FC2ブログ
2019年6月28日(金)

朝のラジオでは、台風の影響で関東各地は雨、沿岸部では強風、高波に注意と報じていた。
しかし、ネットで気象協会の1時間天気予報を見ると、1日中雨マークは無く、風も2~3メートルと弱い。
現に我が家川越は、薄曇りでほぼ無風。
最近はラジオとネットで予報が違っていることが良くある。
どっちを信じればよいのだろうか?。
こんな時は、自分に都合が良い方を信ずることにして、若洲へ釣行。
今日は夕方から仕事が入っているので、3時までの短時間釣行だ。

IMGP5877.jpg

11時頃到着。
予報では曇りだったが、青空になっていた。
風もほとんど無い絶好の釣り日和。

餌の用意をしていなかったので、若洲の売店で餌を購入。
アオイソメとコマセを買いたかったのだが、コマセは置いていないという。
そういえば1~2週間前に「都の指導でコマセを置かなくなった」との情報を見たが、やはりそうだったようだ。
「オキアミだんごを溶かして使えますよ」というので、無いよりはましかと思いそれを購入した。

東京都がまき餌を禁止していることは、数年前に調べてこのブログに「東京都はまき餌禁止」という記事を書いたことがある。
その時調べたところによると、「コマセは水質汚染などの悪影響は無く、黙認されているのが実情で解禁の方向にある」ということだった。
また、ひしゃくなんどで撒くことは禁止だが、サビキ釣りで使う程度はかまわないとの記事を見たこともある。
若洲の釣り場には、コマセ禁止とは書かれていないようだし、多くの人がサビキ釣りにコマセを使っているが、注意されているのを見たことも無い。

IMGP5880.jpg

今日は短時間釣行なので、中央より少し手前に竿を出すことにした。
途中でチラリと見たバケツの中にはサッパが2~3匹。
サッパならコマセ無しでも釣れるかな?。

11時半頃から開始。
サビキを1本。
ちょい投げを1本。
どちらも全く反応なし。
周囲にも釣れている様子は無い。
やはりこの時間帯はダメのようだ。


IMGP5876.jpg

海面は渦を巻いて無数の小魚が泳いでいた。
針にはかからないような小さな魚だ。
ボラの幼魚かな?。

コマセの代わりに使ってみたオキアミだんご。
水で柔らかくして使ったのだが、うまく溶け出さず籠の中に残ったままだ。
こりゃあダメだな・・・。


1時を過ぎた頃、奥側に10メートルほど離れたところでサビキをしている方が小魚を1匹上げたのが見えた。
サッパかな?。
それともアジかな?。
その方は、1匹、1匹とポツポツながらも釣れ始めたようだ。


しかし私の竿には何の反応もない。
やはり代用コマセではダメなのか?。
ちょい投げにも何の反応も無い。

何も釣れないままに2時を過ぎた。
あと1時間しか無い。
今日はボウズかな?。

ちょい投げをゆっくりとさびいて、すぐ足元まで来たときアタリの感触が・・・。

P1170048.jpg

キス 13センチ位。
こんな足元にキスがいたのだ。

これでボウズは免れた。
やれやれ・・・・・。
その後足元を探って、2匹追加。

P1170049.jpg

キスが3匹となったところでアタリは無くなった。
周囲ではキスが釣れている様子は無かったのでラッキーだったようだ。

置き竿にしておいたサビキにあたり。

P1170050.jpg

サッパが1匹。
サッパなら、コマセ無しでも釣れるのではないかと誘ってみたがその後はまったく反応なし。
数年前は50匹や100匹は簡単に釣れたものだが、いまやサッパは貴重品になってしまったようだ。

そろそろ終わりにしようかと、ちょい投げの竿を巻いて見ると何だか重い。
根がかりかな?
いや、違うようだ。

IMGP5885.jpg

上がってきたのはカニさん。
タイワンガザミのようです。
持ち帰って味噌汁にしようかとも思ったが、今日のところは記念写真を撮って釈放。

3時になったので納竿。
お隣では、サッパやコノシロが上がっていた。
これからが時合いだというのに残念!。

本日の釣果。
シロギス  3匹 (12~15センチ)
サッパ   1匹
タイワンガザミ 1匹

ちょっと淋しい釣果だが、昼間の短時間だとこんなものかな?。
ボウズで無かっただけでも良しとしましょう。


スポンサーサイト




2019年6月26日(水)

今日は真夏を思わせる晴天。
伊佐沼の古代蓮はそろそろ蕾が出ている頃では無いかと思い行ってみた。

P1160987.jpg
午後2時半頃到着。
今日も野鳥たちの姿は見当たらない。

P1170039.jpg

蓮田は蓮の葉でいっぱい。

P1160993.jpg

どこかに蕾は無いかと、丹念に見てまわりました。

P1160991.jpg

蕾らしいものは見当たりません。
去年の今頃は花が咲いていたのに、今年は遅いようです。

P1170001.jpg

丹念に見て回っていると、茎の先っちょに小さなピンク色のモノが・・・。
もしかすると、蕾かな?

P1170004.jpg

角度を変えてアップで撮ってみると、やはり蕾でした。
今年見つけた蕾第一号です。
1つあったといいうことは、他にもまだあるはずだ。
もう一度じっくりと見て回りました。

P1170013.jpg


二つ目を発見、葉っぱの陰からちょっと頭を出していて、風が吹くと揺れて葉っぱに陰に隠れます。

P1170036.jpg

アップで撮影。


そして3つ目。

P1170026.jpg


今日見つけた蕾は3つでしたが、まだ他にも大きい葉っぱの陰に隠れているのかも知れません。
今月末には開花が見られるかな?。

P1170046.jpg

帰り道、田んぼの中に3羽のアオサギを発見。



P1170041.jpg

鴨もいました。

この時期は、野鳥たちは伊佐沼を離れて、近くの田んぼなどへお出かけのようでうす。



2019年6月21日(金)

昨年伊佐沼で古代蓮の蕾を見つけたのは6月19日だった。
昨年の6月19日の記事はこちら

今年もそろそろ蕾が出はじめているだろうか。
P1160968.jpg

11時頃伊佐沼へ行ってみた。

P1160963.jpg

蓮田のそばの段になっているところには大勢の子供たち。
小学校の校外学習だろうか。
お魚キラーを使って魚を捕っているようだ。
ザリガニがいた!、これはフナかな?・・・などの声が聞こえる。

P1160960.jpg
沼の北側の田んぼの水路にも子供たち。
こちらでは、網で魚を救っているようだ。
ドジョウがいた!という声が聞こえた。

P1160945.jpg

蓮田は葉っぱがいっぱい。
どこかに蕾は出ていないかと注意深く見て回ってが、どこにも見当たらない。
今年の開花は去年よりも遅れているようだ。


P1160948.jpg

亀さんが日向ぼっこ。
親子かな?

P1160944.jpg

蓮田の向こうの杭の上には数羽のダイサギ。

P1160943.jpg

今日はちょっと数が多いようだ。

P1160937.jpg



P1160938.jpg


P1160940.jpg

アオサギや鵜もいました。

古代蓮が咲き始めるのは月末あたりになりそうです。



2019年6月17日(月)

今日は梅雨とは思えない夏空。
自転車で伊佐沼へ行ってみた。
約10日ぶりだ。

IMG_5835.jpg

午後3時頃到着。
とても良いお天気だが風が強く水面は波立っていた。

IMG_5848.jpg

蓮田の蓮の葉は一段と大きくなり水面を覆っていた。


IMG_5851.jpg

あと10日もすれば、蕾が出始めるかな・・・。

IMG_5868.jpg

今日は野鳥がとても少ない。
遠くの杭の上にシラサギ(ダイサギ)が2羽。
シラサギの間にいる黒っぽい鳥は鵜らしいが、向い合って何かしている。

IMG_5879.jpg

何をしているんだろう。

IMG_5882.jpg

ズームをアップしてみると、2羽とも口を開けて向かい合っている。
餌の取り合いかな?


IMG_5886.jpg

大きな口を開けて噛みつきそうな勢いだ。


IMG_5885.jpg

ついに相手のクチバシをしっかり挟み込んでしまった。
「黙れ!」とでも言っているのか。
クチバシを押さえつけて、むりやり相手に頭を下げさせようとしているようにも見える。
こんな状態で交互に相手のクチバシを抑えて首を上げり、下げたりがしばら続く。
どうやら喧嘩らしい。

IMG_5907.jpg

しばらくクチバシに火花を散らす?激しい争いが続いていたが、片方が相手から離れて、反対側を向いてションボリ。
もう1羽は「フン!」とそっぽを向いている。
勝負があったのだろうか?。

こんな光景は初めて見ました。

それにしても今日の伊佐沼は野鳥が少ない。
今日見た野鳥は、このシラサギ2羽と鵜2羽だけで、なんなにたくさんいて鴨の姿も見当たらない。
どこへ行ってしまったのだろう。

IMG_5916.jpg

帰り道、田んぼの中にいるダイサギを発見。
この時期の野鳥は、田んぼなどに餌を取りにいっているのかな?。
そういえば、この時期の伊佐沼は水がたっぷりなので、餌が取りにくいのかもしれない。
夜になると伊佐沼に戻ってくるのだろうか。




2019年6月14日(木)

下手くそな私でも簡単に釣れる魚といえば、イワシとサッパ。
そして、イワシと言えば「本牧」だと思っていた。
ところが、最近の本牧の釣果情報を見るとイワシが数匹、ゼロという日もある。
若洲もイワシはあまり釣れていないようだ。
年々イワシやサッパが減ってきているようだが海に異変が起きているのだろうか?。


午前中で仕事が終わったので、午後から若洲へ釣りに行くことにした。
Twitterでシーバス釣れているという情報が流れていたが、荷物になるのでタモ網を持って行かないことにしているので、専ら小魚狙い。
前回はキスが釣れたので、今日もキスが釣れるといいな。
そんなことを考えながら家を出た。

IMGP5862.jpg
2時半頃到着。
堤防は結構混んでいた。

IMGP5863.jpg

様子を見ながら先端へと向かう。
途中、シーバスらしいものを捌いている人を2人ほど見かけたが、イワシやサッパ、キスなど小魚の姿は無い。
先端なら空いているだろうと思ったが、なんと今日は先端まで適度な間隔で竿が並んでいる。

先端から30メートル位手前が少し空いているところへ竿を出すことにした。
とりあえず、6号針のキス仕掛けにアオイソメを付けてちょいと投げて置き竿。
右隣の方が「今日はシーバスしか釣れないらしいですよ」と声をかけてくれた。
その方もキス狙いで来たらしく、「シーバスがかかっても、仕掛けが小さいので切られてしまう。」などと話していた。

突然竿がガタンと動いた。
何か来た!。
急いで巻いてみると強い引き、やはりシーバスのようだ。
この仕掛けじゃ多分無理だな・・・・。
左隣の方がタモ網を持って待機してくれたが、すぐ近くまで引き寄せたところでプッツン。
仕掛けを切って逃亡。
やはりこの仕掛けでは無理のようだ。

12号針のシーバス用の仕掛けに変えて20メートル程度ちょい投げ。
しばらくすると、竿先にガクンとアタリ。
足元まで来たところを、お隣の方にタモに入れていただき無事確保。
ありがとうございました。

IMGP5865.jpg

43センチのシーバス。
早速エラにナイフを入れて血抜き。
私の小さなクーラーボックスには入らないので、頭も落としました。
老夫婦2人が食べるにはこれ1匹で十分だな・・・・・・。

どうやら時合いが来たらしく、周囲の方も釣れ始めたようです。

次に来たのはバラシ。
お隣のルアーの方にも来たようだがこちらもバラシ。
結構バラシが多いようです。


IMGP5866.jpg

2匹目。
似たようなサイズです。
これもお隣のタモのお世話になりました。

IMGP5869.jpg

タモ網でお世話になった左隣のルアーの方も60センチ近くありそうな良型を上げていました。

そして私も3匹目。

IMGP5867.jpg

こちらは、お隣の方が何処かへ出かけてお留守だったので、ひやひやしながら自力で上げました。
これ以上釣っても食べきれないので、シーバスはこれで終了。

他の魚が釣りたい。
サッパがイワシが来ないかと思い、ダメもとでちょっとだけサビキを出して見たがやはりダメ。
前回は足元でキスが釣れたので、キス仕掛けで足元周辺を探ってみたが、これも反応なし。

IMGP5868.jpg

右隣りの方もシーバスを上げています。
続ければシーバスならまだまだ釣れそうだが、早めに切り上げることにして5時半にて納竿。

本日の釣果
ふっこ 3匹   (43㎝前後)
これじゃあ、しばらくの間、夕食のおかずはふっこかな(笑)。

タモ入れをしてくださった方、ありがとうございました。
おかげで、お土産がたっぷり出来ました。
この日の若洲はシーバス祭りといったところ。
こんなに立て続けにシーバスが釣れる若洲を見たのは初めてです。



2019年6月11日(火)

最近のお天気は変化が激しい。
一昨日は真夏日の暑さ、そして昨日は一転してストーブが欲しくなるほど寒かった。
予報によると今日は1日中曇りらしいが昨日ほどの寒さではない。
雨は大丈夫そうなので、豊島園の「あじさい祭り」に行ってみた。

P1160922.jpg
11時頃到着。
予報では曇りのはずだったが、青空が広がり暑くなってきた。
今日は遊園地は休園日で、あじさい祭りだけやっているとのことで、入場料は通常の半額の500円。

P1160790.jpg

P1160792.jpg
入るとすぐのところには、大きなあじさいの鉢植え。
色とりどりのあじさいの鉢がいくつも並んでいた。

P1160893.jpg
今がシーズンとあって、多くの人で賑わっている。

P1160901.jpg

あじさいは土壌によって色が変わるものが多いらしい。
酸性の土に植えると、青みを帯びた紫、アルカリ性の土に植えると赤みを帯びたピンクになるらしい。
日本の土壌は酸性なので、青系のあじさいが多いようだ。

P1160798.jpg

4枚の薄紫の花びらのように見えるのは花ではなくガク。
中の小さなプツプツが花。

P1160806.jpg

これも、ピンク色の花に見えるのがガク、その真ん中にある小さなツブが花。

あじさいは多くの種類があるらしい。
豊島園には150種、世界では2000種類もの品種があるとのこと。

P1160888.jpg
  
P1160829.jpg
 
P1160819.jpg


P1160866.jpg



P1160911a.jpg

鉢植えのあじさいには、こんな色鮮やかなものもありました。


あじさい祭りは6月24日まで。
土、日には17時から「あじさいナイト」というのをやっていて、ライトアップされたあじさいを見ることが出来るそうです。









2019年6月6日(木)

今日は晴天で真夏日の暑さ。
約2週間ぶりで伊佐沼へ行ってみた。
沿道の田んぼの稲はしっかり生長して濃い緑色になっていた。

P1160680.jpg

2時半頃到着。
木々も緑が濃くなり夏を思わせる景色です。

P1160685.jpg

船の上には鴨。

P1160736.jpg

蓮池の蓮に葉も濃い緑になって、水面を覆っていました。
例年花が咲き始めるのは6月下旬、あと2週間もすれば今年も綺麗な花が見られそうです。

P1160756.jpg

蓮の葉の下では亀さんが日向ぼっこ。

P1160706.jpg
こんな野鳥を見つけました。
嘴の先が黄色で上が赤。

P1160748.jpg
大きさは鴨の赤ちゃんといったところ。

P1160752.jpg

下に降りて蓮の葉の間を泳ぎ回っています。
帰ってからネットで調べたら「バン」のようですが、違うかな?。

P1160767.jpg

いつものダイサギ。
目では見えなかったが、ズームで撮ってみたところ、ダイサギの足元の杭の上にも亀がいたようです。

P1160739.jpg

道沿いにはツツジが綺麗に咲いていました。

P1160770.jpg

夏を迎えた公園の木々は元気に緑の葉を茂らせていました。
季節の変化に伴って休みなく動いている自然の生命力を感じます。