FC2ブログ
2020年3月26日(木)

コロナ問題は収束どころかますますエスカレートしてきたようです。
東京都の1日の感染者数が2日連続で40名を超えました。
この状況が続くと東京都が封鎖という事態になるのではないかと心配です。
「高齢者はあちこち出歩くな」という声もあるので、このところ電車での移動は自粛、もう1ヶ月くらい電車には乗っていません。
外出は、「密閉空間、密集場所、密接場面の3密を避けること。」と言われているので、広くて風通しの良い場所での単独行動ならなら問題ないはず。
というわけで妻と二人で川越の桜の名所を回ってきました。
移動手段は妻の運転する車、もちろん飲食などは無し。

まずは御伊勢塚公園
P1090920.jpg
公園内と公園の側を流れる小畔川の川辺の桜はちょうど満開。

P1090919.jpg
見頃は今週いっぱいといったところでしょうか。 
 
P1090947.jpg
木の上では野鳥も花見。
ムクドリのようです。
 
次は川越水上公園

P1100041.jpg
夏はプール冬は釣り場になる公園で、何度かルアー釣りをした公園です。
 
P1090981.jpg
ここも桜は満開、ウオーキングコースの両側が桜並木、桜のトンネルになっています。

P1100031.jpg
多くの人が桜を見に来ていました。
でも公園は広いので密集にはならないから大丈夫。
 
P1100020.jpg
こちらでも野鳥が花見。
ヒヨドリのようです。
 
次は氷川神社裏の新河岸川 

P1100103.jpg
こちらの桜も見事です。

P1100109.jpg
ここの桜はもう散り始めたようで水面にたくさんの花びらが浮いていました。
 
次はいつも自転車散歩で行く伊佐沼

P1100135.jpg
ここは道路両側の桜並木が綺麗です。
いつもは桜まつりの提灯が下がるのですが今年はありません。
開花が例年より1週間以上早かったので提灯が間に合わなかったのかと思っていましたが、もしかすると自粛かも知れません。

P1100324.jpg
見事に咲いています。
ここは例年夜間にはライトアップされる場所なのだが今年はライトが無いようです。

P1100132.jpg
「花見・宴会等の自粛のお願い」の看板。
コロナウイルスの感染拡大防止のため、飲食を伴う宴会などの利用は控えてほしい・・・等と書かれていました。

P1100121.jpg
こちらの木にはシジュウカラ。

P1100222.jpg
久しぶりでカワセミを見ました。
桜に魅かれてやってきたのでしょうか?。
 
 最後は新河岸河川の桜堤

P1100360.jpg
 
P1100363.jpg
新河岸川の土手にどこまでも続く桜の木

本日は5ヶ所の桜を見てまわりました。
どこも満開、花びらがチラチラと舞っているところもありました。
雲一つ無い青空で暖かく、桜はちょうど見頃。
一番良い日に桜を見ることが出来たことに感謝です。
桜を見ているとコロナのことなどすっかり忘れてしまいます。
いつもは4月初旬に満開になる桜、今年は3月末で終わってしまいそうです。


翌27日のテレビで、「東京では桜を見るだけも自粛」ということで上野公園などが閉鎖されるようです。
東京では週末の不要不急の外出の自粛を要請しており、これに伴う措置なのでしょう。
公園のように広い空間であっても、電車移動などそこへ行くまでの移動手段などが3密につながることを考えると止むを得ないことかと思います。

一日も早くコロナ問題が収束することを願うばかりです。


スポンサーサイト




2020年3月21日(土)

暖かい日が続いているので伊佐沼の桜の様子を見にいった。

P1090674.jpg
自転車をこぐと汗ばむほどの暖かさ。
午後3時頃到着。
雲一つない青空が広がっている。

P1090681.jpg
沼の東側の桜。
一昨日は開花が始まったという状態だったが、今日は3分咲き~5分咲きといってところ。

P1090682.jpg
木によってだいぶばらつきがあるようだ。
同じ木でも枝によってもだいぶばらつきがある。
日の良く当たる枝が開花が早いような気がする。
 
P1090694.jpg
蓮池の側には今日もたくさんの鴨が気持ちよさそうに泳いでいた。
 
 
P1090695.jpg
こちらは親子だろうか。
  
 

P1090726.jpg
伊佐沼の東側の桜並木。
こちらの桜もだいぶ咲いている。
昨年は27日頃から桜まつりの提灯が下げられていたが、今年は提灯をつけないうちに開花が始まってしまった。
 
 
P1090711.jpg
例年よりも1週間から10日くらい早いようだ。
 
 
 
 
P1090720.jpg
桜の下にシートを敷いてくつろぐ人の姿も・・・・。
そろそろお花見が始まりそうです。
 
 
P1090716.jpg
桜の木にむくどり。
 
 
 
P1090781.jpg
小鴨の向こうに小さな野鳥。
何だろう?
 
 
P1090838.jpg
アップで撮って見たらコチドリでした。
久しぶりで見たような気がします。


P1090702.jpg

来週あたりが見頃になりそうです。
例年よりも1週間~10日くらい早いようなので、桜まつりの提灯がついた頃には終わってしまうのではないかと心配になります。


 

 
 

2020年3月19日(木)

今日は本格的な春の陽気、気温は20度を超えるらしい。
桜の開花が見られるのではないかと思い自転車で伊佐沼へ行ってみた。

P1090307.jpg
12時少し前に到着。
自転車をこぐと少し汗ばむくらいの暖かさ。
春らしい穏やかな景色の伊佐沼が広がっていた。
南側の桜は蕾が大きく膨らんではいたが、開花はまだのようだ。
 
 
P1090308.jpg
島状のところには7~8羽のユリカモメ。
冬場にこの沼にやってくる鳥だが最近は見かけなくまったのでもういないのかと思っていた。
この時期にこの沼で見るのは珍しいような気がする。
 
P1090377aa.jpg
何羽かのユリカモメが飛び回っていた。
 
 
P1090459.jpg
餌を探して沼を歩き回るコサギ。
 
 
P1090448.jpg
そしてアオサギ。
 
P1090520a.jpg
飛び回るコサギ。
野鳥たちも春を楽しんでいるようです。 
 
沼の東側へ移動。
 
P1090563.jpg
花が開いている木を何本か見つけました。
 
 

 P1090567.jpg
開花とは1本の木に5~6輪咲いている状態をいうので、これは十分な開花。
例年東側の方が開花が早いようだ。
ほんの少し位置がかわっただけで開花の時期に差が生ずるのが不思議です。

 
 
P1090535.jpg
開花から満開までは1週間程度と言われているので、来週には満開の桜が見られそうです。
 
 

P1090608.jpg
蓮田は綺麗に耕されていました。
ここに水が張られ蓮の葉が顔を出す。
準備が着々と進められているようです。
 
 

P1090642.jpg


この桜並木が桜のトンネルになる日ももうすぐですね。




2020年3月17日(火)

一向にコロナウイルスの騒ぎが収まる気配がありません。
先週は川越にも感染者が発生、幸いその後増えてはいないようですが安心はできません。
暖かくなってきたのでそろそろ釣りにでかけたいところなのですが、「高齢者はあちこち出歩くな」という声もあるようなので、電車移動は自粛、このところ1ヶ月くらい電車に乗っていません。

今回もお手軽に行ける川越水上公園へ行ってきました。
ここでのルアー釣りはこれで4回目。
過去の3回はボウズ。
今日もまたボウズかな・・・・

前回は魚は釣れなかったが、ルアーを1個釣り上げた。

P1180381.jpg
こんなルアーがあることを初めて知った。
帰ったから調べたら「セニョールトルネード」というものらしい。
「ほかのルアーで釣れない時でもこれなら釣れる・・・」などと書いてあった。
今日はこれも試してみよう。

P1180358.jpg
今日は初心者用のプールも結構空いていたので、ここで投げてみることにした。
 
 

P1180379.jpg
まずはスプーン。
何色かを試したがまったく反応が無い。
 
 
P1180380.jpg
次がクランクベイト。
これにも反応無し。

そんな時にも威力を発揮するとか書いてあった、例のセニョールトルネイドにも無反応。

2時間近くやったが周囲で釣れたのを見たのは1匹だけ。
諦めて場所を変えたり帰ったりした人も多いようで周りはがら空き状態。
場所を移動することにした。

P1180375.jpg
一般の場所へ移動。
こちらも今日は空いていた。
こんなに空いているのを見たのは初めてだ。
今日はダメな日らしい。
海なら潮の関係で日や時間帯によって釣果に違いが出るが、こういう釣り場でも潮時のようなものがあるのだろうか?

ここでも、スプーンやクランクベイトを何色か試してみたがやはりダメ。
前回は何度かアタリらしき感触があったのだが、今日はそれも少ない。
やはり前回の放流直後の方がアタリが多かったような気がする。

フライをやっている方が何匹か釣っているのが見えた。
前回来た時もそうなのだが、この釣り場はフライの方が良く釣れているようだ。

今日もボウズかな・・・
残り時間は40分程度。
最後の頼みでセニョールトルネードに変えてみた。
このルアーは指に巻いて、らせん状にしてから使うもので、巻き方が釣果に影響するらしい。
何度か投げていると・・・・
来た~~~

P1180377.jpg
ルアーでは初めてのニジマスです。


我が家は2人家族、もう1匹釣れないかと時間間際まで頑張ったが今日はこれでおしまい。
釣果はニジマス1匹で終わりました。

思えばルアーはこれで4回目、入場料とルアー代とで約10,000円。
高価な1匹です。
でも4回の遊び代、授業料としてはお安いのかも・・・。
今夜はこの高価なニジマスを美味しくいただきます。

帰ってからセニョールトルネードの使い方を調べたら、詳しく解説している動画がありました。



川越水上公園の釣り場は来月中旬で終わりです。
その前にもう1度行ってみようかな・・・


2020年3月16日(月)

今日は11時頃から風が強くなるという予報だったので、自転車はやめて車で伊佐沼へ行ってみた。
家を出る時はそれほど強くは無かったが着いた時は結構な強風、そして寒い。

P1090285.jpg
柳の枝が強風に煽られて真横に流れていた。
 

P1090298.jpg
東京では一昨日、雪が降る中で桜(そめいよしの)の開花が発表された。
伊佐沼の河津桜は数日前から満開状態だったが、そめいよしのもどこかで1輪くらい咲いていないだろうか?
注意しながら見て歩いた。
 
P1090283.jpg
桜の蕾はだいぶ大きく膨らんでいた。



P1090291.jpg
開きかけた蕾もチラホラ。
しかしまだ開花には至っていない。
この寒さが過ぎると本格的な春がやってくるようです。
来週には開花かな・・・。

 P1090233.jpg
水辺には鴨のカップル。
 
 
P1090196.jpg
冷たい風に向かって頑張っているアオサギ。
 
P1090222aa.jpg
水辺をチョロチョロ歩くイソシギ。
 

P1090107aa_20200316182931af0.jpg
シロチドリ。

 
 
P1090215aa.jpg
おなじみのハクセキレイ。

P1090302.jpg
小枝のスズメたち。

今日の野鳥たちはみな寒そうです。

でも、桜の蕾も膨らんで・・・
本格的な春は目の前ですね。




2020年3月11日(水)

本格的な春の暖かさ。
国営武蔵野丘陵森林公園に早咲きのチューリップが咲いているというので行って見ました。

P1070958.jpg
我が家から車で1時間ちょっと。
2時過ぎに到着。
広大な森林の中にある公園で、東京ドーム65個分の広さがあるそうです。
青空が広がっていてとても気持ちがよい。

中央口から入って5分ほど歩いたところにある山田大沼で鴨たちの謎の行動を目撃。

P1070960.jpg
10羽くらいの鴨が固まってグルグル回っており、通る人は珍しそうに見ています。
 


動画に撮ってみました。
15分ぐらい見ていたがずっと周り続けています。
少し離れたところでは2羽の鴨がやはり同じように回っていました。
何のために?
謎です。
いつも佐沼でたくさんの鴨を見ているが、こんなことをしているところを見たのは初めてです。
 
 
crocus.jpg
早春の花散策コース。
可愛いクロッカスの花がたくさん咲いていました。
 
 
P1080067.jpg
遠くにチューリップ畑が見えます。
人気のスポット。
多くの人が集まっています。

 
tyurippu.jpg
色とりどりの早咲きのチューリップが見事です。
八重咲のチューリップは珍しい。
 
P1080079.jpg
公園の中をぶらぶら歩いてみます。
青空に白い雲がなかなか良い。
これは緋寒桜かな。
 
P1080075.jpg
春を感じさせてくれる緑。
 
 
P1080083.jpg
真っ赤なボケの花。
 
P1080031.jpg
これは何だったかな?
木にはプレートが付けてあったのだが、何と書いてあったか忘れてしまいました。 
 
P1080029.jpg

花木園では、あちこちの木々に花がさいていて春を感じさせてくれました。
 


あのぐるぐるまわる鴨は何だったんだろう。
帰ってから調べてみると、市谷のお堀の鴨、大阪城公園の鴨など、あちこちで同じような行動がみられるようです。
ネットで調べたところによると、『散歩で楽しむ野鳥の本 街中篇』という本に次のように書かれているそうです。
「ハシビロガモの食事風景について、水面にくちばしをつけたまま円を描くように泳いで水を濾し取り、小さな草の種子やプランクトンなどを食べる。
またこの行動は1羽より複数で列を成して行い、数十羽という大きな群れでぐるぐる回る独特の光景を展開することもあるが、これは渦巻きのような水流を作り出すことで前述の細かな食物を水面に多く舞い上がらせるためであると考えられる。」

鴨たちが協力しあって餌を餌を採っているとは驚きです。
自然界の野鳥や動物たちは生きるための仕組みが実にうまく出来ているものだと、あらためて感心しました。


2020年3月9日(月)

今日は本格的な春の陽気。
伊佐沼への自転車散歩は約3週間ぶり。

P1070769.jpg
2時頃到着。
のどかな春の景色が広がっています。

isanuma3-9a.jpg
沼の南側の河津桜が満開。

isanuma-3-9B.jpg
緋寒桜も満開。

P1070784.jpg
そめいよしのの蕾も膨らんできたようです。
木の枝に小さな野鳥。
シジュウカラのようです。
 
P1070792.jpg
近くの電線にはムクドリ。
 
 
P1070823.jpg
こちらはヒヨドリ。
 
 
P1070851.jpg
桜の木にもヒヨドリ。
 
 
P1070898.jpg
水の無いところではたくさんの鴨が日向ぼっこ。


P1070868.jpg

 
 
P1070932.jpg
鵜も羽を広げて日向ぼっこ。


本格的な春の訪れを感じさせるのどかな伊佐沼。
コロナウイルスの騒ぎを忘れさせてくれる今日の伊佐沼でした。


 
 

2020年3月6日(金)

ブログを更新しないでいるうちに3月になってしまいました。
そろそろ海へ釣りに行きたいところだが、世間はコロナウイルス騒ぎの真っただ中、電車釣行は躊躇してしまいます。
それに、ネットで見たちころではどこも渋々であまり良い情報は見当たりません。

川越水上公園の管理釣り場で今朝ニジマスの放流が行われたという情報を目にした。
放流直後は釣れやすいという記事を見たことがあったので、もしかしたら釣れるかも知れないと思い行ってみました。

ネット情報によると多目的プールに200キロ、流水プールに100キロのニジマスを放流したとのこと。

P1180308.jpg
1時頃到着。
200キロ放流したという多目的プールは人が多い。
その一角にある初心者エリアは特に混んでいた。
混むとは言っても、若洲などの混みようからすれば余裕なのだが、ルアーの場合は間隔を空ける必要があるのだろう。
ちょっと見たところでは釣れている様子はない。
放流直後だからといってポンポン釣れるわけでは無さそうだ。

超初心者の私は周囲に迷惑をかけたくないので、初心者エリアは諦めて100キロ放流の流水プールへでやることにした。
こちらは空いていた。
プールの幅が狭いのでちょと投げでゆっくり巻くだけ。
しかし釣れません。
周りでも釣れていない。

ルアーの色をいろいろ変えながら30分くらいやったところで・・・・
何かがかかった。
デカイ!
30センチ以上はありそうだ。
目の前まで来て網を出そうとしたところ、バシャンと跳ね上がって逃走。
う~~~む。
惜しかった。
スナップから先をルアーごと持っていかれてしまった。
スナップの結び方が甘かったようだ。

その後はまったく反応無し。
左隣りの方は何も釣れないままにどこかへ行ってしまった。
右隣の方は1匹だけ釣ってどこかへ行ってしまった。
私の周りには誰もいなくなった。

ここは釣れない場所なのかな?
海とは違って、地形の変化などないプールの管理釣り場でも場所によって違うのだろうか?
3時間券なので残りはあと1時間。
場所を変えることにした。

P1180314.jpg
多目的プールの側へ戻ってみた。
やはりこっちは人が多い。
初心者エリアには入れそうも無いので、一般エリアの空いているところを見つけて投げてみた。
2~3度アタリらしきものを感じたが針にかけることが出来なかった。
アワセがダメらしい。
バーブレスなので掛かりにくいのかもしれない。

何も釣れずに3時間が過ぎました。
周りもたま~~に釣れているという程度で放流直後だからといって特に変わったことは無いようでだ。
やっぱりルアーは難しいですね。

もうルアーは止めようかな・・・。