AX 電車でGo“東京湾釣り日記” 2012年07月
7月27日(金)

一昨日釣りに行ったばかりなのだが、試してみたいことがあって、またも若洲へ。
前回の記事にも書いたが、このところアタリがあっても針がかりしない現象が頻発していた。
ネットで調べた中に、オヤ?と思った記事があった。

「メジナがいるのに針がかりしない時は、チヌ針に替えて見ると良い」

そう言えば、先日のご一緒釣行の時、cocoさんが使っていたのはチヌ針だった。
一昨日「メジナしか釣れなかった」と言っていた方も、クロダイ狙いらしかったのでチヌ針を使っていたのかも知れない。

私はこれまでずっと伊豆メジナの7号か8号を使ってきた。
これまで、針についてあまり考えてた事が無く、小さい魚は小さい針、大きい魚には大きい針程度で選んでいた。
あとは、ハリスの太さ。
タモ網を使わないので、大きいのがかかっても上げられるように、1.5か2を使う。
いつもハリス付きの針を買うのだが、1.5以上のハリスが付いているのは、伊豆メジナの7号と8号だったのでそれを使ったまでだ。

サイズだけではなく、針の種類も針がかりに影響するらしいという事に初めて気がついた。
そこで調べて見ると、メジナ用の針もいろいろあるらしい。
「あわせちゃダメジナ」とかいう面白い名前の針もあった。
66276.jpg

おお、これはアワセの下手な私には良さそう・・・と思ったが尾長グレ用と書いてあるので、口太には合わないかも知れないと思いパス。

1.5のハリス付きのチヌ針を買ったついでに、「口太グレ」という針も購入した。
「完全に飲み込ませることを追及!」というキャッチコピーが気になったからだ。

DSCF0463.jpg

「口太グレ」は5号しか無かったので5号を購入。
ハリスを1.5位にすればある程度大きいのが来ても大丈夫だろう。
70歳にして、針結びを初体験。

準備を整えて若洲へ向かいます。
4時30分頃釣り場到着。

IMGP0246a.jpg

今日も風が強く海は荒れています。
波しぶきを避けて、前回の悪天候の時と同じ場所を釣り座にしました。
娑婆は猛暑のようだが、ここは風が強くて涼しい。暑さ知らずです。

まず、1号のチヌ針で試してみます。
6時を過ぎました。

前回は、アタリはあるが針がかりせずでしたが、今日はアタリすらありません。
7時になりました。
アタリ無しが続きます。
これでは、試して見る事が出来ません。

針を5号の「口太グレ」に替えてみましたが、やはりアタリ無し。

少し遠くへ投げて見ます。
あれ?。ウキが沈んだ。
でも、軽~~~い。
何かちっこいのが付いてる。

DSCF0459.jpg

サッパでした。
とりあえずは、ボウズは回避。
亀さんへのお土産にキープ。
今日はメジナはいないらしい。
サビキでサッパ狙いでもやった方が良かったのかな・・・などと思いながら続行。

またしばらく何の反応もありません。
今日の釣果はサッパ1匹。
さて、ブログにどんな風に書こうか、などと考えていると・・・。
ウキにアタリが!。

そして、
ちゃんと針がかりしました。

DSCF0460.jpg

メジナ25センチ。
私にしては大物です。

もう1匹釣りたい。
我が家は2人家族なのだ。

その願いが通じたのか、15分位後にもう1匹。
これも無事針がかり。
ちょっと小ぶりだが、お持ち帰りにさせていただく事にしました。
その後lはピタリとアタリは止まりました。

8時45分納竿。

最後まで風は弱まらず、私が帰る頃も人口磯側の海は荒れ続けていました。
そんな中で、来る時にバスでご一緒になり少しお話した方が一人でルアーを続けていました。
まだ何も釣れておらず、オールナイトで頑張るのだそうです。
その後どうなったでしょうか。
釣果が気になります。

IMGP0251.jpg

本日の釣果
メジナ 2匹(25センチ、18センチ)
サッパ 1匹(亀さんへのお土産)

DSCF0457.jpg

針はいずれも5号の「口太グレ」。
今日はアタリそのものが非常に少なかったので、この針だから針がかりしてのかどうかはわかりません。
単に針が小さいせいだったのかも知れません。
残念ながらチヌ針の方は試すところまでは行きませんでした。
でも、針に関心を持つきっかけになった事と、ハリスを結ぶ初体験をした事が良かったかな・・・と思っています。






スポンサーサイト

テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用
7月25日(水)

若洲は私の家から一番近い釣り場だ。
近いといっても、電車とバスで片道2時間程度かかるが、夕方から3~4時間竿を出すにはちょうど良い場所なので、最近はもっぱら若洲通いが続いている。

今日は小潮なので、あまり釣れないかもしれないと思いながらも、5時頃釣り場到着。


IMGP0238.jpg

6時を過ぎた頃から釣れ始めるだろうと予想していたのですが、釣れません。
少ないながらも、時々アタリはあるものの針がかりしないのです。
7時を過ぎても釣れません。
相変わらず、アタリがあっても針がかりしない状態が続きます。
魚が小さすぎるせいだろうか?。

今日は左隣りにも、右隣りにも釣り人がいましたが、場所が少し離れていることや、自分のウキを見るのに集中していたこともあって、周囲の釣れ具合はわかりません。

8時近くなって、やっと1匹かかりました。

DSCF0446.jpg

メバル 19センチ(写真は帰宅してから撮影)
やれやれ、かろうじてボウズは回避できた。

8時を過ぎました。
我が家は2人家族なのだ。
もう1匹釣って帰りたい。

IMGP0245.jpg

最終バスの時間までねばってみたが、その後は1匹も釣れないままに8時50分納竿。

若洲のメジナは何処かへ行ってしまったんだろうか。
それとも小潮のせいで、今日はお休みなんだろうか。
そんな事を考えながら歩いていると、右隣りで釣りをしていた二人組の方にお会いしました。

釣果を聞いて見ると、
何と意外にも・・・・・。
「メジナしか釣れませんでした」
結構良型のメジナがたくさん釣れたようです。
推測するに、この方達の本命はクロダイらしく、本命は釣れずにメジナばかりが釣れたという事のようでした。

う~~~む。
メジナはちゃんと居たらしい。
なぜ、私には釣れないんだろう。
そういえば、前々回は、釣りバカ青年さんは20セント以上ばかりが釣れたというのに、私は小さいのばかり、
前回は、cocoさんが29センチを含む6匹に対して、私は小さいのが2匹。
そして今日はゼロ。
行く度に釣果は落ちています。

私は、メジナに見放されてしまったのだろうか?。

ここ何回か、アタリがあるが針がかりしない・・・という現象が続いています。
あのアタリはやはりメジナだったようです。
何故だろう。
針がかりしない原因をネットで調べて見ました。

棚が深すぎ。
針のサイズが合わない。
ウキの錘負荷が大きい。
・・・・・・・等いろいろ書かれている中に「こんな事が?。でももしかしたら、コレかも知れない」と言うのがありました。
近日中に試しに行きます。


7月18日(水)

先週の木曜日にcocoさんとうみかぜ公園へご一緒釣行の予定だったのだが雨の為中止。
そこで本日若洲へご一緒することになった。
しかし、またしてもお天気が不安定。
日中は晴れているのだが、天気予報では6時頃から雨となっている。
夕方以降の雨を心配しながらも、出かけることにした。

池袋で待ち合わせて、地下鉄で新木場へ。
5時頃釣り場へ到着。
やや風が強いが、良いお天気だ。
雨などは降りそうも無い。
cocoさんはタモ網持参。今日は大物が来ても大丈夫だ。

IMGP0228a.jpg

しばらくはアタリ無し。
6時前は釣れないのはいつもの事なので、心配せずに待ちます。

6時を少し過ぎたころ、1匹目が来ました。

IMGP0229.jpg

15センチ位。リリース。

間もなくcocoさんも1匹目。
(cocoさんは忙しくて、ブログの更新が遅くなりそうとの事なので、今回は私のブログにcocoさんの釣果や写真も載せることにしました。)

IMGP0230.jpg
↑cocoさん1匹目のメジナ。
こちらもリリースサイズ。

その後は、アタリはあるものの何故か針がかりしません。
ウキが沈んで、少し間をおいてアワセ。
針にかからない。
餌も付いたまま。
アワセるのが早すぎたのかな?。

ウキが沈む。
ゆっくり待とう。
まだ、まだ、まだ・・・・・・。
アワセます。
ありゃ~~。根がかり。
今度は遅すぎたのかな?。
そんな事が何度か続きます。
何故か一向に針がかりしません。

針は伊豆メジナの8号。
針が大きいせいかもしれないとは思いましたが、小さい魚はパスの予定なので、そのまま続けます。
そうこうしている間にcocoさんは2匹目、3匹目・・・と釣り上げます。
今日は持ち帰らないとの事なので、20センチ位あるものは私が頂戴することにした。

7時を過ぎてあたりは薄暗くなってきました。

IMGP0227.jpg

私はその後も釣れません。
錘負荷の軽いウキに変えて見ても変わりなし。

8時近くなって、やっとの事で2匹目。
魚のぶら下がった竿を持って、バケツを置いてある場所へ移動しようとした時、ツルリと足元が滑って片足が岩の間へ・・・・・・・。
痛たたたぁ~~~。
脚を擦りむいてしまいました。
でも、擦り傷程度で良かった。
人口磯は足場が悪いので、要注意ですね。

8時を過ぎました。
アタリはほとんどなくなりました。
そろそろ終わりにして、8時35分のバスで帰ろうかとも思ったが、結局最終バスまで延長する事に。

足元近くではアタリが無いので、少し沖目に投げて見ました。
あれ?。
何か小さい魚がかかった。
暗くて良く見えません。
サッパかな?。

IMGP0232.jpg

ミニミニサイズのセイゴでした。
猫ちゃんに贈呈。

8時45分。
そろそろ片づけ始めようかと思っていると、少し離れたところで竿を出していたcocoさんの叫び声。
「タモ網を持ってきて~~~~」
見ると何やら大物と格闘の様子。

タモ網を持ってcocoさんの元へ。
大きいのが暴れているようだが暗くて良く見えない。
タモ入れ成功。
メジナだ。
デカい。
尺メジナか?。

IMGP0233.jpg

う~~~~む。
29センチ。
惜しい!。1センチ足りない!!。
でも、最後の最後に大物が釣れて、cocoさん大満足。

8時55分納竿。
釣りが終わるのを待っていたかのように、空には稲妻がピカリ。
急いでバス停へ向かいます。
新木場駅に着いたところで、雨が降り出しました。
釣行にはまったく支障の無い雨。ラッキーでした。

本日の釣果

川越の魚人
メジナ2匹(15~18センチ)。 Miniセイゴ1匹。
cocoさん
メジナ6匹(15~20センチ 5匹。 29センチ 1匹)

cocoさんが釣ったメジナは私が頂戴して持ち帰りました。

DSCF0402.jpg
↑ 本日のお持ち帰り。
小さい1匹以外は、cocoさんから頂戴したものです。

私の釣果はいまいちだったが、cocoさんが満足できる釣果だったのが自分の事のように嬉しい。
これで、欲求不満解消、気分転換が出来てスッキリしたしょうか。
明日からはまた勉強に励んでくださいね。


テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用
今日は海の日。

7月の第3月曜日は「海の日」と定められている。
国民の祝日に関する法律に
「海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う日」

という趣旨の事が書かれているそうだ。

何故7月の第3月曜日なのか?。
それには次のような歴史的経過があるようだ。
まず、昭和16年に「海の記念日」なるものが制定された。
これは、明治9年、明治天皇の東北地方巡幸の際、それまでの軍艦ではなく灯台巡視の汽船「明治丸」によって航海をし、7月20日に横浜港に帰着したことを記念する日だったのだが、これは国民の休日ではなかった。

121567.jpg

その後、平成7年に「海の記念日(7月20日」は国民の休日の「海の日」となった。
さらには、平成15年に制定されたハッピーマンデー制度によって、7月の第3月曜日とすることに変更になった。

海洋基本法とかいう法律には、「海の日において、国民の間に広く海洋についての理解と関心を深めるような行事が実施されるよう努めなければならない。」と定めているそうだ。
これを私的に解釈すると。「海の日には、出来るだけ釣行に努めなければならない」ということになる。
法律に従うことがポリシーの善良な国民である私としては、釣りに行きたいところだが海の日は釣り場が混みそうだ。
そこで、さらに調べて見ると・・・
「広く国民に「海」に対する理解と認識を高めてもらうために、海の日を含む7月1日から31日までの1か月間を「海の月間」と定める。
という法令もあった。
これを私的には「国民は7月中は出来るだけ多く釣行すべし」と解釈して、空いている平日に出来るだけ多く釣行しようかと考えています。


