AX 電車でGo“東京湾釣り日記” 2013年03月
3月30日(土)
今日はミニ釣り会の開催日。
先日若洲へご一緒した時に調布さんから「もし参加者が5名以下だったら車でどこかへ行きましょう」という有難いお誘いをいただいていた。
前日までに連絡があったのは5名だったがその後欠席者が1名出て参加予定は4名。
お言葉に甘えて、調布さんの車でどこかへ行くことになった。
9時30分大崎駅へ集合。行先は当日集まってから決めることにした。

当日さらに欠席が1名出て、最終的には調布さん、yuukigiantsさん、川越の魚人の3名。
今回はミニからマイクロへと縮小。
ここ何度かの釣行は厳しい冬続きだったので、一足早く春が来ているハズの南房へ行って見ようという事になり、突如館山行きと決定。

11時半頃釣り場到着。
まず、自衛隊航空基地そばの沖ノ島護岸。

IMGP1407.jpg

ポツ、ポツと釣り人がいます。
水は澄んでいて、手前には海藻が漂っている。
その先が深くなっていていかにも魚が居そうな気配。
ウキを投入します。

ウキがちょっと沈んですぐに浮き上がる。
餌だけ取られている。
そんな事が何度か続きます。
確かに何かが居る。
期待大。

釣れましたぁ~~~とyuukigiantsさん。
20センチオーバーのカワハギ。
カワハギは餌取り名人とか言われているようだが、餌取りの正体はカワハギだったのだろうか?。
よし!。カワハギを釣ろう。

しかし、その後は誰も何も釣れません。
餌取りが続きます。
袖2.5号の極小針に替えてみました。
やっと針がかりした1匹目は・・・・・・

IMGP1404.jpg

ベラでした。
餌取りの正体はこいつだったのでしょうか。

その後3時間位の間にベラをもう1匹。
調布さんは、ギンポを1匹。
yuukigiantsさんのカワハギ以外には目立った釣果はありません。

4時頃、自衛隊堤防へ移動。
ここにも数名の釣り人がいました。

IMGP1420.jpg

ここでは足元の胴突きを1本。
ウキを1本。
夕マズメに期待します。

まず期待に応えてくれたのは・・・・・

IMGP1415.jpg

ダボハゼちゃん。

そして、暗くなって電気ウキの期待に応えてくれたのは・・・・・

IMGP1413.jpg

ネンブツダイ。

その後ネンブツダイはポツリ、ポツリと5匹程度。

そして最後のとどめは・・・・・・。
恐怖のハオコゼ。

7時半を過ぎた頃、ポツリ、ポツリと小雨が降ってきたので諦めて納竿。

本日の釣果。
ベラ     2匹
ダボハゼ   1匹
ネンブツダイ 5匹
ハオコゼ   1匹

3連続の完璧ボウズからはやっと脱出できました。
南房の海はちょっぴり、ちょっぴり、春が近づいてきているようです。
次回は本格的な春を期待したいと思います。

調布さん。
車で遠くまでありがとうございまいた。
10数年ぶりで思いがけずに懐かしい館山へ行く事が出来ました。
yuukigiantsさん。
カワハギ、良かったですね。
美味しかったですか?。
スポンサーサイト

3月23日(土)
木曜日に調布さんからお誘いの電話があった。
「土曜日の午後若洲へ行きませんか?」
土曜日は空いていたので、ご一緒することにした。

新木場駅前は桜がちょうど見ごろに咲いていた。
いよいよ春だ。
そろそろお魚も目を醒ましてくれると良いのだが・・・・・。

IMGP1385.jpg

3時頃釣り場へ到着。
調布さんは先に来て人工磯の先端付近へ竿を出していた。
まだ何も釣れていないとのこと。
私もウキを出した。

3時半頃、釣りバカ青年さんが様子を見にきてくれた。
明るいうちは釣れる見込みが無いので、片手間で竿を出しながら雑談。

IMGP1393a.jpg

天気予報では、風速2~3メートルのはずなのだが、5メートル位の横風が吹いていて少し寒い。
釣りバカ青年さんが一昨日の天気予報を信じて釣行したが予報が大外れで台無しだった事等を話題に、天気予報や気象予報士の事などに話が弾んだ。
その間、一度のアタリも無かった。
風が強くなり寒くなって来たので、5時半頃キャンプ場前へ移動。
キャンプ場前は、磯の風が嘘のようにほぼ無風状態。
なるほど、天気予報の風速は磯では無くキャンプ場前のことだったのかと納得!?(笑)。
釣りバカ青年さんは、ここでお帰りになった。
冷たい風の中を、長時間お付き合いありがとうございました。

IMGP1402.jpg

ここで、ウキと胴突きを出してみたが全くの無生物状態。
調布さんもヘチを探り歩いて見たがアタリ1つ無かったとのこと。
これ以上続けても釣れそうな気配が無いので7時納竿。

これで連続3回の100%完璧ボウズ。
地上に桜が咲いても、海の春はまだ先のようです。


やっと春らしい暖かさになってきました。
そろそろお魚も目を覚ますのではないかと期待しております。
一緒に釣りをしましょう会「釣友会」の3月のミニ釣り会を次の通り通開催致します。

<開催日時> 3月30日(土)14時30分~19時
<場  所> 若洲釣り施設
<会  費> 無料
<参加申込> コメントにてご連絡ください。

次は「第8回一緒に釣りをしましょう会」についてのお知らせです。
実は昨日の深夜に次にような記事を一旦UPしました。
以前に3月中に開催予定とお知らせしてありました、「第8回一緒に釣りをしましょう会」は、
少し先に伸びて4月20日(土)に開催することになりました。
場所は未定で、あれこれと物色中ですが、希望またはお勧めの釣り場があれば是非お知らせください。
今月中に詳細を決定して、4月初旬にお知らせいたします。(cocoさんよりお知らせする予定です。)
いましばらくお待ちください。

この記事をアップした直後に「その日は潮が良く無いですよ」とのご指摘をいただき調べたところ、釣りには良く無いとされている長潮。ご指摘ありがとうございました。
慌てて、一旦この記事を引っ込めて再検討。
当初は3月開催を予定していたのですが、3月はどこも渋々なので4月に開催しようと思い、連休前の土曜日ということで20日と決めたのですが、潮を確認しなかったのが失敗でした。
27日だと潮は良いのですが連休初日とあって、混雑が心配です。
cocoさんと再検討の結果、4月開催は諦めさらに1ヶ月先延ばしして連休も終わって落ち着いた頃の5月20日前後とすることに致しました。
今のところ潮の状態も良さそうな5月25日(土)が有望です。
だいぶ先になってしますがよろしくお願いします。


テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用
3月17日(日)
前日調布さんからお電話をいただいた。
「明日の午後から東扇島へ行くので、一緒に行きませんか?」
一昨日若洲へ行ったばかりなのだが、17日は、ちょうど午後から空いていたので、ご一緒させていただく事にした。
そしてその日の夜、今度は七原さんからも連絡があり、東扇島釣行の話をしたところ「行ってみたい釣り場だった」との事で同行することになった。

当日3時に大崎駅で、七原さんと待ち合わせ。
そこから調布さんの車で東扇島西公園へ。
4時頃到着。
風がやや強かったが、釣りには差支えない程度だ。
広い釣り場にはポツポツ程度に釣り人が竿を出していた。

IMGP1365.jpg

この釣り場は何年か前に1度だけ来たことがあるが、最近の様子は全くわからない。
とりあえず、1本投げておく。
そして、胴突き仕掛けを足元に1本。
モタモタとウキの準備をしていると、「釣れました~~~~!」と七原さんの声。
ウキで15センチ位のメバルが釣れたようだ。
これは幸先が良さそうだと思い、私もウキを投入。
時々ウキが沈んだり浮いたりする。
しかし、針がかりしない。
このウキの動きはウミタナゴかな?などと思っていると、また・・・・・・
「釣れました~~~~~~!」と七原さん。
今度は20センチ位のウミタナゴ。

やっぱりウミタナゴがいるようです。
しかし、私の竿には針がかりしません。
そのうちに、ウミタナゴらしい反応も無くなってしまいました。

投げにも胴突きにも何もきません。
たまに上げて見ると、餌が無くなっているので、何ががいるようです。
夜になればメバルやカサゴが釣れるはずだと期待して暗くなるのを待ちます。

6時を過ぎました。
何も来ません。
七原さんもその後は釣れていないようです。
調布さんも反応が無いようです。

右端のテトラ付近に移動して見たがここも反応無し。
7時を過ぎても何も釣れません。
そしてついに変化の無いままに8時になり納竿。

本日も完璧なボウズ。
ボウズの時はどこへ行ってもボウズですね。
3人の中で、お魚を釣ったのは七原さんだけでした。

釣果はともかく、なかなか行けない東扇島の様子を見ることが出来て良かったです。
東扇島の春ももう少し先のようです。




テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用
3月15日(金)

数日前に釣りバカ青年さんからメール。
「15日に潮干狩りに行く予定なのでもし若洲に来るのなら、シジミを差し上げますよ。」
潮干狩りのおすそ分けを頂けると聞いて、
「行きま~~~す!」と即答。

2時半頃釣り場に到着。
日差しは暖かいのだが、風がやや強い。
今日の風向きだと、堤防の方が楽そうだが、釣れない気配濃厚。
磯は横からの風を受けるが、釣りにはさほど支障は無さそうだ。
どちらにしようかと迷ったが、磯でウキを出すことにした。
磯の先端方向へ向かって歩いていると、見覚えのある方が近づいてきた。
前回のミニ釣り会でご一緒したパパちゃんさんだった。
一緒に竿を出すことにして、人口磯の中ほどよりやや先端寄りへ・・・・・。
3時頃から開始。
生物の気配は全くありません。
3時40分頃釣りバカ青年さんが、獲れたてのシジミを持って到着。
シジミを頂戴して、しばらく雑談。
アタリは全くありません。

釣りバカ青年さんは、5時頃お帰り。
だんだん寒くなってきました。
これ以上頑張っても釣れそうな気配は無いので、5時30分で納竿。

100%完璧なボウズでした。
でも・・・・・
今日の目的は、シジミを頂戴することだったので、これで良いのです。
釣りバカ青年さん。
ありがとうございました。

若洲の春はまだ先のようです。
でも、来週からは暖かい日が続くらしいので、今月末あたりには釣れはじめるかも・・・・。
期待して、また行きます。




テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用
3月9日(土)
先日のミニ釣り会の時KAZさんやT氏が「みなとみらい」の話をしていたので行ってみたくなり、yukigiantsさんと一緒に行くことになった。
池袋で待ち合わせて渋谷へ。
そして東横線でみなとみらいへ11時頃到着。
新しい街らしく近代的なデザインの高層ビルが立ち並ぶ。
10分位歩いて、臨港パークへ到着。

IMGP1337_20130310103713.jpg

広々とした綺麗な公園だ。
観光客も多いようだ。
暖かな良いお天気で風も無い。
公園の右側へと進むと、ぷかり桟橋。

IMGP1331.jpg

柵には「ここは投げ釣り(ルアーを含む)禁止です。」と書いてあった。
「釣り禁止」で無いことが嬉しい。
釣り人は2~3名。

ぷかり桟橋の少し先の方へ竿を出すことにした。
すぐ近くで竿を出していた方が声をかけてくれた。
この釣り場は、回遊魚はあまり入って来ないが夕方になるとメバル、カサゴやセイゴ、フッコなどが釣れるそうだ。

私はウキと胴突きを出すことにした。
yukigiantsさんはヘチ釣りのようだ。

yukigiantsさんの竿には、早速ダボハゼが1匹。
お!、幸先が良いかも・・・・・・
と思ったがその後はまったくアタリ無し。
水中にはフッコらしい魚の姿が時々見えるのだが、全く釣れる気配は無い。
そうこうしているうちに、自転車でやってきた地元の方らしいおじさんが、ポイントなどをいろいろ教えてくださった。
ぷかり桟橋周辺の桟橋の他に、もう一つポイントがあるそうだ。

まったく釣れる気配が無いので、散歩がてら先ほど聞いたもう一つのポイントの方へ行って見た。
ぷかり桟橋とは反対側の公園左側の端。
ここにも5~6名の釣り人がいた。
しかし、今のところ釣れている様子は無い。

元の釣り座へ戻って昼食。
竿は相変わらず無反応。

3時頃になってやっと1匹。

IMGP1342.jpg

ダボハゼちゃん。
まあ、何も釣れないよりはいいか・・・・。

その後はまったくアタリ無し。

その後ぷかり桟橋のすぐ側の桟橋に移動。

IMGP1344.jpg

地元の方のお話では、この辺はメバルが釣れるとのこと。
期待して夕方を待ちます。

夕暮れになりました。
明りが灯って綺麗です。

IMGP1346.jpg

電気ウキに替えます。
しかし、お魚は来ません。
yukigiantsさんは、あちこち動き回ってヘチを探っていますがダメのようです。
私も胴突きで、あちこち探ってみます。
6時半頃、胴突きを落とすとすぐに反応が・・・・。

DSCF9097.jpg

20センチ位のハゼ。
やれやれ、これでやっとお持ち帰りが確保できました。

ウキの方は、地元の方が教えてくださったポインと近くに落としたり、棚を替えたりして見ましたが全く反応がありません。
そして、7時頃、置き竿にしておいた胴突きを上げてみると・・・・・

DSCF9095.jpg

カサゴ 18センチ。
これは嬉しい!。

そして8時頃。
そろそろ終わりにしようと思い、最後の手段でウキを遠くに投げておいてゆっくり、ゆっくり引いてみました。
すると、途中でゴツンとアタリが・・・・・・。

DSCF9094.jpg

セイゴ 25センチ。

8時納竿。

本日の釣果。

ダボハゼ  2匹。
マハゼ   1匹(20センチ)
カサゴ   1匹(18センチ)
セイゴ   1匹(25センチ)

