AX 電車でGo“東京湾釣り日記” 2018年03月
FC2ブログ
2018年3月29日(木)

この頃ポカポカ陽気が続いている。
桜も満開だ。
そろそろ初釣り?にでも行こうか。

大黒のアジが気になったが、来るのは朝だけらしいのでパス。
ふれーゆ裏へ行くことにした。
ウミタナゴくらいは釣れるかな。
間違ってアジが来てくれることを密かに期待。

KIMG0286.jpg
12時頃到着。
今年初めての海釣り。
ポカポカ陽気で風が心地よい。
釣り場は空いていた。

KIMG0288.jpg
入りぐち側の曲がり角付近に竿を出すことにした。
お隣の方は遠投サビキ。
何を狙っているのだろう。

とりあえず、お決まりのトリックサビキを1本。
そして足元に胴突きを1本。

何の反応も無い。
お隣の遠投サビキの方も釣れていないみたいだ。

今日はウミタナゴもいないのかな・・・・・。

30分くらい経ったところで、トリックに反応。
この感じはウミタナゴっぽい。

KIMG0291.jpg
やっぱり!。
18センチ位。

これでボウズが逃れられたので一安心。

KIMG0292.jpg
その後2匹追加。

2時頃一旦止まったのでふれーゆで休憩。
戻ってみると、置き竿にウミタナゴが1匹。
そして胴突きには・・・

KIMG0289.jpg
こいつが・・・。

そして、お隣の遠投サビキの方はアジが釣れ始めていた。
どうやら、アジは遠くにいるらしい。
大きい群れでは無さそうだが、ポツポツ釣れている。

そのうちに近くへ回って来ないかと期待したが、その後も釣れるのはウミタナゴばかり。
ウミタナゴは6匹になった。

もうウミタナゴはいいから、何とかアジが釣りたい。
遠投サビキの用意はしてなかったので、持ち合わせていたサヨリ仕掛けのウキを付けてちょい投げして見たがダメ。
ジグサビキも試してみたが、これもダメ。

お隣の方は5時頃納竿。
13匹釣れたそうで、アジを4匹頂戴した。
また、余ったからと、コマセも頂いた。
ありがとうございました。

頂いたコマセを使って6時まで頑張ったが、その後は何も釣れず納竿。
アジは私の竿が届くところまでは来てくれなかったようです。

本日の釣果。

ウミタナゴ 6匹 (17~20センチ)
ダボハゼ  2匹

IMG_4741.jpg

初釣りがボウズで無くて良かった。
そして釣れなかったけど、アジがいることが確認出来て良かった。

1~2年前は8時、9時まで頑張ってメジナなどを釣ったものだが、最近6時頃で終わるようにしています。
それでも翌日に疲れを感じます。
やはり歳のせいですかね(泣)。

スポンサーサイト

2018年3月15日(木)

私は年に1回、妻と一緒に次男の住んでいる愛知県の田原市を訪れている。
今年は14~15日の1泊、今年で5回目だ。
来るたびに近くを見て回るが、今回は15日に神島へ行ってみることにした。

kamijima.jpg

神島は伊良湖岬から3.5キロのところにある小さな島、観光汽船で15分.。

2.jpg
周囲 3.9キロ、人口 450名くらいの小さな島だ。
その名の通り、古来神が宿る島として信じられてきたとのこと。
三島由紀夫の小説「潮騒」の舞台として有名なところだ。
「恋人の聖地」とも言われている。
住民は主に漁業で生活しており、釣り人もたくさん訪れるらしいが、残念ながら今回は釣りの用意は無い。

IMG_4310.jpg
午前10時、小さな観光船で島へと向かう。

IMG_4313.jpg
15分ほどで到着。
船着き場にはこんな看板が立っていた。
三島由紀夫の小説「潮騒」は5回も映画化されているようだ。
私が映画を見たのは、50年以上も前のこと、吉永小百合、浜田光男が主演の映画だった。

いくら小さな島といっても、観光地なのだから、お土産屋や食堂などがあるはずたと思ったがこれが間違い。
港近くに小さな宿らしい家が1~2件あるだけで、その他には店も食堂も全く見当たらない。
自販機すら無さそうだ。

IMG_4316.jpg
海沿いの道を歩いてみた。
磯にはたくさんの鵜。

IMG_4322.jpg
なかなかの景観です。

IMG_4338.jpg
島の名所「神島灯台」へと向かいます。
道は、一人しが通れないような細い石段がどこまでも続きます。
急な階段で、76歳の老人にはちょっときつい。
私たち以外には一人の歩行者も無く、心細い。
40~50分くらい歩いて、やっと到着。

IMG_4336_20180317111705ba4.jpg
神島灯台。
明治43年に建設されたもので、100年以上の歴史があるという。

IMG_4334_20180317111704699.jpg
「潮騒」の舞台ともなっている。

IMG_4340.jpg
「神島灯台」の次は、「監的哨」へ。
ここへ向かう道もきつい。
距離はたいしたこと無さそうだが、急な斜面を下ったり上ったりで時間がかかる。
しばらく行くと、10数名くらいのグループが休んでいるのを発見。
ここが、「監的哨」だった。
船で一緒だったグループが先に到着して休んでいたらしい。

IMG_4359.jpg
これが 「監的哨」
 
IMG_4342.jpg

「監的哨」とは戦時中に旧陸軍が伊良湖から撃つ大砲の試着弾を目視して確認するための施設。
『潮騒』のクライマックスシーンにもここが使われている。

186266586_1.jpg
これが映画の一場面、「「監的哨」内でのシーン。
50年以上も前に見た映画を思い出す。

海沿いの山道には珍しい形の切り立った岩。

IMG_4364.jpg
 
IMG_4362.jpg
これは石灰岩が雨水・地下水などの溶食によって生じた特殊な地形で、「カルスト地形」というらしい。

山道を下り、小中学校や海沿いの景色などを眺めながら港に戻る。

IMG_4373.jpg

港の近くにある、島でただ1件(らしい?)の宿兼食堂で昼食。
出されたのは刺身定食。
新鮮なタイの刺身とメバルの煮つけ。
美味しかったですよ。

約2時間半の山道ハイキングはなかなかの運動になりました。


帰ってから調べてみたら、三島由紀夫は昭和28年に初めて神島を訪れたときのことを次のように書いていました。

人口千二、三百、戸数二百戸、映画館もパチンコ屋も、呑屋も、喫茶店も、すべて「よごれた」ものは何もありません。
この僕まで忽ち浄化されて、毎朝六時半に起きてゐる始末です。
ここには本当の人間の生活がありさうです。
たとへ一週間でも、本当の人間の生活をまねして暮すのは、快適でした


なるほど、この島は今でも観光地化されずに昔のままの姿で残っているようです。
そして、当時は1,200~1,300の人口が、今ではわずか450名程度とか。
過疎化が進んでいるようです。
そういえば、見かけたのはお年寄りばかりでした。

機会があれば、今度はこの島で釣りをしてみようかな・・・・・。



2018年3月9日(金)

20年以上飼っていた亀さんが死んだ。

我が家では、毎年12月に亀さんを冬眠させる。
そして3月には冬眠から起こす。
今年は3月4日に起こした。
起きたばかりの亀さんは例年より元気がなく、水の中に首を下げてグッタリした様子だった。
しかし1日後には水槽の中を歩きまわり首をのばして餌を欲しがるそぶりも見せていた。
そこで好物の鶏肉を与えてみたが、食べる様子はなかった。
例年、冬眠から覚めた後1週間程度は食べないので、いつものことと思いあまり気に留めなかった。

冬眠あけより2日ほど後から気温が下がり寒い日が続いた。

IMG_4115.jpg
亀さんは水槽の中でこんな格好で目をつぶってじっとしたいた。
寒いから体が動かないのだろう。

翌日も同じ場所で同じ格好をしている。
心配になったので、頭に手を触れてみた。
少し目を開けて、首をちょっと動かした。
やはり寒くて動けないのだな・・・・・。

今朝、やはり同じ場所で同じ格好をしていた。
これはおかしい!。
頭に触れてみると動かない。
そして固い。
手も固くなっていた。
死後硬直というやつらしい。

IMG_4123.jpg
今にも目を覚まして歩きそうに見えるのだが、手も足も固まっている。
寿命だったと思うしかない。

この亀さんを飼い始めたのは、末の子供がまだ小学生の頃だったので、我が家に来てから25年近くになる。
伊佐沼で捕まえてきたものだ。
推定年齢は30歳くらいだろう。

昨年の亀さんは、例年と少し様子が違っていた。
6月26日に産卵。
この時の卵は11個。
(この時の様子は、 「亀さんの産卵」 をご覧ください。)
普通は産卵は1年に1度なのだが、去年はその後数回産卵。
毎月のように産卵が続き、最後の産卵は冬眠の準備に入るはずの11月25日。
昨年の産卵数は全部でなんと35個。

12月に入ると食欲は落ちてきたが、なかなか冬眠に入る様子はなく、12月の終わりになってやっと静かになったので冬眠させた。
冬眠は、水槽の水を抜き枯葉の布団を被せて段ボール箱を被せておくのだが、暖かい日などはゴトゴトと音を立てていた。
これもこれまでには無いことだった。
今にして思えば、出して欲しかったのだろう。

最後の身体測定
甲羅長 31cm
甲羅幅 20cm
体重   3.8Kg

亀さんは、今にも起き出しそな格好で水槽の中で眠っています。
でも、もう2度と起きないのが現実、近いうちに埋葬する予定です。

長い間ありがとう。
静かに眠ってくださいね。