AX 電車でGo“東京湾釣り日記” 2012年05月
一昨日釣ってきたイワシは、妻の手によって調理され昨夜の食卓に上りました。

DSCF0210.jpg

昨夜の夕食はイワシづくしです。
左上・・・イワシの骨の唐揚げ
右上・・・イワシのマリネ
左下・・・イワシのかば焼き風
右下・・・イワシのつみれ汁

そして今日の昼食のおかずは・・・・・

DSCF0211.jpg

イワシの唐揚げです。

さらに、亀さん用の刺身です。

DSCF0221.jpg

亀さんが美味そうにパクついています。

DSCF0219.jpg



まだ残っています。
今夜もイワシのつみれ汁。
そして明日はイワシの天ぷらの予定です。

スポンサーサイト

テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用
5月24日(木)

釣りバカ青年さんから、「金曜日に釣行しませんか」とお誘い頂いたのだが、あいにく今週は空いているのが木曜日だけ。
というわけで、今回は先週取り逃がしたメジナを追って大黒へ単独釣行。
大黒のホームページで前日の釣果をチェックすると、メジナ118匹。
しかも今週(月~金)は、夜釣り週間とかで1時間延長で8時まで営業。
これだけ釣れているのなら、2匹や3匹は釣れそうだ。

いつもの通り、お昼頃到着。

IMGP0099.jpg

情報によると、メジナは内側の手前付近が良いらしいのだが、空いているのは中央よりやや先端より。
場所選びは釣れそうな場所よりも空いている場所優先。
結局は、前回とあまり変わらない場所に竿を出すことにした。

IMGP0104.jpg

まずは、ウキを1本。
前回の失敗に懲りて、いつ大きいのが来てもいいようにハリスは最初から2号。

もう1本はサビキ。
メジナが釣れない時はイワシで我慢しようという魂胆だ。

しかし、全く魚っ気がありません。
メジナどころが、イワシ1匹見かけません。
周囲も皆手持無沙汰の様子です。

3時を過ぎた頃、外側でイワシが釣れ出したようです。
前回は内側だったのに、今回は外側。
しばらく待っても内側には回って来ません。
とりあえず、イワシを釣ろうと外側へ移動。

IMGP0103_20120525132632.jpg

今日のイワシは入れ食い状態。
次々と釣れます。
真面目に頑張れば100匹は釣れそうなのだが、60匹程度釣ったところでとりあえずイワシは終了。

DSCF0208.jpg


元の釣り座へ戻ります。
また、メジナ狙いのウキを1本。
そして、カサゴかメバルでも来ないかと胴突きを1本。

ウキに何やら、小さなアタリが・・・・・・・・。

イワシです。
内側にもイワシが回ってきたようです。
しかもウキのアオイソメに掛ってきてしまいます。

お前はもう来なくてもいいの!。
でもせっく来てくれたんだからキープ。

棚を下げて見ても来るのはイワシだけです。

ヘチ釣り師の人が小さいメジナを吊り上げているのが見えました。
どうやらいる事はいるようです。
もしかすると、針をもっと小さくして、ハリスを細くすれば釣れるのかも知れないとは思ったのですが、前回のバラしに懲りたので、今回はいつ大物が来てもいいようにと、8号針、2号ハリスで頑張ります。

お隣のおじさんは、イワシには目もくれずに何か大物を狙っていいるらしくカゴ釣りです。
でも、かかってくるのはやはりイワシ。

夜に期待したのですが、6時を過ぎてもイワシ以外は何も来ません。

7時になっても・・・・・・・。
最後の延長1時間に期待しましが、空振り。
7時45分、納竿。

本日の釣果。

イワシ 家に帰って数えたら89匹。

DSCF0206.jpg

前回はイワシ5匹だったので、これは大進歩です。
メジナなどと贅沢を言わないで、真面目にイワシを100匹釣った方が良かったかもしれません。

「イワシ釣り、リベンジ達成」・・・・ということにしておきます。

お隣のおじさんから、カサゴ1匹、メジナ1匹をいただきました。
ありがとうございました。


テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用
今日は金冠日食。
今回のように広範囲で観測できるのは、平安時代以来の932年振りだそうだ。
肉眼や、普通のサングラスなどで見るのは危険との事なので、昨日あわてて観測用メガネを購入。

