AX 電車でGo“東京湾釣り日記” 2016年03月
2016年3月20日(日)

ふれーゆ裏へ釣行。
今回もたぶんボウズだろうと、期待しないで出かけた。
午後1時頃釣り場に到着。

IMGP4062.jpg
3連休とあって、この釣り場にしては珍しく人が多い。

IMGP4061.jpg
入り口付近で、釣りバカパパさんたちと合流。
間もなくシンさんも到着。
お会いするのは昨年のBBQ以来です。

一番釣れる可能性のあるウミタナゴを狙おうと、足元に胴突きを1本。
何でもいいから掛ってほしいと、チョイ投げを1本。

1時間経っても、2時間経っても何も釣れない。
暇なので長い釣り場を隅から隅までブラブラ歩いてみた。
魚の気配はどこにも無い。
諦めて帰る人が多いようで、釣り場はだいぶ空いてきた。

戻ってきて、1時間ほど放置しておいたチョイ投げを上げてみると何だか少し重い。

IMGP4065.jpg
ハゼが2匹。
1匹は17センチ位、もう1匹はダボ。
やれやれ、これでボウズだけは免れた。
でも、1匹だけ持ち帰っても仕方がないのでリリース。

その後は待てどくらせど何も釣れない。
ふと思い出して、2年位前にウミタナゴを釣ったポイントへ移動してみた。
間もなくアタリ。

IMGP4067-a.jpg
ウミタナゴ 18センチ。
これは嬉しい。
今年初の魚らしい魚だ。
あと2~3匹釣って持ち帰ろうとキープ。

しかし、その後は・・・・・

IMGP4070.jpg
こいつばかり。

諦めて5時納竿。

本日の釣果。
ウミタナゴ 1匹(18センチ)。
ハゼ 1匹(17センチ)。
ダボハゼ(アカオビ) 4匹。

貧果ではあるが、これでも今年最高の釣果。
本年5回目の釣行にして、やっとドロメとヒトデ以外のお魚にめぐり会うことが出来ました。
そして今年初のお持ち帰りはウミタナゴ1匹。
ちょっと寂しいが、1歩前進ということで良しとしましょう。



スポンサーサイト

大変お騒がせいたしました!
何人かの方から照明の映り込みではないかとのご指摘を受け、再確認をしたところ、ご指摘の通りと判明いたしました。
妻は屋上で写真を撮り、一旦部屋に戻ってすぐにまた屋上に上がって写真を撮ったので、すべて屋上で撮った写真だと思い込んでいたのですが、室内で撮った写真が一枚入っていたようです。
したがって照明器具の映り込みと判明いたした。
ご指摘頂いた皆さんのおかげで謎が解けました。
ありがとうございました。

今月15日に一泊で渥美半島先端の伊良湖岬へ行ったときのこと。
16日の朝6時頃、伊良湖ビューホテルで日の出の写真を撮った。
帰ってから写真を見ると、妻がホテルの屋上で撮った写真の1枚にUFOのような物体が写っていた。

A0.jpg
ホテル屋上より撮影 6:03分
 各写真はクリックすると拡大表示されます

A-1.jpg
ホテル屋上より撮影 6:05分

さらに、私がほぼ同時刻に撮った写真のうちの何枚かにも同じ物体が・・・・・・・。

A-2.jpg
ホテル5階の部屋の窓から撮影 6:06分

A-3.jpg
ホテル5階の部屋の窓から撮影 6:09分

撮影中は2人ともこの物体の存在には気がつきませんでした。
照明器具の映り込みかとも思ったが、屋上には照明器具は無かったようだし、7階建てのホテルの屋上で撮影した写真と、5階客室の窓から撮影した写真の両方に同じような物体が写るとは、不思議なことがあるものです。
いったいこれは何だったのでしょうか?


先日シンさんからお誘いのあった
「20日(日)の釣り大会」

の件ですが、参加申込が少ないなどのため、大会は延期して普通の釣りをすることになったそうです。
シンさんのブログにも告知が出ると思います。
「雑談でもしながらのんびり竿を出しましょう」とのこと。
私は午後からでも顔を出す予定です。
もし来れる方は来てみてくださいね。
釣果のほどは保証いたしかねますが(笑)。


2016年3月12日(土)

カサゴ郎さんのお誘いで福浦岸壁へ釣行することになった。
今年初のご一緒釣行だ。
だいぶ渋いとの情報が入っていたので、釣果はあまり期待しなかったが、今年はまだドロメしか釣っていなかったので、何でもいいからドロメよりちょっとは良いモノを釣りたいと思って出かけた。

11時過ぎに釣り場到着。

IMGP4000.jpg

カサゴ郎さんはカレイ狙いとのことで、投げを何本か出した。
私はカレイなどと贅沢なものは無理と思い、いちばん可能性の高いウミタナゴを狙ってトリックサビキを1本。
マグレで何かがかかってくれることを期待して、チョイ投げを1本。

トリックサビキなら魚がいればすぐに反応があるはずと思ったが、まったく何の反応もない。
投げの竿先もピクリともしない。
1時間近くたって、餌を変えようかと巻いてみると何だか少し重い。
コッパカレイでもついているのかな?。

IMGP4007.jpg
上がってきたのはお星さま。
真ん中のお口で長~いアオイソメをしっかり飲み込んいした。
こんな小さな体で、こんなに長いモノが良く入るものだと感心。

これじゃあドロメ以下だな・・・・・・・。
開始してから1時間。
まだ、まだ、これからだ。

2時間経ちました。異常なし。
でも、諦めるのはまだ早い。
餌を変えて頑張ります。
投げには2つ目のお星さま。

IMGP4006.jpg

暇なので長い堤防をブラブラ歩いてみた。
釣り人はけっこう居るのだが、魚の気配は全くない。
誰一人釣れていないようだ。

IMGP4003.jpg
鳩がポッポッポ!と笑っていた。
前回はカラスに笑われたが今日は鳩か・・・・・・・。

3時を過ぎた。
そろそろ何か釣れても良い時間だ。
ちょっと焦りが・・・。
しかし、★。
そしてまた★。
釣れるのは★ばかり。
足元を見ると干からびた★がたくさん落ちていた。
どうやら毎日★が大量らしい。

4時を過ぎた。
周囲の人は帰りはじめた。
今日はもうダメかな。
諦めの空気が漂いはじめた。

とどめは、★★のダブル。
ついに諦めて納竿。

というわけで本日の釣果は★7つ。

カサゴ郎さんは、★多数とダボハゼ1匹だったかな?。

今年はこれで4回目の釣行だったのだが、その中での唯一の釣果は若洲のドロメ。
こんな年は初めてです。



5年前の今日、その時間、私は新宿高島屋の最上階(14階)で友人たちと食事をしていたが、経験をしたことの無い突然の強い揺れに襲われて慌ててしゃがみ込んだ。
照明が大きく揺れて、テーブルがガタガタと音をたてたが、食器が床に落ちるほどでは無かった。
「この建物は安全です。安心して行動してください」とアナウンス。
揺れは数分でおさまったが、注文した料理の一部が出てこない。
ガスが止まって調理が出来なくなったらしい。
今までにないような大きな地震だとは思ったが、その時はそれほどの大災害になっているとは思っても見なかった。

友人たちと別れて、帰ろうと地下鉄の駅へ行ってみると電車はストップ。
夕方までには復旧するだろうと軽く考えていた。
喫茶店でしばらく時間を潰して再び駅へ行ってみたがまだ復旧していない。
JRの方へも行ってみたが、やはりダメだった。
今日中の復旧は困難たという、
仕方がないので、また喫茶店へ戻った。
喫茶店は平常通り静かな音楽流れているだけで何の情報もない。
家の事が心配になり電話してみたが通じない。
メールを送ってみたら、しばらくして返事がきた。
無事だとの知らせにひと安心。
喫茶店は10時で閉店だという。
さて、困った。
街へ出て見た。
道はぞろぞろ歩く人波の長蛇の列であふれていた。
どこか泊まれるところは無いだろうか。
ホテルはどこも満室らしい。
ふと思い出して、24時間営業のサウナに行ってみた。
混んではいたが、かろうじてセーフ。
やれやれ。
そこでテレビを見て始めて東日本一帯が壊滅状態、大変なことになっていることを知った。
翌日、復旧した電車で無事帰宅。

この日を境に、日本中が大きく変わった。
被災者のために何か出来ることをしたいと皆が考えた。
わずかだが寄付もした。
募金のために街頭に立った高校生の釣り友もいた。
電力不足で徹底した節電。
街のネオンは消えて、自販機も自粛、駅のエスカレーターも停止した。
計画停電が実施され、地域ごとに交互に停電した。
家庭でも、使わない時はテレビ等家電機器のプラグを抜いておく、パソコンは節電モードに設定するなど、皆が細かい節電対策に協力した。

震災から4ヶ月後に開催した「一緒に釣りをしましょう会」はテーマを「東日本大震災復興支援釣り大会」として、釣果のポイントに応じた寄付金を集めて「日本赤十字社 東北関東大震災義援金」に振り込んだ。

DSCF0061s[1]

また、釣り大会の賞品は、「あすという日が」という被災地の中学生の合唱のCDにした。

DSCF0034[1]
このCDは、全国大会に東北地方代表として出場予定だった仙台市の八軒中学校の合唱部・吹奏学部の生徒達が、震災のために出場できなくなり、その後避難所を訪れて励ましの歌として披露したものがCDになったもので、売上金は復興支援のために使われるとのこと。

あれから5年。
早いものです。
この時15歳だった中学生は今年20歳のはず。
この頃中学生や高校生だった釣り友達は大学生になり、または社会人となった。

あのとき、皆であんなに被災地のことや、節電のことなど考えたのに、5年間の間にそんな思いは遠くへ行ってしまったような気がする。
あんなに騒いでいた節電の声は聞かれなくなり、ネオンも、自販機も、エスカレーターも復活した。
「電力が足りなければ原発を稼働してどんどん発電すればよい。」そんな空気すら出てきているようにすら思える。
これで良いのだろうか?

人は忘れやすい生き物のようだ。
当時はあの震災から、生き方や社会のあり方について多くを学んだような気がしたのだが、5年後の今日、それを忘れている自分に気が付く。
喉もと過ぎれば熱さを忘れる。

そういえば、たった3ヶ月前の癌疑惑のとき、「残された一日一日を大切に生きよう」と思ったものだが、疑惑が晴れたとたんに忘れてもとにもどってしまった。

あの時の釣り大会の賞品のCDは、こんな曲です。


大空を見上げてごらん
あの枝を見上げてごらん
青空に手をのばす 細い枝
大きな木の実をささえてる
今生きていること
一生懸命に生きること
なんてなんて すばらしい
明日という日があるかぎり
幸せを信じて
明日という日があるかぎり
幸せを信じて

この曲を聞いて5年前の気持ちを思い出したいと思います。



先日お知らせした釣り大会の件、シンさんのブログ「一生楽しみたいなら釣りをしろ」に開催方法が告知されました。
釣りバカパパさんが、賞品をたくさん用意してくださったそうです。
長さが勝負とのことなので、メジナやメバルよりも、アナゴが有利かも(笑)。

 「一生楽しみたいなら釣りをしろ」 をご覧の上、参加希望の方はコメントをお願います。