FC2ブログ
2020年2月21日(金)

「越辺川の白鳥は半分くらいはシベリアへ帰った」というWeb情報を目にした。
そろそろ白鳥とお別れの時期だ。
今朝は少し早起きして妻と2人で白鳥を見に行った。
7時頃到着。

P1070242.jpg
越辺川は濃い霧に包まれていた。
幻想的な風景だ。

 

P1070245.jpg
川辺へ下りて見ると水門前に白鳥が6羽。
 
 
P1070270.jpg
そして下流の方には30~40羽の白鳥。
  
 
 
P1070269.jpg
幻想的な雰囲気がなかなか良い。
 
 
 

P1070262.jpg
カメラを構えた多くの見物客。
あたかも霧の深い高原のような光景だ。
 
 
P1070277.jpg
霧が少しづつ晴れてきた。


 
P1070315.jpg
8時頃、霧がすっかり晴れて青空。
 
 
P1070466.jpg

 
 
P1070328.jpg
優雅な姿でのんびりと泳いていると思ったら・・・・
 
 
P1070484.jpg
多くの白鳥が一斉に飛び立った。
 
 
P1070410.jpg
 
 
P1070401.jpg
近くの餌場へ行って夜には帰ってくるのだろうか?
それともシベリアへ向けての旅立ちだったのだろうか?

私たちが今シーズンの白鳥を見るのは今日が最後になりそうです。


P1070640.jpg
帰りがけに木の上の小さな野鳥を見つけて撮影。
帰ってからネットで調べたら「アオジ」。
また、新しい鳥を見つけました。
 
 
スポンサーサイト




2020年2月19日(水)
最近は野鳥の写真が多くなってしまったのでブログのタイトルを「釣りと野鳥と雑談と・・・」に変更しました。
でも、野鳥だけはなく花や昆虫、景色なども撮ると思うのでごちゃまぜ写真になるかもしれません。


お天気が良かったので川越水上公園へ行ってみました。
野鳥の写真を撮って、それから釣り。
そんな予定で出かけました。

P1060864.jpg
11時頃到着。
まずは池のまわりの鳥たちにご挨拶。

P1070222.jpg
鳩とユリカモメが迎えてくれました。
池には定番のカモもたくさんいたが、写真は省略。
 
 
P1060871.jpg
木の上にはスズメ。
 
 
P1060876.jpg
そしてムクドリ。
今日もムクドリが多いようです。
 
公園と隣接している入間川の河川敷へ行ってみました。
 

P1060980.jpg
川の側にはこんな雑木林が広がっています。
静かでちょっと見たところでは野鳥などいそうもない林ですが、前回はここでシメを見つけました。
今日もいるかな?
注意しながらゆっくり歩いてみます。

小さな鳥が飛んでいるのが見えたので目で追います。

P1070006aaa.jpg
遠くの木の枝に止まりました。
(写真をクリックして拡大するとかすかに見えるかも知れません) 
 
P1060985.jpg
ズームアップして見ると・・・。
どうやらシメらしい。
シメシメ。

P1060954aa_20200220103736006.jpg
連写で数枚撮影。
一番良く撮れていた一枚がこれです。
 
他にもいないかと探します。
飛んでいるところを見つけて目で追って木に止まったところを撮るのがコツだとわかってきました。
でも、小さな鳥は枝の間に隠れて見えないし結構難しいですね。

こんな野鳥が撮れました。
 
 P1060939aa.jpg
ツグミ。
 
 
P1060891.jpg
ヒヨドリ。
 
 
P1060975_2020022010514041d.jpg
これはヤマバトみたいですね。

ちょっと見ではいなさそうな林でも注意して探すと結構いるものです。


次は釣りです。
ここの釣り場はルアーがメインだが小さな餌釣り場もある。
餌釣りは何回かやったことがあるが、持ち帰りOKの3匹は5~6分で釣れてしまう。
これでは面白くないので今日はルアーをやって見ることにした。
前にも一度ルアーをやったがその時はボウズ。

