AX 電車でGo“東京湾釣り日記” 2013年04月
4月27日(土)

本日はミニ釣り会開催日。

このところ風の強い日が続いている。
天気予報では、夕方6時頃がもっとも強く風速5メートル。
この位なら大丈夫だろうと実施することにした。
本命はメジナ狙い。
前回(13日)より水温も上がっているはずなので間違いなく釣れるだろうと期待大。

3時に若洲キャンプ場前集合。
参加者は、yukigiantsさん、サッサーさん、パパちゃんさん、七原さんとその友達のtellさんとイッシーさん。川越の魚人の合計7名。
七原さんのお友達2名以外は皆おなじみの顔ぶれだ。
風は弱く波も静かだ。
この調子なら、風は心配無さそうだと安心。

それぞれが思い思いの場所に竿を出した。

IMGP1597a.jpg

何も釣れないうちに、1時間、2時間と過ぎていきます。
誰も、何も釣れそうがありません。
しかしこれは想定内。
7時頃になればきっとメジナが釣れるはず。

5時頃、「若洲はやっぱり暗くならないとダメだね」などと話していると・・・・
少し離れたところへ竿を出していたyukigiantsさんが、何やら大物を釣り上げたようだ。
チラリと見えたのは・・・・クロダイかな???

何と!30センチ近くあるジャンボウミタナゴでした。
こんなに大きいウミタナゴを見たのは初めてです。

それを見てやる気アップ。
そして、やっとのことで針の先にかかったのは・・・・・

IMGP1595.jpg

ダボハゼちゃん。
これでとりあえずはボウズ回避。

本命のメジナは7時過ぎには必ず来るハズ・・・と待ちます。
6時頃になっても風は弱く波も穏やか・・・・
これなら大丈夫と思っていたら、6時半を過ぎた頃から急に冷たい北風が吹いてきた。
風速は5メートル位かな?。
寒い~~~~~!。

もうすぐ7時。
メジナの時間が来るハズ。

そして7時を過ぎた頃。
待望のメジナ第1号はパパちゃんさん。
おめでとうございます。
次は私の竿に来るハズ。

トイレへ行った帰りに、釣り場に着いたばかりの江戸川区の釣り人さんにお会いしてご挨拶。
「メジナはこれからですよ」という言葉に励まされて頑張ります。

アタリはあるが針がかりしないことが何回かあった。
そして、ついにキタ~~~~と思ったがメジナにしては軽い。

IMGP1602.jpg

ちびカサゴ、いやムラソイかな?
リリース。

時々風がゴーっと強くなる。
竿がしのって持つのが大変。
強い時は7~8メートルありそう。
寒い、寒い、寒~~~い。
しかし海面は波静か。

あちこち移動していたyukigiantsさんは、「メジナが釣れました!」

近くへ竿を出していた江戸川区の釣り人さんに様子を聞くと、「今日は活性が低いようでなかなか針がかりしません」と言いながらも1匹釣り上げていた。

yukigiantsさんはさらに1匹追加。

サッサーさんも1匹釣れたらしい。
私もきっと釣れるはずだと、頑張ってみたが時々アタリがあるものの針がかりしない。
8時半頃、根がかりで針が取られてしまったので終了。
必ず来るハズだったのメジナが来なかったのは想定外。
トホト・・・・・。

パパちゃんさんはその後メバルを1匹追加。

8時45分 全員納竿。

本日の釣果。

私はダボハゼ 1匹。
ちびカサゴ  1匹。

ミニ釣り会全体では、
ジャンボウミタナゴ 1匹。(yukigiantsさん)
メジナ       4匹。(yukigiantsさん、パパちゃんさん、サッサーさん)
メバル       1匹。(パパちゃんさん)
アイナメ      1匹。(yukigiantsさん)
ちびカサゴ     1匹。(川越の魚人)
ダボハゼ      1匹。(川越の魚人)
(記憶漏れがあったらゴメンナサイ)

というわけで、最優秀はyukigiantsさん。
七原さんとそのお友達は残念賞。

参加者のブログは次をご覧ください。
yukigiantsさん「小物も大物釣り日記」
サッサーさん  「お魚求めて3000里」
七原さん    「鯛で海老を釣る」
パパちゃんさん 「パパとゆうじの釣り日記」

帰ってからネットを見たら江戸川区の釣り人さんは4匹も釣っていました。
やっぱり釣れる人はどんな時でも釣れるんですね。

スポンサーサイト

テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用
4月のミニ釣り会を4月27日(土)に開催します。
最近ではお互いに連絡を取りあってご一緒釣行することが多いので、改めてミニ釣り会として開催する必要が無いような気もしますが・・・・。
場所はいつもの若洲。
釣れるのは夜だと思いますので、時間は3時~8時位とします。
参加される方はコメントまたはメールでご連絡ください。
よろしくお願いします。


テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用
4月22日(月)

昨日(日曜日)はcocoさんと若洲へ行く予定だったのだが、風が強くて寒いということで中止。

そして本日の釣行。
数日前に七原さんから「月曜日は学校が休みなのでシリヤケイカ狙いで東扇島へ行きます。一緒に行っていただけませんか。」と連絡があった。
ちょうど空いていたので、ご一緒することにした。
「シリヤケイカが釣れた時のためにタモ網を持って来てもらえませんか。」と七原さんからの要望。
我が家には10数年前に買ったタモ網があるのだが、電車釣行では荷物になるので持って行ったことが無い。
それに、タモ網を使うほどの大物が釣れることはほどんと無かったし、たまに間違って大きいのが来たときはご一緒釣行の釣りバカ青年さんなどに助けていただいたので、私はまともにタモ網を使ったことが無い。
しかし今回は可愛い孫?のためにタモ網を持参し、タモ入れ係として同行することにした。
どうなることやら・・・・・。

川崎駅前のバス乗り場で待ち合わせて、8時54分のバスで東扇島西公園へ。
10時頃釣り場到着。
釣り場の左先端側へ竿を出すことにした。
私はシリヤケイカなど釣ったことは無く、エギを使ったこともほとんど無い。
それにネットで見たところでは、シリヤケイカは今のところ数が非常に少ないらしい。
私には釣れそうも無いと最初から諦めて、いつもの通り投げ、ウキ、胴突きの3本立て。
どれかに何かが掛かるだろうといういいかげんな作戦。
七原さんは、投げ、胴突きを置き竿にしておいて、もっぱらエギに集中。

IMGP1588.jpg

平日の割には釣り人が多いのだが釣れている様子は無い。
私たちが行く前に釣れたらしいシリヤケイカが3杯網に入っているのを見た他は魚の姿は無い。
餌も取られない。
竿先はピクリともしない。
ウキも動かない。

七原さんのエギにも何ら反応は無いようだ。
そんな時間が3時間位続いた。
いくら待っても釣れそうも無いので、昼食が終わったら右端のトイレ前の方へ移動しようかなどと話していた。

1時半頃。
「釣れました~~~。タモ網お願い!」と七原さんの大声。
タモ入れ係出動。
急いで駆け付けると、見えて来たのは待望のシリヤケイカ。
しかも良型。
タモに入れようとするが、海面から高さがありやっと網が届く距離。
なかなか入らない。
タモ網の扱いに慣れていないので、モタモタ。
お!、入ったか。
あれ?。入ってない。
そんなことをやっているとバシャ~~~~~。
タモ入れ失敗。
痛恨のバラシ。
タモ入れ係失格!。
ゴメンナサイ。

待望のシリヤケイカを取り逃がして、じだんだ踏んで悔しがる七原さん。
私もガックリ。

しかし、七原さんはすぐに気を取り直して再挑戦。

IMGP1590.jpg

そして30分位後。
「釣れました~~~~~~!」
今度タモ入れ失敗したら切腹ものです。
慎重に・・・・・。

タモ入れ成功。
無事捕獲。
やれやれ、ほっとしました。

他の人は誰も釣れていないというのに七原さんお見事です。
しかも、シリヤケイカは初体験とのこと・・・。

七原さんは、その後2回ほどバラシがあったようです。

私はその後も何も釣れず、4時納竿。
私はボウズ。
七原さんは、シリヤケイカ 1杯。
本命を釣ったのが、自分のことのように嬉しい。

私がうまくタモ入れしていれば、2杯釣れていたのに・・・・・。
こんな頼りない爺さんですが、またご一緒してもらえたら嬉しいですよ。

テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用
4月13日(土)
日曜日に七原さんと釣りに行く約束をしていた。
ところが天気予報によると日曜日は風がだいぶ強いようだ。
そこで急きょ予定を変更して、土曜日に行くことになった。
狙いはメジナ。
江戸川区の釣り人さんからいただいた情報をもとに、今日こそはと期待して若洲へ。
3時半頃釣り場到着。
先に来ていた七原さんと堤防で合流。

IMGP1563.jpg

とても良いお天気なのだが風がやや強い。
堤防ではわずかながらハゼやセイゴが釣れているようだ。
七原さんはまだ何も釣れていないとのこと。
私は堤防では竿を出す予定は無かったので、様子を見ながらしばらくおしゃべり。

サッサーさんからメールが入った。
「今日はどこかで釣りをしていませんか?。僕はこれから若洲へ向かいます。」
若洲に居ることを伝え、一緒に竿を出すことにした。

4時半頃磯へ移動。
間もなくサッサーさんも到着。
磯は堤防よりも風が強い。
5メートル位の風が吹いていてウキが投入しにくい。
とりあえず竿を出して暗くなるのを待ちます。

IMGP1570.jpg

日が沈みます。
相変わらず風が強いです。

IMGP1567.jpg

暗くなりました。
電気ウキに点灯。
7時近くになった「釣れました~~~~」と七原さんの声。
メジナです。
良かった!。ホットしました。
彼にこの喜びを味わってもらうのが今日の目的でした。

その後少しして私のウキも沈みました。

IMGP1574.jpg

本年1匹目がやっと来ました。23センチ。

そして間もなく2匹目。

IMGP1575.jpg

25センチ。

その後少し間があいて、3匹目は21センチ。

IMGP1580.jpg


七原さんも3匹のメジナを釣って大満足の様子。
良かった!。
良かった!。

しかし、サッサーさんは何も釣れないばかりか、新品の電気ウキを岩の間に落としてしまったとのこと。
う~~~む。可愛そう。
でも、釣りにはこういうこともよくあること。
釣りをしなければ味わえない喜び、悲しみ、悔しさ。
それらを全部含めて釣りを楽しみましょうね。

8時45分納竿。
さて、帰ろうかと磯沿いの道を歩き始めたところ、後ろから呼ぶ声が・・・・・・。
振り向くと、「江戸川区の釣り人です。」
何と、ネットでメジナ情報を教えてくださった方との初対面。
嬉しいです。
ブログからの繋がりがまた増えました。

本日の釣果。

メジナ 3匹(23、25、21センチ)

DSCF9170.jpg

海にも春が来たことを体感させてくれた楽しい今日の釣りでした。
ありがとうございました。


テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用
4月8日(月)

「若洲でメジナが釣れ始めた」という情報をいただいたのでメジナ狙いで釣行。
土、日は全国的な暴風雨であちことに被害が出たようだ。
それに本日未明にも相当強い風が吹いていたし、朝のラジオの天気予報によると強風波浪注意報が出ているとのこと。
風は大丈夫だろうかと心配だったが、ヤフーの天気予報では午後の風速は1~2メートル。
とにかく出かけてみる事にした。
釣りバカ青年さんも来てくれることになった。

家を出て自転車で駅へ向かう途中・・・・・・。
あれ!クーラーボックスを忘れた。
家まで取りに戻りました。
もしかしたら「今日はクーラーボックスはいらない日」ということかも知れないと不吉な予感。

池袋へ行く電車の中で眠ってしまった。
目が覚めると池袋へ着いていた。
慌てて降りるとまもなく、折り返しの成増行きになって発車。
あっ!。電車内にクーラーボックスを忘れた。

IMGP1561.jpg


駅の遺失物係の方に調べてもらう。
約15分後に成増駅で発見。
成増駅まで取りに戻ります。
う~~~む、2度までも。
クーラーボックス不要疑惑さらに濃厚。

予定より30分ほど遅れて5時頃釣り場到着。
ほぼ無風状態で、波も穏やか。
今朝の強風波浪注意報は何だったんだろう?。

人工磯で準備をしていると釣りバカ青年さんが到着。
とりあえず竿を出します。
日が暮れてお魚が来るのを待ちます。

IMGP1559.jpg

暗くなってもまだ来ません。

7時まで待ちます。

8時まで待ちます。

釣りバカ青年さんが、根がかりで仕掛けが取られたのでそろそろ止めようかというのを引きとめて、終バスまで頑張ります。

この間2回アタリがあったが針がかりしません。

8時50分頃納竿。
100%ボウズ。
冬に逆戻りした気分です。
雨と強風が2日間も続いたのでお魚は何処かへ行ってしまったのでしょうか。

いつもなら自分では釣れなくても釣りバカ青年さんが釣ったのをいただいて持ち帰るんですが、今日はそれもありません。
やはり今日は「クーラーボックス不要の日」だったようです。





テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用
亀さんは我が家で飼い始めてから20年位になる。
先月冬眠から目覚めて今年も元気だ。
甲羅長は約30センチ。
60㎝×30㎝×30㎝の水槽で飼っていた。

DSCF9119.jpg

水槽の奥行きと、甲羅長がほぼ同じだ。

DSCF9144.jpg

水槽内で回転する時は首をしっかり引っ込めて、鼻をガラスにこすりつけながらやっと身体の方向を変える。

DSCF9108.jpg

これではあまりにも可愛そうなので大奮発して60㎝×45㎝×45㎝の新居の購入を決意。

DSCF9156.jpg

手前が新しい水槽。
奥にあるのが古い方の水槽。
ガラスも厚く、高さもありガッチリしています。
重いです。

早速新居へお引っ越し。

DSCF9123.jpg

広いです。
亀さんが小さく見えます。

DSCF9148.jpg

首を伸ばしたままでの回転も余裕です。
亀さん、気持ち良さそう。
今年も甲羅が剥けています。
安心してもっと大きくなるのでしょうか。

そして、日中は庭の別荘で日向ぼっこ。

DSCF9158.jpg

昼は別荘で過ごして、夜は新居でマグロやサーモンの刺身、カニカマボコ、煮干しなど豪華な食事。

DSCF9168.jpg

ますます大きくなりそうです。



4月5日(金)

釣りバカ青年さんからのお誘いで、メバル、カサゴ狙いで湾奥へ釣行。
4時頃釣り場に到着。
風がやや強かったが釣りに差支えるほどでは無い。
釣り人は3~4人。
投げ、ウキ、胴突きの3本を投入。
どの竿にもまったく何の反応もありません。
何人かいた釣り人はお帰りになってしまったようだ。

5時頃釣りバカ青年さん到着
何本か竿を出します。
やはり反応なし。

置き竿にしたままで、
「明るいうちは無理だね。」
「今日は長潮だから、ダメかな」
「二人でメバルかカサゴが1匹でも釣れたらいいね」
・・・・・・
などと話をしていると、釣りバカ青年さんの竿がいきなり引き込まれた。
急いで竿を掴んで巻きます。
何かがかかっているらしい。
急いでタモ網準備のお手伝い。
上がってきたのは50センチ近くありそうなシーバスでした。

それでは私も・・・・・と張り切ってみたものの私の竿には何の反応もありません。
日が暮れてきました。
場所を少し移動してみたが、やはり何も釣れません。
その後釣りバカ青年さんはセイゴを1、2匹。

しばらくして・・・
私の置き竿が動いたのを釣りバカ青年さんが見つけて呼んでくれたが、時すでに遅し。
根に潜られてしまったようでバラシ。
残念。

そて7時を過ぎた頃。
やっとウキが沈みました。
何やら大物!?。
釣りバカ青年さんにタモ出動要請。
上がってきたのは・・・・・・。

IMGP1554.jpg

ボウズよりはましです。
感謝してお帰りいただきました。

そして8時頃、私の置き竿の先がピクピク動いているのをまたも釣りバカ青年さんが見つけてくれました。
ちょっと待つと、竿先がグッと引き込まれました。
撒きます。
上がってきたのは・・・・・

IMGP1557.jpg

待望のメバル 19センチ。
良かった!。良かった!。

竿先が動いているところを釣りバカ青年さんに見つけてもらわなければ、取り逃がしてしまうところでした。

そういえば、置き竿にしておいた胴突きがいつの間にか根がかりしていることが何度かありました。
もしかしたら、魚がかかって根に潜ったための根がかりかもしれない。
ウキや胴突きでの置き竿は禁止ですね。
いつも失敗しながらも、またまたやってしまいます。
反省が足りないようです。

8時45分納竿。
本日の釣果。

サメ  1匹。
メバル 1匹。(19センチ)

湾奥にもやっと春が来たようで、これからが楽しみです。





テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用
4月1日、2日に一泊で妻と二人で渥美半島田原市に住んでいる次男のところへ行ってきた。
新幹線で豊橋へ。
そこから次男の車で海岸沿いを渥美半島の先端、伊良湖岬までドライブ。
(写真はクリックすると拡大表示されます)

渥美半島

太平洋の白波が美しい
IMGP1430.jpg

釣り人の姿もチラホラ。
IMGP1433_20130402190035.jpg

IMGP1438.jpg

焼き大アサリ
とれも美味しかったですよ。
IMGP1439.jpg

伊良湖岬灯台へと続く遊歩道。
IMGP1445.jpg

伊良湖岬灯台
IMGP1461.jpg

IMGP1452_20130402190416.jpg

潮干狩りをする人の姿も・・・・・
IMGP1463_20130402190421.jpg

1日目はこのあと民宿へ一泊。
民宿ではアサリの酒蒸し、焼き大アサリ、アサリの味噌汁とアサリずくし。
煮魚は近くでとれたカサゴ。

民宿のすぐ側は海。
やっぱり釣り道具を持ってくれば良かったかなぁ。
残念。

翌日は70種6万本のチューリップが咲いているというサンテパルクたはらへ。
民宿のおばちゃんが車で送ってくれた。
ありがとうございました。

IMGP1475.jpg

IMGP1473.jpg

IMGP1492.jpg

IMGP1500.jpg

ここでお土産などを買って、ぐるりんバスで三河田原へ。

IMGP1502.jpg

そこから豊橋鉄道渥美線に乗り豊橋へ。
時間があるので、豊橋の桜祭りなどを見物することにして、路面電車に乗り市役所近くの豊橋公園へ。

IMGP1531.jpg

桜は見事に満開です。
IMGP1504.jpg

公園にはこんな彫刻や・・・・
IMGP1507.jpg

花時計
IMGP1509.jpg

こんな彫刻も・・・。
IMGP1510.jpg

吉田城。
IMGP1515.jpg

IMGP1527.jpg

このあと、駅ビルの「みかわの郷」で昼食をとり新幹線で帰宅。
IMGP1532.jpg

一年ぶりで次男と逢い楽しく過ごした一泊二日の旅でした。