AX 電車でGo“東京湾釣り日記” 2013年01月
1月30日(水)
2週間ほど前からcocoさんと、うみかぜ公園へ行く約束をしていた。
上州屋のうみかぜ公園の釣果情報は1月10日以降は途絶えている。
恐らく目立った釣果は無いということなのだろう。
でも、これまでの経験からしてウミタナゴの2匹や3匹は釣れるだろう。

というわけで、予定通りうみかぜ公園へ行くことにした。
上州屋横須賀中央店へ寄って、餌を購入。
「赤いアオイソメ」というのを初めて買ってみた。

11時半頃釣り場到着。
天気は雲1つ無い快晴のポカポカ陽気。
うみかぜ公園としては珍しく無風に近い。
釣り場はガラ空き状態。
地元の人が少ないということは、魚もいないということだろうか。

IMGP1107_20130131102742.jpg

投げを1本。
カレイ、キス狙い。

トリックサビキを1本。
ウミタナゴ狙い。
前に本牧へ行ったとき、NAOYA君だけがウミタナゴを一人で6匹も釣った。
その時私が使った針は6号。1匹しか釣れなかった。
NAOYA君の針は2.5号だった。
針のサイズが原因だったのではないかと思い、今日は2.5号にしてみた。

ウキを1本
これも、ウミタナゴ狙いで針は2.5号。

どれかに何かがかかるだろう。

待ちます。

しかし、1時間待っても何の反応もありません。
海面は波も無く静か。
竿先も微動だにしません。

昼食のおにぎりとパンを少しちぎって投げると鳩がたくさん集まってきました。
それを見て、スズメもやってきました。
またまた、それを見つけてヒヨドリもやってきました。

IMGP1102.jpg

良く見ていると、近くにいる仲間をつついて追い払って、餌をひとりじめしようとしているの鳩がいます。
鳩の社会にもいじめっこがいるようです。
スズメはなかなかすばしこい。
鳩の群れから少し離れたところに待機していて、すきを狙って、サッとパン切れを咥えて飛んでいきます。
ヒヨドりも、群がる鳩に横から入りこんで、見事にパン切れを獲得。

その後も肝心の魚の気配はまったくありません。
海の中にいることが確認できた生命体はヒトデだけ。

猿島の前には何やら怪しい船が・・・・・。
何をしているんだろう。

IMGP1103.jpg

お天気も良いので少し散歩。

IMGP1109.jpg

5時間経ちました。
魚の気配はありません。
4時半頃になると、ほとんどの釣り人は帰ってしまいました。
残っているのは、わずか3~4名。
今日はボウズかも知れない。
1匹も釣れないうちに、「赤いアオイソメ」はとんど無くなってしまい、cocoさんが普通のアオイソメを追加購入。

暗くなってからにかすかな期待を寄せて電気ウキに替えました。
針も7号に変更。

5時頃。
置き竿にしておいた竿の先が急に強く引っ張られました。
上げて見ると・・・・・・。

IMGP1111.jpg

ウミタナゴ 17センチ。
リリースしようと思ったが、針を飲んでいたのでキープ。
餌は赤いアオイソメ。

その後電気ウキにアタリがあり・・・・。

IMGP1112.jpg

メバル15センチ位。
リリース。
餌は赤いアオイソメ

また、メバル。
同じ位のサイズなので、これもリリース。
もっと大きいのが釣りたいと思い、釣り場の右側にある小さい堤防の方に移動してみたが、ここでも同程度のサイズのメバルを2匹。
こちらの餌は普通のアオイソメ。
メバルに関しては、赤いアオイソメも普通のアオイソメも関係無さそうです。

6時半頃、今までの無風の暖かさが急変。
強い北風が吹きはじめた。
おお!寒い。
急いで片づけて、7時終了。
北風で冷えたので暖かいラーメンを食べて帰りました。

本日の釣果。

ウミタナゴ 1匹(17センチ)
メバル   4匹(14~16センチ)リリース。

cocoさんは、メバルとカサゴをあわせて5匹釣ったそうだ。

帰ってから、横浜の釣り施設のメバルの釣果を見たら、
本牧  1匹 (10センチ)
磯子 15匹 (12~14センチ)
大黒  1匹 (23センチ)
どこの有料釣り場も小さくて、数も少ない。
これなら、今日の釣果は良い方だったのかもしれない。
うみかぜ公園で正解だったようです。
二人ともボウズで無かっただけでも、満足ということにしましょう。

スポンサーサイト

テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用
2年ほど前に、本牧海釣り施設の数年間の釣果データを整理してブログに載せたことがあったが、昨年1月に横浜の海釣り施設のホームページが変更になり、以前のデータが消えてしまい集計出来なくなってしまった。
そこで今回は久しぶりに、昨年と今年の1月の釣果情報を集計して比較してみた。
昨年の1月の毎日のデータをホームページからExcelにコピー。
コピー、貼り付け、コピー、貼り付け、コピー貼り付け・・・を30回繰り返す。
よほどの暇人でなければ、こんな事は出来ないなぁなどと思いながら、さらに今年のデータも2日から昨日分(26日)までをせっせとコピー、貼り付け。

昨年、今年共に1月26日までのデータに揃えて、魚種別にして集計してみた。
釣れた魚の総数合計を見ると・・・

昨年は約50000匹。
今年は約9000匹。
何と!昨年の5分の1以下・・・・・・。
一瞬、計算をを間違えたのかと思いましたが、間違いありません。
確かに総数は去年の5分の1以下なのです。

何故こんな事に・・・・・。
集計表を良く見ます。
原因はシコイワシの激減でした。
昨年の1月(26日まで)に釣れたシコイワシは約4万5000匹、今年は約3千500匹、シコイワシだけで約4万1千500匹も減っているのです。
シコイワシを除いて集計して見ると、今年は1500匹近く増えています。
やれやれ!。ほっとしました。
今年減った魚のベスト5は・・・
1位 シコイワシ
2位 サバ
3位 スズキ系(スズキ、フッコ、セイゴ)
4位 メバル
5位 カサゴ

そして、今年大きく躍進したのがウミタナゴ。
何と、ウミタナゴがシコイワシを抜いて、本牧第1位の座につきました。
躍進した魚のベスト5は・・・
1位 ウミタナゴ
2位 サッパ
3位 シロギス
4位 アイナメ
5位 カレイ
(本当はサメが第4位なのだが、個人的偏見により落選。)

1月(26日まで)の魚種別釣果の詳細は下の表の通りです。
黄色で塗りつぶしたのは、30以上増加した魚種です。

本牧釣果

何故本牧のシコイワシはこんなに減ってしまったんでしょうか。
そして、ズズキ系の魚が減っているのは、餌のシコイワシが少なくなったせいかな?。

この表から今年の釣果を占うことは出来ないでしょうか。




テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用
今から1年ほど前に、cocoさんと私が発起人となり、一緒に釣りをしましょう会に参加された方々の親睦交流を図る目的で、「一緒に釣りをしましょう会釣友会(仮称)」を立ち上げましたが、その後何の活動をすることも無く1年間が過ぎてしまいました。
会員の申し込みをされた方には、深くお詫びいたします。
当初の予定では会員制のブログと掲示板を作成し、ブログや掲示板への投稿を通じて情報交換や親睦を図るところから始めようと考えたのですが、この企画は失敗だったようです。
自分のブログを更新し、さらに会員制ブログにも投稿するということが困難なことは、私自身がやって見て良くわかりました。
会員申込をされた方の多くは、釣行記などは自分のブログで公開しておられるので、別途に会員制のブログを設けることはあまり意味がなかったように思います。
また会員制掲示板についても、会員にだけ限定してお知らせするような情報は非常に少なく、ほどんと活用する機会がありませんでした。
そこで、この会の運営についてcocoさんとも相談の結果、次のようにする事といたしました。

1.会員制ブログは廃止致します。
(数週間後に閉鎖する予定です)

2.会員制掲示板は、このブログの右サイドバーのリンクの一番上の「会員専用掲示板」からリンクするようにしました。
cocoの釣行記からも、リンクする予定になっています。
また、会員の皆様のブログからもリンクしていただいてかまいません。
会員の詳しいプロフィル、会員同士の連絡、例えば「X日に釣りに行くのでご一緒する方はいませんか」など、会員の方だけにお知らせしたい情報にご利用ください。
ログイン用パスワードを忘れた方は、メールでお問い合わせください。

3.会員になれる方は、一緒に釣りにしましょう会に参加された方の他に、会員から紹介された方も含めることとします。(釣友等おられましたらご紹介いただければ会員として登録し、掲示板のログインパスワードをお知らせします。)
一緒に釣りをしましょう会に参加された方で、まだ釣友会の会員申し込みをしていなかった方もメールでご連絡ください。

4.毎月1回、土曜日か日曜日にミニ釣り会を開催します。
場所は誰でも参加しやすい若洲を予定しています。
会費無料で、当日都合の良い方にお集まりいただいて一緒に釣りを楽しみましょう。
帰りには喫茶店などで、歓談ができればと思います。
ミニ釣り会については、開催日等を決定次第別途に詳しくお知らせします。

ミニ釣り会は来月から開催する予定ですが、開催曜日や開催場所、などについての意見があれば、コメントまたはメールでお聞かせください。
また、会の運営全般についての意見もお寄せください。
よろしくお願いします。

テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用
1月13日(日)
1~2月は激渋とはわかっていながらも「もしや」を期待して若洲人口磯に釣行。
この日は3連休の中で一番のお天気。
暖かくて風も無い。
そして大潮。
絶好の釣り日よりだ。

12時40分頃釣り場に到着。
朝から来ていた七原さんと合流。
午前中は堤防の方に竿を出していたが、何も釣れなかったそうだ。
お天気が良いせいか、釣り人が多い。
防寒服を着ていると汗をかくほどの暖かさだ。
しかし、釣れている様子はない。

IMGP1077.jpg

ウキを出してもどうせ日中は何も釣れないだろ。
明るいうちはダボハゼとでも遊んでいようと思い、ヘチに胴付きを落として見たが反応が無い。
今日はダボハゼもいないのか?。
そこで、針が底に着くように胴突き仕掛けの錘の下に針を1本追加して落としみた。
早速コツ、コツと餌を突いている魚信。
ダボハゼだな?。
グッときたところで上げて見ると案の定・・・・

IMGP1080.jpg

ダボハゼちゃんでした。
その後2~3匹釣り上げたが、かかるのはどれも底についている1番下の針。
15センチ程度上にある針には1匹もかからない。
棚をはずすとダメということは知ってはいるが、こんなに微妙なものなのか。
ウキ釣りでも、棚の僅かの違いで釣れたり釣れなかったりするのかなぁ・・・。

七原さんもダボハゼを釣って何とかボウズ回避。

3時頃、場所を少し移動してウキ釣りを開始することにした。
ここでは明るいうちは釣れたことが無い。
カニが1匹かかっただけ。

IMGP1090_20130114113401.jpg

夕マズメに期待します。

IMGP1087.jpg

4時頃、yukigiantsさん、サッサーさん登場。
4人並んで竿を出します。
日が暮れてきました。
全くアタリ無し。

IMGP1091_20130114113402.jpg

yukigiantsさんとサッサーさんは、その後テトラへ移動してカサゴを1匹釣ったようだ。
それを聞いて、七原さんも挑戦したが不発。

予定より1時間延長して頑張ったが、アタリ一つ無いままに、私と七原さんは、7時30分納竿。
yukigiantsさんとサッサーさんは終バスまで頑張るそうだ。

本日の釣果

ダボハゼ 4匹
カニ   1匹

人間にとっては絶好の釣り日よりでも、お魚にとっては厳冬の冷たい海なのだろうか。


そして一夜明けた今日。
昨日の暖かさとは打って変わって雪が降ってきた。

IMGP1096.jpg

庭には雪が積もっている。
海は強風で荒れているらしい。

やっぱり昨日釣りに行って良かった。
暖かい日差しの中で、海の空気を吸って、
若い釣友たちと会って元気なパワーをもらって、
楽しい1日をありがとう。
釣れないという事を確認するのも釣り。
懲りずにまた行きますよ。


テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用
1月6日(日)
今日の本牧海釣り施設は、小中学生無料デー。
そこで、小6のNAOYA君と一緒に本牧へ釣行することになった。
先に行っている中学生の七原君とは釣り場で合流する予定。

朝8時、最寄駅でNAOYA君と待ち合わせて横浜へと向かう。
とても良いお天気だ。
11時頃釣り場到着。
日曜日の、しかも無料デーとあって入場者が多くて入場制限になってしまうのでは無いかと心配したが、入場制限になるほどまでには混んでいなかった。
しかし、沖桟橋はほどほどに混んでいる。

IMGP1049.jpg

沖桟橋の外側中ほどにいた七原君を見つけた。
朝早くから来ていたようで、コノシロ1匹とイワシ数匹を釣ったそうだが、その後は何も釣れていないとの事。

P1052974.jpg

↑七原君が釣ったコノシロ。27センチ。

七原君の横は1名入れる程度のスペースしか無かったが、隣で釣りをしていたおじさんが、少し移動してスペースを空けてくださったので、3人が並んで竿を出すことが出来た。
ありがとうございました。

IMGP1061.jpg

釣果情報によると、ウミタナゴやイワシが釣れそうなのでサビキと、胴突きを出してみた。
しばらくは、誰の竿にも全く反応が無い。
あちこち偵察してきたNAOYA君によると、トリックサビキでウミタナゴやイワシを多数釣った人がいるとのこと。そこで、サビキをトリックに替えてみたが何も来ない。

そうこうしているうちに、私の胴突きの竿にいきなりあたり!。
上げて見ると、おっ!、デカいウミタナゴ。

IMGP1072.jpg

25センチ。
なかなかの良型だ。

少し経って、今度はNAOYA君の胴突きにウミタナゴ。
そして次は、NAOYA君のトリックサビキにウミタナゴ。
そしてまた、また、NAOYA君はウミタナゴ。
また、また、また、また、NAOUA君ウミタナゴ。

3人が同じような仕掛の竿を並べているのに、何故かNAOYA君だけが次々とウミタナゴを釣り上げています。

そのうちに、イワシが釣れ始めました。
イワシが一番釣れているのは七原君。
次が、NAOYA君。
NAOYA君だけが、なぜか時々ウミタナゴも混じります。
NAOYA君は一人でウミタナゴを6匹も釣ってしまいました。

IMGP1069.jpg

↑NAOYA君のバケツの中です。
20センチ位のウミタナゴが5匹いますが、下の方にいるのは見えません。
イワシも10匹位います。

私の竿にはイワシもあまり来ず、やっと5匹だけ釣りました。

DSCF9034.jpg


七原君はイワシは沢山釣れたものの、ウミタナゴが1匹も釣れません。
「何で俺だけ釣れないんだ」とションボリ。

3時半を過ぎた頃です。
置き竿にしていた七原君の竿が急に海へ引き込まれます。
「あ!、竿が落ちる・・」と思った瞬間、NAOYA君が、転びそうになりながら竿に飛びついてセーフ。
あと1秒遅かったら、竿はお魚と一緒にサヨナラするところでした。
良かった、良かった、本当に良かった。
七原君、感激の涙!。

IMGP1073.jpg

しかも、竿先には待望のウミタナゴがついていました。
24センチの良型です。
これで、全員がウミタナゴを釣りました。

その後、イワシが1~2匹釣れた後はアタリもピタリと止まり、4時10分納竿。

本日の釣果。
NAOYA君
ウミタナゴ 6匹(15~22センチ)一番小さい1匹はリリース。
イワシ  15匹。

七原君
コノシロ  1匹(27センチ)。
ウミタナゴ 1匹(24センチ)。
イワシ  23匹。

川越の魚人
ウミタナゴ 1匹(25センチ)
イワシ   5匹。

NAOYA君と、七原君は今日が今年の初釣り。
NAOYA君は、6匹ものウミタナゴ、七原君は良型のウミタナゴとコノシロ。
どちらも立派な釣果でした。
そして、NAOYA君の竿救出劇で二人の友情も深まり、見ていた私も嬉しくなりました。
良い思い出になる、とても楽しい釣行でした。
メデタシ、メデタシ。、


テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用
1月3日(木)
釣りバカ青年さんは、昨年の暮れに体調を崩して、まだ本調子ではなさそうだ。
釣りは無理だと思ったので、久しぶりに会って元気づけでもしようかと思ってメールしてみた。
ところが「それなら一緒に夜釣りに行きませんか」という返事。
おやおや、大丈夫かな・・・と思ったが、少し体を動かした方が体力回復にも良さそうだというので、急遽初釣りということになった。
そういえば、昨年の初釣りも今年と同じ1月3日、釣りバカ青年さんとご一緒だった。

4時頃、釣り場で待ち合わせ。
寒いせいもあって、釣り人はほとんど居なかった。
4時半頃から竿を出す。
一応カレイ狙いで投げを2本。
しばらくは何の反応も無い。
時々、餌の先だけが喰われているので、何かがいるらしい。
6時頃から、釣りバカ青年さんが20センチ程度のセイゴを何匹か釣った。
いつもなら私がいただいて帰るのだが、お正月なので暖かい気持ちでリリース。

釣りバカ青年さんが、お湯をポットに入れて持ってきてくれたので、暖かいスープやカップ麺をご馳走になりながら「気温も寒いし、釣果も寒いね。」などと雑談。
7時半頃、私の竿にもセイゴが1匹。

IMGP1046.jpg

20センチ位。
いつもなら持ち帰って食べるのだがお正月なので、日頃の感謝をこめて暖かく見守りながらリリース。
ボウズで無くて良かった~~~~~。

当初は8時までを予定していたが、釣りバカ青年さんの提案で8時20分まで延長。
そして、8時20分。
ついにカレイの姿を見ずに終了かと思ったら・・・・・・・。
釣りバカ青年さんが、お!!何かついてる。

上がってきたのは27センチ位のカレイ。
流石は釣りバカ青年。
8時20分に何かが起こることを予期しての延長だったのだろうか。

お正月なので、このカレイはお年玉として暖かい気持ちと一緒に私が頂戴しました。

私はボウズで無かったし、釣りバカ青年さんは本命が釣れたし・・・・
それに、寒い中で、暖かいスープを飲んで、暖かい会話が出来て・・・
さらに、プレゼントまでいただいて・・・・
今年も良い初釣りになりました。
ありがとうございました。

今年もよろしくお願いします。


テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用
年賀jpg-1


ブログを開設してから5年目になりました。
これまでの間に、釣りとブログを通じて多くの方との出会いや触れ合いがありました。
5年前、ブログをはじめて数ヶ月くらいに頃、当時中学生だったcocoさんから「リンクを貼らせてもらえませんか」というコメントを頂いたのがきっかけで一緒に釣行するようになりました。
50歳以上歳が離れたcocoさんと一緒に釣りをしていると、「よくお孫さんですか?」と聞かれました。
それからは、若い釣友を孫と呼ぶことにしました。
1年ほど経った頃、ブログのコメントや釣り場での何度かのすれ違いの末、当時高2だった釣りバカ少年さんと知り合い度々一緒に竿を出すようになりました。
釣りバカ少年さんは、昨年からは釣バカ青年へと成長、そして今年は何と20回も一緒に釣行しました。
ありがとうございました。

また、cocoさんのお誘いで「一緒に釣りをしましょう会」を開催するようになり、昨年9月には第7回を数えました。この会でも多くの方との出会いがありました。
ここで出会った調布さんには孫ともども何度か釣りにお誘いいただきありがとうございました。
今年も3月頃に「一緒に釣りをしましょう会」を開催する予定です。

昨年は、高1のほりた君、小6のNAOYA君、中3のサッサー君、高1のyukigiants君、中2の七原君と、5人もの新しい孫?が誕生しました。
最初の孫、cocoさんは今年から大学生、そして昨年出会ったNAOYA君は今年から中学生、サッサー君は高校生。
ご一緒釣行で若い方の元気なエネルギーをわけて頂き、また成長する姿を見ることが出来るのはとても嬉しいことです。
釣りとブログを通じて出会った全ての方に感謝いたします。
ありがとうございました。

今年も、釣りとブログを通じて多くの楽しい出会いがあることを期待しています。
本年もよろしくお願いいたします。


テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用