そもそもルアーについての知識はまったく無く、選び方も投げ方もわからない。
前回はスプーンでやったがボウズだった。
そこでネットを調べたらクランクベイトが良いという記事があった。
また、お魚の好きな色だと釣れるとも書いてあった。

ruar.jpg
そこでアマゾンで安物の10色セットを購入。

 

P1180253.jpg

餌釣りに使う餌と比べてみると、大きさがまるで違う。
餌釣りだと入れるとすぐに餌を追ってくるが、同じ魚がこんなにデカいものを餌と間違えて追ってくるのだろうか?。
半信半疑。
 
P1070098.jpg
3時間券を購入。
7匹まで持ち帰りOK。
そんなに欲張らないが2匹は釣れてほしい。
 
 
P1070096.jpg
こんなプール釣り場が3つ4つ。
お天気が良いので、素晴らしい眺めです。

初心者なので邪魔にならないように隅の方に釣り座に、とりあえず投げてみます。
1秒間に1回くらいゆっくり巻くと書いてあったのでそれでやってみます。
何の反応もありません。
色を変えます。
やっぱりダメ。

周りを見ます。
釣れる人と釣れない人の差がはっきり別れるみたいです。
お隣にいたおじさんは、何も釣れづに1時間ほどでお帰り。
その後に入った若者は2~3回投げると早速1匹。
何匹か釣って他のプールへ移動したようです。

私は10色全部試したが、どれも反応無し。
足元に魚が見えるので、その近くに落として見たが知らん顔で素通り。
このルアーには興味が無さそうです。

周りを観察すると、使っているルアーも巻く速さも人それぞれといった感じです。
何の反応も無いままに3時間を経過。

ボウズに終わりました。
またルアーをやってみたい気もするが釣れるまでにはだいぶ授業料がかかりそうです。
やっぱり餌釣りにしておこうかな。
それよりも、海へ行こうかな・・・。
 
 釣り場を出たところでハクセキレイくん。

P1070115.jpg

「お疲れさま」と慰めてくれました。



 
 

2020年2月12日(水)
寒いせいもあって釣りはしばらくお休み。
この頃は公園などへ行って野鳥の写真ばかり撮っている。
しかし野鳥に関心をもったのは最近のことで、名前を知らない鳥が多い。
写真を撮るたびにネットなどで調べてブログを書いているが似たような鳥がいて区別が難しいこともある。
しばらく経ってから名前の間違いに気が付いて訂正したりしているが、気が付かない間違いも多々あるのではないかと思います。
ブログを見ていて間違いに気が付いた方がおられたら是非ご指摘いただけるとありがたいです。
よろしくお願します。


前日までの寒さから一転して春みたいなポカポカの陽気になったので午後2時半ころ伊佐沼へ行ってみた。

P1060259.jpg
また水が減って沼底がところどころに顔を出して島状になっていて、鵜や鴨などが集まっていた。

P1060273.jpg
ここに集まっているのはユリカモメのようだ。
 
P1060400.jpg
蓮田周辺は沼底が干上がっている。
こういう場所は注意して良く見ると小さな野鳥たちがチョロチョロと走り回っていたする。
 
 
P1060427.jpg
まずはムクドリ。
沼のあちこちでムクドリを見かけた。

P1060460.jpg
婚姻色の鵜。
頭ばかりではなく腰のあたりも白くなるらしい。
  
 
P1060700.jpg
ツグミ。
この鳥はシベリヤ方面から渡ってくる冬鳥、3月ころにはシベリヤへ帰ってしまらしい。
もうじき見られなくなるようだ。
 
P1060742.jpg
イソシギもいました。
この鳥は大分前にも見たことがあるが、今年に入ってからは今日が初めて。
 
 
P1060558.jpg
伊佐沼公園へも寄ってみた。
 
 
P1060551.jpg
芝生には何羽かのキジバト。
この鳥も久しぶりで見たような気がする。
 
 
P1060618.jpg
木の枝にもムクドリ。


P1060591.jpg
川辺にはのんびりムードの鴨たち。


 P1060549.jpg
白梅がぽつぽつと咲き始めていました。
 
 
P1060660.jpg
紅梅の開花ももうすぐよようです。


春の気配が聞えてくるような今日の伊佐沼でした。




2020年2月11日(火)

昨年の越辺川の白鳥の北帰は2月20日だった。
今年は暖冬なのでもっと早く帰ってしまうかも知れない。
帰らないうちに見ておきたいと思い行ってみた。
4時少し前に到着。

P1060075.jpg
いました!いました!。
水門の前に20羽くらいの白鳥。
休日なので見物の人も多いようです。
 
 
P1060063.jpg
 

 

P1060060.jpg
いつもながらの優雅な姿で泳いでいます。

もっと下流の方にもいないかと思い移動。
 
 
P1060085.jpg

途中でハクセキレイの出会ってパチリ。
鳥を見ると思わずシャッターを切るクセがついてしまったようだ。

いつも白鳥がいる場所まで行ってみたが今日はこちらにはいない。
もっと遅くなると帰ってくるのかな?。


目の前を小さな鳥が飛んでいた。
目で追いかけて遠くの木に止まったところを撮影。
ファインダーでは小さくてよくわからない。
帰ってから調べよう。
 
P1060100.jpg
家に帰ってから写真を見るとこんな鳥でした。
 
 
 
 
P1060100b.jpg
トリミングして拡大。
黒い帽子をかぶったような鳥。
ネットで検索して調べてみたら「シジュウカラ」のようだ。
名前は良く聞くが見たのは初めてだと思う。

他にもいないかとぶらぶら探していると・・・
 
P1060113.jpg
モズ!。
 
 
 
 
P1060140.jpg
鵜!
あちこちの沼や池で良く見るが木に止まっているところは珍しい。
 
 
 
 
P1060170.jpg
ヒヨドリ!。
 
30分足らずで白鳥以外に5目を撮影。
いつもは白鳥だけを見て帰るので気が付かなかったのだが意識して探すと結構いろんな鳥がいるものだ。
 
 
P1060175.jpg
水門の前に戻ってみると、たくさんの白鳥。
先ほどは陰の方にいて見えなかった鳥も集まってきたようです。
 
 
 
 
P1060190.jpg
全部で50羽くらいでしょうか。
 
 
 
 
P1060185.jpg
周りにはたくさんの鴨。
 
 

 
P1060221.jpg
空にも鳥の姿。
白鳥が帰ってきたのかな・・・と思ったが、離れたところへ下りたところを見るとサギだったようです。
 

 
 
P1060243.jpg
近くには梅も咲いていました。
  
 

 
P1060246.jpg
春は着々と近づいているようです。

白鳥ももうすぐお帰りですね。

たくさんの白鳥、そしてそのほかの野鳥、おまけに梅まで見られて満足です。







2020年2月10日(月)

仕事で新宿まで行ったついでに練馬区の石神井公園へ寄ってみた。
名前は以前から聞いてはいたが行ったのは今回が初めてだ。

P1060023.jpg
池袋から西武池袋線で15分程度で石神井公園駅に到着。
商店街を通り抜けて10分程度歩くと住宅街の一角に急に大きな池と雑木林とが出現する。
 
 
P1050995.jpg
池というよりは沼といった感じだ。
池は細長く続いている。
こういうところへ来ると野鳥が気になる。

P1050856.jpg
早速目に入ったのはどこの池や沼にもいる鵜。
 
 

P1050879.jpg
そして鴨。

 

P1050961.jpg
あまり見たことのない鴨。
 
 
P1050964.jpg
頭と背中が黒くて、腹は白。
帰ってからネットで調べたら、鴨の仲間のキンクロハジロの雄。
一緒に泳いでいる茶色い背中のが雌のようだ。
初めて見たような気がするが、これまであまり意識せずにひとくくりで「鴨」と見ていたので気が付かなかったのかも知れない。


