AX 電車でGo“東京湾釣り日記” 2015年04月
2015年4月27日(月)

数日前に江東区の釣り人さんからメール。
「27日に若洲かふれーゆ裏へ行きませんか」
27日(月)は代休で学校が休みだそうだ。
ふれーゆ裏へ行こうかと思っていたが、前日の予報によると午後からは南風が6メートル。
この風ではふれーゆ裏は厳しそうたと思い、急遽予定を変更して風裏になる城南島へ行くことにした。
情報がないので最近の釣果は不明、そして長潮前の小潮で潮はあまり良くない。
釣れないことを確認しに行くことになりそうだ。

4時半頃城南島海浜公園に到着。

IMGP3550.jpg

釣り場は風裏になっており、後ろは高くなっているので風はほとんど気にならない。

IMGP3552_201504281138210ab.jpg
釣り人は2、3名。
早くから来ていた江東区の釣り人さんと合流した。
彼は良型のウミタナゴが1匹釣れたとのこと。
そしてお隣でコマセを使って釣っていた方は、30センチ近いメジナを1匹上げたそうだ。
コマセを使えば明るいうちでも釣れるらしい。

IMGP3554.jpg
下げ潮のようで、テトラが見えています。
去年釣れたのは、たしかテトラの頭が見えない位まで潮が満ちていたはず。

メジナを狙ってウキを投入しました。
コマセは無しです。
何の反応もありません。
期待して暗くなるのを待ちましたが、ダメです。
去年セイゴが釣れた左側隅の方へ移動して見ました。
小さなアタリがあって、何やら付いています。

IMGP3557.jpg
ギンポ です。
やれやれ、ボウズだけは回避。
感謝してリリース。

その後はまったく反応なし。
周りの方も釣れていないので、今日はこれ以上頑張っても無駄だと判断し、7時に納竿。

本日の釣果。
ギンポ 1匹。

川越から電車とバスで往復5時間、釣り場にいたのは2時間半。
これで良いのです。
今日は「釣れないことを確認」という目的を達したのですから・・・(泣)


スポンサーサイト

2015年4月19日(日)

去年の今日は若洲人口磯でメジナが3匹釣れた。
今年はどうだろうか?。
偵察に行くことにした。
前回は強風で散々だったので風が心配だった。
Yahooの予報は曇りで、風は3メートル。
ところが、ウェザーニュースでは、雨マークありで風も4~5メートル。
しかも、家を出ようとした矢先に小雨がパラパラと降り出した。
う~~ん。
どうしよう。

晴れ男パワーを信じて決行することにした。

4時半頃釣り場に到着。
曇ってはいたが、無風で暖かい。
堤防は結構混んでいるようだ。

IMGP3530.jpg
(間違って夜景モードで撮ったので画質が悪いです)

朝から来ていた江東区の釣り人さんと合流。
堤防ではカサゴ7匹とソイが釣れたそうだ。
早速人工磯へと向かいます。
ゲートブリッジ下は水深が浅くて、根がかりしやすいので、今回は中ほどへ。

IMGP3535.jpg

前回とは打って変って無風。
海面は穏やかで釣りやすい。
そして暖かい。
穏やかな春の海の雰囲気満点。
これは釣れそうだと、期待して5時頃から開始。

しかし・・・・・・・・・
ウキは海面に静かに浮いているだけ。
暗くなるのを待ちます。

IMGP3540.jpg

暗くなりました。
釣れそうな雰囲気は十分。
1度アタリがあり、餌に喰われた痕があったが針がかりしない。
餌が長いので、先だけ食われたのかと思い小さくしてみたら、アタリも無くなった。
沈黙の時間がしばらく続きます。
7時になりました。
今日は7時半で納竿の予定。
こりゃぁ「メジナはまだいない」ということを確認する結果に終わりそう。

餌を長くして付けてみた。
おっ、アタリ!。
ウキがモゾモゾと沈みます。
しばらく待ちます
プカリと浮かんできて、また沈みます。
どうやら、先に方を突いたり離したりしているらしい。
しばらく待って、しっかり沈んだところで、エイッ!。
手応えあり。

IMGP3543.jpg

上がってきたのは若洲人工磯では今年初のメジナ。
20センチ。

もう1匹釣りたいと思ったが、時間切れで7時30分納竿。

本日の釣果。

メジナ 1匹 (20センチ)

メジナがいることがわかっただけでも満足です。
江東区の釣り人さんの測定によると海水温は13度くらいとか。
メジナの適温は16度位と言われているので、この水温では喰いがあまり良くないようです。
本格的に釣れだすのはもう少し先でしょうか。


信州大学の学長が入学式で「スマホやめますか、それとも信大生やめますか」と新入生に語りかけたと、今日のNHKニュースで報じていた。

IMG_6836.jpg
文とは直接関係ありませんが、入学式に因んで桜の写真を入れました。
その部分の詳しい内容は次の通りです。

「スマホやめますか、それとも信大生やめますか」 
スイッチを切って、本を読みましょう。
友達と話をしましょう。
そして、自分で考えることを習慣づけましょう。
自分の持つ知識を総動員して、ものごとを根本から考え、全力で行動することが、独創性豊かな信大生を育てます。


う~~~む。
私も日頃から気になっていることがあります。
電車の中でスマホ。
友達と並んで座っていても、それぞれがスマホ。
子供連れのお母さんは、子供をほおっておいてスマホ(ゲームかな?)に夢中。
歩きながらもスマホ。
暇さえあればスマホ。

目から入る文字や映像。
耳から入る音。
外部からの入る情報で絶えず脳を刺激している。

携帯やスマホなどが無かった時代には、外部からの情報や刺激から解放される空白の時間が自然に出来たはず。
外部の刺激から解放された空白の時間の中で、ぼんやりと心を空っぽにしたり、自分の心の中を見つめたり、考えたり、物思いにふけったり・・・・・・・。
人間にはそんな時間が必要なのではないかと思います。
そんな時間を持たない毎日を過ごしている人は、何かが、どこかが、違ってきてしまうのではないか漠然とした不安を感じるのです。

スマホはとても便利な道具だと思います。
便利に使っていいと思います。
でも、目が覚めている時間のすべてをスマホに奪われているとしたら心配です。
自分の内部を見つめたり、自分の脳で考える時間を奪われているとしたら心配です。

昔は、意識しなくても外部からの刺激や情報から遮断される時間が自然にできました。
それは退屈な時間だったかもしれません。
でも、人間には退屈な時間も必要だと思います。

今は、意識的に外部からの刺激や情報を遮断しないと、空白の時間がつくりにくい時代になりました。
1日に一度は、スマホから解放される空白の時間を意識的に作りましょう。
たいくつな時間を作りましょう。
ぼんやりする期間、自分の心と対話する時間、自分の頭で考える時間、をつくりましょう。

そうしないと、人間がだんだん人間から離れて行くような気がして爺さんは心配なのです。
よけいな心配だったらゴメンナササイ。

「信州大学長の入学式挨拶」の全文はこちらをご覧ください。






2015年4月2日(木)

cocoさんと若洲へ行くことになった。
七原さんも同行。
池袋で待ち合わせて、cocoさんの車で釣り場へと向かいます。
とても良いお天気だ。
車窓から見える桜が綺麗だ。
天気予報では、風も弱いはず。

4時半頃釣り場に到着。

IMGP3491.jpg

早速人工磯に向かう。
天気予報に反して思いのほか風が強く海は荒れていた。
風は5~6メートル位だろうか。
磯では特に強く感じる。
早くから来て堤防でヘチ釣りをしていた江東区の釣り人さんとも合流。
堤防では小さいカサゴやソイが釣れたようだ。

明るいうちは釣れそうもないので、ゆっくり準備をして5時頃からウキを出した。
cocoさん、七原さん、江東区の釣り人さん、そして川越のGG。
4人で竿を並べたが釣れる気配はない。
ウキが荒波に翻弄されるだけ。

IMGP3494.jpg
夕陽が綺麗だが、日の沈んだ後は寒い。
江東区の釣り人さんは磯を引き上げて堤防へ移動。
続いてcocoさんも堤防へと移動した。

七原さんと私は7時頃まで磯で頑張ったが、風は一向に衰えないし、アタリも無いので、二人で堤防の様子を見にいった。
堤防の中程について間もなく、ヘチに落としてあったcocoさんの竿がガクンと動いた。
何やら大物らしい。
cocoさん格闘。
・・・・・・・・・・・
魚体が見えてきた。
50㎝は超えていると思われるシーバス。
七原さんが、タモを用意して待機。
あっちへ行ったりこっちへ来たり。
なかなか寄せられない。
もう少し・・・・・・・。
・・・・・・・・・・・・・・・・。
ありゃ~~~~~~~~。
痛恨のバラシ。

魚がいることがわかってちょっとだけやる気アップ。
私と七原さんも堤防へと移動した。
しかしその後はまったく音沙汰無し。
江東区の釣り人さんは、7時40分頃お帰りになった。

その後キャンプ場前に移動して9時までがんばったが、魚の気配はまったくなかった。

本日の釣果。
3人揃ってボウズ。

IMGP3515.jpg

桜は咲いても若洲の海はまだ冬のようです。
ボウズの時は特に寒い。
冷たい風が身に沁みました。

でも皆で楽しく過ごせてよかったです。
cocoさん、車を出していただいてありがとうございました。