DSCF9093.jpg

はじめての釣り場で、まあまあの釣果に満足。
そして、帰りに美味しいラーメンを食べて満足。
良い釣り場が一つ増えました。
yukigiantsさん、今日もおつきあいありがとうございました。

3月16日から、副都心線と東横線が直通。
我が家からみなとみらいまで1本でつながります。
また行きたいと思います。

この公園はゴミ一つ落ちていません。
そして地元の釣り人の方はとても親切です。
帰ってから、ネットで調べたら
「みなとみらいフィッシングクラブ」
という地元の釣りのクラブの方々が、清掃ボランテアなどをして釣り場を守っているようです。
このクラブの皆さんに感謝です。


テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用
3月2日(土)

2日ほど前に、七原さんから「土曜日に若洲へ行きます」との連絡があった。
土曜日は私も丁度空いているし、前回の餌が1パック残っていたのでこれ幸いとご一緒することにした。
ところが、昨日のヤフーの天気予報では、7~8メートルの強い風が吹くという。
いつも強めの風の予報を出すウエザーニュースでは風速9~11メートル。
う~~~む。
この風では釣りは無理かと思ったが、昨夜七原さんに確認したところ「餌を買ってしまったので僕は行きます。」とのこと。

そこで私も行く事に決定。
今朝の天気予報でも、10メートル位の強い風が吹くと言っていたが、予定通り家を出た。
電車では、「風が強いので速度を落として運転しています」と車内放送。
交通機関に影響するほどの強風のようだ。
池袋あたりまで来た時、七原さんからメール。
「あまりにも風が強いので、様子を見ています。もしかすると明日に変更するかもしれません。」

私は途中まで来てしまったので、とりあえず予定通り行ってみることにした。
11時頃釣り場到着。
堤防は真正面から風を受けるので釣りは困難と思い、テトラへ。
この強風では釣り人はいないのではないかと思ったが、10人位の釣り人がいた。
風は思ったほど強くは無さそうだ。
これなら、何とか釣りが出来そうだと思い七原さんに状況を伝えたところ、「これから行きます」との
返事。

IMGP1248.jpg

磯の先端付近にルアー釣りの方が2名。

IMGP1241.jpg

テトラ側には投げ竿が何本か並んでいる。

しばらく様子を見ていると、12時近くに最先端でルアーをしていた方が、50センチ位のフッコを釣り上げた。
そして、10分後位にもう1匹。
そしてもう一人の方もルアーでフッコ。

餌でも釣れるかも知れないと思い、急いで準備をして磯の先端付近にウキを投入。

しかし、私の竿には全く何の反応も無い。
最先端の方はその後も1~2匹フッコを釣りあげたようだ。

1時頃風が強くなってきた。
磯は横風を強く受けるので、竿を持っているのがキツイ。
テトラ側だと風裏になるのだが、立っているのがつらいほどの風なので、テトラの上は怖い。
う~~ん。
七原さんに、「今日は止めた方が良い」と言ってあげた方が良かったかも知れない・・・」と反省。

1時40分頃七原さん到着。
幸いな事に2時頃から風は弱くなってきた。
この程度なら大丈夫。
七原さんはテトラで穴釣り開始。

2時半頃、先ほど先端でフッコを釣った方が、50~60センチ位のフッコを4匹ぶら下げて悠々とお帰りになった。
激渋でも、強風でも釣れる人は釣れるものだと感心!。

私もテトラに上って、ウキと投げを出した。
全く無反応でアタリ一つ無い。

IMGP1253.jpg


「釣れました~~~」と七原さんの声。
竿先に何か小さい魚が付いている。
アカオビシマハゼ。
こんな激渋の時は、どんな魚でも釣れると嬉しいものだ。

4時半頃。
テトラの先端付近でコマセを撒きながらウキ釣りをしていた方から歓声が上がった。
タモ網に入ってきたのは、50センチ位のクロダイ。
釣れる人は釣れるものだと、またまた感心。

七原さんはその後もアカオビシマハゼやカニが釣れたようだが、私は完全ボウズ。

風がまた強くなってきた。
キャンプ場前の様子も見ておきたたいと思い5時に移動。
ウキと胴突きを出してみたが釣れる気配は全くない。
おまけに、風が強くて寒いので予定より1本早いバスで帰ることにした。

5時40分納竿。

本日の釣果 
私は、100%ボウズ。

帰りがけに、駅前の喫茶店で雑談。

七原さん。
こんな強風の中をお付き合いありがとうございました。

若洲は相変わらず超激渋です。
でも、魚はいるんです。
そして釣れる人は釣れるんです。
そんな事がよ~~くわかった今日の釣りでした。