DSCF0202.jpg

目に当てて見ると周囲の景色は何も見えない。
蛍光灯を見るとやっと微かに光が見える程度。
なるほど、普通のサングラスとは全く違うようだ。

本日朝、幸いにして太陽が出ている方向には雲は無い。
普段と変わりない明るさと思われる朝の景色だが、観測用メガネで太陽を見ると・・・・。
なるほど、だいぶ欠けはじめている。

写真に撮って見る。

IMGP0090.jpg

写真では当然の事ながら太陽が欠けている様子などはわからない。
単なる逆光写真だ。
でも、金冠状態になれば周りが暗くなるから、写るかも知れないなどと考えていた。

太陽はしだいに欠けてきて、7時25分頃(時間は不正確)金冠状態に突入。
なるほど、オレンジ色の輪が綺麗に見える。

この間何枚か写真を撮ったが、液晶で確認した範囲では多少暗くはなったものの通常の景色と変わりなく金冠状態の太陽を撮影する事は出来ないようだ。
カメラのレンズの前に、観測用メガネを当てて見ると、液晶には太陽が点のように見える。
ズームを使いたいところだが、あいにく三脚を用意していなかったので片手にカメラ、もう一方の手でメガネという状態ではズーム操作は困難なので、「点」を撮影。

金冠状態は数分でおしまい。

写真をパソコンで見てみました。
加工用のソフトを使って露出調整などをして見ると・・・・・・

DSCF0193.jpg

テレビアンテナの上の明るいところが太陽のはずなんですが、アンテナの下の屋根の少し上あたりにピンクの三日月状のものが写っています。
その部分だけトリミングして見ると・・・・

DSCF0193 (2)

これは確かに、欠けはじめた太陽です。

そしてもう1枚。

DSCF0196 (2)

今度は、ピンクの輪。
これも、輪の部分をトリミングして見ると・・・・

DSCF0196.jpg

たしかに金冠状になった太陽のようです。

太陽の光が写っている下の方に、欠けた太陽の形が写っているようなんですが、何故こんな現象が起こるのでしょうか。
不思議です。

そして、観測用メガネをカメラの前に当てて撮った写真はこれです。
点のように映っていたのをトリミングして拡大したものです。

DSCF0199.jpg

一応丸い輪のようなモノが写っているんですが、メガネで見た金冠日食とはだいぶ違います。
これでは何の写真かわかりまでん。
というわけで、写真撮影は失敗のようです。

今回はの写真撮影は準備不足でした。
この次は、三脚を使ったりフィルタを付けたりして、もっと良い写真を撮りたいと思います。

え!!。この次観測できるのは300年後!!


5月16日(水)

大黒や磯子でメジナが釣れているらしい。
どちらへ行こうかと迷ったが、今日は大黒へ行って見ることにした。

出がけに、8時半現在の速報を見ると「イカ・メジナ・メバル・キス等が釣れています。」
おお!。今日は良さそうだ。

12時頃釣り場へ到着。

IMGP0046.jpg

風も無くとても良いお天気だ。
釣り場はまずまずの人出。

IMGP0051.jpg

いつもの事なのだが、私が到着する昼ごろは釣り場はお昼休み状態。
釣り場を見渡したところでは、誰も釣れている様子は無い。
外側先端近くに竿を出すことにした。
お隣のスカリには良型のシリヤケイカが2杯。
朝のうちに釣れたのだろうか。
エギングの人が多いのだが、今は何も釣れていないようだ。

本日の本命はメジナなので、ウキを1本。
もう1本は、胴突きをヘチに落としておく。

全く何の反応もありません。
メジナはおろか、イワシ1匹釣れません。
私の目視範囲には魚の姿はありません。

2時頃、お隣の方は2杯のイカを持ってお帰りになりました。
やはり、その後は何も釣れなかったようです。

4時頃になって、内側の方でイワシが釣れたのが見えました。
しかし、釣れているのは1、2名だけ、しかもポツリ、ポツリ程度。
せめてイワシでも釣ろうと、内側に移動してサビキを出します。
しばらくして、やっとのことでイワシが5匹。
しかし、それでおしまい。
群れでは無かったようです。

IMGP0056.jpg


その後はまた何も釣れなくなりました。
メジナなどと贅沢は言わないので、何でもいいから来て欲しいとサビキを止めて、投げに替えてましたが何も来ません。

別の場所から移動してきたおじさんがメジナを何匹か持っていました。
どこで釣れたのかを聞いてみたところ、入り口付近とのこと。
う~~~ん。
ポイントが違ったのかな?。

5時を過ぎた頃。
ウキが沈みました。
お!!。
何か来た。
巻きます。
強い引きです。
大物らしい。

メジナです。待望のメジナです。
大きいです。
チラリと見た所30センチ近くありそう。

ところが・・・・・・・・。
いつもはメジナ狙いの時は1.5~2号のハリスを使っているのですが、この時に限ってハリス0.8の2本針の市販仕掛け。
タモ網は無い。
上げられるか!。

何とかなりそう。
目の前にぶら下がりました。
糸を掴んで持ち上げようとした時。

ボチャン!!。
ハリスが切れてバラし。

残念、無念。惜しい。

でも、メジナがいるという事がわかったので、やる気が出ました。
2本ともウキに替えます。
ハリスも2号に替えました。
終了まであと1時間。
何とか来て欲しい。

来ました!。
でも何か違いそう・・・・・。

25センチ位のセイゴでした。

それから15分後にもう1匹。
これもセイゴ。

IMGP0055.jpg

そして今度は小さなあたり・・・・・・。
ウキにイワシが1匹。

またイワシが来始めたようです。
しかし、営業終了15分前。
諦めて納竿。

本日の釣果。

セイゴ 2匹(28センチ、24センチ)
イワシ 6匹。

DSCF0189.jpg

それにしても、逃がしたメジナは大きかった・・・・・と、未練がましく思うのです。

帰ってから今日の釣果情報を見ると、何とメジナが135匹。
一人で21匹釣った方もいたそうだ。
「場所は内側手前付近が良いようです。20cm位の魚はリリースしていました。」とコメントあり。
やはりポイントがだいぶずれていたらしい。
先端までは来てくれなかったようだ。
それにしても、釣れているところは見かけなかったのだが、主に午前中に釣れたんだろうか。

そして、セイゴは4匹。
その内の2匹を私が釣ったんだから、まあ、いいか。


テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用
今朝、前回の「一緒に釣りをしましょう会」に参加さたれたCOZYさんからメールをいただきました。
「5月26日は若洲公園でイベントがあるので、駐車場が全面閉鎖です。」

ありゃー!
26日は「ミニ一緒に釣りをしましょう会」の予定だったのに・・・・・。
釣り場は通常通り使えるようなのですが、駐車場が使えないとなると車で来られる方は無理なので、取りあえずこの日は中止して別の日に変更する事にします。

「一緒に釣りをしましょう会釣友会ブログ」もあわせてご覧ください。

COZYさん。情報ありがとうございました。

テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用
5月8日(火)