海の恩恵
地球面積の約70%を占める海。
海の日の今日、あらためて海の恩恵をあげて見よう。

IMGP2812.jpg

1.地球への水分補給
  海水が蒸発して、地球上に雨を降らせている。
  海が無くなれば、地球は干からびてしまう。
2.地球上の気温の平均化
  海水の流れによって、地球上の気温は平均化され一定に保たれている。
  海が無くなれば、地球は太陽熱をもろに受け極端な高温、低温の地区が出来て生物が住めなくなる。
3.2酸化炭素の吸収
  温暖化の原因となる二酸化炭素を海中に取り込み、炭素は生物の死骸や珊瑚礁として、海中に固定。
  約30%の2酸化炭素を海が吸収している。
4.海洋資源の供給
  魚をはじめとする海産物
  天然ガス
  レアメタル
5.釣りを始めとする、レジャー、観光資源。

つまり、海が無ければ人間も、他の生物も生きては行けないということなのですね。

海の恵みに感謝!
  
IMGP3976_20120716142051.jpg





テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用
7月13日(金)

この日は釣りバカ青年さんとご一緒釣行の約束をしていたのだが、数日前の天気予報では、雨の確率が大。
そこで、この約束は一旦キャンセル。
当日の天気予報を見て行く、行かないは各自で判断することにした。

前日の天気予報では降水確率100%。
しかし、諦めません。

当日の朝、天気予報を見ます。
ヤフーの天気予報では、雨マークは消えていました。
念のためウイザーニュースを見ると、午後7時頃から雨。
そして、風は4~5メートルとちょっと強そう。

さて、どうしよう。

昼ごろになると、空はだんだん明るくなって来ました。
風も無さそう。
行く事に決めました。

釣りバカ青年さんにメール。
「私は行きます。でも夜雨が降るかも知れないし、風も強そうなので無理しないでください。」

4時頃釣り場到着。

曇り空。
雨が2~3滴顔にかかったがすぐに止んだ。
しかし、風が強い。
海が荒れている。

釣りバカ青年さんから、「気象レーダーを見たところでは、雨は大したこと無さそうなので、6時頃までに行きます。」と連絡が入る。

IMGP0221.jpg

波しぶきが大分後ろの方まで飛んできており、岩が後ろの方まで、濡れています。
しぶきを避けて立ち位置を後ろにとったのでは魚を取り込むのが難しそう。
釣り人の姿はありません。
この状況では、磯での釣りは無理かな、キャンプ場前へ移動しようかなどと考えながらあちこち見回すと、周りが濡れているのに、1ヶ所だけ濡れていない岩を発見。
周囲より1段と高い岩で、波しぶきがそこまでは届かない。
上は平らで、大きさも丁度良い。

釣り座決定。
竿を出します。

IMGP0219.jpg

風速は4~5メートル程度でしょうか。
涼しくて気持ちが良いのだが、ウキが波に踊って、アタリがわかりにくい。

1時間ほどアタリ無し。
5時40分頃、釣りバカ青年さんが到着。

少し雑談の後、釣りバカ青年さんは数10メートル離れた場所に釣り座を見つけて移動。

6時頃から、アタリが出始めます。
針がかり無しが何度か続いた後、1匹目をゲット。

IMGP0225.jpg

目測で15~6センチ。
キープサイズは20センチ以上ということで、リリース。

間もなく2匹目。これも小さい。リリース。

ポツ、ポツと釣れるのだが、小さい。

3匹目・・・・リリース。

この様子だと、お持ち帰りは無くなりそう・・・・・。
仕方が無いので、基準を18センチ以上にダウンして、1匹だけキープ。

その後も、リリースサイズばかり。
今日は「大物を逃がした」というセリフが出ません。

8時頃からアタリは無くなりました。

釣りバカ青年さんが戻って来ました。
何と、25センチオーバーを3匹、ストリンガーにぶら下げています。
釣りバカ青年さんのキープ基準は25センチ以上だとか。
「今日は20センチ以上のばかりで、小さいのは釣れなかった」との事。
(詳しくは「好きこそ釣りの上手なれ」をご覧ください。)
そして私のすぐ隣に竿を出して、25センチ近いのを1匹ゲット。

この差は一体何なんでしょう。

8時40分納竿。

本日の釣果
メジナ 8匹 (15~18センチ) キープは1匹のみ。他はリリース。
釣りバカ青年さんが釣った、大物を2匹頂戴したので、実質持ち帰りは3匹。

ついに、雨無しのうちに釣行は終了しました。
荒れた海でのウキ釣りも良い経験でした。
数的にはまずまずでしたが、サイズに不満が・・・・・。
何故こんな差が出るんだろう。
課題です。



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用
7月8日(日)

仕事が午前中で終わったので、午後から若洲へ釣行。
ゆっくり家を出て、4時頃釣り場に到着。

堤防の様子をちょっとだけ覗いてみました。

IMGP0206.jpg

日曜日とあって、大変な混みようです。
でも、お魚が釣れている様子はありません。
チラッと見ただけなので、詳しいことはわかりませんが、イワシやサッパなども来ていないようです。
何も釣れないと、子供たちが可愛そう・・・。

人口磯へ向かいます。

IMGP0213.jpg

こちらの方も、まずまずの人出。

4時半頃から、実釣開始。
全くアタリがありません。

6時近くに、釣りバカ青年さんが様子を見に来てくれました。

ややしばらくして、アタリ。
ウキが沈みます。
少し待って竿を上げます。

あれ~~~~~~~。
何もいない。
餌も付いたまま。
アワセが速かったのかな?。

釣りバカ青年さんも竿を出します。
間もなく1匹目のメジナ。
私より2時間も後から来たのに、さっさと釣ってしまいました。
流石です。

私は釣れません。
何度かアタリがあり、ウキが深く沈むのですが何故か針がかりしないのです。
そして、7時近くになって、やっと1匹目。

IMGP0214.jpg

15センチ位なのでリリース。
お持ち帰りの基準は20センチオーバーということにします。

その後もう1匹。
これもリリースサイズ。

7時半近くになって、やっとの事で20センチオーバーを1匹。
これはキープ。(写真は家に帰ってから)

その間に釣りバカ青年さんも何匹か釣ったのですが、「今日は小さいのしかいない」と全てリリースして、7時40分頃お帰りになりました。

私は今日も、最終バスまで頑張ることに・・・。

釣りバカ青年さんが帰って間もなく大きなアタリ。
強い引きを感じて竿を上げます。
引いてる~~~と思ったら・・・・・
スポ~~~。

バラシた瞬間に糸が宙を舞って竿先に絡みました。
岩を伝って竿先のところまで行くのが面倒なので、横着して竿先を引っ張ります。
ポキーン!。
無理な力がかかってと見えて、先から2段目の所で折れてしまいました。

やむなく納竿・・・・とはいきません。
今止めても、次のバスまでは1時間近くあります。
何とか続行する方法は無いかを考えます。

何かに役立つだろうと、リュックの中にビニールテープを入れてありました。
これで、ぐるぐる巻きにして応急処置。

再開。

またしても大きなアタリ。
今度こそは・・・・。

強い引きです。
上げます。
ん!!。
動かない。
根に潜られてしまったようです。
無理やりひっぱたら、プツ~~~~~ン。
またもや痛恨のバラシ。

その後、アタリはピタリと止まりました。
大物をバラシた後は、いつもアタリが無くなるようです。
逃げたお魚が、仲間に警戒警報を発するのでしょうか。

時間が無くなってきました。
でも、もう1匹釣りたい。
我が家は2人家族なのです。

最後の1投げ。

やっと来ましたが・・・・小さい。
でも、お持ち帰りとさせていただく事に。
メジナさん、ゴメンナサイ。

8時45分納竿。

本日の釣果。
メジナ 4匹 (15~22センチ)

持ち帰りは2匹。

DSCF0391.jpg

帰りの電車の中で考えました。
この折れた竿をどうやって直そうかと・・・・。
そして閃きました。
帰ったら早速試してみよう。

11時帰宅。
食事をしてから、早速竿の修理を開始。

DSCF0395.jpg

こんな風に折れてしまいました。
折れた部品をメーカーに発注して交換。
そんなお金のかかる事はしません。
そもそも15年位前に買った竿なので、部品なんて無いでしょう。

折れたところから先のガイドを全部はずして、竿尻から入れて接合。
これが一番良さそうですが、ガイドをはずすのは、難しそうだ。
もっと簡単に直せないか。

ダメもとで大手術をしてみます。

sao.jpg

元の部分に入るように、折れた竿の先側を30センチ位切ります。
接着剤を塗って、元の方に差し込みます。
接着剤の厚みで少し膨らんで入りにくくなったようですが、そこを無理やり押し込むとピタリ!。
接合部分は、中に納まり引っ張っても抜けなくなりました。
15分で手術完了。
想定以上の出来に満足。

DSCF0397.jpg
この通り、ピタリとつながりました。

30センチ位短くなったようです。
竿全体のバランス等、いろいろ後遺症が出るらしいですがそういう事は気にしないことにします。
こういう荒療治はお勧めできません。
竿が使えなくなってもかまわないという場合以外は真似はしない方がいいと思います。


竿が折れても、心は折れません。
また頑張ります。

テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用
本題に入る前に「お知らせ」です。
「一緒に釣りをしましょう会」の主催者cocoさんが、次回の準備のためのアンケートを行っています。
詳しくは「cocoの釣行記」をご覧ください。

7月2日(月)
午前中で仕事が終わったので、午後から若洲へ。
4時頃釣り場到着。
前回は、ウキを岩の間に落としたり、魚を岩の間に落としたり、ライントラブルがあったりと、トラブル続きだったので今日はトラブルが無いようにと慎重に準備。
できるだけ、広くて平坦な石のある場所を釣り座にして、道具を置く位置などのも気を配って・・・・・・。
4時半頃から実釣開始。

間もなくアタリ。

IMGP0201.jpg

15センチ位のアイナメでした。
早速来てくれてありがとう!。
感謝してリリース。

今日は幸先がいいかも・・・・・と思ったのですが、その後が続きません。
2時間ほどアタリ無し。
ここは、明るいうちはあまり釣れた事が無いので、暗くなれば来るだろと心配しないで待ちます。

7時近くになって、やっと来ました。

IMGP0202.jpg

メジナ15センチ。
リリース。

そろそろ時合かな。

7時を過ぎた頃からポツポツながら釣れ始めます、

メジナ 22センチ。
暴れると逃げられたり、岩の間に滑り落ちたりするので、タオルでしっかり掴んでまず〆て、おとなしくなってからゆっくり針をはずします。
お持ち帰り分の写真は、家に帰ってから撮ることにします。


次は 18センチのメジナ。
ちょっと小ぶりだが、今日は獲物が少なそうなので、これもキープ。

次はウミタナゴ 19センチ。
これもキープ。

次はメジナ。
ちょっと小さいなぁ。
どうしようかと考えていると、猫ちゃん登場。
「私にください。」
暴れて逃げないようにと、〆てから猫ちゃんにプレゼント。

ここまでは、トラブルも無し。
今日はいいぞ!。

8時10分になりました。
今日は8時35分のバスで帰る予定で家を出て来ました。
そろそろ納竿の時間。
でも、今がちょうど時合かもしれない。
もっと大きいのを釣りたい。

またもや出来心で最終バスまで延長する事に決定。

ウキを投入。

早速来ました。
強い引きです。
25センチ位ありそう。
糸を緩めると、岩の上で飛び跳ねます。
延長した甲斐があった~~~~~と、捕まえようとすると・・・・・。

針がはずれて、岩の間へスルリ。
なんてことだ。

次は、先ほどにも増して強い引き。
今度は大物だ!。

あれ、動かない。
根に潜られてしまったようです。

その後はピタリとアタリは無くなり、8時50分納竿。

ああ、時間延長なんてしなければ良かった。
よくある事です。

本日の釣果。

アイナメ1匹 リリース。
メジナ 4匹 15~22センチ。(持ち帰り2、リリース1、猫ちゃんへ1)
ウミタナゴ1匹 19センチ。

DSCF0390.jpg

良く考えて見ると、時間延長の成果は「大物を逃がすという失敗を体験できたこと」ですね。
大物なんて、そうそう来るものでは無いから、逃がすのも貴重な体験。
やっぱり延長は無駄で無かったと思うことにします。
根に潜られるのは、アワセが遅いか、竿さばきが良くないせいでしょうか。
また勉強します。
「失敗は成功のもと」ですから・・・。

テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用