AX 電車でGo“東京湾釣り日記” 本牧でイワシ・イシモチ
9月24日(水) 長潮
今日は、妻と二人で本牧へ釣行。Web情報によると、サバ、イシモチが釣れているとのことなので、サバに期待。
10時30分頃釣り場に到着。平日にもかかわらず、沖桟橋はほどほどに混んでいた。
honmoku924.jpg

沖桟橋先端付近の空いているところへ竿を出すことにした。
サビキを2本、1本はイワシ狙いで4号針、もう1本はサバを期待して8号針。
まもなく、浅い棚でイワシがかかりだした。
イワシはポツポツながら順調に釣れそうなので、イワシの竿は妻にまかせる。
もう1本のサビキは、イワシより少し深いところに棚をとっておいて見たが、まったくあたり無し。
胴突きに青イソメを付けて、底まで落としておいたが、これもアタリ無し。
honnmoku924b.jpg

反対側に移動してサビキを入れてみた。
まもなく隣の釣り人が、30センチ余と思われる立派なサバを釣り上げた。
おお、うらやましい!!。見ているとその釣り人は、連続で4本、入れ食い状態で次々とサバを釣り上げえている。
棚は底に近いようだ。こっちにも来てくれぇ・・・と念じつつ竿を上下に振ると、強い引きがあった。
「きたぁ!!」慌ててリールを巻くと、30センチ余と思われる立派なサバが上がって来たのだが、水面から引き上げたとたんに、プツン!!。ハリスが切れて魚は海へ帰ってしまった。
またも逃げた魚は大きかった。
その後隣の釣り人にも、来なくなった。サバはどこかへ行ってしまったようだ。

そのごしばらく何のあたりも無いので、サビキに青イソメをつけて底まで落としておいたところ、竿先が動いて、26センチのイシモチ、続いて18センチにイシモチが釣れた。
夕マズメにもう一度サバが来ることを期待して、6時過ぎまでねばったが、その後のアタリは無かった。
isimochi.jpg

本日の釣果
イシモチ 2匹、 イワシ42匹、サッパ6匹 (イワシの大部分とサッパは妻が釣った)
924sakanaaa.jpg

924sakanabb.jpg



スポンサーサイト

テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック