AX 電車でGo“東京湾釣り日記” メジナ釣り リベンジ
8月30日(火)

本日も釣りバカ少年さんとご一緒釣行。
当初は別の場所を予定していたのだが、前日の夜になって急遽湾奥のメジナ狙いに変更したいとの連絡が入った。
前回惨敗に終わったメジナ狙いに再挑戦したいと思っていた私としては好都合だったので喜んでOK。

4時に釣り場入口で待ち合わせ。
本日の釣り場はこちらです。

IMGP3526.jpg

この釣り場の堤防での釣りは何度もあるが、人工磯の方は何年か前にちょこっと竿を出して見たことはあるものの、まともに釣りをするのは今回が初めてだ。

前回のメジナ狙いの敗因は、しかけや錘にあったのではないかと反省し、今回はメジナ用の仕掛けを事前に調べておいて、こんな仕掛けを使ってみた。

DSCF0141.jpg

円錐ウキ(夜を考えて電気)
7号メジナ針
ガン玉 B

今日はウキ1本でやることにした。
これまでは、「何でもいいから釣れればいい」で、投げ、サビキ、胴突きを投入して魚がかかってくれるのを待つスタイルの釣りをしてきた私にとっては、画期的なことだ。

4時半頃から開始。
ところが・・・・・・・。

波や日光など、海の状況とウキが合わないせいなのか、ウキの動きがとても見にくい。
時々餌を取られるので、何かが居そうなのだが、アタリがわからないのだ。

そうこうしているうちに、釣りバカ少年さんはメジナを1~2匹釣り上げた。
釣りバカ少年さんは棒ウキで、ウキの動きが良く見える。

あいにく今日はウキを1個しか持って来なかった。
そこで、釣りバカ少年さんから、棒ウキをお借りして、仕掛けを交換。

すると間もなく・・・・・・

IMGP3525.jpg

釣れました!。
22センチのメジナ。

1匹目から、20センチオーバーの良型とは嬉しい。

そして、また来ました。

IMGP3532.jpg

今度は少し小ぶり 17センチ位かな?

次は・・・・・

何か違うのが来ました。

IMGP3534.jpg

ちびセイゴでした
これは亀さんへのお土産として、キープ。

6時を過ぎて、薄暗くなって来たので、最初の円錐電気ウキに変えました。
今度はウキの動きが良く見えます。

そしてまた来ました。

IMGP3536.jpg

その後、何やら大物が・・・・・
フッコかな?と思ったらボラでした。
写真を撮ろうかと思いましたが、暴れて撮らせてくれないので、リリース。

その後も大物らしいものを何度かバラシたりもしながら、さらにメジナを3匹追加。(写真は省略)

初めて、まともなウキ釣りらしい釣りをして、思わぬ釣果に大満足でした。
釣り場の変更、メジナ狙いは大正解でした。
さすがは釣りバカ少年さんです。

8時頃納竿。


本日の釣果

メジナ6匹(17~22センチ)
ちびセイゴ 1匹

DSCF0135.jpg

写真は、釣りバカ少年さんからいただいた、メジナ1匹を含んでいます。

一番大きい1匹を、早速刺身にしていただきました。

DSCF0137.jpg

臭みなどは全くなく、とても美味しかったです。

横浜、横須賀まで足を延ばさなくても、湾奥で十分釣れるということがわかった釣行でした。
ありがとうございました。



スポンサーサイト

テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用
コメント
tameさんへ
コメントありがとうございました。
湾奥でメジナが釣れるとは、私も思っていませんでした。
私は釣れませんでしたが、同じ場所でカサゴやウミタナゴも釣れていました。
いろいろな魚がいそうです。
2011/09/01(Thu) 15:19 | URL | 川越の魚人 | 【編集
堤防での浮き釣りは、場所とりに苦労することが多いですが、よい場所を開拓できたみたいでよかったですね。
湾奥でも、良型の足裏がこんなに釣れるようになっていたなんてびっくりしました。
2011/09/01(Thu) 12:45 | URL | tame | 【編集
meterclassさんへ
はじめまして。
私のブログをご覧いただきありがとうございます。
関西と関東では、いろいろ違ったところがあるのでしょうね。
湾奥はあまり釣れないと思って、横浜や横須賀方面へ行くことが多かったのですが、今回は湾奥を見直しました。
また行ってみたいと思っています。
2011/09/01(Thu) 11:01 | URL | 川越の魚人 | 【編集
はじめまして
いつも拝見しております。meterclassと申します。
大阪でチヌ・ハネやタチウオを楽しんでたんですが、この4月から東京転勤となり、電車で行ける所を探して細々と釣りを楽しんでます。
こちらは大阪とは少し違った釣り方ですね。釣具屋で見かける小物も異なります。
堤防釣りは奥が深くてホント楽しいですね。

今回の湾奥グレの釣果はビックリです。さすがですね。
またブログの更新を楽しみにしております。
2011/08/31(Wed) 23:37 | URL | meterclass | 【編集
釣りバカ少年さんへ
たしかに、あそこなら日曜日とかでも大丈夫ですね。
もし行くようならお誘いください。

私も今度行くまでにはもう少し勉強しておきます。
とは言っても、机上の勉強ではあまり役にたたないかもしれませんね。
実践を多くこなしている人にはかないませんね。
2011/08/31(Wed) 20:08 | URL | 川越の魚人 | 【編集
イセさんへ
いつもありがとうございます。
私は万年初心者ですから、釣り師などと「師」をつけるのは、めっそうもないですよ。
100年早そうです。

ウキ下ってそんなにシビアなものだとは思いませんでした。
私は50センチ単位くらいで上げ下げしていました。
もっと神経が繊細でないとダメのようですね。
2011/08/31(Wed) 20:03 | URL | 川越の魚人 | 【編集
あの感じだと恐らく休日でも竿を出す場所に困らなそうで良いですよね。
今度行くときは、もっと大きいのを釣るためにもう少しレベルアップして川越の魚人さんを驚かせて見せます(笑)
2011/08/31(Wed) 16:58 | URL | 釣りバカ少年 | 【編集
お疲れ様です。
お疲れ様です。(笑)
丁度他のブログで魚のあわせについての説明を読んでいました。魚の種類により餌を咥えて離す時間が様々なので驚きます、意外に何気なく簡単に釣れる魚が針を咥える時間が短くて0.1秒掛からないのですが…子供の頃から慣れで自分はヒョイヒョイ釣ってました。(笑)
ウキを見やすく釣る事を考えるといよいよ釣り師ですね。シモリ浮きを入れてみたり錘を付けてと状況を考え始めると結局狙った魚が決まるとソレ以外の魚が釣れてもあくまで違うので気持ちの中では
ボウズの日々が続いたりと瞑想の時間が増えて来ます。

ウキ下というのは凄く大切な事で魚の種類によっては数ミリ狂うと釣れないと言われます。
ジックリ楽しんで下さい。
(^_^)v
2011/08/31(Wed) 13:18 | URL | イセ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック