AX 電車でGo“東京湾釣り日記” 2013年10月
アナゴと言えば20年近く前に館山の近くの坂田というところで大きなアナゴを何匹も釣ったことを思い出します。
湾奥では鉛筆サイズ位しか釣ったことがなく、最近はしばらくお目にかかっていません。
先日の釣行でご一緒の七原さんがアナゴを釣ったので、その写真を使わせていただき「魚の雑学」にアナゴを追加しました。
アナゴがはるか遠くの海で生まれた魚であるとことは今回調べてみて初めて知りました。
スポンサーサイト

10月28日(月)

江東区の釣り人さんのお誘いで若洲へ釣行。
我が家の調理係はしばらく不在。
魚を持ち帰らないのでクーラーボックスは持参しないことにした。
今日も長潮前の小潮。
あまり期待出来そうもない。

彼は始発で行くというので、私はいつもより早めに家を出て9時10分頃到着して釣り場で合流。
投げサビキを1本。
ヘチ釣りもどきを1本。
IMGP2067.jpg
1時間ほど全く何の反応もありません。
暇なので2人で周辺のゴミ拾い。
ゴミ拾いの効果は釣果に現れるはず・・・と期待します。

マメアジが釣れるらしいので、トリックに替えて見ようかと思ったがあいにく今日は持ってきていなかった。
江東区の釣り人さんが「僕が持ってますよ」というので、1つ頂戴してトリックに変更。
餌付器も持って来なかったがそこは何とか工夫して餌を付けて投入。
間もなく、イワシが2匹。
IMGP2055.jpg

早速ゴミ拾い効果かな?。
江東区の釣り人さんも、トリックに変更。
しばらくして「クロダイが釣れた~~~~~?!」
IMGP2061.jpg
江東区の釣り人さんが釣ったキビレ。
クロダイの親戚でしょうか。

その後私の竿にはマメアジ。
IMGP2056.jpg

続いてサッパ。
IMGP2057.jpg

その後はサッパとイワシはポツポツながらしばらく続いた。
たま~~~~にマメアジも混ざります。

江東区の釣り人さんも、サッパとイワシ、そして投げでハゼやキス、イシモチも・・・。

ヘチ釣りもどきは全く何の反応も無いので私もちょい投げに替えてみた。
すると・・・・・・
IMGP2069.jpg
ハゼちゃん。

そしてトリックには・・・・
IMGP2068_201310282125106e7.jpg
シロギス。

というわけで5目達成。

4時30分納竿。

本日の釣果

サッパ 15匹位(リリース)
イワシ 10匹位(リリース)
マメアジ 数匹  (10センチ以下はリリース)
ハゼ  1匹
シロギス1匹
キープしたものは江東区の釣り人さんに進呈。

江東区の釣り人さんは、サッパ、イワシ、キビレ、イシモチ、ハゼ、シロギスと6目釣って大満足。
彼は私より沢山ゴミを拾ったので効果も大きかったようです。
IMGP2071_201310282133387e5.jpg
写真は江東区の釣り人さんお持ち帰りの魚達。

綺麗な夕日を見ながら帰途につきました。
IMGP2075.jpg
夕日の横にはうっすらと富士山が見えています。
(写真では良く見えませんが・・・・・・)

小魚ばかりでしたが、ポツポツと適度に釣れて結構楽しめました。
そうそう、大物を1匹取り逃がしました。
置き竿にしておいたトリックの竿先が急に引き込まれ竿尻が跳ね上がって・・・・。
慌てて飛んでいったら時すでに遅し。
ハリスを切って脱走。
この大物は何だったんでしょう?。

江東区の釣り人さん。
トリック仕掛けをありがとうございました。
おかげでいろいろ釣れて5目釣りが達成できました。

テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用
1週間ほど前のNHKスペシャル「病の起源」でうつ病について放送していた。
この番組はだいぶ反響が大きかったようで2日ほど前にも再放送されたらしい。

最新の研究によると、長い間恐怖、不安、孤独、不平等、重圧などのストレスが続くと脳の深い部分にある扁桃体が暴走してストレスホルモンが出っ放しになることでうつ病を発症するらしい。

生物の進化の過程で最初に脳を持ったのは魚だそうだ。
魚が外敵を察知すると扁桃体が活動しでストレスホルモンを分泌して全身の筋肉が活性化し、運動能力を高めて素早く逃げる。
危険が遠ざかればストレスホルモンが減少して普通の動きに戻る。
ところが、魚と天敵を長期間同じ水槽に入れて実験して見ると魚は初めのうちは逃げ回るがやがてうつ病になって動かなくなってしまう。
テレビでは元気に泳ぎ回っている健康な魚と、水槽の中でのろのろ浮かんでいるうつ病の魚の映像を流していたが、うつ秒の魚は扁桃体が暴走してストレスホルモンが出っ放しになっているそうだ。

186389.jpg

魚もうつ病になるとは驚きです。

また猿は本来集団で生活する動物なのだが、これを群れから離して1匹にしておくと孤独感からうつ病になってしまうそうだ。
自然界にいる魚は長期間天敵と同居することなど無いであろうし、猿も自然界では1匹だけで生活することも無いであろうから自然の状態での動物はうつ病になることは無いであろう。
つまり本来の生活環境で生活していればうつ病にかかることは無いのだ。

研究者はたちはタンザニアのハッサ族について研究したところ、ここにはうつ病は存在しなかった。
ハッサ族は今では数少ない狩猟民族で獲ってきた獲物は必ず村人全員で平等に分け合うという生活をしている。

m04.jpg

NHKのインたービュでも「獲物を独り占めにするなどということは絶対にない」と話していた。
この平等な暮らし方がうつ病が存在しない理由らしい。

番組ではお金の分け方が扁桃体に活動にどのような影響を与えるかの実験についても紹介していた。
1.自分が損をするように分ける
2.公平に分ける
3.自分が得をするように分ける
この実験では自分が損をするように分けても、得をするように分けても扁桃体は激しく活動し、公平に分けた時が最も安定していたそうだ。

現在はうつ病の患者が世界中で3億5000万人、日本でも100万人に達しているという。
人間の住む社会環境や人間の生き方が、扁桃体を暴走させる方向へと向かっているせいではないだろうか。
ハッサ族の生活の中に、人間はどんな社会環境の中でどのように生きるべきかを考えるヒントが隠されているような気がする。


10月のミニ釣り会を26日(土)に開催する予定でしたが、天気予報によるとこの日は雨、さらに台風27号、28号が今週末にかけて関東地方に接近する恐れがあるとのことなので中止することといたしました。
11月に期待しましょう。

10月19日(土)

先月末頃七原さんから「ふれーゆ」へのご一緒釣行を誘われていた。
「ふれーゆ」という高齢者福祉施設の裏にある釣り場で正式名称は末広水際線プロムナード。
今回が初めての釣り場だ。
ネットで調べてみたが情報が少ない。
あまり人気の釣り場では無さそうだ。

天気予報では曇り時々雨。
6時頃から雨が降るらしい。
どうせ小物しか釣れないと思いタモ網は持っていかないつもりだったが、出発直前になってつい出来心でタモ網を持って家を出た。
待ち合わせは鶴見駅前のバス停。
新宿まわりで行く予定だったがつい出来心で反対まわり山の手線に乗って田端で京浜東北線に乗り換えた。
ところがこの電車は蒲田止まり。
う~~~む。
失敗だったかな。
待ち合わせの時間に間に合わないかもしれない。
・・・・・・・・・・・・・・・・・
蒲田で降りようとすると、あれ!?。
すぐ近くの席に七原さんが・・・・・。
偶然にも同じ電車の同じ車両に乗っていたとはビックリ。
というわけで、電車内で合流し予定通りのバスで10時半頃釣り場到着。

IMGP2041.jpg

天気予報に反して晴れに近い空模様で雨の心配は無さそうだ。
風がやや強いが釣りに支障はない。
釣り人の姿は思ったより多かった。
釣り場に着くとすぐ目にしたのは50センチ位のクロダイを上げているところ。
おお!。これは期待が持てそうだ。

ウキサビキを投げてみたが反応なし。
ヘチに胴突きを落としてみたが、これにも反応なし。

ヘチ釣りもどきで探ってみたところ早速コツコツと反応があり・・・・
IMGP2042.jpg
キューセン 15センチ リリース。

引き続いてアタリ・・・
IMGP2043.jpg
小メジナ13センチ リリース

さらにアタリ・・・
IMGP2044.jpg

ウミタナゴ 15センチ。
そしてウミタナゴをもう1匹追加。
IMGP2046.jpg
これもリリース。

ここでアタリが無くなったので昼食。

2時頃、アジでも来ないかと思いダメもとでサビキをトリックに変えて投げてみました。
間もなくウキが沈んでお隣とオマツリ。
何だろう?!。
IMGP2047_2013102010000179f.jpg
何と30センチオーバーのサバ。
仕掛けが尻尾にグルグル巻きついてめちゃめちゃです。

実は我が家の調理係はここしばらく娘の家へ行っていて留守なので、今日は小物はリリース、もし大物が釣れたら七原さんに押し付ける予定でした。
とりあえずキープ。

その直後に七原さんの竿にもサバ。
抜き上げられそうではあるが、海面からの距離が3メートル以上あるので念のためタモですくいました。
サバの時合到来かと思って大物用のサビキに変えてみたが、サバはその2匹だけで一旦終了。
その後七原さんの竿には50センチ位のボラ。
出来心で持ってきたタモ網がここでも役に立ちました。

4時近くなってそろそろアジでも狙おうかと、またトリックサビキで投げます。
間もなくウキが沈んで・・・・・
IMGP2048.jpg
メジナ27センチ。
とりあえずキープ。
その後七原さんの竿にサバがかかりはじめました。
またサバは回ってきたようです。
そして私のトリックサビキには小アジ。
IMGP2049.jpg
リリース。

煮干しサイズのマイクロイワシ。
IMGP2050.jpg
これって釣果に入るのかな?

次はサッパ。
IMGP2051_2013102010223745b.jpg

次は小メジナ。
IMGP2052.jpg
リリース。

そんなことをしているうちに七原さんはサバを4匹、アジその他いろいろ釣ったようです。
う~~~む。
これじゃあ私の釣ったのを押し付けるわけにはいかないなぁ。
そうだ!。
あと2~3匹サバを追加して調理係のいる娘の家へ持って行こう。
真面目にサバを狙って投げます。
IMGP2053.jpg
30センチオーバー。
しかし後が続きません。
サバもどこかへ行ってしまったようです。
海はすっかり静かになってしまいました。
6時40分納竿。

本日の釣果

サバ     2匹(30センチオーバー)
メジナ    3匹(13~27センチ)
ウミタナゴ  2匹
小アジ    1匹
サッパ    1匹
キューセン  1匹
マイクロイワシ1匹

七原さんも大物、小物いろいろ釣れて大満足の様子でした。
ふれーゆは魚種も豊富で大物もいるとても良い釣り場ですね。
今日はおもいがけない収穫でとても楽しい1日でした。
ありがとうございました。

お持ち帰りはこの3匹。

DSCF9285.jpg

これから魚を持って娘の家へ行ってきます。




テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用
昔々「魚の雑学」というホームページを作りました。
釣ったことのある魚についていろいろ調べて書いていたんですが、しばらく中断。
久しぶりで開いて見たら、あれっ?「ハゼ」について書いてなかった。
その他にもアナゴ、ムラソイなどもまだ書いていなかった・・・・・。
というわけで、久々に復活することにして「ハゼ」を追加しました。

魚の雑学

次の更新は未定ですが、アナゴについて書こうかな・・・と思っています。


私がブログを始めたのは今から5年ほど前の2008年6月。
ブログを初めてから何ヶ月か経ったある日、cocoさんという方から「一緒に釣りに行っていただけませんか」というメールをいただきました。
cocoさんは中3とのこと。
中高生位の若い人が私のような爺さんとの釣行をリクエストするなどとは思ってもいなかったのでビックリです。
それからcocoさんと度々ご一緒釣行するようになりました。
一緒に釣りをしていると周囲の人から「お孫さんですか」と言われることが良くあるので孫ほどに年代の離れた釣友を「孫」と呼ぶことにしました。
cocoさんが孫第1号です。
その後私のブログを見てご一緒釣行をリクエストしてくださる方がだんだんと増えて今では孫が10数名。
小学生から息子年代の方までいます。

ブログやネットを通じてこのような出会いと交流が出来るのは素晴らしいことだと思います。
しかしちょっと心配なことも・・・・・・。

ネットでの出会いで事件やトラブルに巻き込まれたという報道を時々目にします。
ネット社会は便利な社会ではありますが、危険が潜んでいる社会でもあります。
釣りのような同じ趣味を持った人、そして同性の場合は危険は極めて少ないとは思いますが、やはり注意が必要です。
小学生、中学生の方は特に気を付けてくださいね。

どんなことに気を付けたらよいか。
(特に小中学生向きです)
1.ブログなどを出来るだけ長期間閲覧しましょう。
何ヶ月も何年もブログの記事を見ているとどんな人なのかがだんだんわかってきます。
2年以上前から私のブログを見ていたという小学生に会ってビックリしました。
出来ればお父さんやお母さんなど家族の人と一緒に見た方がいいと思います。
2.コメントのやりとりをしましょう。
まずコメントでの交流からはじめましょう。
ブログの記事だけを見ていた時よりも親しみが増し相手のこともいろいろわかります。
コメントは誰でも見られるので実名や電話番号などの個人情報は書かないことです。
3.メールでのやりとりをしましょう。
会って一緒に釣りがしたいという方にはメールして見ましょう。
メールでは簡単な自己紹介をして趣味や年齢住んでいる場所(市名や区名程度)を伝えましょう。
最初は実名や電話番号などは伝えなくても良いと思います。
私は会うと決まった方には実名、携帯の番号や携帯メールのアドレスなどをお知らせしています。
どんな人かがわかるように顔写真を送ることもあります。
4.親にも話しましょう。
会うことが決まったら出来るだけお父さんやお母さんに話してください。
本人だけでは無くお父さんやお母さんとも連絡が取れるようにしておくと安心です。
携帯を持っていない人と一緒の場合、私の携帯からお家の方に帰りの時間などを連絡するようにしています。
5.最初は複数の人で会いましょう。
出来れば最初は親や友達など誰かと一緒に会った方がいいと思います。
「一緒に釣りをしましょう会」や「ミニ釣り会」などに参加することから始めるのもいいと思います。
6.行先や帰りの予定時間などをお父さんやお母さんに伝えて了解をいただいておきましょう。

以上思いついたことを書いてみました。
釣りやブログを通じて幅広い年齢層の人と交流できることは素晴らしいことです。
トラブルや危険に巻き込まれないように注意しながら、良い出会いを楽しみましょうね。
今度はどんな孫と出会えるかな・・・・・。

10月12日(土)
昨夜江東区の釣り人さんから「明日若洲へ行きませんか」と電話があった。
朝早くから堤防で竿を出すらしい。
ちょうど空いていたのでご一緒することにした。

我が家の亀さんは2~3日前からサッパを食べなくなった。
毎年10月頃から食欲が落ちてきて12月に冬眠に入る。
冬眠の準備を始めたらしい。
食欲の無い時でもカニカマボコは喜んで食べるのでここ何日かはカニカマボコでけを食べさせている。
というわけで、今日はサッパはいらないので、サビキはやらないことにした。
サッパ意外で私でも釣れるものが何かあるだろうか?。

10時頃釣り場到着。
キャンプ場前にはこんなのぼり旗が立っていました。
IMGP2026.jpg

IMGP2029.jpg
水辺感謝の日
あなたの愛を少しだけ水辺に注いでください
全国一斉釣り場清掃デー

日本釣振興会という団体がやっている釣り場の清掃活動の日のようです。
そしてその先には、また別の一団が・・・・・。

IMGP2031.jpg

シニア釣り教室。
60歳以上の方が対象の釣り教室のようですが、私はシニアでない?のでこういうのには参加しません。

10時半頃堤防で江東区の釣り人さんと合流。
彼は8時頃から来ていて朝のうちにカサゴを2匹釣ったそうだ。

IMGP2034.jpg

「犬も歩けば棒にあたる。ヘチを歩けば魚にあたる。」ということを前回学んだので今日はヘチを歩いて見ることにした。
私はヘチ竿もタイコリールも持っていないので、「さぐりカサゴ」とかいう1.5メートル位の竿にスピニングリール。
こんな仕掛けでヘチ釣りモドキ。

DSCF9283.jpg

堤防の先端近くまで歩きましたがまったく何も釣れません。
江東区の釣り人さんもその後は何も釣れないようです。
お腹が空いてきたので腹ごしらえ。

清掃活動の方がゴミを拾いながら堤防を回っています。
「ゴミがあれば持っていきますよ」と声を掛けてくださいました。
今日は北海道から沖縄まで全国一斉に釣り場の清掃をしているそうです。
ご厚意に甘えてお願いしました。
ありがとうございます。
ご苦労さまです。
このような活動を見てゴミを捨てる人が減って欲しいものです。

午後からは逆方向つまり入口へ方向へ歩きます。
キャンプ場前も端から端まで歩きましたが何も釣れません。
清掃活動の方達がゴミを拾い終えて集まってきていました。

IMGP2037.jpg

ゴミ袋が次々と運ばれてきていました。
釣り場がこんなに汚れていたんだと改めて実感しました。
ゴミを捨てるのは止めましょう。
そしてゴミが落ちていたら拾いましょう。

キャンプ場前から戻って、再び堤防の先端方向へと歩きます。
3時を過ぎたころやっとアタリ。

IMGP2039.jpg

10センチ位のコショウダイ。
本日の初釣果です。
これでボウズは回避できました。

間もなく江東区の釣り人さんもコショウダイを1匹。
その後は魚の気配なし。

4時を少し過ぎたところで納竿。
元の場所に戻って朝から投入しておいた胴突きを上げてみたら何等異常なし。
餌もちゃんと付いたままでした。
江東区の釣り人さんが投げておいた竿には小さなイシモチが・・・。

本日の釣果
川越のGG
コショウダイ 1匹

江東区の釣り人さん
カサゴ   2匹
コショウダイ1匹
イシモチ  1匹

若洲をこんなに歩いたには初めてだったかもしれません。
ヘチを歩けば魚に当たる・・・・とは限らないようです。
朝から投げ竿を4本並べて1ヶ所でじっと動かずに頑張っているおじさんがいました。
カレイ狙いのようです。
石の上にも3年。
じっと待ってりゃ魚が当たる。
歩く釣り、じっと待つ釣り。
人それぞれですね。


テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用
10月6日(日)
江東区の釣り人さんと若洲へ釣行。
今日は朝から堤防でちょい投げやヘチ釣りをするらしい。
私の若洲釣行は磯でのメジナ狙いが多く、堤防での釣りは久しぶりだ。
亀さんのお土産にサッパが少し釣れればいいかな・・・。

10時半頃堤防で江東区の釣り人さんと合流。
日曜日とあって釣り場は混んでいた。
いつもの事ながら釣れている様子はない。

IMGP2020.jpg

入口から200メートル位進んだあたりが空いていたので、そこに竿を出すことにした。
まずはサビキを出してみたがサッパの姿は無い。
周囲でも釣れていないのだからこの時間は居ないのだろう。

江東区の釣り人さんは、タイコリールでヘチ釣り。
ヒョイと仕掛けを投入したと思ったら、ヒョイと17センチ位のメバルを釣り上げた。
何も釣れていない周囲の人たちから称賛の声。

彼はブログをやっていないので、私が代わって写真をアップさせていただく事にした。

IMGP2018.jpg
江東区の釣り人さんが釣ったメバル 17センチ。

彼は次のポイントへ移動したと思ったら、今度は良型のカサゴをぶら下げて戻ってきた。

IMGP2017.jpg
江東区の釣り人さんが釣ったカサゴ 20センチ。

通りがかりの人がバケツを覗いて、凄い、凄いと称賛の嵐。

私は相変わらず何も釣れません。
サビキにイソメを付けてみたり、投げを胴突きに変えて見たりしたがダメです。

12時半頃江東区の釣り人さんのご両親が到着。
ご両親も釣りをするそうです。

堤防を見て回ると、私が竿を出している場所から50メートル位入口側の方はバケツにサッパが1~2匹。
そして、約50メートル先端寄りのバケツにはサッパが20匹位。
さらに先端近くへ進むとサッパの姿はなし。
私が竿を出しているところの周辺はサッパの空白地帯だったらしい。
移動が面倒なのでそのまま頑張っていたら3時過ぎにやっとの事で2匹釣れた。
5時間でサッパ2匹とは悲しい。
そこで先端方向へ50メートルほど移動して見ると早速数匹釣れて15分位で12匹に・・・・。
まあ、亀さんのお土産はこの程度でいいでしょう。

