AX 電車でGo“東京湾釣り日記” いちおう大物?
8月10日(水)

本日は夏のスタミナ源を求めて釣行。
午後4時に新木場駅で、釣りバカ少年さんと待ち合わせて猛暑の中を釣り場へ向かう。

IMGP34ax.jpg

5時頃より釣り開始。
本命狙い用に投げを2本。
餌はアオイソメとミミズ。

私の腕では本命は困難と最初から弱気で、私でも釣れるサッパはいないものかと、サビキで誘ってみた。
まったく気配なし。
サビキは止めて、電気ウキを投入。
しばらく放置しておくと、ウキが見えない。
巻いて見ると、チビセイゴが1匹。
亀さんへのお土産としてキープ。

6時を過ぎてうす暗くなりかけた頃、本命狙いの投げ竿にアタリが・・・・・。
リールを巻く。
強い引き。時々グーンと底へ引っ張られる。
これはエイだな・・・・・・。
小型のリールなのでなかなか巻けない。
しばらく綱引きを楽しむ。
やっと魚体が足元に・・・・・・。

釣りバカ少年さんがタモに入れてくれた。

IMGP3472.jpg
1匹目

ほぼタモ網いっぱいの大きさのエイ。
タモ網の直径は45センチとのことなので、シッポまで入れると60センチ以上はありそうだ。
記念撮影をしてリリース。

そして、その20~30分後に、またもアタリ。
やはりエイの感触。

IMGP3474.jpg
2匹目

同じようなサイズのエイ。

今度は、ウキにチビセイゴ。

そして、また投げにも来た。
今度は軽い。
小型のようだ。

IMGP3476.jpg
3匹目

8時頃、投げ竿の鈴が激しく鳴る。
竿が持って行かれそうになる。
慌てて竿をおさえる。
今度は大物のようだ。
ドラグを緩めると、糸はどんどん出る。
なかなか引き寄せられない。
グ~~~ンと底へへばりつく感触だ。
巻いては休み、巻いては休みがしばらく続くいたと思ったら、プツ~~~~ン!!。
大物は、仕掛けを切って脱出。
というわけで、
4匹目はバラシ


8時を過ぎた。
仕掛けも取られてしまったので、そろそろ片づけることにした。

約3時間の間に、エイが何と4匹(内1匹はバラシ)。
いちおう大物が沢山釣れたことにしておこう。

その他に、亀さんへのお土産用セイゴが3匹。

DSCF0104.jpg

アカエイについて、ちょっと調べてみました。

アカエイはカスベと呼ばれることもあります。
毒針が尾びれにあるため、これに刺されると痺れます。
浅海の砂底を好み、日本や中国の沿岸区域に生息しています。
成長すると、体が一メートル程度になり、日本の近海には、近縁種が数種類存在すると言われています。
初夏が訪れると、浅場において数尾の子供を生みますが、アカエイは卵胎生となります。
旬は夏で、調理の際は、煮つけや焼き魚、ぬた、煮魚、練り製品、かす漬け、煮こごり、甘酢あんかけ、干物などに利用されています。


郷里の北海道で、子供の頃カスベを時々食べたことを思い出した。
今日釣れたエイと同じ種類だったのだろうか。
もしかすると、夏のスタミナ源とはコイツの事だったのかも知れない。
でも流石に持ち帰って食べる気にはなれないなぁ・・・・。

釣りバカ少年さん。
今日も付き合ってくれてありがとう。
エイとの格闘でいい運動になりました。
亀さんも、早速セイゴの刺身を食べて大満足でしたよ。


スポンサーサイト

テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用
コメント
再イセさんへ
情報ありがとうございます。
子供の頃北海道で食べたのは、魚屋で売っているカズベの切り身でした。
川越の方でも、ごく稀にスーパーなどでカスベの切り身を見かけますが、湾奥で釣れるアカエイと同種のものかどうかはわかりません。
2011/08/17(Wed) 09:42 | URL | 川越の魚人 | 【編集
タイミングよく
おアツウございます。(笑)
タイミングよく北海道でエイが釣れたブログがあったので質問しましたら回答頂きました…北海道はアカエイの仲間のホシエイだそうで、食べる場合はアカエイの方が美味しいそうですが…釣り人には不人気だそうです。自宅に持ち帰ってもアンモニア臭が酷くて解体しても食べる部分が少しだけしか無いのが理由だそうで、食べる場合の下処理は普通釣り場で解体を済せて持ち帰りするそうです…自宅の庭先で解体しないと無理みたいですね…。
北海道のマーケットで処理済みの切り身を購入するのが無難らしいです。(苦笑)
2011/08/17(Wed) 03:00 | URL | イセ | 【編集
2等水兵さんへ
アカエイは引きが強いので、綱引きをして遊ぶにはいいですが、流石食べる気にはなりませんね。
今度は食べられる魚を釣りにいきます。
2011/08/13(Sat) 22:54 | URL | 川越の魚人 | 【編集
アカエイが・・・
アカエイがたくさん釣れましたね。

エイはやっぱりさすがに食べようとは思いませんよね・・・

テレビではお笑い芸人が食べていましたけどw
2011/08/13(Sat) 22:47 | URL | 2等水兵 | 【編集
イセさんへ
たしかに、本やNetで調べると、エイは食べられるらしいのですが、食べたという人にはお目にかかったことがありません。
この辺のエイはどうやら北海道で食べたカスベとは種類が違うらしいです。

エイのいるところへ入るときは、なかなかの重装備なんですね。
防弾チョッキと同列とは驚きです。
2011/08/12(Fri) 23:32 | URL | 川越の魚人 | 【編集
釣りバカ少年さんへ
高校生活最後の夏休みですから、思い出に残る釣りをしてほしいですね。
私はだいたい週1位の割合でどこかへ出かけています。
声をかけていただければ、またご一緒しますよ。
2011/08/12(Fri) 23:23 | URL | 川越の魚人 | 【編集
敢えて
今晩は

北海道のブログ見てると確かに大きなエイ持ち帰りしてますね。

種類はよく解りませんが…北海道は、本州の魚の呼び名が殆ど違う種類なので魚種が解りませんがガンギエイが居酒屋のエイヒレなのでソレに近い種類かと…アカエイは毒針があるので食べられると本に書いて有るので解りますが…食べた話は、聞かないです。

エイが多いのは潮がかなりゲリラ豪雨で濁りが入っているって事ですね。


関東周辺の海岸や海に近い河口で胴長靴を履いて立ち込みで釣りをする時に毒針が長靴を貫通して刺さるので、下に防弾チョッキの材質の靴下を履くのが常識なのですが、特殊なので10万円近くします、胴長靴は安売りなら二千円ですが…(爆笑)
2011/08/12(Fri) 22:51 | URL | イセ | 【編集
最近、満足のいく魚が釣れなくてちょっぴり不満です。
それに夏休みも終わりが見えてきました…
夏休み中に最低でもあと1回くらいは、ご一緒できたらいいですね。
2011/08/12(Fri) 22:28 | URL | 釣りバカ少年 | 【編集
cocoさんへ
お久しぶりです。
湾奥はどこでも嫌われ者のエイがたくさんいそうです。
格闘を楽しむのはいいですが、1~2匹で十分ですね。
釣り場の名前はよくわかりませんが、周辺で工事をしている様子は無かったですよ。
2011/08/12(Fri) 17:41 | URL | 川越の魚人 | 【編集
こんにちは
しばらくコメントできず申し訳ございません。

アカエイの量すさまじいですね。泳がせなどならともかくミミズやアオイソメでもこんなにかかるということはよっぽど生息しているんですね…。でもアカエイだけなら不満足でしたでしょうけど、食すことのできるセイゴが釣れて良かったですね。亀さんも大喜びでしょう!!

ところでここは、夢の島緑道公園(東少年野球場裏)ですか?もしそうだとしたら、まだ工事やってました?
2011/08/12(Fri) 12:02 | URL | coco | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック