FC2ブログ
2019年5月27日(月)

メジナの様子を見に若洲の人口磯へ行くことになった。
釣りバカ青年さんのお誘いだ。
メジナは夜釣りだが、せっかく行くのだから少し早めに行って、堤防の様子も見ようということになった。
ネット情報によると堤防ではキスやイシモチが釣れているようだ。

IMGP5845.jpg

2時半頃到着。
まずは堤防で竿を出して、夕方になったら人口磯へ移動する予定だ。
堤防は平日にしては結構混んでいた。
入り口付近から、ずっと先の方まで竿が並んでいる。
しかし、最先端から手前30メートル位はがら空き。
誰もいない最先端に竿を出すことにした。
風があるのだが、後ろの壁が風除けになっているので全く影響はない。

今日はキス狙い。
まず釣りバカ青年さんが竿を出した。
最初のうちは反応が無かったが、しばらくしてキスが上がった。

キスは遠くへ投げてゆっくりさびく。
そんな教科書通りのやりかたでやってみたが、私の竿には反応なし。
釣りバカ青年さんはいろいろ試してみて、すぐ足元にいることを突き止めた。

私も真似をして試してみると・・・・・
来ました。
しかもダブル。

IMGP5846.jpg

釣りバカ青年さんは、次々と釣り上げて10匹くらい。
その間に私は4匹。

そのあとはアタリが遠のき、二人ともポツリ、ポツリ。
そして、ちょっと大きいアタリがあって・・・

IMGP5848.jpg
イシモチ 18センチ。
ちょっと小さいが、せっかく来てくれたのでキープ。
釣りバカ青年さんが釣った同じくらいのサイズのイシモチを1匹頂戴した。
その後24~26センチのイシモチを2匹追加。

キスはポツリポツリながら釣れ続けて9匹になった。
あと1匹釣りたいと思ったが、最後の1匹は・・・

IMGP5850.jpg
ハゼちゃんでした。

ここで堤防の部は終了。
人口磯へと向かいます。

IMGP5851.jpg

人口磯は真正面からの南風が強く海は荒れ模様。
こちらも最先端付近に釣り座を構えます。

IMGP5854.jpg

夕日の中にキスが餌を追いかけているような雲。

IMGP5852.jpg

赤い「人」みたいに見えるのは救命具、一定間隔で救命具が設置されていました。
しばらく前に、ネットで事故があったとの記事を見たのでその後とられた対策でしょうか?
見渡したところ釣り人は一人もいない。
強風のせいでしょうか。
それともこの時期は釣れていないのかな?

夕食の弁当を食べて、6時半頃から開始。
風が強いので、ウキを投げても少し経つと岸の方に戻ってきて根がかり。
足元が危ないので、老人は移動禁止?。
一か所でじっと頑張りましたが、根がかりで針を3回ほど取られただけでアタリなし。

釣りバカ青年さんはあちこち移動して、チンチンを1匹、メジナを1匹釣り上げたようです。
流石です。

風が強いし、魚の気配も無いので、8時にて納竿。
人口磯の部はボウズに終わりました。

本日の釣果。
堤防の部 14時30分~17時30分
キス 9匹 (13~16 センチ)
イシモチ 3匹 (16、24、26センチ)
ハゼ 1匹 (15センチ)

人口磯の部 18時~20時
ボウズ

P1160678.jpg

釣りバカ青年さん
本日もありがとうございました。
ご一緒の時は何故か良く釣れます。
また機会があればよろしくお願いします。


<おまけ>
釣り場へ向かう途中、新木場の喫茶店で昼食。
そこで見た雑誌に次のような記事がありました。

KIMG0842.jpg

文字の部分には次のように書いてありました。

「恐らく多くの親は、わが子に対して「賢い子どもに育ってほしい」と願っている。
では、賢いとはどういうことなのか?
脳の働きが良く、成績が良い。
それだけだろうか?
いろいろなことに興味を持ち、そして学び工夫する。
そうして、どうすることが最善なのかを自分で判断する。
これこそが、親が子供に求める賢さではないだろうか?
つまり必要なのは知的好奇心。
自分から、知りたい、学びたいと考える知的好奇心を育てることが大切だ。
この本では、釣りが子供にもたらす“賢さ”を紹介する。
自然と対峙し、さまざまな条件を整理し、釣るための仮説をたて、魚と向き合う。
釣りは単なるスポーツでもレジャーでもない。
子供の知的好奇心を大いに刺激する魅力的なアウトドアスポーツであることを知っておきたい。」


「釣りばかりしてないで勉強しなさい!」なんて言ってはいけません。
釣り好きのお子さんは将来有望、応援してあげましよう。
でも、釣りが嫌いな子供への無理強いは逆効果だと思います。
親がやらせたいことを押し付けるのではなく、子供は何に興味があるのかを見つけて、それを応援することが大切だと思います。



スポンサーサイト

2019年5月24日(金)

ネットの情報によるとふれーゆ裏のアジが好調らしい。
お天気が良いので行ってみることにした。

IMGP5823.jpg

1時半頃到着。
平日のふれーゆ裏にしては釣り人が多いのだが、いつもの事ながらこの時間帯は釣れている気配はない。
アジが回ってくるのは早くても3時過ぎだろう。

曲がり角手前の入れそうな場所を見つけて竿を出した。
今日の仕掛けはトリックサビキだけ。
4.5メートルの竿1本と、3メートルの竿にウキを付けてちょい投げを1本。
トリックの針は4号。

無反応の状態がしばらく続きます。
周囲にも釣れている様子は無い。
暇なのでぶらぶら歩いてみると、釣り場の中央付近で大きなシリヤけイカを上げている方を発見。
この方は一人で数匹上げて周囲の羨望の的になっているようだ。

3時を過ぎたがアジの気配は無い。
・・・・・・・
4時になったが、異常なし。
そして、4時半を過ぎた頃お隣の方が、1匹上げたのが目に入った。
そろろろ回ってきたかな・・・。
真面目にコマセを付けて投入。

しばらくして、足元に落としておいた4.5メートルの竿にアタリ。

IMGP5829.jpg

本日の1匹目。
18センチくらい。

そして2匹目。
目の前まで来たところでバラシ。
う~~む、残念。

3匹目。
これもバラシ。
ちょっと大きかったのに残念!

4匹目。
またしてもバラシ。
水面から上げたところで、魚が暴れる。
そこでバレてしまうようだ。
それにしても、今日は何でこんなにバラシが多いんだろう。

その後何とか3匹を追加。

IMGP5830.jpg

7匹かかったうち上げたのは4匹だけ。
こんなにバレるのは針のサイズが合わないのかな?

5時半頃で一旦アタリは止まった。
もう一度群れが回ってきてくれる事を期待。

IMGP5831.jpg

夕方、釣り人の数が増えてきたようだ。


IMGP5833.jpg

6時頃、「お隣に竿を出させてもらっていいですか。」と声がかかり、左隣りに新たに1人が加わった。
この方が2本の竿を出したとたんに、鈴が鳴った。
そしてアタリ、アタリ、またアタリ。
入れ食い状態だ。
1匹のバラシも無い。
あっという間に7~8匹は釣り上げたようだ。

しかし、私の竿にはなかなか来ない。
やっと来たと思たら、またしてもバラシ。
バラシ。
そしてまたまたバラシ。
3匹続けてのバラシ。

お隣の方に聞くと、いつも6号か7号の針を使っているとの事。
やはり私の4号は小さすぎたようだ。

それにしても、お隣は入れ食い状態なのに私の方にはあまり来ないのは何故なんだろう。
お隣の竿は約6メートル。
私の1本は4.5メートルなので、こちらに来ないのは竿の長さかと思う。
もう1本はウキを付けてのちょい投げで、ほぼ同じくらいの距離のはず。
大きいおもりで底まで沈めているので、棚も同じくらいのはず。
あとは針の大きさが違うので餌の付き具合が違うのかな?

6時半頃、アタリはピタリと止まり、周りの方の竿も静かになった。
その後は魚が来る気配はなく7時納竿。

本日の釣果
アジ 4匹 (18センチくらい)

9匹かけた内、バラしが5匹、半数以上をバラすとは・・・。
今度はもっと大きい針を使ってみます。

IMGP5835.jpg

バレることなく上がって来てくれた貴重な4匹。
感謝して美味しくいただきます。




2019年5月23日(木)

我が家では、フナ、ドジョウ、オイカワ、クチボソなど沼や川で釣ってきた魚を飼っているのだが、このところ数匹が死んでしまい水槽内が少し寂しくなった。

P1160676.jpg

そこで、小魚を釣ってきて補充しようかと思い、今日は釣竿を持って伊佐沼へ・・・。

P1160651.jpg
5時頃到着。
ちょっと竿を出してみたが、まったく反応なし。
30分ほどやってみたが、ウキがピクリともしないので諦めて終了。
あとは、いつもの写真撮影。

P1160665.jpg

水中の杭には数羽のダイサギ。
  
P1160657.jpg

今日は野鳥の数が少ないようだ。
いつもは沢山いたはずの鴨の姿も見当たらない。
どこへ行ってしまったのだろう。
もしかすると、この時期は餌になる小魚がいないのかな? 


P1160659.jpg

10日ほど前に来たときは赤茶色だった蓮の葉は緑に色づきだいぶ成長していた。

P1160668.jpg

6時頃。
夕日がオレンジ色に輝いて綺麗だった。

P1160672.jpg


2019年5月19日(日)

バラの時期になったので妻と二人で旧古河庭園へ行ってみた。
春のバラフェスティバル開催中。
駒込駅からの道路は、庭園方向へと向かう人が多い。
これは混んでいそうだ。

案の定、入り口前は長い行列が出来ていた。

IMG_5814.jpg
バラの前にはたくさんの見物客。


IMG_5800.jpg
色とりどりのバラが咲いていた。
1つ1つに名前を書いたプレートが付けられていたが、この混みようではゆっくり見ることは困難だ。


バラ合成

91種類が開花中だという。
今日あたりが見ごろのピークといったところ。
早咲きのバラなどは、少しくたびれてきたものもあるようだ。
 

 IMG_5809.jpg

バラ園の下の日本庭園は空いていた。
こちらはゆっくりできる。
日本庭園の色鮮やかな鯉。


旧古河庭園の帰りに六義園に寄ってみた。
ここは今から40数年も前、
結婚前に二人で来たことのある想い出の場所だ。

IMG_5817.jpg

公園内の小高い丘、藤代峠から眼下に広がる新緑。


IMG_5824.jpg
この季節はどこも新緑でいっぱいだ。
 

640x640_rect_36184833.jpg
公園内の吹上茶屋で新緑を楽しみながら一休み。


IMG_5827.jpg

お天気に恵まれた良い1日になりました。

「旧古川庭園のバラフェスティバル」についてはこちらのサイトをご覧ください。





2019年5月12日(日)

自転車で伊佐沼へ行ってみた。

P1160616.jpg
 

P1160628.jpg

10日前に来たときは何も無かった水面に、今日は赤っぽい蓮の葉がたくさん浮いていた。

P1160629.jpg

水中で着々と成長していて最近になって顔を出したようだ。
今月末あたりには、緑の葉っぱに成長して水面を覆うのだろう。

P1160632aa.jpg
今日は野鳥が少ない。
遠くの杭にダイサギが2羽だけ。
アップで写真を撮ってみると足元には亀さん。
いつもたくさんいる鴨の姿は無かった。
周辺の田んぼへでも出かけたのだろうか?。

P1160641.jpg
エスポワール伊佐沼の前の芝生はツツジが満開。

P1160638.jpg
伊佐沼公園の広場で遊ぶ若者たち。
日曜日とあって、釣りや網で小魚捕りをしている親子連れの姿もあちこちで見られた。

P1160646.jpg
連休が終わったあとは田植えの季節。
伊佐沼周辺の田んぼのあちこちでは、田植えが行われていた。

季節は春から夏へと、着々を動いているのを感じます。




2019年5月10日(金)

旧岩崎邸庭園へ行ってみた。
三菱財閥岩崎家の邸宅だった建物と庭園で、洋館、和館、撞球室および庭園から成っている。
戦後はGHQに接収され、返還後は国有財産となり最高裁判所司法研修所等に使用されてが、平成13年に旧岩崎邸庭園として開園された。
重要文化財に指定されている。

P1160534.jpg

御徒町駅から歩いて15分くらい、上野の不忍池からほど遠くない場所にあった。
正門を入ると、外国人や高校生集団の姿があった。
多くの見学者がいるようだ。

P1160536.jpg
これが洋館正面、建物の左側は改修工事中のようだ。
まずは建物内を見学。
建物内部は撮影禁止となっている。
天井や壁面には彫刻、客室には金箔で模様の描かれた壁紙が貼られているなど凝った造りの部屋がいくつもあった。
内装は非常に手が込んでいて美術的価値が高いもののようだ。
紹介ビデオが放映されており、建物の特徴などについて詳しく解説されていた。

P1160555.jpg

洋館の奥は和館。
こちらは岩崎家の居宅として使われていたもの。

P1160563.jpg

庭園の隅に別棟として建てられている撞球室(ビリヤード場)
洋館とは地下道で繋がっているそうだ。

P1160538.jpg

庭園ではフラワーショーが開かれており、たくさんの鉢植えの花が並び、即売会も行われていた。

P1160559.jpg

 


P1160547.jpg

「旧岩崎邸庭園」となっているが、見どころは建物の内部。
今日はフラワーショーが開催されていたので、庭園にはたくさんの鉢植えの花が置かれていたが、催事が無ければ広い緑の芝生がメイン、ベンチで建物を眺めながらのんびり休むのには良いが庭園としての見どころはあまり無さそうだ。



2019年5月8日(水)

ツイッターの情報によると連休中の若洲は相当な混雑だったようだ。
イワシが来ているとの情報があったが、混雑時を避けて本日若洲へ釣行。
令和最初の釣りだ。

KIMG0835.jpg

1時半頃到着。
晴天だが風が強く海面は波立っていた。
釣り人の数は普段の若洲といったところかな・・・。
堤防ぶらぶらを歩きながら様子を見る。
釣れている気配なない。
バケツの中も空がほとんど。
ハゼが入ったのが1、2。
どうやらイワシはまだ来ていないらしい。

堤防の中ほどまで進んだところで、「GGさんですね」と声がかかった。
シンさんだった。
お久しぶりです。
前にお会いしたのはたしか、昨年6月の東扇島西公園。
約1年ぶりです。

KIMG0832.jpg

お隣に竿を出させていただいた。
イワシを狙ってのサビキ、そして何でもいいから来てほしいと胴突きを1本。

竿先は風で揺れるだけで魚の気配なし。
シンさんは、トリックサビキとルアー。
どちらにも反応は無いようだ。

KIMG0828.jpg

暇つぶしに堤防の端から端まで歩いてみたが、お魚の姿は無く堤防の前半分くらいはガラガラ。
帰った人も多いようだ。
ツイッター情報を見ると、「赤潮の影響で堤防からお魚が消えた・・・・」
海の色は見た目にはそれほど赤いようには見えなかったのだが、そうなのかな・・・・・。

5時を過ぎてもまったく反応が無く、無生物状態。
諦めて納竿。
令和最初の釣りはボウズに終わりました。

シンさんはまだ頑張っていましたが、その後の釣果はどうなったでしょうか?。




2019年5月2日(木)

お天気が良いので自転車で伊佐沼へ行ってみた。
前回は桜が満開の時期、あれから約1ヵ月が経った。

P1160514.jpg
 
11時半頃到着。
伊佐沼はすっかり新緑の季節になっていた。


P1160521.jpg

沼の東側の田んぼは田植えが終わっていた。
この田はいつも周りよりも田植えが早いようだ。
 

P1160498.jpg

蓮田は満々と水をたたえていたが、まだ蓮の葉は見えない。
きっと水の中で芽を出しているのだろう。
 


P1160501.jpg

亀が気持ちよさそうに日向ぼっこ。
ついつい去年死んだ我が家の亀さんを思い出す。
 
P1160504.jpg
鴨が毛づくろい。
 


P1160470.jpg

公園の木々も新緑。
  

P1160469.jpg
 
水遊びをする子供たち。
連休中とあって伊佐沼公園は家族連れで大賑わい。

P1160486.jpg

ツツジが咲く芝生では小鳥たちが餌を啄んでいました。
 
 

P1160484.jpg

これはセグロセキレイかな?。
 
 
P1160489.jpg
 
ムクドリ。
 
 
P1160475.jpg
 
そしてスズメ。

 
P1160520.jpg

上空を飛んでいるのは鴨だろうか?
 
 
 
P1160512.jpg

フジの花も咲いていました。

青空と緑と花と野鳥たちの伊佐沼は令和の幕開けに相応しい景色でした。
穏やかで自然が美しい令和が続きますように・・・。