AX 電車でGo“東京湾釣り日記” 2016年06月
2016年6月18日(土)

本日はシンさん主催(のはずだった)メジナ釣り大会。
大会は4時集合だが、最近私がメジナを釣ったのはいずれも8時半頃。
大会時間中にメジナを釣るのは無理っぽいと思い、早めに行ってサッパかイワシでも釣ってボウズを逃れることにした。
1時半頃釣り場に到着。
堤防をぶらぶらと偵察。

IMGP4441.jpg
入り口付近はファミリーで混んでいます。
しかし、バケツの中は空っぽ。
イワシもサッパも見当たりません。

中ほどから先は空いていて竿がズラリ。
キスでも狙っているのでしょうか。
魚の気配は無し。

IMGP4445.jpg
そして先端付近はガラ空き。

堤防の端から端まで歩いて見ましたが魚が上がっている様子はまったく見られません。
これじゃあ、サビキを出しても無駄かな。
さてどうしよう・・・・・・・。

入り口の方に戻りました。

IMGP4452.jpg
見知らぬ高校生くらいの少年から声がかかりました。
「川越の・・・さんですか?」
「はい、そうですが・・・・」
「ヘチ投げ暇人です」
「おお!ツイッターの・・・・・」
というわけで、フォロワーの方と初対面。
ブログ「ヘチヘチヘチたまに投げ」の管理人でブログでのハンドルネームはケイさん。
私のブログも以前から見てくださっているとのこと。

釣果を聞くと、午前中にハゼがたくさん釣れたとのこと。
今日はサビキはダメのようです。

そこで、サビキは諦めてハゼを狙って見ることにしました。
しかしさっぱり釣れません。
ヘチ投げ暇人(ブログ名ケイ)さんはケーソンの間を探って小さいカサゴなどを釣っています。

IMG_2692.jpg
私はやっとのことで2匹。

集合時間の4時が近づいてきました。
ケイさんも一緒に釣り大会に参加することになり、堤防入り口付近へ集合。
本日の参加者は・・・・
シンさんに代って主催者役の釣りバカパパさん。
臥龍さん。
じょにやんさん。
飛び入り参加のケイさん。
川越のGGの5名。

じょにやんさんは、少し遅れるらしいので先に始めることにして人口磯へ移動。
少し遅れてじょにやんさん到着。
彼は堤防入り口のハゼが気になるようで、明るいうちはメジナは無理だろうと、ハゼ釣りにおでかけ。
IMGP4456.jpg
4人で竿を並べました。
私の予想では、釣れるのは暗くなってからのハズ・・・・。

ところが、まだ明るい5時半頃に臥龍さんが、1匹目。
25センチ位の良型。
続いて同じ位のサイズを2匹、3匹と・・・・・。
暗くならないと釣れないと思っていたのは間違いのようです。
臥龍さんは何年か前の釣り大会の時も明るいうちからメジナを釣って優勝した名人。
釣り方が私とはまったく違います。
餌はオキアミ。
コマセを使っています。
錘負荷の軽いウキを使って、餌を自然に流す感じて釣っているようです。
それに対して私は、餌はアオイソメ、コマセ無し、ウキは錘負荷3B、おまけにハリスにBのガン玉を打ってドカンと下の落としています。
この違いでしょうか。

ところが、6時頃今度はケイさんが1匹。
サイズは27センチ。
彼はのべ竿にアオイソメ。

6時を過ぎた頃にハゼ釣りから戻ってきたじょにやんさんも、1匹。
こちらは20センチ位。
どうやら、餌や釣り方の違いだけでは無さそうです。
これを腕の違いというんですね。

しばらくして、ついに私の竿にも・・・・と思ったが!

IMGP4457.jpg
チビアイナメでした。

私と釣りバカパパさんがメジナを釣らないうちに大会終了の7時が到来。
数では、臥龍さんがダントツ(7~8匹だったかな?)
ケイさん、じょにやんさんが2匹 かな?
私と釣りバカパパさんはメジナなし。

今回は数ではなくサイズの競争ということだったので、僅差で飛び入り参加のケイさんが優勝。
おめでとうございます。

そのあと、釣りバカパパさん、じょにやんさん、私の3人が残業?
釣りバカパパさんは、途中から堤防入り口のハゼ釣りに変更。

その後私はカイズを1匹。

IMGP4466.jpg
20センチ位かな。

メジナ釣り大会だというのに、私はついにメジナの姿を見ることなく8時30分納竿。

IMGP4465.jpg
釣りバカパパさんは、堤防の入り口で9時近くまで粘ってハゼを追加したようです。
私もハゼに変更した方が良かったかな・・・・。

私の釣果はイマイチでしたが、久しぶりで臥龍さんともお会いでき、皆で楽しいひと時を過ごすことが出来ました。
帰りは釣りバカパパさんの車で新木場駅ませ送っていただきました。
ありがとうございました。

釣り大会の記事は、「釣りバカパパの釣行記」 もご覧ください。


スポンサーサイト

明日はシンさん主催のメジナ釣り大会に参加します。
シンさんのブログで承知と思いますが、シンさんはお仕事の都合で出席できなくなり、シンさんのお友達の釣りバカパパさんが仕切ってくださるそうです。
4時に堤防入り口付近集合ですが、私は早め(2時か3時頃)に行って堤防のイワシやサッパの様子でも見ようかと思っています。
4時には集合場所へ移動しますが、参加者は私とおなじみの顔ぶれが多いようですので、堤防で見かけたら声をかけてください。
なお、まだ参加申込をしていない方で、出来心?で急に参加してみたくなった方は、これからでもたぶん大丈夫と思いますので、コメントください。

釣りバカパパさん。
明日はお世話になります。
そして、参加者のみなさん。
明日、久しぶりで会えることを楽しみにしています。
よろしくお願いします。




2016年6月11日(土)

先週の釣行の残りの餌がが冷蔵庫で眠っていた。
点検してみたら、まだ何とか生きているようだ。
このままにしておけば、あと数日で無駄死にさせてしまうことになる。
アオイソメは魚の餌になるために生まれてきたのだから、ちゃんと生を全うさせてあげなければならない。
そんな使命感から?、また若洲へ行くことにした。
最近の若洲は午後から南風が強くなることが多く、人口磯では向かい風に煽られてウキ釣りが厳しくなる。
この日の予報は風速5メートルの南風。
もっと風が強いのではないかとの情報もあり、一旦は中止を決意。
その後ウェザーニュースの1時間毎の予報を調べたら6時から風速が3に下がるらしい。
人は都合の良い方を信じたくなるものだ。
あっさりと決意を翻して、出かけることにした。

5時半頃釣り場に到着。
人工磯に行ってみるとなるほど風が強い。
風速5~6メートルくらいかな?
6時過ぎには弱まるはず・・・・

IMGP4375.jpg

今回は人口磯の中ほどに釣り座を構えた。
IMGP4379.jpg
足元に波しぶき。
時々頭からもかかる。
ウキは波にまかせて翻弄されている。
魚の気配はない。
釣れるのは、日が沈んだ7時頃からだろう。

IMGP4404_20160612114605923.jpg
7時を過ぎました。
風はちっとも弱まりません。
周りに3つ、4つと電気ウキが見え始めました。
でも魚は釣れません。
・・・・・・
・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
8時半を過ぎました。
風が少し静かになってきたようです。
でも、そろそろ帰り支度をせねばならない時間。
置き竿にして、片づけ始めます。
前回はこの場面で1匹釣れたんだが、今日は最後までダメかな・・・。
そんな事を考えながらバケツの水を捨てていると・・・・
あ!ウキが沈んだ!。

慌ててリールを巻くと・・・・・・

IMG_2642.jpg
あれ、まあ・・・・・

前回とまったく同じシーンの再来。
魚のサイズも前回と同じです。
急いでクーラーボックスに入れて納竿。
前回とまったく同じ結末とは・・・・・・。
笑っちゃいますね。

IMGP4415.jpg
最後にゲートブリッジの写真を1枚。

本日の釣果

メジナ1匹 (20センチ)
そういえば、明るいうちにダボハゼを1匹釣ったかも知れない。

南風の強い日の人口磯はちょっと厳しいですね。
でも、今日は前回残ったアオイソメちゃんを有効に生かしてあげることが目的だったんだから、これで良かったということにします。



2016年6月5日

「若洲は渋い」の記事を書いてから2週間が過ぎた。
そろそろ釣れてくれても良い頃だ。
朝のうち降っていた雨も止み、風も弱そうなので出かけてみることにした。
電車の中でツイッター情報をチェック。
「イワシ、サッパ、コノシロが釣れ始めました・・・・」

4時頃釣り場に到着。

IMGP4342.jpg
まずは堤防の様子を見に行きました。
結構混んでいます。
しかし魚を釣り上げている姿は見られません。
バケツの中を覗きながら中ほどまで行ってみました。
多くは空っぽ。
たまに、イワシやサッパが2~3匹。
イワシとサッパ数匹とコノシロ1匹の3目揃ったバケツが1つありました。
イワシやサッパもだいぶ渋そうです。

堤防の偵察を終えて、人口磯へと向かいます。
今回は先端付近へ竿を出すことにしました。

IMGP4348.jpg
風は4メートル位でしょうか。
ちょっと涼しいです。
竿の準備をしていると 「電車でGoの方ですか?・・・」 と声がかかりました。
初めてお目にかかる方です。
いつもブログを見てくださっているとのこと。
お声がけ、ありがとうございました。

2週間前に来たときは、堤防でサヨリが1匹釣れた。
その日は人工磯でもサヨリが釣れたらしいので、今日はどうかとちょっとだけ狙って見たがまったく反応は無かった。
周囲にもサヨリ狙いは一人もいないようだ。

5時半頃からウキを出したがアタリ1つ無い。
満潮は6時頃。

IMGP4353.jpg
人工磯沿いの道路は水没。

IMGP4351.jpg
だんだん薄暗くなってきました。
地元のおじさんらしい方から声がかかります。
「何か釣れましたか?」
「まだ何にも釣れません。」
「2~3日前はチンチンが何匹か釣れてましたよ。今年はメジナはまだのようですよ。」
そのおじさんは私の横で電気ウキを出しましたが、アタリ1つ無く30分ほどで他へ移動。

7時を過ぎましたが、魚がいる気配はありません。
周りには4つ、5つ電気ウキが静かに浮かんでいました。
日が沈んで寒くなって来ました。
バスは約1時間に1本しか出ていないので、今納竿しないとあとは終バス。
寒いなぁ・・・・・・。
帰ろうかなぁ・・・・・。
どうしよう・・・・・・・・・・・。

結局、終バスまで頑張ることにしました。

IMGP4365.jpg
棚を深くして、遠くへ投げて見たり、棚を浅くして足元を狙ったり・・・・・・
いろいろやって見ましたが何も釣れません。
周りのウキも、遠くで光ったり、足元で光ったり、皆さん同じようなことをしているみたいです。
8時半になりました。
そろそろ終わりにする時間です。

今日もボウズか。
今回のブログタイトルは 「またまたボウズ情報をお届けします!」 にしようかな。
置き竿にしたまま、帰り支度を始めました。

こんなことなら、早く帰れば良かったと思いながら竿を上げて見ると何だか重い。
根掛りかな?!。
いや、違う!、魚だ!!!。
上がってきたのは20センチ位のメジナ。
これは釣ったのではなく、釣れてしまったというやつです。

ちょっと小さめですが、貴重な1匹なので即クーラーボックスに入れて持ち帰りました。
写真は帰宅後に。

IMG_2613.jpg

本日の釣果。
メジナ 1匹(20センチ)

それにしても今年の若洲は渋いですね。
でも、私が帰ったあとに時合到来で、たくさん釣れた人がいるのかも知れませんね。


先日お知らせしたシンさん主催の釣り大会の詳細が決まったようです。
開催日は6月18日(土曜日)
開催時間は16時~20時
詳しくは 「一生楽しみたいなら釣りをしろ」 
をご覧ください。
参加予定者なども載っています。
なお、電車釣行の人については、帰りは新木場まで車で送ってくださるそうです。

「一生楽しみたいなら釣りをしろ」のシンさんからのお知らせです。
今月の18日(土)か19日(日)に若洲でメジナ釣り大会を開催するそうです。
「GGの息子や孫たちも是非参加してしてほしい」とのお誘いがありましたので、お知らせします。
皆さんの意見を聞いて、18日、19日のうち多くの方が参加しやすい方で実施だそうです。
時間などはまだ発表されていませんが、メジナ狙いとなると人口磯での夜釣りが主になると思います。
「参加してみようかな」と思う方は、参加希望日や都合の良い時間帯、意見などをシンさんのブログにコメントしてください。
よろしくお願いします。
詳しくはシンさんのブログ
 「一生楽しみたいなら釣りをしろ」
をご覧ください。

私はしばらく釣り大会などを開催しておりませんが、歳なのでこの際「渡りに舟」ということで大会などはシンさんへバトンタッチしようかと勝手に思っています(笑)。