AX 電車でGo“東京湾釣り日記” 人工磯でウキを3個ロス!
9月9日(金)

前回のウキ釣りに味をしめて、今日も若洲の人工磯へ。
午前中は仕事があったので、午後から出発し、3時頃釣り場に到着。
今日は向かい風が強く、海は荒れていた。

IMGP3548.jpg

う~~~ん。
こんな時は堤防の方が良いのかなぁ・・・とも思ったのだが、引き返すのは面倒なので、とにかく竿を出して見ることにした。
今日はウキだけでやるつもりだ。

5.4メートルの磯竿を持ってこようかと思ったのだが、荷物になるので、リュックに入るいつもの2.7メートルのコンパクトロットを使うことにした。
先日購入した棒ウキをつけて投入。
竿が短いので、投げないと投入出来ないのだが、風が正面から吹いているの投げにくい。
手前の方に入ってしまうと、すぐに根がかりしてしまう。
やはり、長竿を持ってくるべきだったかと、ほんの少し反省。

何度か投入を繰り返していると、アタりが・・・・・。

IMGP3538.jpg

14センチ位の小メジナだ。
前回釣れたのに比べると、明らかに小さい。
写真撮影の後、即リリース。

次は、根がかりで針を取られる。
波が大きく上下に動くので、波が下がった時に根がかりしてしまうのだろうか。
針を交換して投入。

そしてまた1匹。

IMGP3539.jpg

これも小さい。即リリース。

前回の釣行の時には良方が釣れたのだが、今日のは小さい。
海が荒れている時は、大きいのは沖の方へ行ってしまうのだろうか?



ウキがスポッと沈んだ。
今度は大きいのかな?
急いでリールを巻く。
しかし、風で糸が大きくたるんでいたらしく、すぐには巻けない。

根に潜られてしまったらしい。
仕掛けごと取られてしまうはめになり、買ったばかりのウキは海中に消えてしまった。

円錐ウキに交換。
実はこのウキは、前回の釣行の時に根がかりで海中に没してしまったのを釣りバカ少年さんが救出してくれたものなのだ。

ウキは波に乗って、上下に大きく揺れ動く。
そして、根がかりで針を取られる。
そんな事を何度も繰り返す。

そしてついに・・・・・・・・。
このウキも海中へ!。
一度は助けられても、また溺れてしまう運命だったようだ。

今度は、錘負荷1号の電気ウキ。

これも、30分ほどで帰らぬウキとなりました。
どうやら、荒れた海の中で踊っている仕掛けが、手前の浅い方へ流されて、石に絡みついてしまうようです。

というわけで、針を10本以上交換し、ウキを3個ロスしたところで本日は納竿。

本日の釣果 小メジナ 2匹(13~14センチ位)リリース。

風の強い日の人工磯でのウキ釣りは私には無理のようです。
修行が足りないことが良くわかりました。


スポンサーサイト

テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用
コメント
釣りバカ少年さんへ
はい、慣れていません。
風が強くて海が荒れている日の磯でのウキ釣りは今回が初めてですからね。
2個は同じ場所でやられました。
あの辺は危ないとわかっていて、そっちへ行かないように気をつけていたつもりだったのですが、スウ~と行ってしまいお陀仏です。
一人でコッソリ練習しようと思ったのですがダメでした。
次回手ほどきをよろしく。
2011/09/11(Sun) 19:04 | URL | 川越の魚人 | 【編集
ロストするということは、まだ慣れていない証拠です。なんて言いながら僕もまだまだ修行が足りないですけどね(笑)
いろいろと細かいところまで気を点ければ、回避できる場合もありますので、今度ご一緒したときにその話でもしましょう。
それにしても写真を見る限り、釣りにくそうですね(汗
2011/09/11(Sun) 16:51 | URL | 釣りバカ少年 | 【編集
イセさんへ
いつもコメントありがとうございます。
磯での釣りはほとんどしたことが無かったので、要領がよくわかりません。
回数を重ねながら学んでいくしかなさそうですね。
2011/09/11(Sun) 14:26 | URL | 川越の魚人 | 【編集
基本的に
こんにちは。

魚は海が荒れている時に磯に大物が近寄って来る種類と離れて深みに逃げる種類と有りますが…

あくまでも低気圧を魚が感知する場合なので、天気がよい風が強い場合は、また条件が違いますが…結構東京湾近郊はかなり特殊なので解らないが本音です。(苦笑)

外海が荒れているので湾内に逃げて来たので風で水面が荒れていても魚にしたら…安全な条件かもという事だって有り得るので←勝手な思い込みかもしれませんが…(^_^;)


世界的にもこんな釣れ方をするのは東京湾だけというケースが多々有ります。
2011/09/11(Sun) 13:15 | URL | イセ | 【編集
皿ビスさんへ
コメントありがとうございます。
これまでは、堤防の釣りばかりだったので、風が強くてもあまり問題なかったのですが、磯釣りはちょっと勝手が違うようですね。
いろいろ勉強してみます。
2011/09/11(Sun) 09:34 | URL | 川越の魚人 | 【編集
行ってみたらシケてた、は電車釣行組(自分もです)の悩ましい問題ですよね。
波風のある日の前アタリの取り方などは、世間に色々アイディアがあるとは思いますが、やっぱり「高い仕掛けは使わない」ことに尽きるような。。。
2011/09/10(Sat) 12:22 | URL | 皿ビス | 【編集
くんぱち さんへ
コメントありがとうございました。
遠方の宮崎からのご訪問ありがとうございます。
いつもは堤防での釣りなので、風でもそれほどのトラブルは無いのですが、磯はいろいろ大変でした。
でも、これもいい経験です。
懲りずにまた頑張ってみます。
2011/09/10(Sat) 08:59 | URL | 川越の魚人 | 【編集
初めまして
いつも、川越の魚人さんののんびりと釣り糸を垂らす様子を楽しく読ませてもらっています。
僕の住む宮崎では釣ったことのない魚の釣果が良くあり、勉強もさせていただいています。

風が強く、波が高い日の釣りはいろいろ消費してしまいますよね。僕もこの前やられました。
でも、魚が釣れてくれたら何も言うことは無いんですけどね。




2011/09/10(Sat) 01:43 | URL | くんぱち | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック