AX 電車でGo“東京湾釣り日記” 2015年10月
2015年10月30日(金)

今週は、土、日と仕事が入ったので行くとしたら今日しかない。
さて、どこへ行こうか。
若洲かふれーゆ裏にしようと思ったが、前日の大黒の釣果情報を見たら、「夕方にアジ!。来月から、営業時間が5時までとなるので、アジを狙うなら今!」とあった。
この情報に釣られて、つい出来心で大黒へ行く事にした。
大黒は、昨年の10月にシンさんとご一緒して以来、1年振りだ。
朝の情報では早朝からカワハギも釣れているようだ。

1時頃釣り場へ到着。

IMGP3873_20151031094047166.jpg
いつもの事ながら、私が到着する時間帯はお休みタイム。
何も釣れてないとみえて、竿を置いたまま何処かへいっちゃってる人続出。

まずはトリックの準備。
針が4号と、7号の仕掛けがあったが、大きいアジを期待して7号を使うことにした。
カワハギを期待して、胴突きを1本。
お隣との間隔があまり無いので、投げるのは遠慮して足元へ投入。

1時間経ちました。
アタリ1つありません。
周りにも、魚の気配はまったくありません。

2時間経ちました。
異常なしです。
たいくつです。
アジが来るであろう、夕方をひたすら待ちます。

3時を過ぎた頃。
落としておいた胴突きの糸のたるみが異常?。

お隣とオマツリ。
直下に落としておいたのに、変だなと思ったらお隣さんの竿に掛ったセイゴが暴れて、私の胴突きに絡んだらしい。
ぐちゃぐちゃに絡んでいるので、私の仕掛けを切ってはずしました。

4時を過ぎました。
そろそろアジの時間が近づいてきたなと思っていたら、私の左隣に、釣り施設のスタッフらしい方がやってきて竿を出しました。
お!、この付近は場所がいいのかな。
期待大です。

夕日が沈みはじめます。

IMGP3875.jpg

4時半、まだ異常無しです。

5時近くになって、施設スタッフの方が1匹目を・・・・・・・。
「バラシタ!」の声。

それから5分後位に1匹上がったのが見えた。
15センチ位かな?。
あまり大きくは無さそう。

右隣の方も1匹。

そして私の竿にもついに、来た~~~。

目の前でポチャン!。
バラシタ~~~。

続いて2匹目。
バラシ!。

3匹目。
今度こそ~~~。
バラシ!。

10分足らずの間に続けて3匹バラシ。
こりゃあ、針が大きすぎたかな・・・。
慌てて仕掛けを交換。

しかし、時すでに遅し!。(最近この言葉が多いようだ)
アタリはピタリと止んでしまいました。
もう1度回って来ないかと期待したがその気配は無い。
「今日はもう終わりだな・・・」と周囲の人は帰り始めた。

その後、施設のスタッフの方はボラを1匹釣って退散。

6時納竿。
帰りの受付のところで係の方。
「昨日は遅くまで釣れたんですが、今日は短時間で止まっちゃいましたね。」

というわけで、本日の釣果。
ボウズ。

こんな日の入場料900円は高いですね。
若洲かふれーゆ裏にしておいた方が良かったかな(笑)。
スポンサーサイト

2015年10月26日(月)

今日は釣りではありません。
妻と2人で秩父の両神山麓にあるダリア園に行ってきました。

IMG_9658.jpg
川越から車で約2時間半くらいの山の中。

IMG_9585.jpg
300種類、5000株のダリアが植えられているそうです。

まずは、華麗に咲いている花々をご覧ください。

IMG_9567.jpg

IMG_9516.jpg


IMG_9503.jpg
 
IMG_9502.jpg


IMG_9532.jpg


IMG_9590.jpg

帰り道、通り道にあった秩父神社に寄ってみました。

IMG_9638.jpg
秩父の宮さまなど、皇族の方々も訪れたことのある由緒ある神社だと知って、ちょっとビックリ。

本殿の四方の壁面に彫刻が施してありました。

IMG_9640.jpg
その一つ、子育ての虎。
日光東照宮の泣き竜で有名な、左 甚五郎の作だそうです。
その側にはこんな言葉が・・・・

IMG_9639.jpg
子育て中のお父さん、お母さんは参考になるかもしれませんね。

そして、こんな彫刻も・・・・・

IMG_9649.jpg
「お元気三猿」
日光東照宮の三猿は「見ざる、聞かざる、言わざる」で有名ですが、ここ秩父神社の三猿は
「良く見、良く聞き、良く話す」
だそうです。
現代の若者にはこっちの方がお勧めですね。

皇族の方のお手植えの木というのが、何本かありました。

これはその一つ。

IMG_9651.jpg
秩父宮妃殿下お手植えの銀杏の木。

IMG_9652.jpg
何やら乳房のようなものがぶら下がっています。
その名も、乳銀杏。
お乳の出ない女性が、お参りすると乳が良く出るようになるとか・・・。

秋晴れの秩父路。
見事に咲き誇るダリアを沢山見て、ご利益のありそうな秩父神社を拝んでのとても良い1日でした。


2015年10月24日(土)

一週間前にシンさんが失望したというふれーゆ裏、しかしカサゴ郎さんからの情報によるとメジナが絶好調だという。
真偽のほどを確かめたくなり、ふれーゆ裏へ釣行。
11時半頃釣り場に到着。

IMGP3834_20151024214907559.jpg
暖かで風も弱い絶好の釣り日より。
様子を見ながら先端方向へ向かって歩いた。
途中は釣れている気配は無かったが、曲がり角付近でメジナを上げているのを目撃。
ここのメジナは真昼間から釣れるようだ。
メジナが釣れることは確実そうなので、あとで狙うことにしてまずはサビキを出してみた。

IMG_9497.jpg
荷物軽減のため今日のコマセはこれです。
このコマセではトリックは出来ないので、付けエサのアミエビを用意。
しかし、サビキにはサッパ1匹来ません。

カワハギが釣れるとかいう噂を聞いたのでカワハギ用の胴突きを1本。
こちらもまったく音沙汰無し。

1時頃だったでしょうか。
見覚えのある少年が近づいてきました。
カザゴ郎さんでした。
従兄の方と一緒に私よりも少し前にきていて、突き当りのメジナポイント付近に竿を出していたとのこと。
カワハギが1匹、そしてメジナも好調のようで、27センチの良型も釣れたとか。

とりあえず、もう少しサビキでやってみて、3時頃からメジナ狙いに切り替えようかな・・・・・・。
そんなことを考えていると、釣り場を見て歩いていた地元のおじさんらしい方が海面を見て「サヨリが見えるよ!」
それを聞いて、お隣のおじさんが早速サヨリの仕掛けを出しました。
私も真似をしてサヨリの仕掛けを投入。

IMG_9500.jpg
私の仕掛けはこれです。

お隣のおじさんは、コマセを打ってサヨリを集めています。
そして1匹。
しばらくして、また1匹。
ポツポツながら釣れています。

しかし私に所へは1匹も来ません。
何が違うんだろう。
おじさんが使っているのは、コマセカゴ無しのシモリ玉3個くらいの仕掛け。
コマセをポンポン打って、ちょうどコマセが流れ来る先あたりに仕掛けを投入しています。

私の仕掛けはコマセカゴ付。
コマセがどんどんカゴから流れて、針はおいてきぼり。
こんなところが原因でしょうか。
結局は1匹も釣れずにサヨリはおしまい。

「こっちへ来ませんか」とカサゴロウさんが誘ってくれたので、お言葉に甘えて3時半頃メジナのポイントへ移動。
1投目から早速アタリ。
しかしバラシ。
2投目。
ウキがしっかり沈むのを待ってアワセ。
ス~~~~???。
3投目。
やっと1匹目。
でも・・・・・・・。
10センチ位のチビ。
リリース。
(本日は現場での写真は省略)

次アタリ、またバラシ。

2匹目。
15センチ。
リリース。
何故か私はチビばかり。
良型はカサゴ郎さんがさらっていくようだ。

またバラシ。
ウキがしっかり沈んでいるのに針がかりしない。
カサゴ郎さんによると、今日はこういうことが多いらしい。

何匹かをリリースした後、やっとのことで20センチ位のサイズをキープ。
やれやれ。
でも我が家は2人家族。
もう1匹欲しい。

次もチビ。
次はバラシ。

そんなことを何度も繰り返して・・・・・・
最後に、20センチ位のウミタナゴが1匹。

餌が無くなったので、5時頃納竿。

本日の釣果
メジナ  7匹(10~20センチ) 持ち帰りは20センチ1匹だけ。
ウミタナゴ 1匹(20センチ)

メジナ狙いは1時間半くらいだったので、数的にはまずまずだったが、如何せんチビばかり。

IMG_9496.jpg
これが本日のお持ち帰り。

カサゴ郎さんは、20匹ものメジナを釣り良型多数とか。
やっぱり腕の差ですね。

帰りはカサゴロウさんの従兄の方の車で鶴見駅まで送っていただきました。
ありがとうございました。


昨夜「一生楽しみたいなら釣りをしろ」の管理人、シンさんからお誘いのメールをいただきました。
11月8日(日曜日)に若洲で、「バーベキュー&釣り」をするそうです。
「孫?たちも一緒にどうぞ」との有難いお誘いです。

詳しくは「一生楽しみたいなら釣りをしろ」をごらんください。
参加希望の方は、シンさんまたは私にコメントをお願いします。


2015年10月10日(土)

このところ湾奥のあちこちにサヨリが出没しているらしい。
今日は釣りバカ青年さんのお誘いで、サヨリ狙いで釣行することになった。
1時頃釣り場に到着し、釣りバカ青年さんと合流。
さっそくサヨリ用の仕掛けを投入してみたが、何の反応も無い。
この時間帯はサヨリはお留守らしい。

そこで、トリックサビキを出してみた。
しばらくは反応が無いので、もうサッパは終わったのかと思っていたら、突然強い引き。

IMGP3833_201510102137124db.jpg

20センチ位のサバだった。
思いがけない獲物。
ちょっと小ぶりだが嬉しい。

釣りバカ青年さんもサバが釣れだした。
ぼちぼちと釣れ続き、10匹を超えた。

サバはもういいから、本命のサヨリを釣りたい。
4時頃、仕掛けをサヨリ用に替えた。
「お!サヨリがいますよ・・・」と釣りバカ青年さん。
なるほど、コマセを撒くと足元でキラリと光る姿が見える。
しかし、餌にはなかなか喰いついて来ない。
釣りバカ青年さんはようやく何匹かを上げたようだが、なかなか針がかりせず手を焼いているようだ。
私は1匹も釣れない。

5時を過ぎてあたりが暗くなってきた。
ためしにコマセ無しで仕掛けを遠くへ投げて見るとすぐにアタリ。
やっと1匹目。
どうやら、足元よりも遠くへ投げた方が良かったようだ。
もう1投。
2匹目をゲット。

IMG_9394.jpg


この調子で釣れてくれ願ったが、時すでに遅しだったのかその後は釣れなくなってしまった。
遠くへ投げることに、もっと早く気が付けばよかった。

5時30分 納竿。

本日の釣果 
サバ  12匹(19~22センチ)
サヨリ  2匹(20、23センチ)

IMG_9392.jpg

コマセで集まったきた足元のサヨリは釣れず、遠くへ投げたコマセ無しの竿にはすぐに掛った。
コマセを撒くと、コマセだけを食べて、針に付けた餌に喰いついてくれないのだろうか?。
そういえば、サビキ仕掛けの周りをぐるりと取り囲んで落ちて来るコマセだけを食べて、針には近づこうとしないウミタナゴの群れを見たことがあるが、それと似たようなことなのだろうか?。
魚もいろいろと学習していて、結構賢いのかもしませんね。


2015年10月3日(土)

10月1日は都民の日。
学校が休みとのことで、釣りのお誘いがあり餌を用意したがあいにくの悪天候で中止。
せっかくの餌を捨てるのはもったいないので、本日単独釣行することにした。
行先は、みなとみらいかふれーゆ裏。
どっちにしようかと迷ったが、釣果は期待できないが久しぶりで美しい景色でも見ようかと、みなとみらいへ行く事にした。

IMGP3819.jpg
11時頃到着。
この景色を見るのは1年振りだ。
何と、釣り人が一人もいない。
あれ?。
釣り禁止にでもなったのかな?

以前と同じ看板が出ている。
「投げ釣りとルアー釣りは禁止です。」
釣り禁止では無さそうだ。

ぷかり桟橋の横にトリックサビキを出した。
底まで落として、だんだんあげて表層近くなったところでアタリ。
おお!。
サヨリだ。
カサゴ郎さんの情報通りだ。
目の前まで上げたところでポチャンとバラシ。
2匹目もポチャン。
3匹目もポチャン。

4号のトリックサビキを使っているのだが、針が合わないのだろうか。
この前、ふれーゆ裏でも同じ針を使って1匹もかからなかった。
そうこうしているところへ、若いカップルの釣り人が登場。
私のすぐ隣の竿を出して、サヨリを2~3匹釣り上げた。

私はあいかわらずポチャン、ポチャン。
そして、30分位でサヨリはいなくなってしまった。

お隣のカップルの竿にはその後もサッパが1~2匹。サヨリも何匹か追加したようだ。
しかし私の竿にはサッパすら来ない。
ついにサッパにも裏切られたか!。

IMGP3822_20151003220822c81.jpg
その後何人かの釣り人が加わったが、釣れている様子はない。

夕方に期待したが、3時になっても、4時になってもアタリ1つ無い。
4時を過ぎたころ、海辺の階段にはずらりと人が集まってきた。
観光客だろうか。

IMGP3825.jpg
夕方の綺麗な海の景色を眺めているのかと思ったら・・・・

IMGP3826.jpg
皆さん揃ってスマホを眺めていました。

5時頃には釣り人は全員いなくなりました。

う~~む、今日はボウズで帰るしかないかなと思っていると、いきなりアタリが・・・・・・

ちょっと大き目のサッパが1匹。
サッパちゃん。
ありがとう。
これでやっとボウズが回避できました。
感謝してリリース。

そして、最後の最後に・・・・・

IMGP3829.jpg
チンチンが1匹。
リリース。

5時30分納竿。

IMGP3831_2015100322402038e.jpg

薄暗くなったみなとみらいを後にしました。

本日の釣果

サッパ  1匹
チンチン 1匹

みなとみらいは観光地。
釣り人はほどんといないし、釣り場では無さそうです。
今日は観光に行ったことにしましょう。


先日初めてサヨリを釣ったので「魚の雑学」に追加しました。

見た目は美しいが、腹黒い人のこをを「さより野郎」「さより女」と形容するというのを初めて知りました。