AX 電車でGo“東京湾釣り日記” 2016年11月
2016年11月18日(金)

私は今年は不釣続きでどこへ行っても釣れない。
どうせ釣れないのなら近場にしておこうと、若洲へ釣行。

IMGP4812.jpg
午後2時頃到着。
釣り場は空いていた。
見たところ釣れている様子はない。
サバやアジはもういないのかな?。

今日は中央よりも先、先端に近い場所に竿を出すことにした。
トリックサビキを1本、スキンサビキを1本。

釣れません。

IMG_5522.jpg
2時間くらいの間に釣れたのは、マメアジが2匹だけ。

4時頃トイレから戻る途中、手前側で「アジが来た!」という声。
こっちに来たのなら、先端の方にも来るだろう。
釣り座へ戻って、真面目に餌をつけてやって見たが一向に来る様子はない。
通りかかった人が、手前のほうでは釣れてましたよ・・・・・。

IMGP4818.jpg
夕日が綺麗です。

5時頃になって、ちょろっと何匹かやってきました。

IMG_5523.jpg
一荷で2匹かと思ったら、1匹はサッパ。

IMG_5524.jpg
アジの後にはミニミニイワシ。

IMGP4826.jpg
暗くなりました。
アジも、サッパも、イワシもいなくなりました。

IMG_5521.jpg
最後に来たのが20センチくらいのセイゴ。

6時です。
真っ暗です。
でも、風も無く暖かい。
この時期こんな良い天気はそうは無いので、このまま帰るのはもったいない。
人口磯の様子を見てから帰ることにした。
釣り人はほとんど居ない。
人口磯の真ん中あたりで、1時間ほどやってみたがアタリはほとんどなく、釣れたには20センチくらいのセイゴが1匹。

7時30分納竿。

本日の釣果。
マメアジ 6匹
サッパ  2匹
ミニミニイワシ 2匹
セイゴ 2匹 (20センチくらい)

IMG_5520.jpg

せっかく来てくれた貴重なお魚。
今回は全部持ち帰りました。




スポンサーサイト

いくとせ ふるさと 来て見れば・・・・・・
そんな歌があった。

11月1日~7日まで、私の郷里北海道伊達市へ行ってきた。
しゃけ(鮭)釣りのシーズンなので、「釣りに・・・」といいたいところだが、釣りや観光ではない。
母が亡くなってから、33年、父が亡くなってから23年が経過している。
その間放置してきた私の生家の片付けと、両親の法事が目的だ。

我が家の周辺はどうなっているだろうか?
出発前にGoogle Mapを見ると・・・・

date.jpg

人里離れた森の中にポツンと一軒家。
これが私の生家だ。
周囲は開発が進み、かつての田や畑は住宅街になっているが、ここだけが開発から取り残されたようだ。

1日に伊達市に到着。
当日はホテルで一休み。
翌日、私の生家へ行ってみた。
昔の記憶を頼りに歩いて見たが、都市化が進み、新し道路が出来、住宅が立ち並んでいるのでわかりずらい。
住宅街を外れると、急に原野になる。

IMG_5145.jpg
この道が我が家の入口。
道の周辺は、田畑だったのだが今では休耕地になっていて雑木が生えていた。

IMG_5166.jpg
これが私の生家。
まさしく故郷の廃家だ。
昔は萱葺きの屋根だったのだが、今はトタンを被せてある。
壁には小さな穴が空いてスズメなどは出入り自由。

3日間この家に通い、ガラクタの整理と片付けをした。
私が生きているうちに、一度は片付けに行かなければと思っていたので、何とか一段落してやれやれです。

IMG_5242.jpg
我が家の裏から見える有珠山と昭和新山。
子供の頃毎日見ていた景色だが、有珠山は噴火によって当時とは形が変わっている。

IMG_5283.jpg
昭和新山の後ろは蝦夷富士とも呼ばれる羊蹄山。

5日には旧友宅へお邪魔して、近くの海で釣れたという鮭を食べさせていただいた。
さすがに釣れたては美味い。

6日は両親と弟の法事。
兄弟や従兄妹たちと会ったのは7年ぶりだ。
私が生きている間にあと何回会えるだろうか?。

最終日。
開拓記念館や、だて歴史の杜周辺を散策し、帰途に着いた。

IMG_5263.jpg
開拓記念館 旧伊達家(現在は迎賓館として保存されている)

IMG_5274.jpg
開拓記念館 旧三戸部家住宅。
明治初期の住宅として保存されている。
私の生家も同程度の年代ものかも・・・・・

IMG_5302.jpg
だて歴史の杜

IMG_5299.jpg

IMG_5312.jpg
駅のホームでは雪かき。
北海道で一番気候が温暖な伊達市なのだが、今年は雪が降るのが早いようだ。

私が生家を離れてから57年が過ぎた。
その間に何回帰省しただろうか。
行く前は、「今回が最後かな」と思っていたが、また行こうかなという気になった。
今回は飛行機だったが、次回は新幹線で行ってみようかな。