AX 電車でGo“東京湾釣り日記” 若洲のイワシは煮干しサイズ
10月20日(月) 小潮
若洲海釣り施設へ釣行。9時半ころ到着。
堤防の中央付近に竿を出す。
サビキ1本、ウキフカセ1本、胴突き1本。
両隣は、小さい子供連れのお父さん。
wakasu1020.jpg

10時頃からサビキに小さいイワシがかかり出した。
本牧のイワシに比べると、型が小さく10センチ以下の、煮干しサイズ。
コマセを入れると、群れになって集まってくるのが見える。
しかし、置き竿にしたのでは、針がかりしない。竿を細かく上下に動かすと、1~2匹かかってくる。
周囲も釣れているのは、チビイワシだけ。
先端付近まで、ブラブラ歩いてみたが、イワシ以外は釣れている様子はない。
先端付近は釣り人もまばら。
wakasu1020b.jpg

夕方5時ころ、ウキフカセに、18センチ位のセイゴが来た。
その後、もう1回大きいアタリがあったが、バラしてしまった。

本日の釣果。
イワシ40匹。サッパ4匹。チビメバル2匹。セイゴ1匹。
sakana1020b.jpg

亀さんは、チビイワシを丸ごとぺろりとたいらげて満足。
イワシの頭が口からでています。
kamesan1020.jpg







スポンサーサイト

テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック