AX 電車でGo“東京湾釣り日記” 2017年06月
2017年6月26日(月)

我が家のペット「亀さん」
今月のはじめ頃から食欲が無くなった。
一日中落ち着きなくウロウロしていて餌を与えてもほとんど食べない日が多かった。
こんな症状になるのはたいていは産卵の前兆。
ときどき庭に出してやると地面の様子を見ながらあちこち歩き回ったりしていた。

今日は庭に出すと、ついに穴掘りを始めた。
最初に穴を掘ったのは、5~6年前、それ以来穴を掘る場所は決まっている。

IMG_0483.jpg
石ころだらけの掘りにくい場所なのだが、この場所と決めているらしく動かない。
後ろ足を使って石をよけながら一生懸命掘ります。
頑張ること約3時間。

IMG_0485.jpg
やっと掘り終わったようです。

IMG_0489.jpg
産卵が始まりました。

IMG_0517.jpg
  
IMG_0518.jpg
1つ生み終わると足を使って卵の位置を整えます。

IMG_0525.jpg
2つ目が出てきました。

IMG_0542.jpg
3つ目・・・・
4つ目・・・・・
産むたびに足で位置を直しながら次々と生んでいきます。
5つめ・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
全部で11個の卵を産みました。
この間約40分。

IMG_0546.jpg
卵を産み終わると、こんどは後ろ足を使って穴を埋めはじめます。
穴に少しずつ土を入れて、卵の上にまんべんなく土をかけていきます。
ゆっくり、ゆっくり丁寧な作業です。

kame_20170626210222c0a.jpg
最後には、周囲の砂利もちゃんと被せて、どこを掘ったのかまったくわからないようにしてしまいました。
凄いものです。
この間約1時間。
全部で5時間にも及ぶ大仕事でした。
すっかり暗くなってしまいました。
お疲れ様でした。

いつものことながら感動ものです。
こんなに苦労して生んだ卵なのに、孵化することのない無精卵であることが可哀想。

今夜のごちそうは、亀さん大好物のサーモン。
産卵を終わって、食用が出たようで久しぶりにぺろりとたいらげました。

今夜は亀さんのおすそわけで、我が家の夕食もサーモンをいただきました。





スポンサーサイト

2017年6月24日(土)

今日は大潮。
「前回のリベンジを」と若洲へ釣行。
1~2年前は朝から夜遅くまでやったのだが、最近は歳のことも考えて5~6時間程度にしている。
早く出かけて、サッパやイワシを釣って早々に帰ろうかとも思ったが、どうせ行くなら人工磯の様子も見たいと思い午後からにした。
3時間ほど堤防でサビキをやって、そのあと人工磯でウキ、7時半納竿の予定。

IMGP5247.jpg
1時半頃到着。
土曜日のせいもあって、釣り場は混んでいた。
イワシやサッパがどんどん上がっているのではないかと想像していたのだがその気配はない。
様子を見ながら堤防を歩いていると・・・
「川越のGGさんではないですか?」と声がかかった。
「は、はい。そうですが・・・・」

初対面の方は、ブログにときどこコメントをいただいている、けんさんでした。
時々こうした偶然の出会いがあるのは嬉しいものです。
「サッパがたくさん釣れました。今帰るところです」
手に持った袋には沢山のサッパやイワシが入っていた。


IMGP5248.jpg
けんさんと別れて、前回とほぼ同じ場所へサビキを出した。
コマセの用意が面倒なので、今日もチューブ入りのコマセとスキンサビキ。
アジならまだしも、さっぱやイワシにトリックなんて贅沢だ!。

釣れません。
どうやら、サッパが終わった後だったようです。

左隣のサビキの方も何も釣れていません。
しかし、右隣を見ると時々イワシが釣れています。
トリックです。
どうやら前回お隣にいた方と同じ方のようです。

その後私の竿にもちょっぴりイワシが・・・・。

IMGP5280.jpg

たま~に1匹づつかかってくる。
トリックの方が10匹釣る間に1~2匹程度。
サッパやイワシにトリックなんで贅沢だと思ったのは間違いだったようです。

3時半を過ぎた頃から、まったく釣れなくなりました。
4時ころ、堤防を切り上げて人工磯の先端近くへ移動。

IMGP5266.jpg
磯の方も釣り人が多い。
左右に2~3人います。

4時半~7時半までの3時間の勝負。
今日の満潮は6時ころ。
前回は干潮前後に竿を出して釣れなかったので、今回は満潮前と後の1.5時間で試してみることにした。
真っ暗になってからでないと釣れないとの情報もあったので、この時間帯で釣れるかが心配。

やはり何も釣れません。
アタリもなし。
明るいうちはダメかなと思っていたら・・・・・

IMGP5275.jpg
6時少し前にアイナメが1匹。
15センチくらいかな。
リリース。

その後はまた静かになって満潮。
トイレに行こうかと、道路側を見ると水没。

IMGP5271.jpg
渡れる箇所が1~2あったはずなのだが、今日は完全に水没していて、最先端の立入禁止のところを回らないと渡れない。
ぐるりと回っていってきました。
やれやれ。

7時になったがまだ明るい。
風も穏やか。
アタリも少ない。
もっと暗くならないとダメかなと思っていたら・・・。

IMGP5264_20170625111614c43.jpg
アイナメがもう1匹。
やはり15センチ位。
リリース。

納竿予定の7時半が近づいていました。
やっと暗くなってきました。
アタリも増えてきたようです。
そして・・・

IMGP5279.jpg
カサゴ これも15センチ位。
リリースしようかと思ったが、針を飲んでいたのでキープ。

7時30分。
釣れるのはこれからかな・・・。
終バスまで延長したいという誘惑を抑えて納竿。

本日の釣果。
イワシ 7匹。
アイナメ 2匹(15センチ位)
カサゴ  1匹(15センチ位)

IMGP5293.jpg
帰り道。
磯にも、キャンプ場前にも電気ウキがいくつも光っていた。
これからが釣れる時間帯だというのに残念!。

サッパやイワシは午前中、人工磯の夜釣りは8時過ぎというのがこの頃のパターンのようです。
夜釣りは諦めて、まじめにトリックに専念しようかな・・・・。


2017年6月20日(火)

若洲でイワシやサッパが釣れているらしい。
夜は人口磯でメジナも上がっているようだ。
今日を逃せば明日からは雨。
潮は若潮で、あまり良いとは言えないようだが、潮に関係なく釣れる時は釣れるだろう
明るいうちは堤防でサッパやイワシを釣って、夕方は人工磯で今年初のメジナを・・・。
というわけで、若洲へ釣行。

IMGP5242.jpg
2時半ころ到着。
平日だというのに思いのほか混んでいました。

中央より少し先寄りに竿を出した。
今日はトリックはやらない。
チューブ入りのコマセで、スキンサビキだけ。
3時ころから開始。
サビキを落とすと早速アタリ。

IMG_0372.jpg
イワシが3匹。

「これは最初から調子が良いわい」と喜んだが後が続かない。
左側にはサビキの竿が4本ほど並んでいたが、こちらもあまり釣れていないようだ。
右側の方はトリック。
少ない中でもトリックの方が、アタリが多い。

やっぱりトリックにするんだったかな。

しばらくして、サッパが来た。

IMG_0373_20170621115646046.jpg
今年初のサッパだ。

サッパも単発。

3時~5時までの釣果はイワシ5匹、サッパ4匹。
周囲の方の話では、午前中の方が良く釣れていたらしい。

5時半ころ人口磯へ移動。

IMGP5243.jpg

周りには何人かの釣り人の姿があった。

ウキを投入したが反応なし。
暗くならなければダメかな?

7時ころやっと暗くなってきた。
周囲に釣り人の姿はない。
皆帰ってしまったのかな?。
よく見ると、ずっと奥のほうに電気ウキの光が一つだけ見えた。
今日は夜釣りはほとんど居ないようだ。

7時半で終わる予定だったが、バスを1本遅らせて8時まで延長。
しかし何の反応もなく寂しく納竿。

本日の釣果
イワシ 5匹
サッパ 4匹

IMG_0371.jpg

帰ってから改めて潮汐グラフを見ると・・・

shio-a_20170621124120ee0.jpg

底が19時50分。

ということは、
竿を出していたのは底近くの時間帯で、延長したのは釣りには最悪と言われてる潮止まりの時間帯。
こんな時間地に竿を出しても無駄だったのでしょうか?

上げに入る9時ころからだったら釣れたのかもしれませんね。
バスがなくなるので、私には無理ですが・・・・。

やっぱり、潮汐をちゃんと見て行かないとダメですかね。


2017年6月9日(金)

前回の釣りで残ったアオイソメを消費するため何処かへ行こう。
若洲の人口磯は夜遅くならないと釣れないようだし、風も強そうだ。
本牧や大黒の釣果もあまり良くないようだ。
どうせ釣れないのなら無料の釣り場にしようと思い、久しぶりでふれーゆ裏へ行って見ることにした。
昨年の10月に行ったきりなので、最近の状況はまったくわからない。

IMGP5233.jpg
午後1時ころ釣り場に到着。
長い釣り場をぶらぶら歩きながら先端へ。
投げ、エギなどをやっている人が多いようだ。
サビキはあまりいない。
キスやイカなどを狙っているのだろうか?

IMGP5236.jpg
先端の曲がり角付近に竿を出した。
まずはトリックサビキ。
足元に胴突き。
どちれにもまったく反応がありません。

お隣の方から「川越のGGさんではないでしょうか?」と声がかかりびっくり!。
私のブログをいつも見てくださっているとのこと。

釣果を聞いてみると「今日はまったくダメです。朝にキュウセンが1匹、その後は何もきません。今日は特に悪いですね。」
最近のふれーゆ裏の状況についてもいろいろ教えていただいた。

お隣の方は3時半ころお帰りになった。
ありがとうございました。

4時過ぎ、イワシかアジを期待して入口付近へ移動。

IMGP5234.jpg
トリックサビキを出していた方の隣に竿を出した。
その方はアジ狙いだそうだ。

私もトリック、そして足元には残り物のイソメをつけた胴突き。
やはり何も来ません。
サビキは私とお隣の方だけ。
あとは、エギ、ルアー、へち釣りなど。
回遊魚のシーズンでは無さそうだ。

6時近くなって、お隣にイワシが1匹。
その少しあとで私も2匹。

IMG_0154.jpg

アジがダメなら、イワシでもいいから来てほしいと願ったが、イワシはそれだけでストップ。

今日はダメかと諦めてスマホなどをいじっていたら、胴突きが突然引きずられあわや竿が海に落ちそう。
慌てて巻くと・・・

IMG_0155.jpg
セイゴ 25センチ。

これで残り物のアオイソメが役に立ってくれました。
やれやれ。

その後もアジもイワシも来ることなく、お隣の方は6時半ころお帰りになった。
私も7時にて納竿。

本日の超過。

イワシ 2匹。
セイゴ 1匹 (25センチ)

今日は残り物の餌の消費が目的。
イワシ2匹で終わるところを、残り物のエサで救われたので良しとしましょう。



2017年6月6日(月)

ブログやツイッターの情報によると若洲人工磯の夜釣りでポツポツながら釣れているらしい。
土曜日に行こうかと思ったが、小潮の最終日なので止めた。
日曜日は長潮なのでパス。
そして本日は若潮。
天気も良いし、小潮や長潮よりは少しはましかと思い出かけて見ることにした。

IMGP5211.jpg
4時ころ到着。
前回はゲートブリッジのちょっと先でやったので、今日は先端近くでやってみることにした。

釣り人はルアーの方が一人だけ。
ゆっくり準備をして、4時半ころから開始。
アタリ一つ無いが、明るいうちは釣れたためしが無いので気にしない。

IMGP5212.jpg
5時を過ぎたころ、空が雲で覆われてきた。
天気予報では晴れだったはず。
しかし、思ったより風が強く波も高い。
寒くなってきた。

5時半ころ、ルアーの方はお帰りになった。
何にも釣れなかったようだ。
釣り場は私一人だけになってしまった。

6時ころ。
空がピカリ、そして雨が降り出した。
そういえば、予報では「ところによりにわか雨、雲が出て暗くなってきたら頑丈な建物に避難」とか言っていたかも。
やむなく、トイレへ避難。

IMGP5220.jpg

30分ほどして小雨になったので、この程度なら大丈夫だろうと思い再開。
これからが勝負だな・・・。

しかし、それもつかの間。
またしても、雨が降り出した。
稲妻も光っている。
波も高くて寒い。

7時。
あきらめて納竿。
当然ながらボウズ。

アオイソメがだいぶ余ってしまった。
近いうちにどこかへ行かなくては・・・