AX 電車でGo“東京湾釣り日記” 2015年05月
2015年5月30日(土)

久しぶりで釣りバカ青年さんからのお誘いで、若洲へ行くことになった。
午前中に仕事が入っていたが、夕方からのメジナ狙いなので大丈夫。
いつもは、仕舞寸法50㎝程度のコンパクトロッドをリュックに入れていくのだが、若洲の人工磯は短い竿は使えないので、長い竿を1本手に持って出かけた。
電車内で居眠り。
池袋で降りて、上州屋へと向かう途中でフト気が付いた。
あれ、竿持ってない!?。
電車の中へ置き忘れたらしい。

3年ほど前に1,990円で買ったもので、しかも竿先が折れたのを修理して使っていた竿なので惜しくはない。
しかし、竿が無ければ今日の釣りができない。
どうしよう・・・・・・・・。

仕方がないので、新しいのを買うことにした。

IMGP3648_20150531091828556.jpg

大奮発して1,280円(ゼロを1つ忘れたわけではありません)の出費。
磯で使うには少し短いが、とりあえず今日だけなんとかなればいいや・・・。

5時頃釣り場に到着。

IMGP3631.jpg
堤防は結構混んでいました。
入口付近でしばらく様子を見ていたが何も釣れていない。
目視範囲では、サッパもイワシもいないようです。

5時半頃釣りバカ青年さんと合流して人工磯へ。

IMGP3635_2015053109182372a.jpg
向い風が強くて、海は荒れていました。
明るいうちはダメだろうと、雑談などしながら暗くなるのを待ちます。

IMGP3643.jpg
6時半。
夕陽が綺麗です。
でも、まだ明るい。
風がおさまる気配も無く、ときどき波しぶきが頭から降りかかります。
そろそろはじめようかとウキを投入しましたが、ウキは荒波に翻弄されるばかり。
7時を過ぎて、やっと暗くなりかけた頃「メジナが釣れた!」と釣バカ青年さん。
流石です。
私はまったく釣れる気配がない。

その後人工磯の先端付近に移動してみたが2人とも何も釣れない。
また元の位置に戻ります。
相変わらず風が強く、頭から波しぶき、そしてアタリは無い。
さらには、根がかりで電気ウキをロスト。

さらに、さらに、乗っていた岩がゆらゆらと動いたような気がした。
めまいかな?。
もしかしたら脳梗塞の前兆?(実は血圧が高いのです)
気のせいだったかな?

少し離れたところで竿を出していた釣りバカ青年さんが近づいてきて、「地震じゃないですか?」
2人とも揺れを感じたとなれば、地震に間違い無し。
釣バカ青年さんは、早速スマホで情報取集。
マグニチュード8.5。
震度5。
でかい!。
津波は大丈夫か。
ただ今調査中・・・・・・・・・。

「とりあえず避難した方が良いかな」などと言っていると、数分後に「津波の心配はありません」の情報。
やれやれ。

これを機に納竿。
またしてもボウズ。
これで、ボウズ3連続です。

しかし釣りバカ青年さんは、地震発生直前に良型のメバルを釣っていました。
流石です。

これだけ大きな地震があったのに、私の携帯には緊急地震速報が入らなかった。
何故だろう?。
後で調べて見たら・・・・

気象庁によると、今回のように震源の深さが150キロ以上の地震では、震源から遠い地域でも強い揺れが伝わることがあり、地域ごとの正確な震度の予測が難しいため警報を発表できない。現在の技術では限界がある。

ということだそうです。

スポンサーサイト

2015年5月26日(火)

今月は土、日に仕事が入っていてしばらく釣りに行けなかった。
今日は仕事が空いたので、今年初めて(多分)の単独釣行。
長潮前の小潮で、潮があまり良くない。
若洲、城南島、ふれーゆ裏の3候補のどれにしようかと迷ったが、湾奥よりも横浜の方が潮の影響は少ないのではないかと勝手に考えてふれーゆ裏へ行くことにした。
午後1時頃釣り場に到着。

IMGP3604_201505271000517c2.jpg
良く晴れていて風も無い。

IMGP3607.jpg
南側はエギを投げている人が多い。
イカ狙いのようだ。
所々に墨の跡がある。
しかし、イカの姿は見えない。
朝のうちにでも釣れたのだろうか?。

IMGP3602_20150527101344116.jpg
東側には投げの人が数名。
キス狙いらしい。

メジナポイントの周辺には先客がいたので、ずっと手前に投げを1本出した。
そして、足元に胴突きを1本。
まったく何の反応も無い。
周囲を見回しても釣れている様子は全くない。

IMGP3613.jpg
3時を過ぎた頃から、周囲の方はポツポツお帰りになった。
そして、4時過ぎには一人もいなくなった。
釣れない日はさっさと帰るのが賢明らしい。

場所を移動して、メジナの好ポイントを独り占め。
期待して暗くなるのを待ちます。

置き竿にしておいた、投げを巻いて見ると何だか重いが、魚の動きは感じない。

IMGP3616.jpg
ナマコ。

IMGP3618_20150527103100f00.jpg
そして、ヒトデ。

4時半頃、自転車で来られた地元の方が海を見て、「この潮の色じゃダメだね。」

IMGP3610.jpg

その方の話のよると、浮いている泡の塊みたいなのはプランクトンの死骸だそうだ。
「赤潮が入って、海水は酸欠状態になっている。これじゃぁ、魚はいないな・・・」
その方はヘチに竿を出していたが、30分位でお帰りのなり、ジャリメを頂戴した。
ありがとうございました。

5時頃から風が強くなったが、6時頃にはおさまり無風状態。
顔の周りを蚊のような小さな虫が飛び回ってうるさい。
虫よけには少しは風があった方が良さそうだ。

日が長くなり、なかなか暗くならない。
そして、ウキには何の反応も無い。
7時を過ぎて、やっと暗くなってきた。
しかし、ウキは静かに水面に浮いているだけ。
最後の頼みと投げておいた竿には、アナゴの姿も無い。
諦めて、7時30分納竿。

本日の釣果
ナマコやヒトデはNo Countということでボウズ。

「独り占めできる日の好ポイントは、好ポイントでは無い」ということがわかった。

帰ってからナマコの事を調べてみた。
こんな記事がありました。

ナマコにはすごい効果があります。
○浄化する作用
○腎臓の働きを助け
○精力増強
○滋養強壮
○補腎強壮効果
○動脈硬化を予防する作用
○性機能低下の回復作用
○便秘の改善や利尿効果
○コラーゲンや、コンドロイチンも豊富

なまこの栄養素(食材100g当たり)
○カルシウムが72mg
○マグネシウムが160mg
○亜鉛が0.2mg
○ビタミンB1が0.05mg
○ビタミンEが0.4mg
ナマコは、朝鮮人参と同じくらいの薬効があると言われています。



おお!これは良さそう。
持ち帰るんだったかな。
こんどはナマコ専門に狙おうかな (笑)(笑)。



2015年5月6日(水)

風邪は90%位治ったようだし明日は釣りにでも行こうかなと考えていると、NAOYAくんから「明日、どこかへ釣りに行きませんか?」とメール。
彼は中学生になってからは忙しいとみえて、一緒に釣りに行けるのは年に1~2回。
久しぶりのお誘いなので、「こりゃあ、行かずばなるまい」ということで、ふれーゆ裏へ行くことにした。
情報によると、シリヤケイカ、キス、ウミタナゴ、メジナ、メバル、カサゴなどが釣れているらしい。

午前中で仕事を終え、12時に最寄駅で待ち合わせて電車で鶴見へ。
鶴見からバスに乗り2時過ぎに釣り場に到着。

IMGP3561_201505081018108d2.jpg
ゴールデンウイーク最終日とあって、いつもより人が多い。
しかし、釣れている気配はなく、皆手持ちぶさたのようだ。

中ほどのところで、早くから来ていた、七原さん、じょにやんさんと合流。
まだ何も釣れていないそうだ。
ウミタナゴでもいないかと思い、胴突きを落としてみたが何の反応もない。
イカスミの跡があちこちにあるが、イカが釣れたのは早朝だけだったようだ。
まったくアタリも無いままに2時間ほど経過。

夜のメジナを期待して、いつもの場所に移動。
近くでキスが釣れたのを見たので、チョイ投げを出してみたが不発。
早々に投げは撤収。
ここまでは全員がボウズ。

6時を過ぎてメジナの時間が近づいてきた。
ここのポイントはごく狭い場所に限られてて、数メートル離れるとアタリが無い。
じょにやんさん、七原さん、そして地元の方1人が好ポイントに竿を並べている。

じょにやんさんのウキが、怪しくモゾモゾと動くが、なかなか針がかりしない。
そんなことが何回かあった後、じょにやんさんは1匹目のメジナを上げた。
続いて、七原さんも釣れたようだ。

釣れていないのはNAOYA君と私。
めったに釣りに来れないNAOYA君をボウズで帰したくない。
何匹か釣ったじょにやんさんのすぐ隣にNAOYA君もウキを出した。
狭いポイントに、孫?3人と地元の方のウキが集中。
混み合うポイントは孫達?にまかせて、私は数メートル離れた場所に竿を出していたがアタリ1つ無い。

6時半頃、NAOYA君のウキにもアタリ。
カサゴが1匹。
これでボウズ回避、良かった、良かった。
ほぼ同時に、七原さんも良型のメジナを1匹。

さらに、NAOYA君の投げ竿にはアナゴ、じょにやんさんの投げ竿にはキスが掛かったようだ。
私も投げておけば良かったかな・・・・・。

NAOYA君と私は7時30分納竿。

本日の釣果。
私はボウズ。
でも、久しぶりに釣行したNAOYA君は、カサゴとアナゴが釣れて、地元の方から良型のメバルを頂戴したし、他の孫たちもメジナやキス、アナゴなどが釣れたようです。
孫が3人ともボウズで無かったので、良しとしましょう。

残った2人は、その後も何かが釣れただろうか・・・・。


世の中は連休に突入ですね。
でも私は連休中も仕事が入っています。
それに3日ほど前から風邪気味。
釣りに行けそうもないので、ハゼちゃんと遊ぶことにしました。

昨年の11月に新木場公園で釣った5匹のハゼ。
そのうちの1匹は2月に死にました。
ハゼは1年魚なので、そろそろ寿命のはず、他のハゼも間もなく死ぬだろうと思いきや、残りの4匹は今も元気です。
2年生きることもあるらしいので、もう1年生き続けるのだろうか?

IMG_7102.jpg
我が家の水槽。
この水槽には、ハゼ4匹、タナゴ2匹、ドジョウ1匹が共同生活を送っていますが、いつも見えるのは1~2匹。
あとはどこかに隠れていて姿を見せません。

IMG_7090.jpg
タナゴが2匹。
真ん中で尻尾を見せているのがドジョウ。
ハゼが2匹顔を見せていますが、4匹揃って姿を見せることはめったにありません。

IMG_7184.jpg
4匹のハゼの集合写真を撮りたいと思い、全員を集めるよう頼んだところ・・・・・

IMG_7188.jpg
お~~い。居るかい!。
声をかけて回ります。

IMG_7144.jpg
何だね?。
写真を撮るそうだ。
全員集合!。

IMG_7147.jpg
おせっかい者のドジョウもお手伝い?。

IMG_7121.jpg
だんだん仲間が集まってきました。

IMG_7174.jpg
4匹の顔が揃いました。
上にいないで、お前もこっちに来いよ!

IMG_7163.jpg
4匹が顔を揃えたその時・・・・・・・

IMG_7131.jpg
俺も入れてくれ~~~~~と
突如ドジョウが乱入。

連休はゆっくりハゼと遊びながら風邪を治すことにします。
連休最終日あたりに、どこかへ釣りにでも行こうかな・・・・・。