IMGP2025.jpg

その間に江東区の釣り人さんはヘチ釣りでカサゴ、メバル、セイゴを追加。
お父さんもヘチをあっちこち移動して、良型のメバルや小さいカサゴ、コショウダイなどを釣られたようです。
お母さんの投げ竿にも小さなイシモチが掛かったとか・・・。

私はその後ウキも出して見ましたが何も釣れずに6時頃納竿。
江東区の釣り人さんのご両親の車で新木場まで送っていただきました。
ありがとうございました。

本日の釣果
サッパ 12匹。
予定通り亀さんのお土産が出来たので良しとします。

江東区の釣り人さんの釣果は・・・・
カサゴ 2匹
メバル 2匹
セイゴ 1匹。

メジナ、コショウダイなどを多数ばらしたとか。
若洲にしてはまずまずの釣果に大満足の様子でした。

釣り場全体として、投げは壊滅状態、サビキは場所によりサッパ。
犬も歩けば棒にあたる。
ヘチを歩けば魚にあたる。
今日の堤防は1ヶ所でじっとしている釣りはダメだったようです。

帰ると亀さんが待っていて、早くちょうだいと催促。
サッパの刺身にぱくついて大満足です。

テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用
10月2日(水)

この日はyuukigiantsさん、サッサーさんと大黒へサバを釣りに行く予定になっていた。
しかし、1週間ほど前からサバの釣果が落ちてきていたので一時は他へ行こうかとも考えたが、日曜日以降持ち直してきたのを見てやはり大黒へ行くことにした。
ところが台風22号接近。
本日の昼ごろに関東へ最接近するとの予報。
大黒のホームページには「本日は朝6時から通常通り開場しますが台風の進路状況によっては閉鎖することもあります」という意味の告知がしてあった。
さてどうしよう。
行くべきか、止めるべきか。

昼ごろ接近ということは午後2時頃には雨も風もおさまるのではないかと推測。
そこで予定よりも時間を遅らせていく事にした。
家を出る時は霧雨。
ところが池袋でyuukigiantsさんと合流した時には本降りになっていた。
池袋の釣具店で餌等を購入する予定だったのだが、雨がひどくて駅から出られない。
仕方が無いので餌は現地で購入することにして池袋を出発。
サッサーさんは都合で後から来るそうだ。

「台風接近」の天気予報なので今日は釣り人が少ないはず。
そして、釣り場に着く頃には雨も風も止んでいて、お魚釣り放題・・・・・のはず。
そんなことを妄想しながら3時近くに釣り場到着。
雨も風も静かで、釣り場もあまり混んでいない。
そこまでは想定通り。

IMGP2008.jpg

しかし魚も静かです。
これは想定外だったかな・・・・・・。

サバ狙いで大物用のサビキ。
アジ狙いでトリックサビキ。
どちらの竿にも何の反応も無いまま1時間ほど過ぎました。
これじゃあ、今日はダメかな?。

IMGP2011.jpg

空には虹がでています。

4時半頃からマメアジがぽつぽつ釣れ出しました。
今日はサバは釣れそうもないからマメアジを100匹くらい釣って帰ろうか。

IMGP2015.jpg

そんな冗談を言っていると間もなくマメアジもストップ。

5時頃サッサーさん到着。
それを待っていたかのように私のトリックサビキが大きく引き込まれます。
サバだ!。
強い引きです。
トリックサビキが切れない事を祈りながらやっと取り込み成功。
そして同時にもう1本の竿にもサバ。
いっぺんに2匹ゲット。
そのあとは、サビキを投入する度にサバがかかります。
久しぶりに味わうなかなかの引きです。
約30分の間に7匹。
バラシが3匹ほど。

IMGP2014.jpg

1匹ずつ撮っている余裕が無かったのでまとめて撮ったら小さく写ってサッパと間違われそう。
1匹だけド~~ンと大きく撮れば良かったと後悔。
サイズは26センチ~30センチです。

サバは5時半頃でピタリとストップ。
また静かな海に戻りました。

その後マメアジを2匹追加。

その後は釣れそうもないので6時を少し過ぎたところで納竿。

本日の釣果。

サバ   7匹(27~30センチ)
マメアジ 6匹(10~17センチ)

DSCF9277.jpg

サバ2匹をサッサーさんに贈呈してお持ち帰りは5匹。
マメアジはこの他にyuukigiantsさんから2匹頂戴しました。
今日は時間を遅らせて大黒へ行って大正解!。
久しぶりの大漁に満足して帰途につきました。
今日も楽しいご一緒釣行ありがとうございました。

テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用
10月1日(火)

「江東区の釣り人」さんという方から一緒に釣りに行きたいというコメントを何度かいただいたが、うまく都合が合わずにのびのびになっていた。
そしてやっと今日会うことになったのだが、天気予報によると雨が降ったりやんだりが1日中続くらしい。
朝パソコンを付けて見ると早朝5時半の書き込みで「強い雨の予報なので今日は止めます。」
そして6時40分頃の書き込みで「やっぱり行きます。」

私は午前中は仕事があったので昼頃出発。
幸い雨が止んでいた。
2時頃若洲へ到着。
天気予報のせいもあってか、堤防も磯もいつもよりは空いているようだ。

IMGP1995.jpg

待ち合わせ場所である人工磯の先端に向かいます。
今日は釣り人も観光客もほとんどいません。
先端付近に少年の姿が見えました。
どうやら彼が「江東区の釣り人」さんのようです。
近づくと「川越のGGさんですね。今日は来てくれて有難うございました。」ときちんと頭を下げてご挨拶。
礼儀正しい元気な少年でした。
小6だそうです。

朝9時頃から来ていたようですが、わずかに小雨が降っただけで濡れるほどでは無かったとのこと。
残念ながら魚はまだ釣れていませんでした。
今日は彼に会うことが主目的だったので竿の方は適当に出しておいて少しおしゃべり。
2年も前から私のブログをいつも見ていてくれたとのこと。

夕方から用事があるとのことで3時半頃納竿して帰りました。
何も釣れずに帰ったのは残念でしたが、雨に降られることも無くお会いできて良かったです。
今度はもっと時間のある時に一緒に竿を出しましょうね。

その後は私一人でウキ釣り。
明るいうちは釣れる見込みが無いので適当に時間をつぶします。

5時頃yuukigiantsさんが到着。
今日は堤防の方でウキ釣りだそうです。

5時を過きるとポツポツアタリが出てきます。
そして5時45分。

IMGP2000.jpg

チビメジナです。
リリース。

風もなく暖かですが今日も蚊が多いです。
刺されて痒い、痒い、痒い。
虫よけスプレーを持って来るのを忘れました。
前回の教訓が生かされていないようです。

2匹目は・・・・

IMGP2003.jpg

これもリリース。

そして3匹目。

IMGP2005.jpg

18センチ位のメバル。
持ち帰ろうかな・・・とも思ったのですが今日は気前よくリリース。

次・・・・・
何か大き目が魚信があったと思ったらハリス切れ。
前回もまったく同じことがありました。
かかったと思った瞬間にハリス切れ。
これは何なんでしょうか。

蚊に刺されて痒くて痒くてたまらないので、いらいらしながら仕掛けを直していたところ、道具箱の上側のハサミやガンダマなどを入れてあるトレイ状の部分がスルリと滑って岩の間の落下。
ハサミ、ペンチ、そしてガンダマをケースごとロスト。
戦意を喪失したので磯は切上げてyuukigiantsさんのいるキャンプ場前へと移動。

ウキを置き竿にしておいたらこんなのが釣れました。

IMGP2006.jpg

コショウダイ。
13センチ。

明日も釣行予定なので、今日は早々と切上げて7時51分のバスで帰りました。

本日の釣果

メジナ 1匹
メバル 1匹
セイゴ 1匹
コショウダイ 1匹

どれもチビばかりなのですべてリリース。

雨に降られずに江東区の釣り人さんに会えたし、ボウズで無かったし、yuukigiantsさんと明日の作戦会議も出来たし・・・良かった、良かった。

ここまでが昨日(10月1日)の釣行記です。
そして今日は大黒への釣行を予定しているのですが、台風が接近中とのこと。
行くべきか止めるべきか悩んでいるところです。
どうなることやら・・・・・・・。

テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用