道路は水没。

IMGP3675.jpg

ここの釣り場は、潮位の高い日は満潮時に人工磯沿いの道は水没してしまいます。
その日の潮位によっては、潮が引くまでは磯から出られなくなることがあるので要注意です。

電気ウキに変えて挑戦。

ウキがスッと沈みます。
合わせ・・・???!。
風でイトフケが出来ているので、すぐには反応しません。
そして、根がかり。
どうやら根に潜られてしまったようです。
そんなことを何度も繰り返して、針を10本も消費しました。
「きっと大物がかかっていたはずだ。」と妄想してしまいます。

ネットで「メジナは針かかりすると、時速50キロものスピードで、近くの岩の間や根に潜ってしまう」という記事を読んだことがあります。
この状況がそうなのかな?。

5時30分頃、最後の1投。

ウキが沈みます。
アワセます・・・・・・・・・。
またもや根かかりで終了。

逃げた魚は大きいものです。
(実は単なる根がかりだったのかも。)

風も弱くなってきました。
これから釣れるかも知れない。
延長したいという誘惑にかられます。
ダメ、ダメ。今日は釣り会のリハーサル。
6時39分のバスで、懇親会場へ移動するというスケジュールになっています。
道路が灌水しているので、人工磯づたいに水没していない場所まで迂回しなくてはなりません。
少し早目の5時50分納竿。

本日の釣果

イワシ 1匹
メジナ 4匹(12~15センチ)リリース。
ウミタナゴ 1匹(21センチ)

IMGP3680.jpg
写真は灌水した人工磯沿いの道

道路が水没しているので、上の道を通って帰ります。
予定通り18時39分のバスで、新木場へ。新木場駅到着18時55分頃。

懇親会のリハーサルは、お店を覗いて見るだけにしました。
カレーうどん店、ラーメン屋、どちらも混んでいました。
食事をしながらお話する程度は大丈夫そうですが、あまり長居は出来ないようです。

釣り会当日は、お天気が良くて、風が無くて、魚がたくさん来てくれて、楽しい懇談が出来ますように・・・・。


スポンサーサイト

テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用
コメント
イセさんへ
ありがとうございます。
ソーダの話は聞いたことがあります。
カモメがたくさんいる時は可能性大ときいたので注意して見ているのですが、この日はたま~に1、2羽見かけるという程度でした。
ソーダやサバが来てくれると嬉しいですね。
2011/10/19(Wed) 12:41 | URL | 川越の魚人 | 【編集
釣り方
こんばんは。

先週は東京湾近郊の陸からのコマセ使用のメジナ釣りの方がソーダ鰹を1人5、6本あげてるようですが理屈からすればイワシが釣れるなら沖目に払い出す潮目にコマセを乗せる事が出来るのであれば……イナダとかにイワシが追われ頻繁に鳥山が発生しているようですのでアナガチ瞑想を通り越して、かなり現実的な可能性が有ります…。
ちと…無責任的書込みですが…釣人の希望的推測です(笑)

(‐o-;)当日の大漁をお祈りしております。
2011/10/19(Wed) 01:18 | URL | イセ | 【編集
金閣寺まりも さんへ
はじめまして。
コメントありがとうございます。
たしかに、人工磯は風が強いと釣りずらいですね。
もっと大きいのが釣りたかったのですが、ボウズでなかっただけでもラッキーでした。
若洲へは良く行かれるのでしょうか。
これからもよろしくお願いします。
2011/10/18(Tue) 22:06 | URL | 川越の魚人 | 【編集
はじめまして、いつもblog拝見しています
僕もその日若洲に行きましたが、風強すぎてまったく釣りにならなかったです・・・
そんな中釣れてるなんてうらやましいです
2011/10/18(Tue) 21:35 | URL | 金閣寺まりも | 【編集
釣りバカ少年さんへ
イワシは釣りバカ少年さんの後を追って回遊していたのでしょう。
釣りバカ少年さんが若洲に来れば、きっとイワシも後を追って来ますよ。
そう期待したいですね。
2011/10/17(Mon) 21:48 | URL | 川越の魚人 | 【編集
それだけイワシが少ないと湾奥で青物はかなり期待薄ですね(汗
昨日の釣り場にはイワシがワンサカ居ました。
お昼頃に凄まじい量・推定数万~十万匹の大群が岸近くに泳いできました。ナブラが起きるかも~っと思った30秒後にナブラが立ちました。
結局は餌なんだな~っと思い知らされましたよ。
2011/10/17(Mon) 20:16 | URL | 釣りバカ少年 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック