FC2ブログ
2019年8月26日(月)

暑さもだいぶ和らいできたので久しぶりで釣りに行くことにした。
若洲へ行くつもりで新木場行きの電車に乗ったのだが、途中で急に気か変わって有楽町でJRに乗換。
ゆれーゆ裏へと向かった。

午後2時頃釣り場に到着。
少し風が強いが良いお天気だ。
曲がり角の少し手前でアジが上がっているのが見えた。
おお!、この時間から釣れるとは嬉しい。

IMGP5992.jpg

早速4.5メートルの竿にトリックサビキ。
お隣で釣れているというのに、こちらには反応なし。
変だなぁ?。
そういえば、前回もこの竿には来なかった。

そこで、3メートルの竿にトリックサビキを付けて足元に投入。
こちらにはすぐにアタリ。
マメアジです。

IMGP5986.jpg

短い竿の方は入れ食い状態。
すぐに掛かってきます。
しかし、長い竿の方は一向に反応なし。

長いとか短いとか言っても、1.5メートル位しか違わないのにこんなに差が出るのが不思議です。
釣りというのは微妙なものだと改めて思いました。

IMGP5989.jpg
ときどきサッパが混じります。

しばらくして、置き竿にしておいた長い方の竿にアタリ。
アジでは無さそうだ。

IMGP5985.jpg
ヒイラギでした。

短い竿はほぼ入れ食いで、一度に何匹もかかることも。
長い竿にはたま~に、マメアジ、そしてヒイラギ。
ヒイラギが来るのはいつも長い竿。

アジとサッパに並んで、いちばん下に細い魚が1匹。
何だろう?

P1170296.jpg
どうやらカマスのようです。

アジはサッパ混じりで2時間ほど釣れ続けたが、4時頃からアタリが遠のいてきた。

IMGP5993.jpg


他の魚はいないだろうかと、アオイソメを付けてちょい投げなどして見たが何の反応も無かったので、5時30分にて納竿。

本日の釣果。
マメアジ 34匹。
サッパ  14匹。
ヒイラギ  5匹。
チビカマス 1匹。

P1170295.jpg

小さいのばかりだが、まずまずの大漁。
ふれーゆ裏にして正解だったようです。

スポンサーサイト




2019年8月17日(土)

台風が去って今日は晴天。
最高気温は36度を超えるらしい。
久しぶりで伊佐沼へ行ってみることにした。

伊佐沼へ向かう道路沿いの田んぼには稲穂が出ていた。

P1170233.jpg
着々と実りの秋への準備をしているようだ。

道路のところどころには「花火大会」告知の看板。
そういえば、今夜は伊佐沼の花火大会だった。

P1170192.jpg
午後1時頃伊佐沼に到着。

P1170193.jpg
今夜の花火大会の場所取りのシートがずらりと並んでいた。
そして、伊佐沼の東側の道路は通行禁止で自転車も入れない。
仕方が無いので、ぐるりと遠回り。

P1170199.jpg
伊佐沼の東側のコスモス畑の側に出た。

P1170198.jpg
コスモスの花はまだチラホラ。

P1170204.jpg
蓮田の側に到着したが、橋も通行止め。
こちらも場所取りのシートがずらり。

P1170205.jpg
古代蓮はすっかり終わったようだ。
昨年のこの時期はもっと花があったはず。
今年は開花が遅く花も少なかったが、終わるのも早いようだ。

P1170227.jpg
花芯が黒くなって古老?の風情。
しかし花芯の数も少ない。

P1170226.jpg
僅かに蕾が残っていた。

P1170216.jpg
沼には、いつものダイサギと鵜。
ここは野鳥たちのねぐらになっていて、夕方になるとたくさんのシラサギたちが集まってくるのだが、今夜は花火驚いてどこかへ避難するのかな?。

P1170225.jpg
小さなカイツブリが1羽。
先月子育て中のカイツブリを見たが、その子供が成長して親離れしたのだろうか?。

沼の周辺には、シートに座って今夜の花火大会を待つ人の姿もチラホラ。
「せっかく来たのだから夕方まで待って花火大会を見て帰ろうか・・・」という考えがチラリと頭に浮かんだが、この炎天下で数時間待つのは辛いので、花火大会は諦めて帰宅。




2019年8月2日(金)

連日猛暑が続いており、熱中症警戒情報などが出ているようだ。
炎天下での釣りは老人には辛いかな?。
若洲は涼める休憩場所が無い。
そこで久しぶりにふれーゆ裏へ行くことにした。
ここならふれーゆへ駆け込めば冷房の効いたロビーでゆっくり休めるので安心だ。
ふれーゆ裏へは2か月ほど行っていないので、何が釣れるのかは不明。
トリックとちょい投げでもやろうかと、コマセとアオイソメを用意した。

1時半頃ふれーゆへ到着。
夏休みのせいかプール利用らしい親子連れが多い。
食堂で昼食を済ませてからふれーゆ裏の釣り場へと向かった。

IMGP5971.jpg

釣り場は風があるので思ったより涼しいが、入り口付近と曲がり角付近に数名程度と釣り人は少ないようだ。
人が少ないのは暑さのせいかな?。
それとも、釣れていないからかな?。

IMGP5969.jpg

2時頃から開始。
この時間帯では、魚はいないだろうと思いながら、まずはトリックサビキを出してみた。
すると早速アタリがあったが、海面に顔を出したとたんにバラシ。
たぶんサッパかな?。

それから10分くらい経ってまたアタリ。
来てくれたのはアジでした。
アジがいるんなら、まずはアジを釣ろうと思い、ちょい投げは止めて2本ともトリックサビキ。
1本は4.5メートル。
もう1本は3メートル。
数は多くは無いがぽつりぽつりとアジが来てくれます。

IMGP5974.jpg

5メートル程度間隔をあけて竿を2本並べて置いたのだが、何故か短い竿に良く来る。
投入位置を手前にしてみたり、いろいろ変えてみたが、やはり長い竿はアタリが少ない。

IMGP5975.jpg

3匹並んで掛かったと思ったら、1匹はサッパが混じっていた。
こちらも短い竿の方だ。
同じ仕掛けで、竿の長さも1メートルちょっとしか変わらないのに何故こんなに違いが出るのだろう?。

IMGP5976.jpg
今度はイワシ。
イワシの群れが入ってきたのかと思ったが一過性で次が続かない。
イワシもサッパも一過性のようだ。
アジはポツポツながら4時半頃まで釣れ続けたがその後はピタリと止まってしまった。

5時頃、4.5メートルの竿に反応があった。
巻いてみるとずっしりと重い。
何がかかったんだろう?。
やっと海面に姿が・・・・。
なんと、タコ!。
海面から上がったところでポチャン。

IMGP5978.jpg

タコが逃げた後の針にはヒイラギが1匹付いていました。(リリース)
どうやら、タコがヒイラギに抱きついていたようです。
結構大きいタコだったのに残念!。

サビキの時合いは終わったようです。
アオイソメを使っていなかったので、1本を胴突きに変えて足元に落として見たが反応無し。


IMGP5979.jpg

6時、涼しくなってきたせいか釣り人が増えてきました。
ちょうど満潮の潮どまりの時間帯のようです。
潮が下がり始めたら、また釣れだすのかもしれませんね。

6時30分納竿。

本日の釣果
アジ 13匹
イワシ 13匹
サッパ 4匹
ヒイラギ 2匹 (リリース)

P1170189.jpg