1年ぶりでうみかぜ公園へ行ってみた。
昨年の5月はサバが釣れたのだが、今年はサバの情報は無い。
イワシやウミタナゴが釣れているようだ。

12時頃釣り場到着。
連休明けの平日とあって釣り場は空いていた。

IMGP0008.jpg

トイレ前付近に竿を出す。
とりあえずチョイ投げを1本。
1投目で小さいアタリ。

IMGP0010.jpg

チビメゴチでした。
何であれ、1投目から来てくれたのは嬉しい。
「ありがとう」・・・・とリリース。

もう1本は円錐ウキの下にコマセカゴと胴突き仕掛けを付けて、足元付近に落とす。
こっちもアタリ。

IMGP0011.jpg

こんどはフグちゃん。
ふくれっ面ををしていたのでリリース。

ウキがチョコチョコと小さい動きをしている。
何かが餌を突いているようだ。
餌だけは綺麗に取られてしまう。
そんな事が何度かあってから、ウキが沈んだ。

IMGP0012.jpg

うみかぜ公園名物?のウミタナゴ。
今年も健在のようだ。
これはキープ。

その後も何度も餌だけ取られ一向に針掛かりしない。
針が大きいせいだろうか。
仕掛けをサビキに替えて見た。

カゴにコマセを詰めて足元に落とすと、ウミタナゴの大群が寄ってくるのが見える。
サビキ仕掛けの廻りをぐるっと取り巻いているのだが、仕掛けには近寄らず、カゴから出るコマセだけを食べているらしい。
あんなにウヨウヨしているのが見えるのに、針にはかからない。
不思議だ!。

そこで、コマセはやめて、普通のウキ釣りに替えてると、すぐに反応が・・・・・。
コマセを撒いた時のように群れが集まるのでは無く、1匹だけが食いついてくるらしい。
ウキがフラフラと揺れる時間がしばらくあってからウキが沈む。
そこでアワセ。
めでたくゲット!。
ということなのだが、ウキがほとんど動かずに撒いて見て初めて引きを感じることも何度かあった。
餌を加えるとすぐに逃げ出すのでは無く、その場で静かに食べているからなのだろうか。

そこで今度は、ウキを外してガン玉だけで投入してみた。
これだと、アタリをダイレクトに手で感じるはず。

針をポチャンと落とします。
ちょっと待つと・・・・・
手には何も感じないのですが、良く見ると糸が左に曲がっています。
左側に引っ張っているらしいのですが、糸が曲がっていて微かに動いているだけです。
少し間をおいてからアワセて見ます。
そのとたんに、強い引き・・・・・。

というわけで、ウミタナゴは餌をパクリと加えてサッと逃げるのでは無く、実に静かにツンツン、モグモグと餌を口にしていて、アワセが入ると慌てて逃げ出すらしいということがわかりました。

そんな事をしてしばらくウミタナゴと遊びました。

4時頃だったでしょうか。
イワシが来た!という声が聞こえました。
急いで、サビキしかけに替えて投入。

しかし・・・・。
釣れません。
お隣(と言っても空いているんで大分離れている)はイワシが鈴なりだというのに。

良く見ると、お隣の方は竿が長い。
もう一度私の仕掛を良く見ると、サビキの周りはウミタナゴの群れ!。
ウミタナゴに占領されて、イワシが近寄れないのです。
そこで、ウキサビキにして、チョイと投げます。
すると・・・・・・・・。

