AX 電車でGo“東京湾釣り日記” 2012年10月
10月27日(土)
先週の渋々にも懲りずにまたも若洲へ釣行。
今回は新木場駅でyukigiantsさんと合流。

3時頃釣り場到着。
今日の磯は何故か釣り人が多い。
お天気が良いからだろうか。
それとも何か良い情報でもあったのかな?。

IMGP0608.jpg

晴天だが磯は風が冷たくて寒い。
3時半頃から開始。
明るいうちは釣れないとはわかっているものの、まったくアタリが無いのは寂しい。
お隣のおじさんはせっせと、コマセを打っているが釣れている様子はない。

IMGP0606.jpg

アタリひとつ無い時間が2時間くらい続きます。
寒いです。
周りでも釣れている様子はありません。
そろそろお帰りになる方が増えてきました。
暗くなってからに期待。

IMGP0611.jpg

そして、6時近くなったやっと最初のアタリ。

IMGP0613.jpg

19センチ。
ちょっと小さいが、お土産が無いと寂しいのでキープ。
時合到来かと思ったのだが、またアタリは無くなってしまった。
yukigiantsさんも、移動してみたがまったくアタリが無いとの事。

その後、20センチ位のセイゴがかかったが目の前でバラシ。
そして8時頃になって久々のアタリで、カサゴが1匹。

DSCF0627.jpg

18センチ。
その後はまったくアタリは無く、8時40分頃納竿。

本日の釣果。

メジナ 1匹。(19センチ)
カサゴ 1匹。(18センチ)
yukigiantsさんも、カサゴを2匹釣ったそうだ。

やはり若洲のメジナは終焉のようです。
終わるのが去年より1ヶ月位早いようです。

さて・・・・
来月からは何処へ行こうかなぁ。

スポンサーサイト

テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用
釣りバカ青年さんのお誘いで初めて若洲の人口磯でメジナを釣ったのは昨年の8月30日だった。
それ以来、人口磯でのウキ釣りにはまってしまいせっせと通った。
しかし、今年は昨年に比べると釣果がだいぶ良くない気がする。
数が少ないばかりではなく型も小さい。
昨年とは、どれだけ違うんだろう。

調べて見ました。

昨年の8月~10月までのメジナ釣果は次の通り。
8月30日  6匹  
9月 9日  2匹
9月14日  8匹 
9月28日  15匹
10月 8日 3匹
10月16日 4匹
10月23日 2匹
合計 7回  40匹

今年の8月~10月は・・・
8月1日   1匹
8月11日  1匹
9月15日  1匹
9月22日  0匹
9月29日  3匹
10月6日  3匹
10月9日  2匹
合計 7回 12匹

というわけで、昨年も今年も同じ回数行っているのだが、数は約4分の1に激減。
そして、昨年は20センチオーバーが結構多かったのだが、今年は20センチ以下ばかり。
大黒や、磯子では結構釣れているような気がするのだが、若洲人口磯のメジナはどこへ行ってしまったんだろう。

昨年の11月以降についても調べてみた。
昨年は11月の3回釣行して、1回はゼロ、他の2回は1匹づつ。
水温の低下と共に渋くなっている。

若洲人口磯への最終釣行は12月15日。
この日はメジナは釣れなかったが、初めてクロダイが釣れてしまって釣りバカ青年さんにタモ入れしていただいた記念すべき日。

今年はもう終わりなのだろうか。
でも、また行って見たい気がする。
釣れなくても同じ場所にせっせと通うのも良いかもしれない。
また、クロダイが釣れないかぁ。
とりあえず今週の土曜日あたりに行こうかなどと考えています。


テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用
10月19日(金)

若洲へ釣行。
夕方、釣りバカ青年さんと合流する予定。

3時頃釣り場に到着。
快晴。
風はほとんど無い。
釣り人もほとんどいない。

IMGP0593.jpg

先客が1名。
全く何一つ釣れなかったと言って、間もなくお帰りになった。

投げサビキと、ウキを出して見た。
2時間ほど、まったく反応無し。
お魚もいないようだ。

IMGP0601.jpg

夕日の写真を撮って、人口磯へ移動。
5時半頃、釣りバカ青年さんと合流。

ウキを投入すると早速アタリ。
しかし、針がかりしない。
・・・・
・・・・・・
・・・・・・・・。
やっと針がかりしたと思ったら、バラシ!。
次もハリスを切られてバラシ。
(大きかったのかな?)

そして、6時半頃、やっと1匹目。

DSCF0626.jpg

20センチ。

その後、セイゴを1匹。

IMGP0603.jpg

22センチ。

その直後に、またしてもバラシ。

その後は、潮が動かなくなりアタリも止まってしまった。
7時45分頃メジナをもう1匹。
16センチ位。リリース。

その後アタリが無くなってしまったので8時10分納竿。

本日の釣果。

メジナ 2匹。(16~20センチ)
セイゴ 1匹。(22センチ)

夜はちょっと寒いです。
防寒着を用意して正解でした。



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用
釣行計画にはお天気が重要要素だ。
ネットで天気予報を調べて見る。
例えば明日の天気予報。

ヤフーでは・・・・
ヤフー
(クリックすると拡大表示されます)

午後からは晴れ。北の風、または北北東の風5メートル。
少し風が強そうだが、まあこの程度なら大丈夫。

ウェザーニュースでは・・・・
ウエザーニュース

お天気はヤフーと同じく、午後からは晴れ。
ところが、風は12時から6時までは10メートル。
この風だとちょっと厳しい。

なぜにんなに違うのだろうか。
調べて見ました。

日本の主な気象予報機関は、気象庁、日本気象協会、ウェザーニューズ社の3つ。
気象庁
国の機関で、天気だけではなく地震、台風、火山、津波の観測、警報、注意報の配布長期予報や農作物の育成まで幅広く行っている。
気象協会
財団法人として認可され、現在は公益法人として運営されている団体。
国、地方自治体、報道関係に対して気象情報を提供して収益を得ている。
1993年の気象業務法改正により一般向け予報業務の許可が容易に取得できるようになるまでは独占的に行われていた。
ウェザーニュース社
民間の気象予報会社。
時々、気象庁や日本気象協会とは反対の天気予報を出したりして、当たることのあれば、裏目に出てはずすこともあるようです。
当り、外れが大きいらしい。
個性的な天気予報と言えそうです。

ヤフー、MSN、マピオンなど他のサイトではこの3機関のいずれかから情報の提供を受けて天気予報を出しているようだ。

そこで、大もとの気象庁の天気予報を見ると・・・

気象庁

時間毎の天気は表示されていないようだ。風については「北東の風やや強く」と書いてある。

日本気象協会では・・・

気象協会
これも気象庁と同じ。

<追記>
気象協会の天気予報を良く調べて見ると、ピンポイント天気予報というのがあって、時間毎の天気、風速も出ていました。
気象協会江東区
10日間予報もあり、ヤフーよりはこちらの方が便利そう。

気象庁の予報にある「やや強く」とはどれ位の事をいうのだろうか。
気象庁のホームページを調べて見ると、
「気象庁では、国民の皆様に風の強さの程度を容易にご理解いただくために、風の強さを「やや強い風」、「強い風」、「非常に強い風」、「猛烈な風」の4段階に分類してお伝えしています。」との事。
やや強い・・10~15m/s(風に向って歩きにくくなる。傘がさせない。)
強い・・・・・・15~20 (風に向って歩けない。転倒する人もでる。)
非常に強い・20~30 (しっかりと身体を確保しないと転倒する。)
猛烈な風・・30以上 (立っていられない。屋外での行動は危険。)

「やや強い」とはこんなに強いことを言うのかとちょっと驚きました。

3つの気象観測機関の予報が一致している時は比較的良く当たるが、バラバラの時はどこも外れる事が多いらしい。

ヤフー天気予報は日本気象協会、マピオンはウェザーニューズ社の予報を採用しているそうです。
さて、どこの天気予報を信用して釣行予定を立てましょうか。

私は、自分に都合の良い天気予報を出してくれたところを信ずることにします。

3大気象観測機関のアドレスを紹介しておきます。
気象庁
日本気象協会
ウェザーニュース社





テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用
コメントでサバの寄生虫アニサキスについての情報をいろいろいただいたので調べてみました。

まず、こんな虫です。

anisakis1.jpg
長さは2~3センチ。

お魚の中にこんな風に潜り込んでいます。

2010101708571091b.jpg
↑真ん中あたりにいます。

驚いたことに・・・・・・
東京都の調べによると、マサバは95%以上の内臓に寄生しているそうだ。
また、市販のシメサバや、料理店の生サバ料理でアニサキス食中毒が起こることもあるという。

症状には劇症型と緩和型とがあり、緩和型の場合はあまり自覚症状が無い事が多いらしい。
劇症型では、激しい腹痛と嘔吐。
胃に入った場合は、内視鏡を使って取り除く。
腸まで行ってしまった場合は開腹手術で取り除く。
アニサキスは、人間の体内では3日間しか生きられないので、3日間じっと我慢すれば自然に治るらしいが、相当な激痛なので我慢できる人はいないらしい。

やっぱり、生で食べるのは止めましょう。
でも、シメサバが食べたいなぁ。
(市販のものも100%安全ではないらしいのにはショック!)

くわしくは、「食の安全ニュース」をご覧ください。


テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用
10月14日(日)
この日は、yukigiantsさん、サッサーさんと本牧か大黒へのご一緒釣行の約束をしていた。
どっちにしようか。
毎日の釣果をチェック。
このところ日によって増減はあるものの、毎日サバが釣れている。
絶対数は本牧の方が多いが、入場者数の割合から見ると大黒の方が良さそうだ。

前日の状況。
釣果は、どちらもまずまずなのだが、土曜日とあって本牧、大黒共に朝から入場制限になったようだ。
日曜日はもっと混むかもしれない。
午前中に行っても入れそうもない。
2時を過ぎれば入場制限が解除されそうなので、釣り場へ2時頃着くように出かける事にしよう。

そんな事を考えていると、調布さんから「明日釣りに行くのでご一緒しませんか」と電話。
yukigiantsさん達と一緒に行く予定になっている事を伝えると、車で一緒に行ってくださるとの事。
有難うございます。

相談の結果、行先は大黒、午後1時蒲田で待ち合わせと決定。

そして本日。
朝の速報を見ると、大黒、本牧共に6時半には入場制限。
入場できなかったらどうしようなどと考えながら出発。
大塚駅で、yukigiantsさん、サッサーさんと合流。
蒲田駅で、調布さんの車に乗せていただき、大黒海釣り施設へと向かう。
途中パラパラと雨が降り出した。
この雨で帰る人が多数出て釣り場が空いてくれ、そして釣り場に着く頃には雨が止んでくれ・・・などと勝手な事を願いながら2時頃釣り場へ到着。

「ちょうど少し空いてきましたよ」と係の方。
ああ、良かった。

雨もほとんど止んでいた。
外側のあちこちで、サバ釣れている。
ちょうど回って来ている時間帯だったようだ。
しかし、外側は混んでいて竿を出す場所が無い。
内側は、空いているのだが、何も釣れていない。

少し待つと、お帰りになる方がいて外側に4人入れそうなスペースが出来た。
しかし、準備を終えた頃にはサバは何処かへ行ってしまったようだ。
仕方が無いので、サバは一旦諦めて、ウキを出してみた。
しばらくすると・・・・・。

IMGP0592.jpg

メジナ 20センチ。
これでとりあえずボウズは逃れられた。
その後しばらく、何も釣れない時間帯が続きます。

そして、4時近くなってまたサバが釣れ出したのが見えた。
急いでサビキを投入。
そして、やっと来ました。
本命1匹目。

IMGP0591_20121014232725.jpg

33センチ。

4人とも1~2匹のサバが釣れた。
よかった、よかった!。
あまり大きい群れではないらしく、20分位でいなくなってしまい、またしばらくお休み。

5時を過ぎた頃、またサバがやってきた。
そして、雨も降ってきた。
今度は本降り。
雨に濡れながら、サバを2本追加。

全員が何匹かを追加。

6時頃、サバは居なくなった。
雨に濡れて寒かったのでここで納竿する事にした。

本日の釣果

メジナ 1匹 20センチ。
サバ  3匹 31~33センチ。

DSCF0624.jpg

ご一緒釣行してくださった皆さん。
楽しい一日をありがとうございました。
調布さんの車のおかげで、いつもより早く帰ることが出来ました。
ありがとうございました。


テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用
10月6日(土)

この日は午後から若洲への釣行を予定していた。
前日、釣りバカ青年さんから「もしかしたら、僕も行くかも知れません。」とメール。
そして、当日の朝、
「天気予報が雨なので、僕は行きません。」
天気予報を見ると、なるほど5時頃から夜にかけて雨。
あれあれ、雨か。じゃぁ私も止めておこうかな・・・・。

昼ごろの雨雲レーダーで見ると、雨雲が若洲へ向かって進行中。
ちょうど釣れる時間帯の6時頃には若洲を直撃しそうだ。
やっぱり止めた方が良さそうだ。

前回の「一緒に釣りをしましょう会」に参加したY君とS君が今夜オールナイトを計画していたことを思い出してメールしてみた。
「僕たちは行くことにしました。」
おや、おや。
前にも雨の日に釣行してひどい目にあったようで、「もう雨の日は懲り懲りです。」とブログに書いていたのに・・・。

そこで、私も行って見る気になった。
今日は5時頃から3時間程度の短時間バージョンにしておこうと、2時過ぎに家を出た。
電車が鶴瀬を通過する頃、早くも雨が降り出した。
やっぱり今日はダメかも・・・・。
ところが、志木にを通過する頃には雨は止んで青空。

新木場駅で、Y君、S君と合流。偶然にも同じ電車だった。
ところどころに雲があるものの、青空も見えて雨が降る気配は無い。
私は晴れ男らしく、私が釣りをする時間帯は天気予報に関係なく降らないことが多いのだ。

5時頃から竿を出す。

IMGP0522.jpg

風も無く、波も穏やかだ。

IMGP0525.jpg

天気予報に反して、雨が降る気配は無い。

薄暗くなってきた6時少し前からアタリが出始めた。
そして第1号は・・・

IMGP0527.jpg

15センチ位のチビセイゴ。リリース。

次は・・・・・

DSCF0511.jpg

18センチ位のメバル。これはキープ。

少し間をおいて、メバルをもう1匹。

次は、メジナ。

IMGP0529.jpg

15センチ位かな。リリース。

Y君は20センチオーバーのメジナを釣ったようだ。
S君も20センチオーバーのメバルが釣れたらしい。

私は、何回かのバラシの後、30センチオーバーのセイゴを追加。

7時頃釣りバカ青年さんからメール。
「雨雲レーダーによると、9時頃から本降りになりそう。濡れたく無ければ8時頃で納竿をお勧め」とのこと。
私は8時半納竿予定なので、それまで待って欲しいのだが・・・。

その後、シマダイを1匹追加。

IMGP0531.jpg

8時頃からアタリが無くなってきたので、場所を少し移動してみた。
すると、早速アタリがあり18センチ位のメジナ。
少し小さいが、キープさせていただく事に。

次は15センチ位のチンチン。
これは、糸を持ってぶら下げたとたんに針から外れて自己脱出。

そして、メジナをもう1匹釣り上げてこれで終わりにしようと思ったとたんに大粒の雨が降ってきた。
釣りバカ青年さんの予報が的中。

大急ぎで片づけて、キャンプ場前へ着く頃には雨は止んでいた。

Y君、S君はオールナイトを続けるらしい。
この後雨が降らなければ良いのだが・・・・・。
私は、彼らと別れてバス停へ向かいました。

本日の釣果。
セイゴ 2匹 (15 32 センチ)
メバル 2匹 (18 センチ    )
メジナ 3匹 (15~18 センチ)    
シマダイ1匹 (17センチ)

お持ち帰りは・・・・・

DSCF0508.jpg

最後にちょっと濡れましたが、竿を出している間は雨にも降られず短時間にしては効率の良い釣りでした。
もう少し大きいのが釣れるともっと良かったのだが・・・。

テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用
10月2日(火)
昨夜本牧の釣果情報を見たら、サバが釣れているではないか!。
釣りに行く予定では無かったのだが、サバと聞いて急に行って見たくなり、妻と二人で本牧海釣り施設へ釣行。

11時頃釣り場到着。

IMGP0496.jpg

釣り場は混んでいた。
渡り桟橋の入り口から釣り桟橋の先端まで、ずらりと竿が並んでいる。
平日でこんなに混んでいることは珍しい。
昨日のサバ情報を見て、多くの人が来たのだろうか。

見渡したところ、釣れている気配はない。
サバはおろか、サッパもイワシも見当たらない。
渡り桟橋から釣り桟橋に入っところの外側に竿を2~3本出せそうなスペースがあったので、そこに釣り座を構えた。
以前にサバやアジを釣った事がある場所だ。

アジ狙いでトリックサビキを1本、サバ用にハリスの太い大物用なるサビキを1本。

魚の気配はまったくありません。
回遊魚は回ってこなければ釣れない。
じっと待つしかありません。

IMGP0502aa.jpg

12時頃、釣り桟橋入り口付近の端に立っている白いポールのところで、投げをしていた方がイシモチを2匹一荷で釣り上げたのが見えました。
その方はその後も、イシモチを2匹追加。
釣れているのはその方一人だけ。

そして、12時半頃、私の反対側(内側)の方のサビキに50センチオーバーのイナダが掛った。
目視範囲で、魚を見たのはそれだけです。

その後は、1時になっても、2時になっても魚の姿がありません。
投げ、胴突き、ウキなどもやって見ましたがアタリ一つありません。
お隣のおじさんの話では、朝のうちに護岸でサバが釣れていたそうです。

釣り桟橋の先端まで見て歩きました。
皆さん諦めモードで、置き竿にしたまま、どこかへお出かけのようです。

IMGP0513.jpg

「果報は寝て待て」を実践している方もおられました。

IMGP0504.jpg

3時を過ぎた頃、チョロっとサッパが・・・・・。
かろうじて、亀さんへのお土産を確保。
しかしほんの20分程度でいなくなってしまいました。

夕方には来るだろう・・・・・。
来ません。

5時頃には、多くの方がお帰りになりました。

暗くなったら、来るだろう・・・・・。
6時を過ぎました。
真っ暗です。
何も来ません。
釣り人もほとんどいません。

風が強くて寒いです。

6時30分納竿。

本日の釣果。
サバ・・・じゃなくて、サッパ 11匹。

DSCF0506.jpg

帰ってから、本日の釣果情報をみたら、入場者590名で、サバは28匹。
これじゃ釣れるわけ無いと、納得。

しかし・・・・・・・・・・・。
アジは576匹。
私の周囲では1匹も見かけなかったのに、いったい何時何所で釣れたんだろう?。

本牧は、回遊魚が回ってきていない時は厳しい釣り場ですね。




テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用