P1050888.jpg
幅が川のように狭くなってさらに奥まで続く。

 
 
P1060014.jpg
オオバンもいました。
 
 
P1050907_2020021118222894b.jpg
奥の方にも大きな池が広がっている。
大きな望遠カメラを持って歩いている人も何人か見かけた。
野鳥を追いかけているらしい。
この公園に生息する野鳥を紹介した掲示板もあった。
 
 
P1050912.jpg
石神井城址
この辺にお城があったらしい。


 
P1050938.jpg
木の枝にツグミ。
この鳥を見るのは久しぶりだ。
 
 

 
P1050914.jpg

都内の住宅街と隣り合わせにこんな自然が残っているのが不思議な気がした。
春夏秋冬、いろいろ植物や野鳥に出会えそうだ。
また来てみたいと思う。



2020年2月7日(金)

以前にもこのブログに書いたことがあったが、我が家から徒歩20分くらいのところに「森のさんぽ道」という広大な雑木林がある。

P1180212.jpg

一昨日と今日ここを歩いてみた。
 

P1180215.jpg

将来は公園にすることを予定しているらしいが、現状では個人の所有地が多いらしく所有者の協力を得て散歩道として開放しているらしい。
 

P1180219.jpg

鶏を放し飼いにしている養鶏場があり、たくましい鶏のコケコッコーの声が森に響き渡っていた。
 
 
P1180223.jpg

森の植物は採取禁止。
コンクールで優勝した小学生のポスターが新しく貼られていた。
 

P1180230.jpg

今日見つけた野鳥はカラスの他にはこの鳥だけ。
この森には川も沼もないもであまり野鳥は集まらないのだろうか?
 
 
P1180233.jpg

森の小径の片隅にこんな木彫りの彫刻があった。
だいぶ古いものらしくコケが生えている。
木の切り株を直接彫ったものらしい。
 
 
P1180235.jpg

すぐ近くに朽ちて倒れた彫刻が一つ。
こんな森の中で、このような彫刻を彫っていた人がいたことには驚きです。
 
 
P1180238.jpg

森の中では伐採や植樹などが行われているようだ。
 
  
P1180237.jpg

苗木のような小さな木にはピンクのリボンが付けられていた。
なんの印なのだろうか?。

雑木林は手入れをしなければダメになってしまうと聞いたことがある。
伐採や雑草の除去など、手入れをしてくださる人たちのご苦労があってこの森は守られているのだろう。

P1180246.jpg
 
 
松の木の向こうに見える夕方の白い月。
こんな風景も良いものだ。

 



2020年2月3日(月)

このところ伊佐沼が多かったので今日は目先を変えて川越水上公園へ自転車散歩。
ここも我が家からは約30分。
夏のプールが冬には釣り場に変身する公園だが今日は釣りはやらない。

P1050596.jpg
午後3時頃到着。
この公園にいつもいるのは鳩と鴨。
その他の野鳥はあまり見たことが無い。
とりあえず池の周辺の野鳥を撮影して遊ぶ。

P1050600.jpg
 
 
P1050634_202002032131139e6.jpg
鵜が2羽。
1羽は婚姻色の白頭。
カップルのようだ。  

P1050622.jpg
木の上の鳩を1枚。
足元にもたくさんの鳩が集まってきた。


P1050694.jpg
こちらはムクドリ。
 
 
P1050684aa.jpg
ついでにスズメも・・・

伊佐沼と違ってここは野鳥の種類はあまり多くなさそうだと思いながら、公園に隣接している入間川の河川敷へ降りてみた。

P1050740.jpg
今は水量は多くは無いが昨年の台風の時は増水で大変だったようだ。
 

P1050738.jpg
あちこちに台風の爪痕が残っていた。
 
 
河川敷の雑木林を歩いていると、少し離れたところの木に鳥が止まった。
ファインダーを覗くと見たことの無い鳥。


P1050745.jpg
何という鳥だろう?。

 
P1050742aa.jpg
何枚か撮ったところで、どこかへ飛んでいってしまった。


P1050749aa.jpg
家に帰ってから、ネットで調べてみた。
似たような鳥がいくつもあってなかなかわからなかったが、どうやら「シメ」という鳥らしい。
こんな名前の鳥がいることを初めて知った。

P1050804.jpg
公園側へ戻ると木のてっぺんに黒い鳥が3羽。
カラスらしい。
これがほんとの3羽ガラス。

P1050823.jpg
こんなてっぺんに止まって、あの細い枝が何故曲がらないのかが不思議だ。 

ネットで「川越水上公園の野鳥」で検索してみると、ここにもいろんな野鳥がいることがわかった。
これからは時々来てみようかな・・・。



2020年2月1日(土)

今日は冬晴れ。
前回の小春日和から一転して、風が冷たく北風に向かって自転車をこぐのがきつかった。

P1050015.jpg
午後3時過ぎに到着。
前回来た時に水没して見えなくなっていた島状の場所がまた顔を出し、鵜やカモなどいつもの野鳥たちが集まっていた。
増水は一時的なものだったようです。

P1050424.jpg
北側の蓮池の方へ行ってみました。
ちょと見たところ野鳥がいそうな様子はありません。
しかし良く注意してみると対岸近くの沼辺にちょろちょろ動く小さなものを発見!。

P1050121.jpg
スズメに似た鳥が見えました。
 
P1050134.jpg
アップして見ると首の周りが白い。
たしか以前にも見たことがあるが、名前が思い出せません。
帰ってから調べよう。

P1050137a.jpg
帰ってからトリミングしてみました。
どうやらイルカチドリではないかと思われます。
あとでもういちど調べてみたらシロチドリでした。
 

P1050232.jpg
こちらにも小さな野鳥。
これはいつものハクセキレイかな。

P1050265a.jpg
何枚か撮って、家に帰ってからトリミングして見たら餌を咥えているところが撮れていました。
いつも見るハクセキレイとはちょっと違う気もするのでネットで調べてみました。
どうやらハクセキレイの若鳥だったようです。
 
P1050286.jpg
ここにも小さな鳥。
 
P1050294.jpg
アップで撮ってみました。
これはシギの仲間だったかな?。
 
P1050302.jpg
家に帰ってから調べたところではオジロトウネンのようです。
でも似たような鳥がたくさんいるので自信ないですネ。

一見何もいないように見える場所でも良く見ると3種類の野鳥を見つけることが出来ました。

P1050046.jpg
こちらへ場所を移動。
水の中には何もいないようです。
しかし良く見ると土の上に小さな鳥が・・・。

P1050089.jpg
白い4つが鳥かと思いましたが、円で囲んだ3つが鳥、その右横のはゴミでした。

P1050148.jpg
動かないので撮りやすかったが、小さい鳥なのでこれ以上のアップは無理。
首の周りが白いので、先ほどと同じイルカチドリシロチドリのようです。

P1050506.jpg
水面から顔を出した島状の土地にはいつもの野鳥たち。
縄張りがあるらしく、場所によって鳥の種類が違います。

P1050449.jpg
こちらはA地点。
 
 
P1050484.jpg
ここはB地点。
A・Bともに鴨さんが占領しているようです。

P1050529.jpg
C地点にはユリカモメが1羽。
今日はユリカモメを3羽見たがいずれも単独行動。
ユリカモメの群れはもういなくなったようです。
孤独を好む者だけが残っているのでしょうか?。

P1050490.jpg
D地点は鵜。
鵜の集まるところにはアオサギが1羽いることが多いような気がします。
アオサギ先生のもとに集まる生徒といった感じ。
真面目に話を聞いている者、居眠りをしている者、そっぽを向いている者・・・。
どこかの教室内にもありそうな風景ですね。