イワシが鈴なりです。
めでたし、めでたし。

イワシの群れは30分位で終わってしまいました。

またウミタナゴと遊びます。
ウミタナゴはもういいや、と思っても釣れてきます。
そろそろ他の魚が欲しいと思っても、釣れるのはウミタナゴばかりです。

6時頃、切がないのでそろそろ終わりにしようかと思ったその時・・・・・・。
またイワシが入って来ました。
ここで帰るわけには行きません。
1時間延長です。

7時頃、イワシは居なくなりました。
ウミタナゴもどこかへ行ってしまったようです。

さて帰ろうかと竿を仕舞おうとした時・・・・・・・・・。

地元の方らしいおじさんがやってきました。
「これから、メバルとカサゴが来るよ!。デカいのがポンポン釣れるよ!。イソメがまだ余ってるね。・・・・」

う~~~~む。
そう言われるとここで終わりにするわけには行きません。
こういう誘惑には弱いのです。
さらに1時間延長。

しかし、その後は全く何も釣れませんでした。
考えて見ると、満潮が7時半位のはず。
ちょうど潮止まりの時間帯だったからかもしれません。

8時納竿

本日の釣果

ウミタナゴ 18匹(14~19センチ)キープのみ。
イワシ   51匹
フグ     2匹(リリース)
メゴチ    1匹(リリース)

DSCF0188.jpg

DSCF0187.jpg

帰ってから調べたら、「コマセが多いと、本物の餌を食べない事があると」書いてありました。
なるほど。



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用
今年に1月に、「一緒に釣りをしましょう会釣友会」を発足させたのですが、今まで開店休業状態になっていました。
そこで、今月より原則として毎月1回、「ミニ一緒に釣りをしましょう会」を開催することに致しました。
詳しくは
「一緒に釣りをしましょう会釣友会ブログ」をご覧ください。

5月1日(火)

今日も釣りバカ青年さんと湾奥へ釣行。
湾奥は渋そうだ、ボウズかも知れない。
ボウズだと、ブログに載せる写真が無くて寂しいなぁ。

そうだ、道端の花の写真でも載せておく事にしよう。
というわけで、釣り場へ向かう途中の道端に咲いている花を撮影。

IMGP4407.jpg

IMGP4409.jpg

今日の釣行が、お花の撮影会になってしまわない事を願いながら、11時半頃釣り場到着。

釣りバカ青年さんはすでに竿を出していた。
メゴチが1匹釣れたとの事。

シコイワシらしい魚が見えたと聞いたのでサビキを出して見たが何の反応も無い。
ボラがあちこちでピョンピョン飛び跳ねている。

投げを2本出した。
竿先には何の気配も感じないのだが、餌は取られている。
餌も取られないと、ここは無生物の海かと思ってしまうのだが、餌取りがいると生物の存在を感じて救われる。

釣れない時間が2時間位続く。
2時頃だっただろうか。
餌を変えようと巻いて見ると、何かが付いているようだ。

IMGP4410.jpg

ハゼではあるのだが・・・・・。
何だか痩せている。
良く見ると魚体に病根が・・・・。
どうやら病気持ちのようだ。
海へ戻って療養していただく事にしてリリース。

ヤレヤレ、これでブログにお魚の写真を載せる事が出来る。

その後、釣りバカ青年さんの竿にはアイナメ。
そしてカレイ。
さらに、エイ。

そして、さらにさらに・・・・・・
本命のキス。
しかもビックサイズ。

詳しくは「好きこそ釣りの上手なれ」をご覧ください。

しかし、私はその後何も釣れません。
サビキを止めて、ウキに胴突き仕掛けを付けて流して見たがダメ。

そして4時半頃になって、そろそろ餌を変えようかと巻くと・・・・・。
魚らしい感触。

IMGP4411.jpg

キス 16センチ。
私の分もいてくれた。
ちょっと小ぶりだが嬉しい。

何でもいいからもう1匹欲しい。
我が家は2人家族なのだ。
魚を求めて、ウキ胴突きを持ってちょいと移動。
場所を変えて見たがやはり反応無し。

6時頃、元の場所に戻って放置して置いた投げを巻いて見ると・・・・

IMGP4412.jpg

今度は健康そうなのでキープ。

これで、家族2人分の天ぷらを確保出来ました。

というわけで、
本日の釣果は シロギス 1匹(16センチ)
       ハゼ   2匹(16~17センチ)1匹はリリース。

釣りバカ青年さんが釣った魚と合わせると6目。
渋々で何も釣れないと思っていた湾奥も案外魚種豊富なんだ・・・と改めて思いました。







テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用